2015-07-23(Thu)

羽田空港の飛行ルート変更で住民説明会 

羽田飛行経路 住民らが市街地上空見直しを要請 『羽田空港は東京湾を活用』が大原則
 
----2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の国際線の発着数を増やそうと、国土交通省は羽田空港飛行ルート変更する計画を進めています。しかし、新たな飛行ルートとなる地域では騒音問題などの懸念があり、国交省が住民説明会を開きました。(TBS)

----羽田空港の離着陸便の増便で、東京都の都心などの市街地上空が飛行経路になる問題で17日、日本共産党の国会議員、都議、関連地域の議員、住民らが国土交通省航空局の担当者から説明を聞き、危険な経路の見直しを求めました。

小池氏は「『羽田空港は東京湾を活用する』という大原則を変えるのは安全性や騒音の面で許されない」と主張。飛行経路の見直しを求めました。

参加者からは、騒音や落下物、墜落事故への対策や市街地上空が飛行経路として固定化されることへの懸念が次々に指摘されました。(赤旗)

特設ページ「羽田空港のこれから」
http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/

2015年6月19日
羽田空港機能強化に関する説明会の開催会場・日時について
http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/news/2015061901.html




以下引用

TBSnews(2015年7月21日21:38)
国交省、羽田空港飛行ルート変更住民説明会
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の国際線の発着数を増やそうと、国土交通省は羽田空港飛行ルート変更する計画を進めています。しかし、新たな飛行ルートとなる地域では騒音問題などの懸念があり、国交省が住民説明会を開きました。
 現在の羽田空港の発着便は、都心の上空を避け東京湾や千葉県の上空を通る飛行ルートですが、国土交通省は、都心部の上空を通る新たな飛行ルートを計画しています。
 羽田空港の国際線の発着数を増やすのが狙いですが、地元からは騒音などを懸念する声があがっていることから、国交省は21日、東京・江戸川区で住民説明会を開きました。
 こうした説明会は、新しい飛行ルートとなる地域で9月まで実施される予定で、国交省は、住民の意見を踏まえて実施したいとしています。


しんぶん赤旗 2015年7月19日(日)
羽田飛行経路 市街地上空見直しを 国交省に小池氏らが要請
 羽田空港の離着陸便の増便で、東京都の都心などの市街地上空が飛行経路になる問題で17日、日本共産党の国会議員、都議、関連地域の議員、住民らが国土交通省航空局の担当者から説明を聞き、危険な経路の見直しを求めました。
 小池晃、吉良よし子両参院議員、畑野君枝、池内さおり両衆院議員と都議、品川など10区の区議と川崎市議、千葉市議、着陸する飛行機が低空を通過する品川区などの住民ら約60人が参加。椎葉かずゆき参院比例候補も同席しました。
 国交省は、国際便の需要が増加する午後3時から7時の時間帯で南風の時に、市街地を通過する飛行経路をとると説明。7月から経路下の自治体で説明会を開くと述べました。
 小池氏は「『羽田空港は東京湾を活用する』という大原則を変えるのは安全性や騒音の面で許されない」と主張。飛行経路の見直しを求めました。
 参加者からは、騒音や落下物、墜落事故への対策や市街地上空が飛行経路として固定化されることへの懸念が次々に指摘されました。住民説明会について、国交省の予定するパネル展示と説明だけでなく、地域ごとに住民を集めて説明会を開くよう訴えました。
 吉良氏は「説明会の結果、反対の声が多いのであれば計画自体を見直すべきだ」と述べました。

**********************************

羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk7_000006.html

羽田空港機能強化に関する説明会の開催について
平成27年6月5日
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000076.html
 羽田空港機能強化については、飛行経路の見直し等の機能強化方策の具体化に向けて、現在、関係自治体等と協議を行っているところですが、今後は、関係自治体の協力も得ながら、より多くの住民の方々に幅広い理解を頂くことに注力していくこととしています。
 そのため、国土交通省においては、そのための具体的手法及びプロセスについて、本年3月16日に「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」(※)を設置し、これまでに専門家の方々から意見を頂いてまいりました。
 本会議の議論を踏まえ、関係自治体とも調整の上、以下の通り説明会を開催してまいりますので、お知らせします。
(※)「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」についてはこちら
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk7_000006.html
1.説明会の開催場所
 説明会については、本年7月下旬以降、以下の場所で開催いたします。詳細な開催会場や日時については、今後、関係自治体とさらに調整を行い、決定次第、改めて公表させて頂くとともに、国土交通省ホームページ、関係自治体の広報誌等でもお知らせします。

<開催予定場所>  
• 羽田空港周辺
   大師地区、羽田地区、蒲田駅周辺、川崎駅周辺   
• 東京23区西部
   大井町駅周辺、品川駅周辺、目黒駅周辺、白金高輪駅周辺、渋谷駅周辺、新宿駅周辺、練馬駅周辺
• 東京23区東部
   南砂町駅周辺、船堀駅周辺
• 埼玉・東京23区北部
   和光市駅周辺、武蔵浦和駅周辺
2.説明会の手法
 説明会については、オープンハウス型(説明パネル等の展示と併せ、担当者が参加者の質問等に対して適切に説明をさせて頂くとともに、意見等を伺う形式)で行います。
※オープンハウス型のイメージ(出典:福岡空港調査連絡調整会議HP(福岡空港プロジェクト))
3.説明会の進め方
 説明会については、2つのフェーズに分けて実施致します。また、伺った意見等につきましては、適切に整理した上で公表いたします。
 第1段階では、機能強化の必要性や実現方策等を中心にご説明するとともに、住民の方々の意見、質問、懸念等を伺ってまいります。第2段階では、環境対策、新飛行経路の運用方法等の詳細な事項を中心に、議論を深めていくことと致します。これにより、住民の方々の意向を伺いながら、平成28年夏までに環境影響に配慮した方策を策定していきます。
※ 説明会以外にも、国土交通省ホームページ内に羽田空港機能強化についてより多くの方々にお伝えする特設ページを設け、意見等を常時受け付けております。
 → 特設ページ「羽田空港のこれから」
http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/
添付資料
羽田空港機能強化に関する説明会の開催について(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001091963.pdf
別紙(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001091964.pdf

国土交通省航空局 環境・地域振興課 福田
TEL:03-5253-8111(代表) (内線49402) 直通 03-5253-8722 FAX:03-5253-1658
国土交通省航空局 首都圏空港課 柿沼
TEL:03-5253-8111(代表) (内線49322) 直通 035253-8721 FAX:03-5253-1660


//////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 羽田空港 飛行ルート 変更 住民説明会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン