2015-08-06(Thu)

JR京浜東北線 架線切断トラブル 35万人に影響

エアセクション」停止禁止区間から発進 過電流→火花で断線

----4日夜のトラブルでは乗客約35万人に影響が出た。5日に記者会見したJR東の薬師晃広報部長は「多くのお客さまに多大なご迷惑をお掛けした。再発防止策を講じ、信頼回復に全力を尽くしたい」と陳謝した。(日経)

----JR京浜東北線で架線が切れて列車が立ち往生したトラブルで、JR東日本は五日、桜木町駅(横浜市中区)付近の列車が本来停車してはならない架線のつなぎ目の場所で一時停止した後、再発進する際に大きな電流が一気に流れて架線が溶けた可能性が高いと発表した。運転士は停止してはならない場所と知らされておらず、同社は「再発防止を徹底する」と陳謝した。(東京新聞)




以下引用

日本経済新聞 2015/8/6 1:18
京浜東北、停止禁止区間から発進 架線ショートし溶ける
 JR京浜東北線の横浜―桜木町間で4日夜に起きた架線切断トラブルで、JR東日本は5日、停車が原則禁止されている区間「エアセクション」で電車を止め、そのまま発進したことが原因とみられると発表した。運転士はエアセクションに入ったことを認識していなかったという。同社はトラブルの詳しい原因を調査している。
京浜東北線で起きた架線切断トラブルについて頭を下げるJR東日本の社員ら(5日午後、横浜市西区)=共同
 4日夜のトラブルでは乗客約35万人に影響が出た。5日に記者会見したJR東の薬師晃広報部長は「多くのお客さまに多大なご迷惑をお掛けした。再発防止策を講じ、信頼回復に全力を尽くしたい」と陳謝した。
 JR東によると、エアセクションは、架線のつなぎ目部分にあり、それぞれ別の変電所から電気が送られた電線2組が並んでいる。問題の電車はこの区間で停止し、電線にパンタグラフが接触。再度発進する際に大きな電流が流れてショートし、火花が出て架線が溶けたという。
 エアセクションは約50メートル。通常の速度で通過すれば問題はないが、4日夜、横浜―桜木町間のこの区間で停車した。桜木町駅は当時、花火大会の影響で混雑し、電車の間隔が狭まっていた。
 自動的に速度を制御する自動列車制御装置(ATC)の誘導に従えばエアセクション外で停止したのに、運転士は先行電車に近づいたため手動で停止したという。
 エアセクションで停止した場合は、パンタグラフをいったん下げるなどの対応が必要だが、運転士はエアセクションに入ったという認識がないまま運転を再開していた。
 2007年6月、さいたま市の東北線でも同種のトラブルが起き、JR東はエアセクションでは停止しないよう音声で知らせるシステムを導入していたが、京浜東北線には入れていなかった。
 今回のトラブルを受け、JR東は京浜東北線や山手線などATCが導入された区間にもシステムを入れ、エアセクションに関する乗務員教育を徹底するとしている。〔共同〕

東京新聞 2015年8月6日 朝刊
京浜東北線 禁止区間に誤って停車 発車で過電流→火花で断線
 JR京浜東北線で架線が切れて列車が立ち往生したトラブルで、JR東日本は五日、桜木町駅(横浜市中区)付近の列車が本来停車してはならない架線のつなぎ目の場所で一時停止した後、再発進する際に大きな電流が一気に流れて架線が溶けた可能性が高いと発表した。運転士は停止してはならない場所と知らされておらず、同社は「再発防止を徹底する」と陳謝した。
 JR東によると、トラブルが起きた列車は、桜木町駅の約八百メートル手前で一時停車。先行列車が、横浜市みなとみらい地区で開催された花火大会の見物客で混雑していた桜木町駅で停車していたためだった。
 トラブルを起こした列車が止まっていたのは、それぞれ別の変電所から電気が送られた架線二組が並ぶつなぎ目の「エアセクション」と呼ばれ、本来は停車してはならない場所だった。通過すれば問題ないが、再発進をするには大きな電力が必要で、架線とパンタグラフの間に一気に電流が流れてショートし、火花が出て高熱によって架線が溶けて切れたとみられる。
 エアセクション内では列車が止まらないよう標識を設置したり、自動列車制御装置(ATC)でセクション外で止まるよう誘導したりしているが、今回は運転士が停止した場所がセクションだと知らず、手動で停車した。
 JR東日本鉄道事業本部の池田裕彦運輸車両部次長は五日の記者会見で「ATCの誘導によってエアセクション内で停車しないと考えており、運転士が手動でセクション内に止まることは想定していなかった。(セクション内で停車してはならないと)分かるように運転士へ指導していなかった」とミスを認めた。
 エアセクション内で列車が止まった場合、セクション内の車両のパンタグラフを下げるなどのマニュアルがある。だが、それも今回トラブルを起こした運転士を含め、ATCが導入されている京浜東北線の運転士には伝えていなかった。
 トラブルは四日夜、横浜-桜木町駅間で架線が切れ、三カ所で電車が立ち往生した。
 <エアセクション> JRなど鉄道会社は電気を架線に送る変電所を沿線に複数置いているが、各変電所の受け持ち区間を明確に分けるため、受け持ち区間の境目で二組の架線を並走させるエアセクションを設け、電気の流れに切れ目を付けている。JR東日本によると首都圏には約九百二十カ所あり、一カ所当たりの長さは四十~五十メートル程度で、運転士用に標識も設置されている。
 同社によると、理論上はエアセクションなしでも電気を供給できるが、これがないと切れ目がなくなり、架線事故が起きると全ての区間が停電してしまう。また、切れ目がないと事故の原因箇所の特定に時間がかかる。


NHK 8月5日 19時09分
架線切断 つなぎ目区間で再発車しショートか
横浜市内のJR京浜東北線で架線が切れ、首都圏の各線で運転見合わせが相次いだトラブルで、JRが原因を調べたところ、本来は停止できない架線のつなぎ目の区間に電車が止まり、再び発車した際にショートが起きて架線が切れた可能性が高いことが分かりました。
 4日夜、JR京浜東北線の桜木町駅付近で架線が切れて停電し、京浜東北線や東海道線など首都圏のJR各線で運転の見合わせが相次ぎ、35万人余りに影響が出ました。
 JR東日本が調べたところ、架線が切れた現場は「エアセクション」と呼ばれる架線のつなぎ目の区間で、電圧が異なる2本の架線があるため、ショートを起こす危険性があるとして、本来は停止できない区間だったことが分かりました。
 しかし、4日夜は電車がエアセクションの中で停止したため、再び発車した際に架線と車両のパンタグラフの間でショートが起き、その熱で架線が溶けて切れた可能性が高いとみられています。
 4日夜は、花火大会による混雑で電車に遅れが出ていたということで、運転士は「前の電車が見えたためブレーキをかけて止まりやすいところで停止させた。運転の制御システムがあるためエアセクションの中で止まる可能性があるとは認識していなかった」と話しているということです。
 JR東日本は、エアセクションの中に電車が低速で進入した際に自動的に警告音が流れ注意を促すシステムをこの路線に導入するほか、運転士の教育を徹底するとしています。
JR東日本が陳謝
JR京浜東北線で架線が切れ、首都圏のJRで、運転見合わせが相次いだことを受けて、JR東日本は午後4時から横浜市内で会見を開き、「今回の事態を、非常に重く受け止めています。原因を調査し、安全で安定した運行を通して信頼の回復に努めていきます」と陳謝しました。
 そのうえで、架線が切れた原因について、「2本の架線が重なる『エアセクション』と呼ばれる区間で、電車がいったん停車して、再び発車したところ、架線の付近でショートが起きたとみられる」と説明しました。
 また、今後の再発防止策として、「エアセクションの中で電車を停車させないよう乗務員への教育を徹底するとともに、エアセクションの位置を音声で乗務員に知らせるシステムを京浜東北線に導入したい」と述べました。
「エアセクション」とは
JR東日本によりますと、首都圏の在来線では、最長で1.5キロの長さの銅線をつないで架線を構成し、電車に電気を送っています。架線をつなぐ区間は「エアセクション」と呼ばれ、およそ50メートルにわたって2本の架線が重なって設置されています。
 エアセクションでは、2本の架線の電圧が異なることがあり、通常の速度で通過すれば問題はありませんが、いったん停止してから発進するなどして強い電流が流れると、架線と車両のパンタグラフの間で、ショートが起きる場合があるということです。
 JR東日本によりますと、このエアセクションは、3キロから5キロごとにあり、首都圏の在来線ではおよそ900か所に上るということです。
 このためJRは、エアセクションの中で電車を停止しないよう運転士に指導するとともに、区間の手前などに標識を設置したり、一部の路線では電車が低速で進入した際に、自動的に警告音が流れ注意を促すシステムも導入したりしています。
 「エアセクション」に電車が停止して架線が切れたトラブルは、これまでにもたびたび起きています。
平成16年7月には、東京・八王子市のJR中央線でエアセクションの中で電車が停止して架線が切れ、一時、特急などの運転ができなくなりました。
 また、平成17年7月には、JR岡山駅の構内で車庫から出た普通電車がエアセクションの中に停止し、再び発車した際に電流が流れすぎて架線が切れ、在来線のダイヤが大幅に乱れました。
 さらに、平成19年6月には、さいたま市のJR宇都宮線でエアセクション内で電車が止まって、架線が切れ、乗客が最大で4時間にわたって電車から降りられなくなるなどの影響が出ました。
専門家「簡単に切れないようにする必要ある」
 鉄道の電気システムに詳しい工学院大学の高木亮准教授は、架線が切れた原因について「電車がエアセクションで止まり、ゆっくり発車するときに架線の温度が局所的に非常に高い温度に上昇し、ショートが発生して架線が切れることはありえると思う」と話しています。
 そのうえで、「過去にも同じような要因で大規模なトラブルが起きていて列車がエアセクションやそのそばで止まっても、簡単には架線が切れないようにする対策を考える必要がある」と指摘しています。
 また、立往生した電車の車内に乗客が長時間とどまったうえ、乗務員の誘導の指示がない段階で車両のドアが開けて線路上に降りたことについて、「空調が止まり車内は相当暑くなったはずで、乗客の判断で列車から降りたことはやむをえなかったと思う。最近の電車の多くは窓を開けられず、換気の量が不十分だった可能性が高く、鉄道会社は開けられる窓を増やすなどの対策を考えるべきだ」と話しています。
首都圏各線で大きな影響
今回のトラブルでは、架線の切断に伴う停電に加えて線路に乗客が降りたことなどから、首都圏の各線で150本が運休したほか、159本に最大で6時間半近くの遅れが出るなど大きな影響が出ました。
 架線が切断した午後7時10分に、まず、京浜東北線が大宮と大船の間の全線で運転を見合わせたほか、同じ区間を走る横浜線も東神奈川と中山の間で運転を見合わせます。
 その後、立往生した電車の乗客が線路に降り乗客の安全を確保する必要があるとして、架線の切断から1時間余りがたった午後8時19分に京浜東北線と並行して走る東海道線と横須賀線が全線で運転を見合わせます。
 さらに、その10分後の午後8時半ごろからは、湘南新宿ラインが直通運転を見合わせ、新宿駅での折り返し運転を行ったほか、高崎線と宇都宮線、それに常磐線も東海道線との直通運転を見合わせ、上野駅での折り返し運転を行うなど首都圏の広い範囲に大きな影響がでました。
避難誘導開始までに時間
JR京浜東北線では、4日午後7時すぎ、架線が切れた影響で横浜市内の桜木町駅付近と、山手駅付近、それに新子安駅付近の3か所の合わせて3本の電車が駅と駅の間で緊急停車しました。3本の電車には、それぞれ1000人から1500人くらいの乗客が乗っていたとみられ、車内は停電の影響で明かりが消え、冷房も止まりました。このため、乗務員が非常電源を使った車内放送で、換気のため窓を開けるよう伝えるとともに、危険を避けるためにドアを自分で開けないよう呼びかけたということです。
 電車が緊急停車して乗客を外に降ろす際は、乗務員が必要に応じて非常用のレバーを操作してドアを開けることになっています。しかし、新子安駅付近に止まった電車では、緊急停止から1時間余りたった午後8時20分ごろ、一部の車両で乗客が自分でレバーを操作してドアを開け、線路に降り始めました。レバーが操作されると、運転席のモニター画面に警告のメッセージが表示されます。これに気付いた運転士は無線のシステムを使って半径1キロの範囲を走る電車に異常を知らせました。このため、京浜東北線と平行して走る東海道線と横須賀線はすぐに運転を見合わせ、乗客が線路を移動している間、近くを通過した電車はなかったということです。
 その後、3本の電車のうち新子安駅付近と桜木町駅付近に止まった2本の電車では、午後8時半ごろから乗務員が乗客を線路に降ろし、午後10時までにすべての乗客を最寄りの駅に誘導したということです。
 JR東日本横浜支社は「緊急時に乗客が自分で線路に降りることは危険なので、乗務員の指示に従ってほしいが、今回避難誘導を始めるまで、人員の確保などに時間がかかり、多くの方にご迷惑をおかけしたことは申し訳なく思っている」と話しています。


日本経済新聞 2015/8/5 13:42
京浜東北線の架線切れ 35万人に影響 2本破断、ショートか
 横浜市内で架線が切れるトラブルが起きたJR京浜東北線は5日午前1時25分ごろ、約6時間ぶりに全線で運転を再開した。JR東日本によると4日は150本の列車が運休、159本が最大6時間20分遅れ、約35万人に影響が出た。同社は架線がショートして破断した可能性もあるとみて詳しく調べている。
 京浜東北線とともに運転を見合わせていた横浜線も5日午前1時35分ごろ、運転を再開した。
 JR東によると、横浜―桜木町間の横浜市西区高島で4日午後7時10分ごろ、架線2本が切れた。1本を張り替えて仮復旧し、5日朝までに2本目も復旧した。京浜東北、横浜両線では、復旧工事などの影響で5日早朝も始発列車など計10本が一部区間で運休した。
 同社横浜支社などによると、人為的に架線が切断されたような痕跡は見つかっておらず、ショートして破断したり、パンタグラフとの接点が摩耗して切れたりした可能性があるという。
 架線は銅の合金製。直径は約12ミリで、通常7.5ミリ以下になる前に交換する。切れた架線については、5月17日に「検測車」の測定機器で点検し、7月23日にも目視で点検したが、異常は見つかっていなかったという。


NHK 8月5日 12時01分
JRの架線切断 ショートの熱が原因か
 4日夜、横浜市内のJR京浜東北線で架線が切れ、首都圏のJRで運転見合わせが相次いだトラブルで、JRが原因を調べたところ架線と車両のパンタグラフの間でショートが起こり、その熱で架線が切れた可能性があることが分かりました。
 4日午後7時すぎ、横浜市のJR京浜東北線の桜木町駅付近で架線が切れて停電し、京浜東北線のほか東海道線や横浜線など首都圏のJR各線で運転の見合わせが相次いで、35万人余りに影響が出ました。
 5日朝も京浜東北線と横浜線の一部の区間で始発から運転を見合わせましたが、午前5時半すぎまでに復旧作業が終わり、現在はいずれも平常どおり運転しています。
 現場付近は2本の架線が重なるつなぎ目の区間で、JR東日本が調べたところ、架線と車両のパンタグラフの間でショートが起こり、その熱で架線が溶けて切れた可能性があることが分かりました。
 架線のつなぎ目の区間では2本の架線の電圧が異なることがあり、その区間で電車が発進するなどして強い電流が流れると、ショートを起こす場合があるということです。
JR東日本は運転士や車掌から聞き取りを行い、当時の運行状況などについて詳しく調べています。
架線付近から火花が出る様子を撮影
 横浜市の男性が4日午後7時20分ごろ京浜東北線の沿線にある自宅のマンションから撮影した映像では、京浜東北線の電車が通過した際に架線の付近から連続して大きな火花があがる様子が確認できます。
 男性によりますと、午後7時すぎに自宅マンションの玄関先で大きなさく裂音と光に気付き、ベランダに移動して線路を見たところ、電車が止まり架線が垂れ下がっている様子が確認されたということです。
 映像はそのおよそ15分後に電車が再び動き始めた時の状況を撮影したもので、大きなさく裂音が鳴り、垂れ下がった架線の付近で火花が上がったあと、電車が止まった様子を目撃したということです。
 男性は、以前から京浜東北線の電車が同じ場所を通過する際、3回に1回程度は架線から火花があがる様子を目撃していたということで、「とうとう架線が切れたな」と思ったとしています。


日本経済新聞 2015/8/5 1:43
京浜東北線、架線切れで一時ストップ 広範囲に影響
5日午前1時25分ごろ運転再開
 4日午後7時10分ごろ、JR京浜東北線の横浜―桜木町駅間で線路上の架線が切れた。この影響で京浜東北線が上下線の一部で運転をストップしたほか、東海道線、横須賀線など首都圏の多くの路線が一時運転を見合わせ、乗客に大きな影響が出た。京浜東北線の列車3本が駅間の線路上に停止し、具合の悪くなった乗客が搬送された。JR東日本が原因を調べている。京浜東北線は5日午前1時25分ごろ、全線で運転を再開した。
 JR東によると、架線が切れたのは横浜市西区高島付近。走行中だった3本の列車が新子安、桜木町、山手の各駅付近の駅間に停止した。乗客の一部は電車を降り、線路を歩いて近くの駅に向かった。停止した列車の乗客の誘導は午後10時ごろまで続いた。
 横浜市消防局によると、体調不良を訴えるなどして新子安駅から10~70代の男性5人が搬送された。命に別条はないという。
 JR東によると、架線が切れた原因は分かっておらず、現場で詳しく調べるとともに復旧に向けた作業を急いだ。
 京浜東北線と並走する東海道線と横須賀線は午後10時40分ごろに全線で運転を再開したが、高崎線などで一部列車が運休したほか、湘南新宿ラインも一時運転を取りやめるなど、首都圏の多くの路線に影響が出た。
 JR東では4月12日、山手線の線路脇で架線を支える柱が倒れているのが見つかり、山手線と京浜東北線の一部区間で9時間以上にわたって運転を見合わせるトラブルがあったばかり。

///////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : JR 京浜東北線 架線切断 トラブル エアセクション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン