2014-12-04(Thu)

建設労働者 14年内の労務単価引き上げ見送り

来年2月実施へ-国交省 14年度賃金は大きな上昇幅ではなかった・・?

建設労働者賃金が、14年度も上がると見込んでいた国土交通省
だが、調査した結果、大きな上昇幅ではなかったようだ。

国交省は、14年内をめどに早ければ10月にも単価改定できるよう、
10月の通常調査に先立ち7月に中間調査を実施した。

その結果がどうも、年内の引き上げは見送り、10月の賃金調査の結果を待って、
来年2月の実施を目指す方針に切り替えたようだ。




以下引用

時事通信(2014/11/29-16:31)
年内の賃金上げ見送り=建設労働者、来年2月実施へ-国交省
 国土交通省は、国や自治体が公共工事を発注する際の予定価格算出に用いる建設労働者の基準賃金「公共工事設計労務単価」について、当初予定していた年内の引き上げを見送る方向で調整に入った。毎年10月に行っている賃金調査の結果を待って、来年2月の実施を目指す。
 労務単価は通常、公共工事に従事する建設労働者の10月時点の賃金実態を調べ、その結果を踏まえて年1回翌年4月に改定している。
 近年、東日本大震災の復興事業本格化や安倍政権による公共事業推進で全国的に建設労働者が不足し、賃金が上昇している。これに伴い、労務単価が相対的に低くなって予定価格が工事の実勢価格を下回る事態が生じ、落札者が決まらない入札不調が相次いでいる。
 同省は、入札不調を防ぐ目的で2013年度は13年4月と14年2月の2度にわたって単価を引き上げる異例の措置を講じた。
 14年度も賃金が上がると見込んだ同省は、14年内をめどに早ければ10月にも単価改定できるよう、10月の通常調査に先立ち7月に中間調査を実施した。結果は公表されていないが、関係者によると、大きな上昇幅ではなかったという。こうした状況から、同省は年内の引き上げを見送る方針を決めた。

/////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 建設労働者 労務単価 国土交通省 賃金

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン