2015-06-19(Fri)

日航が不当労働行為 東京高裁判決 解雇の過程でスト妨害

日航は判決を踏まえ解決に向けた労使交渉に応じよ!

6月18日、東京高裁(第14民事部 須藤典昭裁判長)は、「争議権を 確立したら企業再生支援機構は3,500億円の出資をしない」とする支援 機構・JALの発言は不当労働行為であるとする勝利判決を下しました。

東京高裁は労働基本権を謳った憲法28条にも触れ、管財人が行った争議権投票への介入という不当労働行為を再び断罪しました。
この判決は、会社の不当な介入により、整理解雇回避に向けて労使が対等の立場から妥協点を探るというまともな労使交渉ができていなかったということを改めて明確にしました。
また判決は、管財が嘘までついて不当労働行為を働いたことを改めて明確にしました。このことは不当解雇事件の高裁判決の随所で述べている「裁判所が認可した事業計画に基づき裁判所が選任した管財人による経営判断は合理的」=管財人の判断に誤りはないとする論旨が間違いであることを示すものです。

日本航空は、整理解雇を断行するために不当労働行為を働いたこと、労使対等のまともな交渉を一切せず整理解雇に突き進んだことを認め、不当解雇撤回と被解雇者全員の早期職場復帰に向けた労使交渉に応じ、争議の早期解決を図るべきです。労使交渉による解決は、ILO が勧告していることであり、国土交通大臣や厚生労働大臣も国会答弁で指摘していることです。

日航に求められていることは明瞭です。この高裁判決を真摯に受け止め、争議の早期解決に踏む出すことです。(JAL不当解雇撤回ニュースより)

JAL不当解雇撤回ニュース447号~不当労働行為事件、東京高裁で勝利判決
→ 速報 ニュース447号/6月18日(pdf)
http://media.wix.com/ugd/7f51da_5a447489678e4f8bbc56a1ea040ab5af.pdf
→ 判決文
http://media.wix.com/ugd/f5dabe_16b612a4092245b9856a97b84ff3e283.pdf






以下引用

しんぶん赤旗 2015年6月19日(金)
日航不当労働行為 東京高裁判決 解雇の過程でスト妨害
(写真)勝訴の垂れ幕を掲げる弁護士と日航労働者=18日、東京高裁前
 日本航空が2010年にパイロットと客室乗務員の解雇を強行する過程で、管財人・企業再生支援機構(当時)の幹部らが、解雇回避を求める労働組合活動を妨害した事件について18日、東京高裁(須藤典明裁判長)は憲法28条の労働基本権に踏み込んで、会社の不当労働行為を認定する判決を出しました。
 事件は10年11月、日航乗員組合と日航キャビンクルーユニオン(CCU)が解雇回避について労使交渉を求めてストライキ権確立の組合員投票を行っていたことに対し、機構幹部が口からでまかせで「スト権を確立したら、3500億円は出資しない」とどう喝したものです。
 判決は、憲法28条に基づく労働組合の権利を指摘。機構幹部の発言について「労働組合の自主性や独立性を脅かすもので、労働組合の運営に介入するものであった」と認定しました。
 今回の判決は、解雇を回避できなかったのかを労使で再検証し、現在の人員不足の日航解雇者の職場復帰を協議する足がかりとなります。


しんぶん赤旗 2015年6月19日
憲法掲げ労組への介人断罪 日航解雇者復職の足がかりに
東京高裁での勝利判決
 労働者を守ったのは日本国憲法でした。東京高裁は、労働者が労働組合に団結し、ストライキを行う権利を、憲法から説き起こし、日本航空がパイロットと客室乗務員を解雇する過程で行った労働組合への支配介入を断罪しました。
 会社側は、経営再建にむけ解雇を強行するために労働組合をどう喝することは仕方なかった、という主張をしました。しかし、判決は「日本国憲法は、会社の存続を優先して労働組合の運営に支配介入することは認めていない」と指摘。「争議行為(スト)を阻止したいのであれば、労働組合との間で妥協を図るしかない」と強調しました。
解雇撤回裁判は2月に、報高裁で上告不受理とされ、解雇容認の東京高裁判決が確定しました。裁判所が″管財人は合理的な判断をする″という決めつけで、解雇の不当性を示す事実に目をつぶったことが問題でした。
 今回の判決によって、解雇回避ができなかったのか再検証し、解雇者の職場復帰についての誠実な協議をすることが求められます。
 解雇を強行した時点で、人員削減目標を達成していたのかどうか、会社側は具体的な数宇を秘密にしたままにしています。会社が不当労働行為をせずに、人員削減の達成状況を労働組合に開示していれば、解雇回避できたはずです。会社はこの数宇を明らかにすべきです。
 いま、日航の職場では、解雇強行後にパイロットも客室乗務員も退職が続出しています。パイロットは170人以上が他社へ転職し、会社は定年退職後の再雇用制度をつくっています。客室乗務員は毎年600人近く退職し、すでに2300人も新規採用しています。
 日航乗員組合や日航キャビンクルーユニオン(CCU)は、人員不足を解消し、空の安全を守るため、解雇者の職場復帰を求めています。国際労働機関(ILO)も、復職協議を行うよう勧告。塩崎恭久厚労相までも「話し合いが行われることを注視する」と国会で笞弁しています。
 今回の判決を足がかりに、憲法を高く掲げ、会社に解雇問題の解決を決断させる運動が重要になっています。(田代正則)


JAL不当解雇撤回ニュース447号~不当労働行為事件、東京高裁で勝利判決
→ 速報 ニュース447号/6月18日(pdf)
http://media.wix.com/ugd/7f51da_5a447489678e4f8bbc56a1ea040ab5af.pdf
→ 判決文
http://media.wix.com/ugd/f5dabe_16b612a4092245b9856a97b84ff3e283.pdf

発行:JAL解雇撤回国民共闘事務局連絡先:航空労組連絡会事務局
〒144-0043大田区羽田5-11-4フェニックスビル内
TEL:03-3742-3251
http://www.jalkaikotekkai.com

=速報= 不当労働行為裁判(行訴) 管財人を再び断罪! 東京高裁で勝利判決!!
6月18日、東京高裁(第14民事部 須藤典昭裁判長)は、「争議権を 確立したら企業再生支援機構は3,500億円の出資をしない」とする支援 機構・JALの発言は不当労働行為であるとする勝利判決を下しました。

日航は判決を踏まえ解決に向けた労使交渉に応じよ!
東京高裁は労働基本権を謳った憲法28条にも触れ、管財人が行った争議権投票への介入という不当労働行為を再び断罪しました。
この判決は、会社の不当な介入により、整理解雇回避に向けて労使が対等の立場から妥協点を探るというまともな労使交渉ができていなかったということを改めて明確にしました。
また判決は、管財が嘘までついて不当労働行為を働いたことを改めて明確にしました。このことは不当解雇事件の高裁判決の随所で述べている「裁判所が認可した事業計画に基づき裁判所が選任した管財人による経営判断は合理的」=管財人の判断に誤りはないとする論旨が間違いであることを示すものです。
日本航空は、整理解雇を断行するために不当労働行為を働いたこと、労使対等のまともな交渉を一切せず整理解雇に突き進んだことを認め、不当解雇撤回と被解雇者全員の早期職場復帰に向けた労使交渉に応じ、争議の早期解決を図るべきです。労使交渉による解決は、ILO が勧告していることであり、国土交通大臣や厚生労働大臣も国会答弁で指摘していることです。
今日航に求められていることは明瞭です。この高裁判決を真摯に受け止め、争議の早期解決に踏む出すことです。
不当労働行為事件(行訴)とは
2010年11月16日の労使交渉において、整理解雇に反対し真摯な労使交渉を求めてスト権投票を始めたCCUと日航乗組に対し、企業再生支援機構のディレクターと管財人代理が、「企業再生支援機構の正式な見解」として、「整理解雇を争点とする争議権を確立した場合、それを撤回するまで企業再生支援機構は3,500億円の出資はできない」と発言した不当労働行為事件です。
これほど明確な不当労働行為はありません。当然、都労委は不当労働行為と認定し、救済命令を出しました。しかし、日本航空はこれを不服として、命令の取り消しを求めて、東京地裁に行政訴訟を起こしました。
昨年8月東京地裁は会社の申し立を棄却。会社が控訴したことから東京高裁で争われてきました。今回の判決で地裁に続き高裁でも、弁護士である管財人の行為が不当労働行為であると再び断罪されました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 日航 JAL 不当労働行為 東京高裁判決 解雇 スト妨害

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン