2015-03-07(Sat)

首都高 中央環状線が全線開通 構想から半世紀 

中央環状線の総事業費は約2兆円、品川線は約3100億円
圏央道が約3・5兆円、外環道は未整備を除き約4兆円


計画から約50年、首都高中央環状線(約47キロ)が全線開通する。
首都圏3環状道路(他に東京外かく環状道路(外環道)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道))
のうち、最初の全線開通だ。

首都高と都が共同で2006年度から整備してきた。

国交省によると、
全線開通により現在約40分かかる新宿-羽田空港間は約20分に短縮。
車両通行量が分散し、中央環状線内側の首都高の渋滞を約4割緩和する効果も見込まれる。

さらに、東京港や横浜港など湾岸エリアに陸揚げされる大量のコンテナ貨物の輸送では、
環状7号線など一般道を通らずに済むようになる。

物流の大幅なスピードアップにより、首都圏の国際競争力の強化が期待されるという。




以下引用

毎日新聞 2015年03月07日 12時09分
首都高:構想から半世紀 中央環状線が全線開通
 東京都心から半径約8キロの輪を描く首都高中央環状線(延長約47キロ)が7日、構想から約半世紀を経て全線開通した。最後の整備区間だった品川区の大井ジャンクション(JCT)と目黒区の大橋JCTを結ぶ品川線(約9.4キロ)が完成し、同日午前に記念式典が開かれた。首都高湾岸線とつながり、新宿から羽田空港までの所要時間が従来の半分の約20分まで短縮されることが見込まれるなど利便性の向上が期待される。
 「首都圏全体、日本全体の発展に大きく寄与する」。式典であいさつした東京都の舛添要一知事は開通の意義を強調した。
 中央環状線の総事業費は約2兆円。東京外郭環状道路(外環道)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)とともに、総理府(当時)の有識者懇談会が首都圏の道路交通の骨格として1963年に公表した「3環状9放射ネットワーク」構想に位置づけられた。品川線は首都高速道路会社と都が2006年度から共同で整備し、片側2車線ずつで事業費は約3100億円。全線がトンネルで、熊野町JCT(板橋区)以南の山手トンネルとつながるため、約18.2キロの日本最長の道路トンネルとなる。
 品川線の開通で、渋谷や新宿、池袋などから東京湾岸部へのアクセスが向上する。美女木(びじょぎ)JCT(埼玉県戸田市)と羽田空港間の所要時間は、これまでより30分短い約40分になるという。首都高によると、都心環状線を通る車が中央環状線へ分散され、都心環状線の渋滞が4割減少すると見込まれる。
 コンテナを積んだ車両が東京港から中央道や東名高速に入るには、一般道を通る必要があったが、品川線経由で直接入れるようになる。国際コンテナ輸送(品川区)の荒木俊夫社長は「品川線開通は安全と時間短縮で業界全体に大きなメリットがある」と話す。
 また、3環状道路の一番外側を走る圏央道も、神奈川県の寒川北インターチェンジ(IC)−海老名JCT間(約4.3キロ)が今月8日▽久喜白岡JCT(埼玉県)−境古河IC(茨城県)間(約19.6キロ)が同29日▽千葉県の神崎IC−大栄JCT間(約10キロ)が4〜5月−−に順次開通する。【川口裕之】


時事通信 (2015/03/07-14:38)
中央環状線が全線開通=新宿-羽田20分に-首都高
 東京都心を取り巻くように計画された首都高中央環状線(約47キロ)が7日、計画から約50年を経て全線開通する。中央環状線の外側にある東京外かく環状道路(外環道)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)を加えた首都圏の3環状道路のうち、最初の全線開通となる。羽田空港へのアクセス向上や都心の渋滞緩和につながることが期待されている。
 中央環状線は7日午後、大橋ジャンクション(東京都目黒区)~大井ジャンクション(同品川区)までの約9.4キロが完成。同日午前には舛添要一都知事や太田昭宏国土交通相が参加して開通区間のトンネル内(品川区)で開通式が行われた。舛添知事は「中央環状線が全線つながることでさまざまな波及効果が期待できる。2020年の東京五輪・パラリンピックを目指し、(東京を)世界一の街にしたい」と語った。
 国交省によると、全線開通により現在約40分かかる新宿-羽田空港間は約20分に短縮される。車両通行量が分散し、中央環状線内側の首都高の渋滞を約4割緩和する効果も見込まれる。さらに、東京港や横浜港など湾岸エリアに陸揚げされる大量のコンテナ貨物の輸送では、環状7号線など一般道を通らずに済むようになる。物流の大幅なスピードアップにより、首都圏の国際競争力の強化が期待される。


朝日新聞 2015年3月7日13時30分
首都高中央環状線が全線開通 新宿―羽田、約20分に
上沢博之、小林誠一
 首都高速中央環状線の大橋ジャンクション(JCT)―大井JCT(9・4キロ)の開通記念式典が7日午前、東京都品川区の山手トンネル内であり、約300人が参加した。一般の利用開始は同日午後4時。中央環状線は計画浮上から52年、最初の区間開通から33年を経て、ようやく全線(46・6キロ)が開通する。
• 首都圏の3環状、続々開通 今春4区間、中央環状は全通
 中央環状線の総事業費は約2兆円。今回の開通部分では首都高が約1700億円、都が約1400億円を負担した。式典あいさつで舛添要一都知事は「中央環状線は首都圏、日本の発展に寄与する。2020年は東京オリンピック・パラリンピックがある。世界で初めての渋滞のない大都会をつくる」と述べた。
 都庁がある新宿と羽田空港の所要時間は約20分と半分に。都街路課は「ビジネスや観光の利便性が高まる」と期待する。東京港の貨物輸送を担う高さ4・1メートルの国際標準コンテナ車は、トンネルの天井が低い都心環状線では通行に許可がいり、一般道に流れて渋滞の一因になっていたが、天井が高い中央環状線への分散で緩和を期待する。首都直下地震など大災害時には、都の広域防災拠点をつなぐ緊急輸送道路になる。
 中央環状線は1982年3月に堀切JCT―千住新橋出入り口が最初に区間開通。今回の延伸部分を含む山手トンネル(18・2キロ)は関越道関越トンネル(約11キロ)を抜き、長さ日本一の道路トンネルとなる。安全対策でテレビカメラや非常電話を約100メートル間隔で、非常口は250メートル以内の間隔で設置した。(上沢博之、小林誠一)

日本経済新聞 2015/3/7 1:01
首都高中央環状線、午後4時全通 羽田―新宿20分に
都心の渋滞緩和
 東京都心を囲む形で走る首都高速中央環状線が7日、全線開通する。建設が進む3つの環状道路の中で最も内側にある。新宿から羽田空港の所要時間を40分から20分に縮めるほか、渋滞をやわらげる効果も大きい。最も外側の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も今年開通区間が大幅に延びる見通しで、首都圏の国際競争力向上につながる。
 7日開通するのは、中央環状線の大橋ジャンクション(JCT)―大井JCTの9.4キロで総事業費は約3100億円。総延長約47キロの環状線が完成する。都心に用のない車は迂回できるようになり、首都高速道路会社の試算によれば環状線の内側の渋滞は4割減る。
 新宿―羽田空港の所要時間が縮まるのを受け、空港へのリムジンバスを運行する東京空港交通(東京・中央)は4月1日、新宿―羽田、池袋―羽田の2路線のダイヤを改正する。その他の路線も交通状況を見ながら改正を検討、運行間隔の短縮や増便も視野に入れる。
 輸送の改善も期待できる。中央環状線より内側の首都高速都心環状線は大型コンテナトラックの通行を規制するが、全国のコンテナ貨物の取り扱いの4割は東京や横浜など首都圏4港が占める。中央環状線経由でコンテナ車両が主要高速に入れるようになる。横浜港周辺に倉庫を持つ丸全昭和運輸は「中央環状線などの整備は歓迎」と話す。
 3環状道路の最も外側の圏央道も、8日には神奈川県の寒川北インターチェンジ(IC)―海老名JCTが、29日には茨城県と埼玉県を結ぶ区間が開通する。今年は開通区間が50キロ弱増える見通しで、総延長約300キロの8割が結ばれる。
 圏央道沿いは地価が比較的安く、東北や中部などの各ブロックと行き来しやすいため、物流施設の集積が進む。三菱地所などは1月、大型物流施設を神奈川県の相模原愛川IC周辺に開設。家具大手のニトリホールディングスは18年、埼玉県の幸手ICそばに250億円を投じて物流センターを完成させる計画だ。
 太田昭宏国土交通相は6日の記者会見で、中央環状線の全線開通で「首都圏の国際競争力も高まる」との期待を示した。


NHK 3月7日 6時29分
首都高の中央環状線 きょう全線開通
都心の渋滞の緩和などの効果が期待されている首都高速道路の中央環状線が7日、全線で開通します。
首都高速道路の中央環状線は新宿や渋谷などの副都心や臨海部などを輪のようにつなぐ全長およそ47キロの路線で、このうち目黒区の大橋ジャンクションと品川区の大井ジャンクションの間のおよそ9.4キロの区間が7日から通行できるようになり、これで全線で開通します。
 首都高速道路会社によりますと、これまでは都心を通過するだけの車も首都高を利用していたため、渋滞の原因となっていましたが、全線で開通することで車の通行量が分散し、中央環状線の内側の首都高の渋滞や混雑が4割ほど緩和すると見込まれています。
 また羽田空港へのアクセスの向上や物流のスピードアップなども見込まれ、大きな経済効果も期待されます。
 7日は午前中、開通を記念して東京都の舛添知事や太田国土交通大臣らが参加して式典が行われ、一般の車は午後4時から全線で通行が可能となります。
首都圏では、中央環状線をはじめ、その外側の「外環道」と千葉、埼玉、神奈川などを結ぶ「圏央道」の3つの環状道路の整備が進められていて、国などはオリンピック・パラリンピックが開かれる2020年ごろまでに全体のおよそ9割の開通を目指したいとしています。
山手トンネルは世界一の長さ
7日、全線で開通する首都高速道路の中央環状線は品川区の大井ジャンクションと江戸川区の葛西ジャンクションを輪のように結ぶ全長およそ47キロの高速道路です。
首都高速道路会社によりますと中央環状線は昭和40年代から建設が始まり、総工費はおよそ2兆円に上ります。
 新たに開通する区間を含む山手トンネルは全長およそ18.2キロと高速道路のトンネルとしては世界一の長さで、事故による火災などに備えてトンネル内には5mおきにスプリンクラーが設置されるなどの防火対策が取られています。


朝日新聞 2015年3月5日05時00分
首都圏高速つながる輪 「3環状」の4区間、今春開通 渋滞緩和に期待
「3環状」の開通予定
 首都圏の高速道路を輪のように結ぶ、首都高速中央環状線、外環(がいかん)道、圏央(けんおう)道の「3環状」で今春、4区間(計43・3キロ)が次々と開通する。東名高速など、都心と地方を結ぶ「9放射」とよばれる高速道路はすでに完成。3環状によるバイパス効果で、都心の渋滞緩和が期待されるが、巨額な事業費がのしかかる。
 中央環状線は7日午後4時、大橋ジャンクション(JCT)―大井JCTの利用が始まり、3環状で初の全線(46・6キロ)開通を迎える。渋谷、新宿、池袋の副都心やベイエリアをつなぎ、東名高速、中央道などにも首都高を通じて接続。関東一円にアクセス向上が見込まれる。首都高は新宿―羽田空港間にかかる時間が約20分に半減すると試算。都心環状線など、内側を通る高速道路の渋滞も約4割減るとしている。
 国土交通省によると、都心の高速道路を走る車の平均時速は42キロで、全国の平均84キロの半分。都心環状線では「約6割が都心に降りずに通過するだけ」との調査もあり、こうした車が慢性的な渋滞の原因とみる。
 国交省は現在、有識者会議で幹線道路の将来像を検討中だ。座長の寺島実郎・日本総研理事長は「3環状で日本のヒトとモノの流れが変わる」と指摘。「2027年には東京―名古屋間でリニア中央新幹線も開通し、『動脈』はできる。アクセス手段の『静脈』も整備し、総合交通体系として考えるべきだ」と話す。
 事業費は巨額だ。中央環状線は約2兆円。他は概算だが、圏央道が約3・5兆円、外環道は具体化のめどが立たない東名高速以南を除いても、約4兆円とされる。住民の反対などで高架からトンネルへの変更が増えたことや、計画の長期化に伴う資材の高騰などが原因という。
 (小林誠一)

//////////////////////////////////////////////////////////////
 
関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 首都高 中央環状線 圏央道 外環道

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン