2014-09-30(Tue)

御嶽山噴火 火山国の備えを急ぎたい 社説等(3)

なぜこれほどの犠牲が 火山の恐ろしさ十分に自覚を 火山災害への警戒怠るな 観測と避難対策再考を

<各紙社説・論説>
福島民報)【御嶽山噴火】救助活動に全力を(9/29)
信濃毎日新聞)御嶽山惨事 なぜこれほどの犠牲が(9/29)
新潟日報)御嶽山噴火 登山者救助に全力尽くせ(9/28)
北國新聞)御嶽山噴火 北陸も対策を急がなくては(9/29)
京都新聞)御嶽山噴火  火山防災、意識高めよう(9/29)
神戸新聞)御嶽山噴火/突然の異変にどう備える(9/28)
愛媛新聞)御嶽山噴火 火山の恐ろしさ十分に自覚を (9/29)
徳島新聞)御嶽山噴火 予知の精度向上を急げ (9/29)
高知新聞)【御嶽山噴火】火山国の備えを急ぎたい(9/29)
熊本日日新聞)御嶽山噴火 火山災害への警戒怠るな(9/29)
琉球新報)御嶽山噴火 観測と避難対策再考を(9/29)




以下引用

福島民報 (2014/09/29 08:29)
論説:【御嶽山噴火】救助活動に全力を(9月29日)
 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山[おんたけさん]の噴火は、登山者ら30人以上が死亡・心肺停止、さらに多数の負傷者が出る大惨事となった。警察、消防、自衛隊による懸命の救助活動が繰り広げられている。山中にまだ取り残されている人がいる可能性もある。二次災害に注意しながら捜索と救助に全力を挙げてほしい。
 御嶽山噴火したのは27日午前11時52分ごろだった。折から秋の行楽シーズン、紅葉が見頃を迎えた山に大勢の登山者が入っていた。目撃者らの話によると、爆発音が鳴り響き、火口から黒い煙が噴き上がって視界を遮ったという。頂上付近は大量の火山灰が噴石とともに降り注ぎ、熱風と硫黄臭で呼吸ができない状況だった。山小屋などに避難する間もなく、火山灰に埋まってしまった人もいただろう。
 救助活動は有毒ガス発生のため難航している。噴石が飛んでくる恐れもある。これ以上人的被害を拡大させてはならない。救助隊の安全を第一に考えながら、心肺停止者の搬送と安否不明者の捜索・救援を進めてもらいたい。
 御嶽山噴火は平成19(2007)年3月以来7年ぶりだ。気象庁のデータによると、9月中旬から火山性地震が繰り返し観測されていたという。しかし、地下のマグマ活動を示す可能性がある火山性微動は検知されず、地殻変動も変化がなかった。このため、危険度を示す噴火警戒レベルは、噴火前まで「1(平常)」のままだった。
 御嶽山は、気象庁などが地震計や遠望カメラなどを使って24時間体制で監視する常時観測火山の一つだ。それだけの監視体制を取っても予知できなかった。噴火予測の難しさが浮き彫りになったが、国民は専門家の研究に頼るしかない。登山者や住民にとって警戒レベルは大きな判断基準だ。多くの犠牲に報いるためにも今回のデータを詳細に分析した上で現地を調べ、予知研究を一歩でも前に進めるよう望む。
 県内にも吾妻山、安達太良山、磐梯山、燧ケ岳、沼沢の5つの活火山がある。このうち吾妻山、安達太良山、磐梯山の3つの山は御嶽山と同じ常時観測火山だ。3山は現在、目立った変化はなく、いずれも警戒レベルは最低の「1」となっている。
 過度に恐れる必要はないだろうが、登山者も住民も常に活火山に接しているとの意識を忘れないようにしなければならない。万一の事態の際に少しでも落ち着いて行動するためには、心の備えが欠かせない。(佐藤 研一)


信濃毎日新聞 2014年09月29日(月)
社説:御嶽山惨事 なぜこれほどの犠牲が
 御嶽山の噴火による登山者の被害は、状況が分かるにつれて深刻さを増している。
 山頂付近などで31人が心肺停止状態で見つかり、うち4人の死亡が確認された。なぜこれほどの惨事に―と思わずにいられない。
 一部の人たちはヘリコプターで救助されたものの、有毒ガスが発生したため、きのうは捜索活動を午後の早い段階で打ち切った。依然、気掛かりな状況が続く。救助活動や安否確認が少しでも早く進むことを切に願う。
 取り残された登山者の下山が続く一方で、いまだに連絡のつかない人たちがいる。「周囲に火山灰に埋まった人がたくさんいたのに助けられなかった」。下山した人から、そんな悲痛な言葉も聞かれる。安否を気遣う家族らの心中は察するに余りある。
 噴火後、安否不明者の情報は錯綜(さくそう)した。翌日になっても、全容をつかめないのがもどかしい。
 気象庁によると、噴火活動は続き、噴火警戒レベルは5段階のうち3(入山規制)に引き上げられたままだ。火口から4キロ程度の範囲で大きな噴石が飛ぶ危険があるとして注意を呼び掛けている。
 今月中旬から増える傾向が見られた火山性地震は、減少傾向を示している。とはいえ、警戒を怠ることができない。救助に当たる警察や消防、自衛隊は二次災害に注意して活動を進めてほしい。
 政府は災害対策基本法に基づく非常災害対策本部を設置した。首相官邸の連絡室は対策室に格上げされている。地元と連携を密にして支援を強めてもらいたい。
 多くの人が登山をしている最中に噴火が起きれば、被害状況の把握や救助活動にどれほどの困難を伴うか。今回のケースでまざまざと示された。火山の観測や噴火の予知に力を入れる必要性をあらためて教えられる。
 火山研究者らでつくる火山噴火予知連絡会はきのうの記者会見で今回の噴火について、「水蒸気爆発」だったとの見解を示した。マグマが上昇して起きる噴火ではなく、マグマで熱せられた地下水が沸騰して爆発する。
 このタイプの噴火は、爆発で内部の圧力が下がれば活動が収まる傾向があるという。連絡会は今後も同じ程度の噴火が起きる可能性があるとしつつ、水蒸気爆発の予知は難しいと説明した。
 地元住民らにいたずらに不安が広がらないよう、噴火の見通しや防災上留意すべき点などについてきめ細かく、分かりやすい形での情報提供を望む。


新潟日報 2014/09/28
社説:御嶽山噴火 登山者救助に全力尽くせ
 長野、岐阜両県の県境にある御嶽山(3067メートル)が27日昼前に噴火した。登山者らが巻き込まれ、たくさんの死傷者が出る大きな惨事となった。
 山頂付近の山小屋などに取り残された負傷者らを早急に救出しなければならない。
 国土交通省のカメラでは、山頂の南側斜面を噴煙が3キロ以上流れ下るのが観測された。
 気象庁は住民がいる地域の近くまで影響が及ぶ噴火の発生も予想し、火口から4キロほどの範囲で大きな噴石の飛来などに警戒するように呼び掛けた。
 関係機関は観測態勢、警戒態勢を強化し、的確な情報提供に努めて、最大限、被害の拡大を食い止めてもらいたい。
 政府は首相官邸の危機管理センターに設置した官邸連絡室を中心に対応を急いだ。
 安倍晋三首相は現地での救助や安全確保の作業に当たらせるため、自衛隊の派遣を指示した。
 大きな噴石の飛来や地表を覆い尽くす火山灰などにより、山頂付近は危険な状況にある。
 何が起きるか分からない中、二次的な被災にも十分な注意を払わなければならない。
 未発見の登山者がいないかなどを含め、今回の被害の全体像を把握する必要もある。
 気象庁は会見で、今後も同規模の噴火が起きる可能性があるとの見解を示した。
 地殻変動などの状況をみると、さらに大きな規模になるとは考えにくいとしているものの、当面は、万一への備えを怠らないようにするべきだ。
 斜面を流れた噴煙が、火山灰や高温の火山ガスが高速で流下する危険な火砕流かどうかは現段階で確認できないという。
 ただ、火砕流発生の恐れを含め、あらゆる事態を考慮に入れて対応していきたい。
 活火山の御嶽山は1979年10月に水蒸気爆発を起こして火山灰を噴き出し、100キロ以上離れた前橋市にも降灰があった。
 91年、2007年にも小規模噴火するなど、切れ目なく火山活動をしてきた。
 今月中旬に火山性地震が増加したため、気象庁は07年火口とその付近に火山灰が噴出する可能性があるとの情報を出し、警戒を呼び掛けていた。
 しかし、その他のデータに変化がなく、噴火警戒レベルは「平常」の1のままとした。
 火山噴火予知の難しさを、今回の災害はあらためて示したといえる。火山防災の在り方や、噴火とそれによる災害がどのようにして起きたのかを、徹底して検証する姿勢が求められる。
 御嶽山は3千メートルを超す独立峰で眺望に優れ、秋は中腹の紅葉が美しい。ロープウエーを利用することもでき人気が高い。
 詰めかけていた登山者の誰も、今回の噴火を予測することはできなかったはずだ。それだけ恐ろしい自然の猛威だ。
 74年の噴火で3人が死亡した本県の焼山を含め、全国で噴火への備えを再確認しよう。


北國新聞 2014年9月29日
社説:御嶽山の噴火 北陸も対策を急がなくては
 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火で、30人を超える登山者が心肺停止と確認さ れた。助かった人も命の危険にさらされており、火山噴火の恐ろしさを実感させる。
 北陸では白山が「今後100年程度で噴火する可能性が高い」とみられており、気象庁 が常時監視している。立山も活火山である。御嶽山の噴火を教訓にして対策を急がなくてはならない。
 御嶽山噴火の被害が拡大したのは紅葉シーズンに入り、入山者の数がピークにさしかか っていたからである。白山も立山も、登山や観光で訪れる人が多く、今回の被害は人ごとではない。
 火山の周辺は温泉が湧き、景色もいい。地元にとっては大きな観光資源でもある。山岳 観光を地域の活力につなげながら、噴火があり得ると想定して動くことは難しいが、対策を怠ることはできない。いたずらに危機感をあおる必要はないものの、油断せずに噴火に備えることは安心につながる。
 白山の備えでは、2013年に関係機関による火山防災協議会が発足した。石川、岐阜 両県や白山市、白川村などの周辺自治体、気象庁、警察、消防などが協議に参加し、被害予測に基づいて避難計画の策定を進めている。
 気象庁が作成した白山の「噴火シナリオ」では山頂から半径5キロ内に岩石が飛散し、 7キロ内には火砕流や溶岩流が及ぶとされており、登山客や観光客の被害防止を十分に検討する必要がある。関係機関の連携を図って実践的な対策を講じてもらいたい。
 噴火に切実感を持って対応しなければならないのは、東日本大震災によって火山活動が 活発になった可能性があるからだ。南海トラフを震源とする1707年の宝永地震の後には富士山が噴火している。こうした事例を考慮して内閣府の有識者検討会は昨年、東日本大震災を引き金とする大規模噴火が今世紀中に発生してもおかしくないと指摘した。
 御嶽山の噴火では予知の難しさがあらためて示されたが、火山列島の日本で予知技術の 向上を諦めるわけにはいかない。国は火山活動の観測や研究に十分な予算を割り振ってもらいたい。


[京都新聞 2014年09月29日掲載]
社説:御嶽山噴火  火山防災、意識高めよう
 爪痕の癒えぬ夏の豪雨被害に続き、災害列島に暮らす厳しさを見せつけられる突然の惨事だ。
 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で多数の死傷者が出た。今なお行方の分からない人がいる。火山活動は続いている。関係者は二次災害に十分警戒しながら、救命と救助にあらゆる手を尽くしてもらいたい。農作物被害など火山灰対策も要る。
 古来、山岳信仰を集める名峰である。まして紅葉の盛りを迎えた穏やかな土曜の昼時、多くの登山者が訪れて被害が大きくなった。何とも痛ましい。
 気象庁によると、9月中旬から火山性地震を観測していたが、地殻変動などはなく「噴火の前兆と言えるようなものではない」と判断したという。警戒レベルは「平常」(5段階の1)だった。
 2000年の北海道・有珠山の噴火では、気象台が2日前に噴火の可能性を指摘し、周辺住民の避難につながったことがある。過去のデータから活動の特徴が分かっていた希少例だ。多くの火山は情報が少なく、前兆現象も必ず起きるとは限らない。
 御嶽山は「死火山」とみなされていたが、1979年に有史以来の噴火があり、観測網が整備された。その後、91年と2007年にも噴火したが、いずれも今回と同じく予知はできなかった。全国110の活火山のうち、今後100年程度に「噴火の可能性」が指摘される47火山の一つとして24時間監視で警戒しながらである。噴火予知の難しさを見せつけた。
 機器や人材などの観測体制が十分なのか全国規模で点検するとともに、被害を最小限に抑える避難計画の策定などを総合的に進めるべきだ。内閣府によると、周辺市町村の避難計画がそろっているのは全国で7活火山だけという。
 阪神大震災や東日本大震災、異常気象による豪雨災害を経て、地震や津波、浸水対策などは注目され、改善されつつある。だが、火山災害への備えは相対的に遅れている。世界の活火山の7%が集中する有数の火山国・日本である。いま一度、国民が火山防災の意識を高める必要がある。
 再稼働への手続きが進む九州電力川内原発(鹿児島県)は、周辺に活火山群が集まる。「観測で監視できる」という九電の主張を規制当局は受け入れたが、前兆なき噴火や予知技術の限界を御嶽山からあらためて学びたい。「想定外」が引き起こした福島第1原発事故の教訓を忘れてはなるまい。


神戸新聞 2014/09/28
社説:御嶽山噴火/突然の異変にどう備える
 火山は、目立った異常が観測されなくても、突然噴火することがある。だから恐ろしい。きのうの御嶽山の噴火もそうだった。
 晴れ間がのぞき、穏やかで登山に適した日和だった。長野県と岐阜県にまたがる御嶽山一帯は紅葉スポットとして知られ、週末とあって朝から多くの人が訪れていた。
 標高約3千メートルの山頂に近い斜面が噴煙を噴き上げたのは、正午前である。火山灰が一帯を包み込んだ。山小屋にも噴石などが降り注ぎ、屋根や窓を破った。不穏な震動が続いており、居住地域まで影響を及ぼす恐れがある。
 多数の登山者が巻き込まれた。まだ山頂付近にとどまっている人がいるとみられる。警察や消防、自衛隊は身の安全を確保しながら、救出活動を急いでもらいたい。
 「息苦しいほど火山灰が降った」。山小屋の関係者はそう語る。噴火に気付いてからわずかの時間しかなかったという。山小屋に避難した人たちはヘルメットをかぶり、口や鼻をタオルやマスクで覆って噴煙を防ぐのが精いっぱいだった。
 御嶽山にはこの時期、多くの観光客が訪れる。7合目までロープウエーが運行し、岩場が少ないため、経験の浅い人にも親しまれている。
 ただ、山上は山小屋以外に噴火から身を守れる場所がほとんどない。そうした事情も多数の登山者の被災につながったと言えるだろう。
 御嶽山は今月中旬に火山性地震が目立ち始め、気象庁は「火山灰が噴出する可能性がある」とする情報を出した。しかし地殻変動など噴火の前兆となるデータに変化がなかったとして、噴火警戒レベルは「平常」を意味する「1」のままとした。
 気象庁は火山噴火予知連絡会の拡大幹事会を開き、データの分析など検討を急ぐ。日本は世界の活火山の1割が集まる火山国で、東日本大震災の影響で活動が活発化するとの指摘もある。今後の予知や警戒レベルの判断の精度を高めていきたい。
 内閣府の有識者検討会は昨年、大規模噴火対策の強化を求める提言をまとめた。国内の活火山のうち47について「今後100年程度で噴火する可能性が高い」とする内容で、その中に御嶽山も含まれている。
 万一の際、住民や登山者をどうやって守るのか。避難対策などの備えを進めることが重要だ。


愛媛新聞 2014年09月29日(月)
社説:御嶽山噴火 火山の恐ろしさ十分に自覚を
 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)が突然噴火、大量に降り注いだ火山灰で多数の犠牲者が出た。また、自然災害の恐ろしさを見せつけられた思いだ。
 御嶽山は「日本百名山」のひとつで、紅葉スポットとしても知られる。ちょうど見頃の週末ということもあり、大勢の登山客が訪れていた。
 両県警と消防、陸上自衛隊が取り残された人たちの救出活動を続けている。噴火がこれで静まる保証はない。二次災害の危険性に十分配慮しながら、被害者の救援に全力を尽くしてもらいたい。
 日本には活火山が110あり、全世界の7%が集中している。気象庁は、このうち噴火する恐れがある47火山について、24時間の監視体制を敷いている。中でも、御嶽山は7年半前にも小規模な噴火があり、警戒していた。
 専門家は今回の噴火を「水蒸気爆発」の可能性が高いという。地下のマグマが噴き出す「マグマ噴火」に比べて、前兆が少ないとされる。
 ただ、気象庁によると、御嶽山では今月中旬に1日80回を超す微妙な火山性地震が観測されていた。噴火の前兆だったとも考えられる。結果的に予知につなげられなかったのは残念だ。
 周辺自治体には警戒を呼び掛けていたとはいえ、警戒レベルは一番低い1(平常)のままで、入山規制などはしていなかった。この火山性地震の情報が、どの程度まで入山者に伝えられていたのだろうかという疑問が残る。
 また、噴火の約10分前には1分以上の揺れが続く「火山性微動」が観測されていた。こうした情報が自動的に山小屋などに届き、登山者に伝える体制が整えられていれば、被害は軽減された可能性がある。せっかくの観測データを減災に生かすシステムづくりを模索してほしい。
 日本は火山国なのに、火山災害の発生確率が他の災害に比べて低いため、対策が後回しになっているという指摘がある。予算や人材の不足で、監視が十分ではない火山も多い。
 2000年の有珠山(北海道)噴火では、地震などの異常を察知、過去の前兆現象の積み重ねから噴火を予測し、事前の住民避難に成功した。今回の御嶽山も噴火のメカニズムを詳細に調べることで、今後の予知研究につなげるとともに、他の火山での監視・観測体制の充実を図ってもらいたい。
 登山者にも自覚を促しておきたい。最近の中高年の登山ブームもあり、山での事故が相次いでいる。入山前に山の特徴を知っておくのはもちろん、気象変動予測などの情報をできる限り入手、万一の事態に備えておく心構えが絶対に必要だ。


徳島新聞 2014年9月29日付
社説:御嶽山噴火 予知の精度向上を急げ
 長野、岐阜両県にまたがる御(おん)嶽(たけ)山(さん)の噴火により、30人以上が心肺停止となり、このうち4人の死亡が確認された。
 国内の火山噴火では、1991年に火砕流で43人の死者を出した長崎県の雲仙・普賢岳に並ぶ大惨事である。
 警察や消防、自衛隊が懸命の救助を繰り広げているが、噴火活動が続いており有毒ガスに阻まれるなどしてはかどっていない。二次災害に注意を払いながら救命救助活動に全力を尽くしてほしい。
 日本は火山国であり、110の活火山がある。そのうちの47は「今後100年程度で噴火する可能性が高い」として24時間態勢で監視されている。
 御嶽山もその一つで、79年に水蒸気爆発を起こし、その後も2回、小規模噴火している。
 今月中旬、現地では火山性地震が増え、気象庁は「火山灰が噴出する可能性がある」と警戒を呼び掛けていた。しかし、ほかの観測データに変化がなかったため、噴火警戒レベルの引き上げにつながらなかったのは悔やまれる。
 火山噴火予知は、今の技術では限界があり、気象庁は「噴火の前兆と判断することは難しかった」と述べた。
 今回を教訓に、予知の精度を高める取り組みを急がなければならない。
 内閣府の有識者検討会は昨年5月、活火山の大規模噴火対策に関する提言をまとめた。東日本大震災で火山活動が活発化する恐れがあるとして、住民避難対策や観測態勢の強化を求めている。
 1707年、南海トラフを震源とする宝永地震の直後に富士山が噴火した事例もあり、気掛かりである。
 国は自治体と連携して備えを強める必要がある。


高知新聞 2014年09月29日08時23分
社説:【御嶽山噴火】火山国の備えを急ぎたい
 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)の突然の噴火は、火山の恐ろしさをあらためて見せつけた。
 山頂付近などにいた登山者らが巻き込まれ、心肺停止となった人や負傷者が多数に上った。国内では、大規模な火砕流で43人が亡くなった1991年の長崎県の雲仙・普賢岳以来の惨事となった。
 噴火は続いており、大きな噴石の飛散の危険性もあるという。有毒ガスの発生などで捜索活動は難航しているようだ。二次災害を防ぎながら救助を急いでほしい。
 日本は110の活火山がある世界有数の火山国だ。このうち、「100年程度で噴火する可能性が高い」として、気象庁が大学などと連携して24時間監視を続ける火山は47に上る。
 御嶽山もその一つだ。地震計やカメラ、地殻変動観測装置などで常時監視し、今月中旬には多発する火山性地震を観測していた。だが、火山性微動が検知されなかったことなどから、噴火警戒レベルは5段階の1(平常)のままだった。
 噴火の予知に成功した例として、2000年の北海道・有珠山がある。周辺の1万人以上の住民が事前に避難できたのは、約30年ごとに噴火を繰り返し、前兆となる地震が起きることが分かっていたからだ。
 これに対し、御嶽山は1979年の噴火が有史以降では初めてだった。91年、2007年にも噴火したが、過去のデータが少なく、事前の情報を出すだけの材料がなかったという。予知の難しさをあらためて示した形だ。
 噴火のタイプや地震などの前兆は、火山によって異なるという。限界はあるにせよ、危険度を判断するには火山ごとに特徴を十分に把握している専門家が不可欠だろう。
 ところが、火山活動が比較的静かな時期が続いたことなどから、火山国にしては研究者の数は驚くほど少ない。若手の研究者も減っているという。観測態勢も火山によって差があり、まだ十分とはいえない。
 火山活動と地震の関連性は広く知られ、東日本大震災の影響で火山活動が活発化する可能性も指摘されている。専門家の育成や観測態勢の強化を急ぐ必要がある。
 噴火を食い止めることはできなくても、万全の備えによって被害を小さくすることは可能だ。


熊本日日新聞 2014年09月29日
社説:御嶽山噴火 火山災害への警戒怠るな
 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山[おんたけさん](3067メートル)が27日午前、噴火した。秋の行楽シーズンの土曜日で、見ごろを迎えた紅葉目当ての登山者でにぎわっていた。そこに突然、巨大な噴煙が立ち上り、噴石とともに襲いかかった。
 多くの人は命からがら下山したが、山頂付近に取り残された人もいた。救助活動は、噴火や有毒ガス発生など二次災害の恐れから難航し、安否不明者の情報も錯綜[さくそう]した。一夜明け、警察や消防、陸上自衛隊などの救助活動がようやく本格化した。
 長野県警は28日、山頂付近の登山道などで31人が心肺停止、うち4人の死亡を確認した。ほかにも多数の負傷者が出ている模様だ。国内の噴火災害では、1991年6月、長崎県の雲仙・普賢岳で43人が死亡する火砕流が起きて以来の大惨事となった。
 気象庁によると、火口は山頂の南から西にかけて3カ所確認された。噴煙は火口から上空7千メートル付近に到達したと推定している。国土交通省中部地方整備局が設置したカメラは、南側斜面を噴煙が3キロ以上にわたって流れる様子を記録。気象庁の火山噴火予知連は、火砕流が発生していたとする見解を示した。
 御嶽山の噴火は、ごく小規模だった2007年3月以来だ。突然の噴火は、火山活動予測の難しさをあらためて浮き彫りにした。
 御嶽山では、今月中旬から弱い火山性地震が繰り返し観測されていた。頻発する火山性地震は、噴火の前兆の一つとされる。気象庁は11~16日に「07年火口やその付近に影響する程度の火山灰は噴出する可能性がある」との情報を3回発表し、警戒を呼び掛けた。
 しかし、山が膨らむなど地殻変動を示すデータはなかったため、噴火警戒レベルは「平常」の1を維持していた。御嶽山は噴火回数が少なく、データが乏しかったことなどから、気象庁は「噴火の前兆と判断することは難しかった」としている。
 今回の噴火は「水蒸気爆発」で、今後も噴火の可能性がある。マグマの熱で地下水が熱せられ、爆発的に噴火する。御嶽山でも過去に数回起きたとみられている。地殻変動などの前兆がほとんどないまま突発的に起きることが多く、予知は非常に難しいとされる。
 地球には約1500の活火山があり、日本列島には110が集中している。うち47カ所は、気象庁が地震計や高感度カメラ、衛星利用測位システム(GPS)などの機器を使って24時間体制で監視する「常時観測火山」。御嶽山もその一つだったが、噴火の前兆をとらえることはできなかった。救助の初動態勢を含め、今後の検証が必要だろう。
 今回の噴火は、身近な火山の恐ろしさをまざまざと見せつけた。阿蘇山も常時観測火山に含まれているが、1979年に起きた中岳の噴火では観光客3人が死亡している。自然は時に牙をむき、大きな災害を引き起こす。普段から警戒を怠らない教訓にしたい。


琉球新報 2014年9月29日
<社説>御嶽山噴火 観測と避難対策再考を
 活火山はいずれ噴火する。私たちはいつの間にか、その認識が薄れていたのではないだろうか。
 長野、岐阜県境の御嶽山(3067メートル)が噴火し、登山者ら31人が山頂付近で心肺停止になった。
 付近は有毒ガスの発生で28日午後、捜索が中断された。まだ山頂付近にとどまっている人がいて、負傷者も多数に上るとみられる。被害者の救出活動に全力を期してもらいたい。
 火口から4キロ程度の範囲で大きな噴石の飛散の危険や、風によって居住地域近くまで影響を及ぼす恐れがあるという。十分な警戒が必要だ。
 「日本百名山」の一つに数えられる御嶽山は、全国に110ある活火山のうち24時間体制で観測する「常時観測火山」の一つだ。地震計や高感度カメラ、衛星利用測位システム(GPS)などの機器で監視している。
 今月中旬に山頂付近で地震活動が観測され、気象庁も火山情報を流した。しかし、地核変動など噴火の前兆となるデータに変化がなかったため、噴火時の警戒レベルは「平常」を意味する「1」のままだった。
 噴火予知活動の在り方に疑問が残る。気象庁は、噴火から半日経過しても、どこで噴火したか把握できなかった。国の火山観測体制が縮小されたため、御嶽山の観測を縮小せざるを得なかったと指摘する専門家もいる。
 内閣府の有識者検討会は昨年、政府が火山専門の調査研究機関を設置したり、火山の専門家を育成したりするなど観測体制の強化の必要性を提言した。「火山の噴火対策は地震に比べて遅れている」(検討会座長・藤井敏嗣東京大名誉教授)のが現状だ。
 御嶽山は山小屋以外に噴火から登山者の身を守る場所がほとんどない。被害者の多くは山頂付近の登山道周辺で見つかっている。観測体制の強化に加え、被害を少なくするための避難対策は万全だっただろうか。
 日本は世界の活火山の7%が集中する火山国だ。御嶽山噴火を受け、再稼働に向けて手続きが進んでいる九州電力川内原発は、より慎重な対応が求められる。川内原発の周辺には活火山群が分布しているからだ。
 今回の御嶽山の噴火は、これまでの噴火に対する観測体制と避難対策に再考を迫っている。直ちに改善すべきだ。

////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 御嶽山 噴火 火山国

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン