2017-05-07(Sun)

リニア新幹線 大鹿村掘削開始 「丁寧な説明」はどこへ

説明会開かず、前日夜メールのみで通知  残土処理の問題も先送りされたまま

◆リニアの掘削 「丁寧な説明」はどこへ(信濃毎日新聞 2017年4月29日社説)
 これがJR東海の言う「丁寧な説明」なのだろうか。
 リニア中央新幹線のトンネル掘削が下伊那郡大鹿村で始まった。南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の作業用トンネルである。
 工事が始まった除山非常口(坑口)の反対斜面にある釜沢地区では、発破作業が始まると騒音や振動などの影響が懸念される。
 
それなのに、工事に当たる共同企業体(JV)が住民に掘削開始を知らせたのは電子メールのみだ。
配信は掘削開始前日の26日夜で、一見して理解できる内容ではなかったという。
 
メールは希望者に、道路改良工事に伴う通行止めの時間帯などを知らせるため配信している。
受信していた地区の自治会長は掘削開始に気付かなかった。JRが村に掘削開始を電話で知らせたのも26日の夕方だった。

JR東海の柘植康英社長は住民不安が根強いことに対し、「丁寧に話し合いをして、話を聞き、説明し、納得していただく努力が不可欠」としていたはずだ。
 
地区の全員が参加できる説明会を開き、掘削開始や今後の見通し、工事の影響などを詳細に説明するのが筋だ。
今回のような対応では、工事に対する住民の不安や不満は解消しない。
 
掘削工事では、残土処理の問題も先送りされたままだ。----


続きを読む

関連記事
プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン