2015-07-26(Sun)

小型機が住宅街に墜落 3人死亡5人けが 東京

専門家「離陸直後に重大なトラブルか」

------26日午前11時ごろ、東京都調布市富士見町1丁目の民家に小型飛行機墜落し、住宅5棟が焼けた。警視庁などによると、住宅にいた女性1人と、小型飛行機に乗っていたパイロットを含む男性2人の計3人が死亡した。ほかに住宅にいた女性2人が軽傷、飛行機の3人もけがをした。

警視庁や国土交通省などによると、小型飛行機は米パイパー社のプロペラ機で定員6人。男性5人が乗っていて、死亡した2人は前の座席、けがをした3人は後ろの座席に乗っていた。都が管理する調布飛行場を午前10時58分に離陸し、大島に向かう予定だった。

墜落した現場は飛行場から南に500メートル離れた住宅街。午前11時ごろ、「民家に小型飛行機墜落した」と110番通報があった。調布飛行場は、管制官も運航情報官もおらず、都職員が常駐しているという。(朝日新聞)


-------小型機住宅街墜落した事故について、全日空の元機長で航空評論家の樋口文男さんは、離陸直後に重大なトラブルが起き、住宅街を避ける余裕がないまま墜落した可能性があると指摘しています。

離陸した小型機は滑走路からおよそ700メートルの地点で墜落していて、樋口さんは「小型機の速度から考えると、離陸から墜落まで20秒から30秒ほどの時間しかなかった可能性がある。離陸直後に重大なトラブルが起き、住宅街を避ける余裕がないまま墜落した可能性がある」と指摘しています。
 
また、事故機のエンジン音がふだんより低かったという目撃情報があることについて、樋口さんは「離陸時はエンジン出力を最大にするため、回転数が上がりエンジン音も高くなる。ふだんより低かったとすれば、エンジン出力が十分に上がっていなかった可能性がある」と述べ、エンジンや燃料系統に何らかのトラブルが起きた可能性を指摘しています。
 
また、墜落現場の状況から「映像を見ると、壊れた機体がある住宅の2軒隣の住宅の屋根が大きく壊れているのが分かる。可能性としてはこの屋根に機体の一部が接触し、ひっくり返る形で2軒先の住宅に衝突し、翼の中にあるタンクから燃料が漏れ火災が起きたのではないか」と指摘しています。(NHK)




以下引用

NHK 7月26日 18時20分
小型機住宅街墜落 3人死亡5人けが 東京
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150726/k10010166711000.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150726/K10010166711_1507261829_1507261841_01_03.jpg
 26日午前11時ごろ、東京・調布市の住宅街小型機墜落して住宅3棟が焼け、警視庁によりますと、小型機に乗っていた2人と住宅にいて巻き込まれた女性1人の合わせて3人が死亡しました。
 また、小型機に乗っていた3人と住宅にいた女性2人の合わせて5人がけがをして病院に運ばれました。警視庁は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を始めました。
26日午前11時ごろ、東京・調布市富士見町の住宅街小型機墜落しました。
東京消防庁によりますと、現場付近では黒い煙が上がり、小型機のほか、住宅3棟と車2台の合わせて220平方メートルが焼けました。
 また、周辺の住宅6棟も被害を受けました。警視庁によりますと、小型機に乗っていた男性2人と、住宅の2階にいて巻き込まれた女性1人の合わせて3人が死亡しました。
 また、小型機に乗っていた男性3人がけがをし、亡くなった女性と同じ住宅にいた女性1人と、隣の住宅にいた女性1人の合わせて5人がけがをして病院に運ばれました。
警視庁によりますと、5人のうち小型機の1人は重傷とみられ、残る4人は意識ははっきりしているということです。
 墜落した小型機の機体の整備や管理を行っている「日本エアロテック」や搬送先の病院によりますと、小型機には、横浜市港北区の川村泰史機長(36)と東京・練馬区の早川充さん、東京・港区の森口徳昭さん(36)と東京・文京区の花房剛さん(35)、それに名前の読み方は分かりませんが、埼玉県三郷市の田村康之さん(51)の合わせて5人が搭乗していたということです。
 午前11時に調布飛行場を離陸して伊豆大島に向かい、日帰りで調布飛行場に戻る計画だったということです。
 会社によりますと、川村機長は操縦士の養成事業などを行う会社の社長をしていて、これまでの飛行時間は600時間から700時間だということです。
 ふだんは、小型機の操縦士を目指す人たちを後部座席に乗せて飛行することが多いということです。
小型機が墜落した現場は東京・調布市富士見町の住宅が建ち並ぶ地域で、周辺には商店や中学校、それにテニスコートや少年野球場などの運動施設があります。
 また、現場から500メートルほどの所には調布飛行場があります。
 調布飛行場では26日午後1時半すぎ、警視庁捜査1課の腕章を付けた捜査員数人が飛行場の管理事務所やターミナルビルに入りました。
 また、飛行場の近くにあり、墜落した小型機の運航・管理を行っている「日本エアロテック」の事務所にも、午後2時すぎから警視庁の捜査員数人が出入りしています。
 関係者から墜落した小型機の運航状況などについて説明を求めているものとみられ、警視庁は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を進めています。
小型機操縦の機長
墜落した小型機の運航・管理を行っている、「日本エアロテック」によりますと、小型機を操縦していたのは、川村泰史機長(36)です。
 川村機長は、調布飛行場の敷地内に本社を置く小型機のパイロットを養成する会社、「シップ・アビエーション」の社長を務めていて、大阪の関西空港のウェブサイトによりますと、おととし関西空港で開かれた、パイロットを目指す子どもたちに向けた講演会で講師を務めていました。
 このイベントの案内文に掲載されたプロフィールによりますと、川村機長は、アメリカと日本で訓練し、パイロットの資格を取得したあと、墜落した小型機の運航会社の「日本エアロテック」に入社し、おととし4月には飛行訓練の会社を設立して、社長に就任するとともに「主席飛行教官」を務めていると記されています。
調布市の対応
小型機が墜落した事故を受けて調布市役所では、総合防災安全課の職員が事故現場の周辺を回るなどして被害状況の把握に努めています。また、今回の事故で住宅が被害を受けた住民から要望があった場合には、近くに避難所を設けることも検討しているということです。
専門家「高度上がらない段階でトラブルか」
全日空の元機長で航空評論家の樋口文男さんは、今回、墜落した小型機について「このクラスの小型機は仮にエンジンが止まってもグライダーのように滑空できるので、パイロットは非常時には滑空しながら飛行場に引き返したり、河川敷など安全な場所を探して不時着したりする訓練を受けている」と話しています。
 そのうえで、「離陸直後に住宅街に墜落している状況からすると、高度が上がっていない段階でトラブルが起きたのではないか」と分析しています。現段階で考えられる事故の原因について、「エンジンの不調や燃料が行き渡らないといったトラブルのほか、パイロット自身の体調に緊急の事態があった可能性もあると」と話しています。

NHK 7月26日 17時53分
専門家「離陸直後に重大なトラブルか」
 小型機が住宅街に墜落した事故について、全日空の元機長で航空評論家の樋口文男さんは、離陸直後に重大なトラブルが起き、住宅街を避ける余裕がないまま墜落した可能性があると指摘しています。
 離陸した小型機は滑走路からおよそ700メートルの地点で墜落していて、樋口さんは「小型機の速度から考えると、離陸から墜落まで20秒から30秒ほどの時間しかなかった可能性がある。離陸直後に重大なトラブルが起き、住宅街を避ける余裕がないまま墜落した可能性がある」と指摘しています。
 また、事故機のエンジン音がふだんより低かったという目撃情報があることについて、樋口さんは「離陸時はエンジン出力を最大にするため、回転数が上がりエンジン音も高くなる。ふだんより低かったとすれば、エンジン出力が十分に上がっていなかった可能性がある」と述べ、エンジンや燃料系統に何らかのトラブルが起きた可能性を指摘しています。
 また、墜落現場の状況から「映像を見ると、壊れた機体がある住宅の2軒隣の住宅の屋根が大きく壊れているのが分かる。可能性としてはこの屋根に機体の一部が接触し、ひっくり返る形で2軒先の住宅に衝突し、翼の中にあるタンクから燃料が漏れ火災が起きたのではないか」と指摘しています。


NHK 7月26日 14時44分
離陸後に左にそれながら墜落か
 現場の状況から小型機は離陸後まもなく、やや左にそれながら住宅地に墜落した可能性があります。
 一方で、気象状況に問題はなく、ことし5月の時点で機体に異常はなかったということで、国の運輸安全委員会は調査官を現地に派遣して原因を調べることにしています。
事故機が離陸した調布飛行場は南北方向に長さ800メートルの滑走路があり、小型機は南向きに離陸しました。
 墜落したのは滑走路の南の端からおよそ700メートルの地点で、小型機は滑走路の延長線上よりやや左にそれたところに墜落しています。
 離陸は午前10時58分で、2分後の午前11時ごろ墜落したとみられることから、小型機は離陸後まもなく、やや左にそれながら住宅地に墜落した可能性があります。
 一方で、東京航空気象台の観測によりますと、調布飛行場では午前11時の時点で、風速およそ1メートルと風はほとんどなく、快晴で視界も良好となっていて、気象状況に問題はありませんでした。
 また、国土交通省によりますと、事故機の機体は年に1度の国の検査にことし5月1日、合格していて、この時点で機体に異常はなかったということで、国の運輸安全委員会は調査官を現地に派遣して原因を調べることにしています。


朝日新聞 2015年7月26日14時14分
小型飛行機墜落事故、3人死亡5人けが 東京・調布
 26日午前11時ごろ、東京都調布市富士見町1丁目の民家に小型飛行機が墜落し、住宅5棟が焼けた。警視庁などによると、住宅にいた女性1人と、小型飛行機に乗っていたパイロットを含む男性2人の計3人が死亡した。ほかに住宅にいた女性2人が軽傷、飛行機の3人もけがをした。
 警視庁や国土交通省などによると、小型飛行機は米パイパー社のプロペラ機で定員6人。男性5人が乗っていて、死亡した2人は前の座席、けがをした3人は後ろの座席に乗っていた。都が管理する調布飛行場を午前10時58分に離陸し、大島に向かう予定だった。墜落した現場は飛行場から南に500メートル離れた住宅街。午前11時ごろ、「民家に小型飛行機が墜落した」と110番通報があった。調布飛行場は、管制官も運航情報官もおらず、都職員が常駐しているという。


NHK 7月26日 11時57分
東京・調布の住宅街に軽飛行機が墜落
 東京消防庁によりますと、26日午前11時ごろ、東京・調布市の住宅街に軽飛行機が墜落しました。現場付近では黒い煙が上がり、軽飛行機のほか、住宅3棟と車2台が燃えているということです。
 東京消防庁によりますと、逃げ遅れた人が、住宅に2人、軽飛行機に1人いるということです。このうち、住宅にいた1人を救出したということです。けがの程度など詳しいことは分かっていません。
 東京消防庁は、消火作業を進めるとともに、さらに逃げ遅れている人の救出を急いでいます。
墜落した軽飛行機は
 国土交通省によりますと、墜落した軽飛行機は午前10時58分に調布飛行場を離陸し、離陸直後に南に1.8キロ離れた場所に墜落したということです。
 国土交通省では現在事故の詳しい状況を調べています。
近所の女性は
 近所に住む70代の女性は、「自宅にいたらドスンという音が聞こえてはじめは車がどこかに突っ込んだのかと思いました。その後も何度か何かが爆発するような音が聞こえたので、近くまで見に行ったら、真っ黒な煙がもうもうと上がっていて、2、3人くらいが乗る大きさの飛行機の機体の一部が見えました。また、近所の人に話を聞いたら、墜落する直前に子どもの声で『助けて』と聞こえたと話していました。今も消防車や救急車がたくさん来ていて、すぐ近所なので怖くて足が震えています」と話していました。
現場周辺の中学校教諭は
 現場の周辺にある中学校の教諭は「部活動があるので、先ほど学校に来たら、飛行機が落ちたというので大騒ぎになっていた。煙が上がっている様子は学校からも見える。当時、校内には部活動をしている生徒がいたが、被害は出ていない。今は保護者から「子どもは大丈夫か」という問い合わせが相次いでおり、対応しています」と話していました。


毎日新聞 7月26日(日)11時46分配信
<事故>小型飛行機が墜落 3人死亡5人けが 東京・調布
 26日午前11時ごろ、東京都調布市富士見町1の住宅に、5人乗り小型飛行機が墜落して大破、飛行機のほか住宅3軒と車2台に延焼した。警視庁によると、この事故で乗員2人と、飛行機が突っ込んだ家の住民女性1人の計3人が死亡した。また、残る乗員3人と、住民女性2人の計5人がけがをした。乗員はいずれも男性とみられる。
 国土交通省によると、小型飛行機は個人所有の単発プロペラ機「パイパーPA46」。午前10時58分に調布飛行場から離陸した直後に墜落した。計画では、約1時間で伊豆大島へ到着する予定だった。
 また、小型飛行機の運航管理をしている会社によると、飛行機にはパイロットのほか、この会社の契約社員ら4人が乗っていた。
 墜落現場近くに住む女性(69)は「ビデオを見ていたらドスンという音がし、現場に見に行ったら屋根が抜け落ちて柱だけ残っていた。道路2本隔てた近所だった。怖くて震えが止まらない」と話していた。
 調布飛行場は東京都が管理する都営空港。滑走路は800メートルで、小型のプロペラ機が乗り入れている。都内の離島(大島、新島、神津島、三宅島)を結ぶ定期便が1日計13便飛んでいるが、飛行場によると、事故後は運航を見合わせている。

////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 小型機 住宅街 墜落 飛行機 国土交通省 全日空 機長

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン