2015-02-10(Tue)

高速道路跨道橋、383本未点検 「予算や職員が不足」

国交省が事故招く危険指摘 会計検査院処置要求、参議院警告決議事案

---全国の高速道路の上に架かる跨道橋(こどうきょう)5798本のうち、6.6%に当たる383本で老朽化の点検が全く行われていないことが10日、国土交通省の1月1日時点の調査で分かった。多くは点検義務のない小規模な橋で、管理する自治体などが予算や人員の制約から後回しにしているとみられる。
(共同)

----発表によると、通常の陸橋4518カ所ではほぼ点検を終え、未点検の22カ所も今年度中に終わる予定だった。一方、市町村管理で、里道や水路などで使われる跨道橋608カ所は44・1%が一度も点検されず、水路・水管(208カ所)は19・7%、農道(129カ所)も27・9%が点検がゼロだった。
 
----2009年2月には静岡県内の東名高速で跨道橋からコンクリート片が落下。会計検査院は13年10月、高速道路6社に管理者と点検を急ぐよう求め、昨年6月には参議院が結果公表などを求める警告決議をしていた。
(朝日)


高速道路跨道橋の点検状況〉
高速道路跨道橋の総数(①) 5,798橋
・平成 27 年 1 月 1 日時点で点検済みの跨道橋数(②) 5,415橋
・点検実施率(②/①) 93%
・平成 27 年 3 月末までに点検済みとなる跨道橋数(③) 5,469橋
・点検実施率(③/①) 94%
150210高速道路跨道橋の点検状況

高速道路跨道橋の点検状況について
http://www.mlit.go.jp/common/001069180.pdf






以下引用

高速道路跨道橋の点検状況について
平成27年2月10日
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000478.html
 高速道路を跨ぐ橋梁(以下、「高速道路跨道橋」)に関しては、平成25年10月に会計検査院が高速道路6会社※に処置要求、平成26年6月には参議院警告決議がなされ、点検の実施や必要な補修を行うことが求められています。
 これを受けて、国土交通省では、道路法上の道路に指定されている高速道路跨道橋に関して、平成26年度内にすべて点検を完了する予定であり、引き続き省令に基づく5年に一度の近接目視点検を行いながら、必要な補修を実施することとしています。
 また、高速道路6会社に、高速道路跨道橋の管理者との情報共有体制の構築や、管理者に対して点検や補修の実施を要請するよう指示し、自らも高速道路跨道橋の所管省庁に、同様の要請を行ってきました。
さらに、管理者が老朽化した高速道路跨道橋を撤去する取り組みもはじまっています。
 このたび、これらの取り組みの一環として、平成27年1月1日時点の高速道路跨道橋の点検状況などを取りまとめましたので、お知らせします。
〈高速道路跨道橋の点検状況〉
高速道路跨道橋の総数(①) 5,798橋
・平成 27 年 1 月 1 日時点で点検済みの跨道橋数(②) 5,415橋
・点検実施率(②/①) 93%
・平成 27 年 3 月末までに点検済みとなる跨道橋数(③) 5,469橋
・点検実施率(③/①) 94%
 今後も引き続き、高速道路のすべての跨道橋が速やかに点検されるよう取り組むとともに、定期的な点検や必要な修繕を促し、老朽化に備えることで、高速道路利用者の安全を確保してまいります。

※東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社
添付資料
報道発表資料(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001069180.pdf


【高速道路跨道橋について】
高速道路課 有料道路調整室 課長補佐  宮西 洋幸
TEL:(03)5253-8111 (内線38382) FAX:03-5253-1619
【道路の老朽化対策について】
国道・防災課 道路保全企画室 課長補佐  嶋田 博文
TEL:(03)5253-8111 (内線37852) FAX:03-5253-1620

*******************************************

日本経済新聞 2015/2/11 0:08
高速道の橋、383本未点検 国交省が事故招く危険指摘
 全国の高速道路の上に架かる跨道橋(こどうきょう)5798本のうち、6.6%に当たる383本で老朽化の点検が全く行われていないことが10日、国土交通省の1月1日時点の調査で分かった。多くは点検義務のない小規模な橋で、管理する自治体などが予算や人員の制約から後回しにしているとみられる。放置すればコンクリ片落下による事故の危険もあり、国交省は早期点検を呼び掛けている。
 県道や市道などが通る跨道橋は昨年7月、政府のインフラ老朽化対策の一環で5年ごとの点検が義務付けられた。調査では4518本のうち22本が未点検だったが、3月末までに作業を終える見通し。
 一方、点検義務のない小規模な農道や林道、水路が通る橋は、1280本のうち361本が建設後、一度も点検されていなかった。
 都道府県別で未点検が多かったのは、大分39本(県全体の36.1%)、広島37本(16.0%)、福島30本(15.5%)など。山形や石川など9都県は点検を終えた。
 跨道橋は通例、高速道路会社が整備し、地元自治体などが管理している。実際の点検や補修は、高速道路会社が管理者から委託を受けて実施しているケースが多い。
 会計検査院が2013年10月、全国の跨道橋635本が未点検で、548本の点検状況が不明と指摘。国交省が実態調査を進めていた。〔共同〕

朝日新聞 2015年2月11日10時04分
高速道路またぐ橋、7%未点検 「予算や職員が不足」
小林誠一
 国土交通省は10日、高速道路をまたいでいる全国の「跨道橋(こどうきょう)」5798カ所の7%(383カ所)が、1月1日現在で一度も点検されていないと発表した。通常の陸橋よりも、市町村が管理していたり、他省庁の所管で水路や農林道などとして使われていたりする跨道橋が目立つ。落下事故を防ぐため、国交省は早急な点検と補修を求めた。
 発表によると、通常の陸橋4518カ所ではほぼ点検を終え、未点検の22カ所も今年度中に終わる予定だった。一方、市町村管理で、里道や水路などで使われる跨道橋608カ所は44・1%が一度も点検されず、水路・水管(208カ所)は19・7%、農道(129カ所)も27・9%が点検がゼロだった。
 2009年2月には静岡県内の東名高速で跨道橋からコンクリート片が落下。会計検査院は13年10月、高速道路6社に管理者と点検を急ぐよう求め、昨年6月には参議院が結果公表などを求める警告決議をしていた。
 国交省は関係機関を集めた連絡協議会を都道府県ごとに設置。未点検の市町村からは「予算や職員が足らない」「点検は市街地優先」といった声が寄せられているという。(小林誠一)

/////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 高速道路 跨道橋 国土交通省

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン