2017-06-20(Tue)

LCC バニラ・エア  再び誤誘導

国際線客をまた誤誘導 34人が手続きせず入国   国交省 2度目の厳重注意

バニラ・エア、34人を誤誘導入国手続きせず
 格安航空会社(LCC)の「バニラ・エア」は19日、香港から18日夜に成田空港に到着した乗客の一部を誤って国内線到着口に案内し、34人が入国手続きをせずに入国したと発表した。
 同社は昨年4月にも同様のトラブルを起こしており、国土交通省は19日、同社に厳重注意し、再発防止策の検討などを求めた。
 同社によると、18日午後10時13分に到着した香港―成田便の乗客168人を、3台のバスに乗せて国際線到着口に移動させる際、34人が乗った1台が誤って国内線到着口に向かったため、乗客は手続きをせずに入国してしまった。運転手が指示を勘違いしたという。
 乗客の通報でトラブルが発覚し、24人は入国後に改めて手続きを済ませたが、10人は終えていないという。同社は昨年4月にも、同様のトラブルを起こし、再発防止策を講じていた。
(読売新聞2017年06月19日 19時54分)

(16年4月 再発防止策)
◇東京空港交通、国際線乗客のバス配車ミスで再発防止策発表 社長は減俸
 東京空港交通は、4月17日、台北/桃園から東京/成田に到着した、バニラエアJW104便の乗客を、誤ってバスで国内線到着ゲートに輸送し、入国手続きを経ずに乗客が入国したことを謝罪し、社内処分を発表した
 同日は成田空港が強風のため、同機は名古屋/中部に一時着陸。給油の上、東京/成田に向かっていた。バニラエアは、入国手続きを経ずに入国状態となっている乗客全員に連絡を行い、順次入国手続きを行っている。
 東京空港交通では、航空会社からのバスオーダーは変更を含めて国内線、国際線を明確にしたFAXによるやり取りとすることや、作成するバス配車票の記載事項を、航空会社がバス到着口に配置する担当者とバス乗務員との間で相互に確認を行ったうえで輸送を実施することなどの再発防止策を定めた。また、増井健人社長は減俸25%1ヶ月の社内処分とした。
(Traicy 2016年4月27日 7:03 pm)



続きを読む

2017-06-04(Sun)

航空事故 富山で小型機墜落事故 

航空事故1347件中 小型機が28% 過去には住宅地に被害も
 
墜落事故小型機が3割弱 過去には住宅地に被害も
----運輸安全委員会の統計によると、航空事故は1974年以降に1374件発生。このうち、小型機事故は386件で約28%だった。
 2016年3月には、大阪府八尾市の八尾空港に着陸しようとした小型機が滑走路に墜落。乗っていた4人全員が死亡した。また、15年7月には、東京都調布市で5人が乗った小型機が離陸直後に住宅地に墜落。パイロットと乗客のほか、住宅にいた女性の計3人が亡くなった。
 事業用以外の個人などの小型機による事故も多く、06年以降の10年間では全体の約18%にあたる31件が発生した。運航目的別では、操縦訓練や技能維持のための慣熟飛行が半数ほどという。
(朝日新聞 2017年6月3日20時04分)

◆【小型飛行機墜落】相次ぐ小型機事故 住民巻き添えも
----小型飛行機による墜落事故は後を絶たない。
----相次ぐ事故に、国土交通省は26年4月から、定期的な操縦士の技能審査を義務づけたほか、事故防止のための安全講習会の実施などを操縦士団体を通じて呼びかけている。
(産経ニュース 2017.6.4 12:59)

航空事故の統計
発生年別事故件数内訳 (2017年5月25日 現在)
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/air-accident-toukei.php
運輸安全)」航空機事故統計 機種別事故件数170525


続きを読む

2017-05-29(Mon)

羽田新ルート 同時着陸の安全基準なし

ニアミス表示の可能性 地元自治体・住民に説明もなし

羽田新ルート安全基準なし  五輪へ発着増、国が検証へ
 2020年東京五輪・パラリンピックまでに羽田空港の発着枠を大幅に拡大するため、都心上空を通過するルートを新たに設定、2機が同時に着陸できる飛行方式が採用されるが、この方式は国際的な安全基準が確立されていないことが27日、政府関係者への取材で分かった。旋回時の2機の位置関係によっては、警報装置がニアミスと判断し、着陸がやり直しとなる可能性がある。
 国は本年度中に安全性の検証をした上で、新方式のための基準を策定する方針。ただ、国の検証結果次第ではルートが変更となる可能性もある。
 地元自治体には説明しておらず、周辺住民からは反発する声も上がっている。
(共同通信 2017年5月28日 午前2時00分)



続きを読む

2017-05-12(Fri)

那覇空港トラブル ミス複合し旅客機接近

運輸安全委が報告書/ 航空管制官 育成急務 対応機体数、15年で1.6倍


ミス複合旅客機接近=15年の那覇空港トラブル運輸安全委が報告書
 那覇空港で2015年、航空自衛隊のヘリコプターが許可なく離陸し、旅客機2機の接近を招いたトラブルで、運輸安全委員会は27日、調査報告書をまとめた。ヘリが許可を得たと誤解するなど複数のミスが重なったと分析した。
(時事通信 2017/04/27-10:05)


航空管制官 育成急務 対応機体数、15年で1.6倍
 格安航空会社(LCC)の就航拡大で空の過密化が進んでいる。2020年東京五輪などで航空需要は一層増すと見込まれ、空の安全を守る航空管制官の要員確保と管制能力の向上が緊急の課題となっている。管制官らを養成する国内唯一の教育機関「航空保安大学校」(大阪府泉佐野市)は研修生の受け入れ数を大幅に増やして育成を急いでいる。
(毎日新聞2017年5月11日 13時53分)

報告書(PDF)
公表 http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/rep-inci/AI2017-1-2-57-4493-JA80AN-JA8938.pdf
説明資料 http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/p-pdf/AI2017-1-2-p.pdf


続きを読む

2017-04-15(Sat)

ユナイテッド航空 乗客引きずり降ろす

航空業界 オーバーブッキング擁護  批判広がる 効率偏重のツケ

◇ユナイテッド航空 定員超過で乗客引きずり降ろす
----アメリカ中西部シカゴの空港で、離陸前のユナイテッド航空機が定員を超えたとして、機内から乗客の1人が無理やり引きずり降ろされる映像がインターネット上に投稿され、大手航空会社の手荒な対応に批判が高まっています。
(NHK 4月11日 18時04分)


◇航空業界が過剰予約を擁護、ユナイテッド問題受け
----ユナイテッド(United)航空問題を受け、航空各社は、定数以上の座席を販売することで航空券の値上がりを抑えることができるとし、オーバーブッキングを擁護している。
(ロイター 2017年04月14日 16時42分)


◇ユナイテッド航空への批判広がる 乗客対応、効率偏重のツケ
----オーバーブッキング(過剰予約)によって乗客を引きずり下ろした問題で、米ユナイテッド航空が揺れている。強制退去時の映像が世界中に拡散され、批判の声は米国外にも広がっている。効率的な運航をより重視する姿勢が問題の背後に潜んでいる。
(日本経済新聞 2017/4/12 23:34)


続きを読む

2017-03-02(Thu)

ドローン 無許可36件摘発 墜落、初のけが人

2015年12月 改正航空法施行後 トラブル報告約50件

無許可ドローン36件摘発航空法改正後-警察庁
 警察庁は2日、住宅密集地などでドローン(小型無人飛行機)を無許可で飛行させたとして、航空法違反容疑で摘発したケースが昨年1年間に18都道府県警で36事件、37人に上ったと公表した。2015年12月に改正航空法が施行され、人や家屋の密集地、空港周辺、夜間などのドローン飛行が原則禁じられた。
(時事通信)

ドローン墜落、初のけが人 男性作業員に衝突、顔に大けが 神奈川の工事現場
 神奈川県藤沢市の建築現場で今月、小型無人機ドローン墜落し、ぶつかった作業員がけがをしていたことが28日、国土交通省への取材で分かった。ドローンをめぐっては、国がトラブルの連絡を求めるようになった平成27年12月以降、墜落など約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めてという。
(産経ニュース)


続きを読む

2017-01-20(Fri)

ANA機、滑走路はみ出し雪に突っ込む 新千歳

重大インシデント」認定 オーバーランの可能性、運輸安全委員会調査官5人派遣

◇新千歳空港:全日空機が滑走路逸脱「曲がりきれなかった」
----19日正午ごろ、北海道千歳市の新千歳空港で、着陸した秋田発の全日空機が滑走路から逸脱し積雪に突っ込んだ。乗客乗員25人にけがはなかった。全日空によると、滑走路脇の誘導路に入ろうとブレーキをかけたがスリップし、パイロットは「曲がりきれなかった」と説明しているという。
 国土交通省は事故につながりかねない「重大インシデント」と認定。オーバーランの可能性があるとみており、運輸安全委員会は航空事故調査官5人を現地へ派遣した。
(毎日新聞2017年1月19日 21時01分)


◇ANA機、滑走路はみ出し雪に突っ込む…新千歳
----19日午前11時56分頃、北海道千歳市の新千歳空港で、同空港に着陸した全日空機が滑走路をはみ出し、積もった雪に突っ込んだ状態で停止した。
 乗客・乗員計25人にけがはなかった。国土交通省は、事故につながりかねない重大インシデントと認定。運輸安全委員会は同日、航空事故調査官5人を同空港に派遣し、調査を始めた。
 国交省などによると、滑走路を逸脱したのは、秋田発新千歳行き全日空1831便(ボンバルディアDHC8型機、定員74人)。同空港に2本ある滑走路のうち、東側のB滑走路(3000メートル)に南側から着陸した後、ターミナルビルに向かうために左折して誘導路に入ろうとしたが、曲がりきれずに滑走路をはみ出し、雪が積もった草地付近で止まった。
(読売新聞 2017年01月19日 20時52分)


続きを読む

2016-11-25(Fri)

アシアナ機事故報告書 機長の着陸強行が原因…安全委

機長、視界不良でも「進入継続」 「霧で滑走路見えず」判断、着陸やり直し遅れ衝突 

----昨年4月、広島空港(広島県三原市)で起きた韓国・アシアナ航空機の着陸失敗事故で、運輸安全委員会は24日、霧で視界が悪かったにもかかわらず、男性機長(49)が航空法などの規定に反して着陸を強行し、男性副操縦士(37)も制止しなかったことが原因とする報告書を公表した。
 
同委員会は同日、韓国国土交通省に対し、アシアナ社に対する指導を要請する勧告を出した。
 
報告書によると、航空法施行規則や同社のマニュアルなどでは、着陸継続の可否を判断する「進入限界高度」(DA)に達した際、滑走路の灯火などの目標を確認し続けられなければ、着陸を中断しなければならないと定めている。今回の進入方式のDAは上空130メートルだった。
(読売新聞)

◇報告書 http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/rep-acci/AA2016-9-4-HL7762.pdf

◇説明資料 http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/p-pdf/AA2016-9-4-p.pdf

◇安全勧告 H28年11月24日 韓国国土交通部
http://www.mlit.go.jp/jtsb/airkankoku/anzenkankoku11_161124.pdf




続きを読む

2016-10-26(Wed)

航空トラブル 旅客数不一致 12年以降236件 立ち乗り5件

ANA 国交省に「立ち乗り」再発防止策提出 空港係員を増員

◇搭乗手続きと搭乗者、「数合わない」236件
----福岡空港で先月、全日空機が搭乗手続きの確認ミスで、定員超過の状態で移動を開始していた問題で、国土交通省は25日、2012年度以降、運航開始前の旅客機で、搭乗手続きを済ませた乗客数と搭乗者数が異なるケースが計236件発生していたと発表した。
 
定員超過は今回の事案を含めて計5件あった。
同省は同日、各航空会社に搭乗客数の確認の徹底を指示した。
 
同省によると、いずれも搭乗手続きのミスが原因で、同じ席の搭乗券を2枚出すなどのケースがあった。
定員超過のままでの離陸はなかったが、乗客数の違いを離陸後に気付いたケースが複数件あった。
 
同省は今後、搭乗システムの見直しなど再発防止策について検討を進める。
(読売新聞)

ANA国交省に「立ち乗り」再発防止策提出 空港係員を増員
 全日本空輸(ANA/NH)は10月25日、福岡空港で9月30日に起きた搭乗手続きが済んでいない乗客が搭乗し、一時「立ち乗り」になったトラブルについて、再発防止策を国土交通省航空局(JCAB)に提出した。10月11日に国交省ANAを厳重注意したことによるもので、空港の地上係員を増員し、確認体制を強化するなど、7つの再発防止策を報告した。
(Aviation Wire)


続きを読む

2016-08-26(Fri)

ANA B787 エンジン不具合 欠航 

全日空 5カ月公表せず 国際線でトラブル発覚50機改修、1日10便欠航
「運航に影響が出るまで公表する考えはなかった。」=事故・トラブル発生まで隠していた・・・? 


◇全日空、300便以上欠航へ 787エンジン不具合
10月以降も影響継続か
----全日空は25日、ボーイング787のエンジン不具合があり、全機を改修すると明らかにした。
26日は羽田空港と大阪、広島、福岡を結ぶ計9便が欠航、約3100人に影響する。
9月末まで1日10便程度、計300便以上が欠航し、影響は10月以降も続く見通し。
 
飛行中、エンジンの異常振動を示す表示が出て引き返す便が相次ぎ、全日空と、エンジンメーカーの英ロールスロイスが調査したところ、内部の部品が破断していることが判明。

所有する全50機のエンジンを5機ずつ取り下ろし、問題の部品を新しいものに交換することにした。
破断防止対策が施された新しい部品が届くのは来年以降だが、当面は未対策でも新品部品に交換すれば問題ないとしている。
(共同通信)


◇5カ月公表せず B787、国際線でトラブル発覚
----ボーイング787に使われている英ロールスロイスのエンジン部品に欠陥が見つかり、全日本空輸(ANA)の国内線は改修に伴い、少なくとも9月まで1日10便程度が欠航することになった。欠航は計300便以上になる見通しだ。
 
全日空はこの欠陥を今年3月ごろに把握し、改修を始めていたが、約5カ月間公表していなかった。「運航に影響が出るまで公表する考えはなかった。非常に多くのお客様にご迷惑をおかけし、申し訳ない」としている。
 
全日空によると、この欠陥を受け、ロ社は同型のエンジンを使う全航空会社に改修を呼び掛けたという。
国交省は25日、ロ社のエンジンを認証した欧州当局に対し、欠陥の原因調査や速やかな対策の実施を要請した。
(毎日新聞)

--------------------------------
全日空HP
【お詫び】ボーイング 787 型機の整備にともなう国内線ダイヤへの影響について
https://www.ana.co.jp/apps/info/info20160826143902037.pdf
この情報は、2016 年 8 月 26 日 15:00 現在のものです。


続きを読む

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン