2018-04-21(Sat)

幹部自衛官暴言  旧軍の横暴想起させる 

文民統制からの逸脱だ  組織の土壌、問題ないか  組織の再点検が必要だ

幹部自衛官暴言 旧軍横暴想起させる
----背筋がゾッとする異様な行為である。現職の幹部自衛官が国会議員に「国民の敵」などと罵声を浴びせた。旧軍横暴想起させ、断じて許されない。再発防止の徹底と責任の明確化を求めたい。

----男の行為は自衛隊法に反し、文民統制を脅かす。厳正な処分と再発防止の徹底は当然としても、小野寺五典防衛相や河野克俊統合幕僚長らの監督責任も免れまい。
 このニュースを聞いて、戦前・戦中の旧日本軍の横暴を思い浮かべた人も多かったのではないか。
 一九三八年、衆院での国家総動員法案の審議中、説明に立った佐藤賢了陸軍中佐(当時)が、発言の中止を求める議員に「黙っておれ」と一喝した事件は代表例だ。
 佐藤中佐は発言を取り消したものの、軍部は政治への関与を徐々に強め、やがて軍部独裁の下、破滅的な戦争へと突入する。
 文民統制旧軍の反省に基づくものであり、民主主義国家としてそれを脅かすいかなる芽も見過ごしてはならない。
(東京新聞 2018年4月19日)

自衛官暴言 組織の土壌、問題ないか
----自衛隊への文民統制(シビリアンコントロール)が危うくなっている。そう言わざるを得ない事態がまた繰り返された。

----実力組織の中枢にいる幹部自衛官が、あろうことか国民代表の国会議員を「敵」とののしる。
 五・一五、二・二六両事件を経て軍部の暴走が政党政治の瓦解(がかい)につながった戦前を想起させる言動は、個人の不祥事では済まない。
 日報隠蔽(いんぺい)疑惑で文民統制の危機が叫ばれているさなかである。組織のゆがみが国民主権の冒涜(ぼうとく)につながったのではないか。防衛省は厳しく検証する必要がある。
 
自衛隊の最高指揮官は首相で、隊員は文民たる首相や防衛相ら政治の統制に服さねばならない。
 この原則に基づき、自衛隊法は隊員に選挙権の行使を除く政治的行為を禁じている。3佐の発言は規定に抵触する可能性がある。
 小野寺五典防衛相の対応にも疑問が残る。3佐の言動に「自分が置かれた立場をおもんぱかるべきだ」とする一方、「若い隊員で国民の一人でもあるので、当然思うことはあるだろう」とも述べた。
(北海道新聞 2018/04/19 05:00)

<各紙社説・主張>
朝日新聞)自衛官の暴言 文民統制からの逸脱だ (4/19)
東京新聞)幹部自衛官暴言 旧軍の横暴想起させる (4/19)
北海道新聞)自衛官の暴言 組織の土壌、問題ないか (4/19)
信濃毎日新聞)統幕3佐暴言 組織の再点検が必要だ (4/19)


続きを読む

関連記事
2018-04-20(Fri)

財務次官セクハラ辞任 麻生氏の責任は免れぬ

かばった政権の姿勢問われる  幕引きにはならない  セクハラ認識、甘過ぎる

<各紙社説・主張>
朝日新聞)財務次官辞任 幕引きにはならない (4/19)
読売新聞)財務次官辞任 問われる人権配慮と報道倫理 (4/20)
日本経済新聞)セクハラ問題で辞任は当然だ  (4/19)
東京新聞)セクハラ疑惑 辞任で終わらせるな (4/19)

しんぶん赤旗)次官セクハラ辞任 かばった政権の姿勢問われる (4/20)
北海道新聞)財務次官辞任 麻生氏の責任は免れぬ (4/19)
信濃毎日新聞)財務次官辞任 うやむやは許されない (4/20)
京都新聞)財務次官更迭  麻生氏の責任は重大だ (4/20)

神戸新聞)財務次官辞任/うやむやで終わらせるな (4/20)
中国新聞)財務次官更迭 セクハラ認識、甘過ぎる (4/20)
西日本新聞)財務次官辞任 世論見誤り遅きに失した (4/19)


続きを読む

関連記事
2018-04-20(Fri)

洋上風力発電促進法案  一般海域の占用ルール化

国が促進5区域指定 事業認定期間は最長30年 / ゼネコン各社洋上風力発電に照準 

◇政府/洋上風力発電促進法案を決定/国が促進5区域指定へ、事業認定期間は最長30年
 政府は9日の閣議で、今国会に提出する「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」を決定した。沖合洋上風力発電事業の普及に向け一般海域占用ルールを規定する。政府が「促進区域」を指定した後、発電事業者を公募して選定する制度を創設。発電事業者に最長30年間の占用許可を与え、発電事業を認める。
(日刊建設工業新聞  2018年3月12日)

ゼネコン各社/洋上風力発電に照準/事業参画や関連技術開発、作業船新造も
 売電価格の低下などを背景に太陽光発電市場への新規参入が縮小する中、ゼネコン各社が洋上風力発電に照準を絞り、事業参画や工事受注を狙う動きが活発になっている。プロジェクトを軌道に乗せるため新たな手法で資金調達を図る動きや、風車建設に向け作業船を新造する取り組みが顕在化。投資対象の拡充やESG(環境・社会・企業統治)強化の観点からも、洋上風力発電への取り組みを加速させている。
(日刊建設工業新聞  2018年2月9日)

海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案」
概要(PDF形式)http://www.mlit.go.jp/common/001224538.pdf




続きを読む

関連記事
2018-04-19(Thu)

米・旅客機のエンジン“爆発” 1人死亡7人負傷

サウスウエスト航空 機内パニック 緊急着陸  旅客機の窓割れ、吸い出されそうに

旅客機の窓割れ、吸い出されそうに…1人死亡
 【ニューヨーク=吉池亮】東部ペンシルベニア州上空で17日午前(日本時間18日未明)、上昇中だったサウスウエスト航空機(ボーイング737―700型機、乗員乗客148人)の左エンジンにトラブルが発生。
 飛散したエンジン部品で客室の窓が割れ、座席の乗客が機外に吸い出されそうになった。国家運輸安全委員会(NTSB)の発表では乗客1人が死亡した。
 事故があったのはニューヨーク発ダラス行きの便で、フィラデルフィア空港に緊急着陸した。FOXニュースなどによると、死亡したのは窓側席の女性客とみられ、飛散した部品で頭を強打したという。
 窓の破損で機内が減圧したため、高度を下げるまで乗客は酸素マスクを着用した。男性乗客は、ニューヨーク・タイムズ紙に対し「エンジン爆発し、10~15分間急降下した」「窓が吹き飛び、客室乗務員が泣いているのを見て事態の深刻さに気付いた」などと語った。
(読売新聞 2018年04月18日 11時37分)


旅客機エンジン爆発” 機内パニック
----爆発したエンジンで何が起きたのか。
航空評論家の杉江 弘さんは、「これはエンジンの空気を入れ込む入り口。ファンのケースが外にあって、この中にファンブレードというのが、約20枚前後ある。ここまでの破損は、乱気流では起こらない。エンジン自体は新しいですが、頻繁に使っていますので、経年劣化。(整備士が)ファンブレードの破損や取り付けを見ないといけないが、そこの見落としがあった可能性がある。(窓は)これだけ穴が開いてしまうと、客室の中は急減圧が起きて、物が吸い出されてしまう。人も吸い出されてしまう」と話した。

----事故機を調査している、NTSB(国家運輸安全委員会)は、飛行場からおよそ110km離れた場所でエンジンカバーが発見され、初期調査でファンブレード1枚が金属疲労により剥がれた模様だと発表した。
(ホウドウキョク Apr 18, 2018)


続きを読む

関連記事
2018-04-18(Wed)

イラク日報公表 派遣の是非を再検証せよ

非戦闘地域」の検証を  改めて派遣是非を問う  再検証へ全面開示を

<各紙社説・主張>
朝日新聞)イラク日報 「非戦闘地域」の検証を (4/18)
読売新聞)陸自イラク日報 過酷な環境下の活動が分かる (4/18)
毎日新聞)陸上自衛隊のイラク日報 保存と公開を根付かせよ (4/18)
東京新聞)陸自イラク日報 派遣の正当性検証せよ (4/18)

しんぶん赤旗)イラク日報の公表 隠蔽問題の首相の責任は重大 (4/18)
北海道新聞)イラク日報公表 活動の検証を徹底せよ (4/18)
信濃毎日新聞)イラク日報 再検証へ全面開示を (4/18)
京都新聞)イラク日報開示  教訓を国民と共有せよ (4/18)

神戸新聞)イラク日報公表/改めて派遣の是非を問う (4/18)
中国新聞)イラク日報「戦闘拡大」 派遣の判断、再検証せよ (4/18)
西日本新聞)イラク日報開示 派遣の是非を再検証せよ (4/18)


続きを読む

関連記事
2018-04-18(Wed)

財務次官のセクハラ 常識欠く財務省の対応

財務省は醜聞の擁護者か あぜんとするずれた感覚  「名乗り出て」はお門違い
「もう終わりにしなければならない」 財務省セクハラ調査に新聞労連が声明


<各紙社説・主張>
朝日新聞)財務次官問題 混乱は深まるばかりだ (4/17)
毎日新聞)財務省のセクハラ疑惑反論 「名乗り出て」はお門違い (4/18)
産経新聞)次官のセクハラ 財務省は醜聞の擁護者か (4/18)
北海道新聞)セクハラ疑惑 常識欠く財務省の対応 (4/18)
神戸新聞)セクハラ疑惑/あぜんとするずれた感覚 (4/18)

◇「もう終わりにしなければならない」財務省のセクハラ調査に新聞労連が声明(全文)


続きを読む

関連記事
2018-04-17(Tue)

シェアハウス投資 スルガ銀に立ち入り検査 金融庁 

「かぼちゃの馬車」トラブル巡り /運営会社破綻でも「融資契約は有効」 スルガ銀


スルガ銀立ち入り検査 金融庁シェアハウス投資
----賃料支払いの行き詰まりが問題化しているシェアハウス投資で、多くのオーナーに融資をしていた地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、金融庁立ち入り検査に入ったことが13日、分かった。融資の過程で書類の改ざんが横行していたことが分かっており、なぜ不正を見抜けなかったかなどの実態把握を進める。
(朝日新聞デジタル2018年4月14日05時39分)


◇運営会社破綻でも「融資契約は有効」 スルガ銀  シェアハウス「かぼちゃの馬車」投資トラブル巡り
----女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資トラブルで、大半の所有者に建設資金を貸したスルガ銀行は運営会社が実質的に破綻しても同行と所有者の融資契約は有効との認識を示した。運営会社からの賃料収入を返済原資にするしくみだが賃料の支払いは止まっているのにもかかわらず、所有者の返済義務は消えないと主張する。
(日本経済新聞 2018/4/15 17:30)


続きを読む

関連記事
2018-04-16(Mon)

大分耶馬渓の山崩れ 予兆なき災害の恐ろしさ

原因調査と備えが急務  身近な危険箇所把握を 死者3人不明3人に 捜索中

<各紙社説・主張>
産経新聞)大分で山崩れ 災害リスクに向き合おう (4/13)
信濃毎日新聞)大分の山崩れ 原因調査と備えが急務 (4/13)
南日本新聞) [大分で山崩れ] 身近な危険箇所把握を (4/13)
西日本新聞)耶馬渓の山崩れ 予兆なき災害の恐ろしさ (4/12)

大分山崩れ 原因調査と備えが急務
----こんな崩落が突然起きるとは。助かるにはどうすればよいのか。
 山肌がごっそりと茶色くえぐられた現場の写真を見ていると、衝撃とともに、不安が頭をもたげてくる。

----現地調査した専門家チームは、岩盤の風化が原因との見方を示している。地下の岩盤に裂け目ができ、堆積した土砂層を巻き込みながら崩れ落ちたとし、地下水の影響は限定的とみている。
 過去の火山活動の堆積物が風雨で浸食され、一帯は土砂崩れが起きやすくなっていたという。住民も「この辺りで過去にも何回か山が崩れた」と話している。大分県は昨年3月、現場周辺を土砂災害特別警戒区域に指定していた。
 地盤の弱いところでは大雨が降っていなくても崩落が起きることがあり、そのまれなケースに当たるということだろうか。

----同様の危険を抱えた山あいの集落は珍しくない。前兆はなかったのか、命を守るためにできることはなかったのか。対策につなげるためにも、発生原因を詳しく調べる必要がある。
(信濃毎日新聞 2018年4月13日社説)


続きを読む

関連記事
2018-04-15(Sun)

森友・加計問題に抗議、国会前「市民集会」

国会前で市民団体が集会 安倍政権退陣迫る

読売新聞 2018年04月15日 09時41分
森友加計問題に抗議、国会前で「市民集会
 加計学園の獣医学部新設に関する記録文書問題や、森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題などに抗議する市民集会が14日、東京・永田町の国会議事堂前で行われた。
 プラカードやのぼりを持った参加者らが国会正門周辺の歩道を埋め尽くし、安倍内閣の退陣を求めた。
 集会であいさつに立った立憲民主党の長妻昭代表代行は、「野党が結束して、真相究明に全力で取り組む」と強調した。

朝日新聞デジタル2018年4月14日21時24分
国会前で市民団体が集会 「全部明らかにして」抗議の声
【動画】国会前で抗議の声を上げる人たち
https://www.asahi.com/articles/ASL4G5FPXL4GUTIL02C.html


毎日新聞2018年4月14日 18時50分(最終更新 4月14日 21時45分)
国会前デモ:安倍政権退陣迫る 森友加計問題で3万人
https://mainichi.jp/articles/20180415/k00/00m/010/032000c


続きを読む

関連記事
2018-04-14(Sat)

リニア工事 大深度地下工事 初契約

東京岐阜 2工区で新契約 談合4社以外 熊谷組代表JV受注

リニア工事熊谷組契約 東京岐阜JR東海
 JR東海は13日、リニア中央新幹線のトンネル工事で、東京都港区から川崎市中原区の約9キロと、岐阜県可児市の約5キロについて、熊谷組などの共同企業体(JV)と契約したと発表した。
 東京から川崎の約9キロは用地買収の必要がない地下40メートル以上の大深度地下となる。大深度の工事契約は初めて。国土交通相に3月申請した大深度の使用認可を得てから着工する。約37キロのトンネルの一部で、工期は2026年3月15日まで。
 岐阜の約5キロは約34キロのトンネルの一部で、工期は26年6月30日まで。リニア工事を巡る談合事件で東京地検特捜部が起訴した大成建設、鹿島、大林組、清水建設は今回のJVに含まれていない。
(共同通信 2018年04月13日 19:31)

〇中央新幹線第一中京圏トンネル新設(大森工区) トンネル工事
受注先  熊谷組 青協建設JV
場 所  岐阜県可児市大森 約34.2kmのうち約4.9km(非常口含む)
工 期  平成38年6月30日まで

〇中央新幹線第一首都圏トンネル新設(北品川工区) シールドトンネル工事
受注先 熊谷組 大豊建設 徳倉建設JV
場 所 東京都港区港南から神奈川県川崎市中原区等々力の間 約36.9kmのうち約9.2km
工 期 平成38年3月15日まで


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン