2015-02-24(Tue)

スカイマーク支援、航空業界2社名乗り 羽田発着枠狙う

スカイマーク破綻で動き出す航空再編  エアアジアやアメリカン

----民事再生手続きを進めているスカイマークの支援企業募集が23日に締め切られ、航空業界からANAホールディングス(HD)とマレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアが新たに名乗りを上げた。スカイマークは支援企業に内定している投資ファンドのインテグラルとともに支援企業を選ぶ方針だ。(朝日)

----民事再生手続き中のスカイマークの再建を支援する企業の候補が23日出そろった。今後はANAホールディングス(HD)を軸に支援企業の選定作業が進むとみられるが、ANAには「スカイマークの財務内容が予想以上に悪ければ、再建がうまくいくかどうかは分からない」と懸念する声もくすぶり、再建の道筋はまだ見えていない。(毎日)

----国内航空3位で民事再生手続き中のスカイマークの支援に国内外の航空会社が動き出した。ANAホールディングスが23日、出資を含めた包括提携を提案、マレーシアのエアアジアや米デルタ航空は事業提携の検討方針を伝えた。世界最大手の米アメリカン航空も提携の可能性について協議に入った。スカイマークは3月上旬にも支援企業を選定する方針で、航空業界の再編に波及するのは必至だ。(日経)




以下引用

朝日新聞 2015年2月24日04時10分
スカイマーク支援、航空業界2社名乗り 羽田発着枠狙う
上栗崇、土居新平
 民事再生手続きを進めているスカイマークの支援企業募集が23日に締め切られ、航空業界からANAホールディングス(HD)とマレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアが新たに名乗りを上げた。スカイマークは支援企業に内定している投資ファンドのインテグラルとともに支援企業を選ぶ方針だ。
 ANA幹部は23日、朝日新聞の取材に「共同運航はスカイマークにとって収益増になり、ANAの顧客には利便性が高まる」として、支援企業に選ばれればスカイマークと共同運航をする考えを示した。スカイマーク株式の20%を上限に出資もする方針だ。
 スカイマークは羽田空港の発着枠を36便持つ。支援が実現すれば、ANA傘下の全日本空輸、エア・ドゥなど4社とスカイマークの羽田発着便は一日に計280・5便になり、日本航空の184・5便を大きくリードする。
 ANAは1月、スカイマークの財務悪化を受けていったん支援を断念した。その後に民事再生法の適用が決まって債務が大幅に削減される見通しになったため、改めて支援に名乗りをあげたことになる。
 ANAは、整備や人材育成などの支援にも力を入れるという。幹部は「安全運航が確保されなければ、同じ日本の航空会社として悪影響を受ける」と話す。
 スカイマークはエアバスから最大830億円の違約金を求められている。ANA幹部は「我々はエアバス機を多数導入しており、他社に負けない交渉力がある」として、交渉に協力する考えも示した。
 アジア最大のLCCであるエアアジアも羽田の発着枠がねらいとみられる。2012年に全日空と合弁で国内線に進出したが、13年に撤退した。トニー・フェルナンデス最高経営責任者は昨年7月に「羽田に就航したい」と表明しており、年内に再参入する計画だ。ただ、昨年12月に墜落事故を起こしており、安全面の不安が問題になりそうだ。
■残るANAへの反発
 インテグラルの佐山展生代表は「支援先の要望を大切にする」としている。
 「第三極」として大手2社に挑んできたスカイマークにとってANAは最大のライバルだ。井手隆司会長ら幹部には、経営破綻(はたん)の瀬戸際だった1月に支援を断られたことへの反発も残る。
 スカイマークはすでに小型のボーイング737に機種を統一して搭乗率を上げる再建策に取り組んでいる。佐山氏は「どうしても航空会社の支援が必要とは考えていない」とも話す。
 かぎを握るのが、19日に締め切った異業種の支援企業だ。エイチ・アイ・エスはパック旅行などの座席販売、福山通運は貨物の輸送委託、オリックスや大和証券グループは資金面での支援を検討している。スカイマーク側はこれらを組み合わせてANAの支援がなくても再建できるシナリオを描けるかが焦点になる。(上栗崇、土居新平)


日本経済新聞 電子版 2015/2/24 1:23
スカイマーク破綻で動き出す航空再編  エアアジアやアメリカン
 国内航空3位で民事再生手続き中のスカイマークの支援に国内外の航空会社が動き出した。ANAホールディングスが23日、出資を含めた包括提携を提案、マレーシアのエアアジアや米デルタ航空は事業提携の検討方針を伝えた。世界最大手の米アメリカン航空も提携の可能性について協議に入った。スカイマークは3月上旬にも支援企業を選定する方針で、航空業界の再編に波及するのは必至だ。
 1990年代に新規参入したスカイマークはこれまで独立経営を維持し、「航空第三極」として運賃競争をけん引してきた。全体の8%にあたる1日36往復分の羽田空港発着枠を握る。航空各社は「ドル箱」といわれる羽田枠に注目しており、支援先の行方は今後の航空行政にも大きな影響を与える。
 格安航空会社(LCC)としてアジアでの存在感を急速に高めているエアアジアはスカイマークの経営破綻前にも資本・業務提携を模索していた。今回はスカイマークが持つ欧州エアバス製の中型機「A330」を国際線に就航させることで協力関係を築く方針を打ち出している。
 また、スカイマークが購入予定だった超大型機「A380」の転売先をあっせんすることも検討しているという。
 デルタも事業提携を検討。首都圏と地方を結ぶ国内線などで連携する用意があるとスカイマークに伝えた。同社は日本の航空会社とは運航面での提携関係がなかった。アメリカン航空は近く本社の幹部が来日、出資なども含めて提携の可能性を協議するという。
 かねて本命視されていたANAは出資に加え、運航や整備での広範な提携を申し入れた。ライバルの日本航空が見送ったスカイマーク支援を通じ、自社の運航戦略と連携する利点がある。


毎日新聞 2015年02月24日 東京朝刊
スカイマーク支援:ANA、羽田枠に照準 財務なお懸念
 民事再生手続き中のスカイマークの再建を支援する企業の候補が23日出そろった。今後はANAホールディングス(HD)を軸に支援企業の選定作業が進むとみられるが、ANAには「スカイマークの財務内容が予想以上に悪ければ、再建がうまくいくかどうかは分からない」と懸念する声もくすぶり、再建の道筋はまだ見えていない。【永井大介、横山三加子】
 ◇エアアジアも名乗り
 ANAが名乗りを上げた最大の理由は、スカイマークが持つ36の羽田空港の発着枠。収益性が高く、航空会社の「ドル箱」路線だ。支援企業に決まれば、傘下の全日本空輸との共同運航などに活用できる。
 ライバルである日本航空の存在も気がかりだ。2010年に破綻した日航は公的支援を受けて再建したため、国土交通省が新規投資などを制限している。だが制限は17年3月に解け、「その後に日航が提携に乗り出す可能性がある」との警戒感がANAには強かった。
 国交省は、1996年のスカイマーク設立当時、日航や全日空に対抗する「第三極」として後押しした経緯がある。しかし、近年は格安航空会社(LCC)が台頭し、国交省も「第三極としての存在意義は薄れつつある」(幹部)とANAの支援を受けることに一定の理解を示している。
 スカイマークにとって、再建への大きな課題は、超大型機A380の解約を巡り、エアバスから最大7億ドル(約830億円)の支払いを求められている違約金交渉だ。交渉を有利に進めるため、大手航空会社の支援が必要と考えており、ANAは最有力候補となる。
 一方、エアアジアも支援に名乗りを上げた。ANAではなく、エアアジアの支援を受ければ、「第三極」としての地位を守れて、国際線への参入も展望できる。だが、スカイマークが外資の手に渡ることについては、国交省などが難色を示す可能性がある。
 ただ、ANAには「スカイマークの財務状況はかなり厳しい」(幹部)との見方がくすぶる。投資ファンドのインテグラルから資金支援を得ているものの、ANAは今後、財務内容を精査する予定で、「うちの支援で立ち直れるかどうかをチェックし支援を最終判断する」としている。
 航空会社以外の企業から、どのような支援を受けるかも焦点。旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、スカイマークを利用するツアー販売などで相乗効果を見込む。福山通運は航空便の事業拡大につながると判断。タクシー大手の日本交通は、高齢者や子どもを羽田空港に送迎するサービスを想定する。ただ、ANAが支援候補から降りるような状況になれば、航空会社以外の企業も支援に及び腰になる可能性がある。

朝日新聞2015年2月23日13時00分
ANA、スカイマーク支援に名乗り 20社が競合
上栗崇
 ANAホールディングスは23日、民事再生手続きを進めているスカイマークの支援企業に立候補する書類をスカイマーク側に提出した。20%未満の出資を行い、共同運航やチケット販売のほか、燃料の購入、人員の訓練などでの支援を想定しているとみられる。
 19日に募集が締め切られた異業種からの支援企業には、旅行大手のエイチ・アイ・エス、総合商社の双日など20社弱が名乗りを上げた。航空会社の支援企業の締め切りは23日で、立候補はANAが初めて。日本航空はすでに、支援を見送る方針を明らかにしている。
 スカイマークは投資ファンド・インテグラルとともに各社の提案を精査し、異業種から数社、航空会社から最大1社の支援企業を追加で選ぶ計画。経営破綻(はたん)の直前に支援を見送ったANAにはスカイマーク側に反感があり、慎重に判断するとみられる。(上栗崇)


NHK 2月23日 15時14分
スカイマーク支援 「ANA」HDなど応募
先月経営破綻し、裁判所から民事再生法による再生手続きの開始決定を受けた航空会社、「スカイマーク」の再建を支援する航空会社の募集に対して、全日空を傘下に持つ「ANAホールディングス」などが応募したことが分かりました。
先月経営破綻し、裁判所から民事再生法による再生手続きの開始決定を受けたスカイマークは、裁判所の管理のもと再建を支援する企業のうち、航空会社の募集については23日までとしていました。関係者によりますと、この募集に対して全日空を傘下に持つ「ANAホールディングス」や、日本の国内線への再参入を目指すマレーシアの格安航空会社「エアアジア」が応募したことが分かりました。すでに締め切られている航空会社以外の支援企業の募集に対しては、スカイマークの設立に関わった大手旅行会社、「エイチ・アイ・エス」や、金融サービス大手「オリックス」など20件近くの応募があったということです。
スカイマークの再建にあたっては、利用者の増加や抜本的なコスト削減を図るほか、世界最大の旅客機の購入契約の見直しを巡って、多額の違約金を要求しているヨーロッパの「エアバス」とどのように交渉を進めるかが焦点になります。

///////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : スカイマーク 航空業界 羽田発着枠狙う

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン