2015-08-11(Tue)

アスベスト飛散防止対策 大規模建物3605棟未実施

国の施設 30棟未実施  /石綿飛散リスク高まる 使用疑い280万棟、解体進む

◇民間の大規模(概ね1,000 平方メートル以上)な建築物
調査結果概要(報告)〔27 年 3 月 16 日時点の都道府県からの報告件数〕
( )書きは、前回(26 年 3 月 16 日時点)の都道府県からの報告件数
・調査対象の建築物の数 : 267,416 棟(270,910 棟)
・調査報告のあった建築物の数 : 236,766 棟(234,843 棟)
・露出してアスベストの吹付けがされている建築物の数: 15,693 棟( 15,750 棟)
・指導により対応済みの建築物の数 : 11,264 棟( 11,107 棟)
・指導により対応予定の建築物の数 : 824 棟( 973 棟) ※未実施(予定なし)3605棟(3670棟)

◇国有財産(行政財産)に該当する建築物 2015年3月31日時点調査
○ 調査対象件数:81,912棟 (100%) [ ]は2014年3月31日
・吹付けアスベスト等が使用されている件数:376棟 (0.46%)←[392棟]
うち、封じ込め等の飛散防止対策を実施済みの件数:346棟(0.42%)
うち、未対策の件数(別添1参照):30棟 (0.04%)←[36棟]
・吹付アスベスト等を使用している可能性があるが含有量が未調査の件数:16棟 (0.02%)←19棟

石綿飛散リスク高まる 使用疑い280万棟、解体進む(朝日新聞 2015年6月28日より)
 大手機械メーカー・クボタの旧工場(兵庫県尼崎市)周辺で住民被害が発覚した「クボタ・ショック」から29日で10年。老朽化した建物の解体現場で、ずさんな工事によるアスベスト石綿)の飛散事故が絶えない。石綿を用いた疑いがある建物は、民間だけで推計280万棟。その解体がこれからピークに向かう。五輪を控える東京では他に先駆け解体が進み、周辺住民が石綿を吸うリスクが高まっている。住民被害が対象の石綿健康被害救済法の認定者は今年1万人を超えた。石綿禍に終息の兆しは見えない。---




以下引用

建築物防災週間において行った各種調査結果の公表について
平成27年7月30日
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000577.html
平成26年度下期の建築物防災週間(平成27年3月1日から3月7日)において実施した建築物に関する以下調査について、調査結果がとりまとまりましたので公表いたします。
1.民間建築物における吹付けアスベスト飛散防止対策に関する調査結果について
2.既存建築物における窓ガラスの地震対策に関する調査結果について

添付資料
報道発表資料(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001098586.pdf

03-5253-8111住宅局建築指導課 
TEL:(03)5253-8111 (内線39-549、39-569)

*******************************

国家機関の建築物等における吹付けアスベスト等の使用実態に関する調査(フォローアップ)結果について
平成27年8月5日
http://www.mlit.go.jp/report/press/eizen03_hh_000027.html
国土交通省では、国家機関の建築物及びその附帯施設(以下「建築物等」という。)における吹付けアスベスト等の使用実態について平成17年度から調査を実施しています。
このたび、平成27年度のフォローアップ調査の結果をとりまとめましたので、お知らせします。
添付資料
報道発表資料(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001099417.pdf

国土交通省 大臣官房官庁営繕部 計画課 保全指導室 課長補佐 松井俊蔵、防災係長 大平真梨子
TEL:03-5253-8111 (内線23315) 直通 03-5253-8248 FAX:03-5253-1542

*****************************************

◆建築物防災週間(平成27年3月1日から3月7日)において実施した建築物に関する以 下の調査結果
1.民間建築物における吹付けアスベストに関する調査結果
(1) 調査概要
・調査対象: 昭和 31 年~平成元年までに施工された民間の建築物のうち大規模(概ね1,000 平方メートル以上)な建築物。
・調査建材: 吹付けアスベスト及びアスベスト含有吹付けロックウール
・調査方法: 地方公共団体から建築物所有者に報告を求めること等により実施
(2) 調査結果概要(報告)〔27 年 3 月 16 日時点の都道府県からの報告件数〕
( )書きは、前回(26 年 3 月 16 日時点)の都道府県からの報告件数
・調査対象の建築物の数 : 267,416 棟(270,910 棟)
・調査報告のあった建築物の数 : 236,766 棟(234,843 棟)
・露出してアスベストの吹付けがされている建築物の数: 15,693 棟( 15,750 棟)
・指導により対応済みの建築物の数 : 11,264 棟( 11,107 棟)
・指導により対応予定の建築物の数 : 824 棟( 973 棟)

***********************************

◆国家機関の建築物等における吹付けアスベスト等の 使用実態に関する調査(フォローアップ)結果
1.調査概要
・ 調査施設:各省各庁の所管する建築物等のうち、国有財産(行政財産に限る。以下同じ。)に該
当するもの
・ 調査材料:「吹付けアスベスト」及び「アスベストを含有する吹付けロックウール」
*アスベストとは、繊維状を呈する次の6種類を、重量比で 0.1%を超えて含有するものが該当します。
アモサイト、クリソタイル、クロシドライト、アクチノライト、アンソフィライト、トレモライト
・ 調査方法:前回の調査結果に基づき各省各庁にて確認
・ 調査時点:平成27年3月31日
2.調査結果概要
○ 調査対象件数 : 81,912棟 (100%)
・吹付けアスベスト等が使用されている件数 : 376棟 (0.46%)
うち、封じ込め等の飛散防止対策を実施済みの件数 : 346棟 (0.42%)
うち、未対策の件数(別添1参照) : 30棟 (0.04%)
・吹付アスベスト等を使用している可能性があるが含有量が未調査の件数(別添2参照) : 16棟 (0.02%)
3.進捗状況
(平成26年3月31日時点の調査結果との比較) H26年度 H27年度
・吹付けアスベスト等が使用されている件数 : 392棟 → 376棟
うち、未対策の件数 : 36棟 → 30棟
・吹付アスベスト等を使用している可能性があるが含有量が未調査の件数 : 19棟 → 16棟
--------------------------------------

日本経済新聞 2015/8/10 11:46
石綿対策、30棟未実施 国の施設調査
 国土交通省は10日までに、中央省庁や裁判所など国の施設で、アスベスト(石綿)を使用しているのに飛散防止対策が済んでいない建物が3月末時点で30棟あったと発表した。昨年同時期から6棟減った。
 調査対象は8万1912棟で、石綿を使っている建物は376棟。346棟が対策済みだった。
 30棟には、地方出先機関の庁舎や宿舎も含まれている。いずれも石綿が使われているのは天井裏など飛散の恐れが小さい場所で、国交省は「緊急性は低い」としている。除去工事などの対策を実施予定で、一部は取り壊しが決まっている。
 使用の可能性があるが、未調査の建物は16棟だった。〔共同〕

**************************************

朝日新聞 2015年6月28日07時10分
石綿飛散リスク高まる 使用疑い280万棟、解体進む
 大手機械メーカー・クボタの旧工場(兵庫県尼崎市)周辺で住民被害が発覚した「クボタ・ショック」から29日で10年。老朽化した建物の解体現場で、ずさんな工事によるアスベスト(石綿)の飛散事故が絶えない。石綿を用いた疑いがある建物は、民間だけで推計280万棟。その解体がこれからピークに向かう。五輪を控える東京では他に先駆け解体が進み、周辺住民が石綿を吸うリスクが高まっている。住民被害が対象の石綿健康被害救済法の認定者は今年1万人を超えた。石綿禍に終息の兆しは見えない。
 一昨年秋、関西の住宅に囲まれた町工場を更地にする解体工事があった。請負会社の関係者である男性は、そこにがれきからむき出しになった茶色の吹き付け材を見た。石綿だと直感した。分析機関に持ち込むと、毒性の強い茶石綿(ちゃせきめん)が50%以上の高濃度で含まれていた。
 男性は現場の担当者に経緯を問うた。
 元請けの産廃会社は、作業を下請けに委ねていた。下請け業者は石綿の有無を確認せず解体を始め、重機で天井や壁を壊すと石綿がぼろぼろ落ちてきた。「箝口令(かんこうれい)がしかれた」と担当者は言った。
 すでに建物の半分以上を壊していた。だが報告を受けた産廃会社は手を打たなかった。「万が一、情報知っている人間増やしたら、なんかのことで行政や周辺の耳に入ってしまったら。もう完全に公害ですもん。飛散してもうてるから。会社、もたへん」。現場担当者の説明を男性はICレコーダーで録音していた。
 石綿は「静かな時限爆弾」といわれる。髪の毛の5千分の1という極細の繊維状鉱物を吸い込むと、数十年の潜伏期間を経て石綿特有のがん「中皮腫」や肺がんを引き起こす。
 周辺への飛散を防ぐため、建物解体の際は法令に従って危険箇所を頑丈なプラスチックシートで密閉し、集じん・排気装置を設置する。作業者は防護服と電動ファン付きマスクを着ける。だがこの現場では一切の作業が省かれ、周辺住民には何も知らされなかった。
 石綿含みのがれきは、穀物や土砂の梱包(こんぽう)、搬送にも使う巨大なフレコンバッグ二十数袋分に上った。他の現場から出た石綿と偽り最終処分場に搬出したという。いま現場には、石綿のない建材を用いた真新しい工場が立つ。
 男性は他の解体現場でも同様の飛散事故を見聞きしていた。「放っておけない」。担当者との問答を録音したICレコーダーを記者に差し出した。(足立耕作)
■石綿禍「過去の問題ではない」
 2006年、アスベスト(石綿)は製造・使用が原則全面禁止された。だが「石綿禍は過去の問題ではない」と、専門家は警告する。
■同じ寮、5人が中皮腫
 石綿は1949~2005年に約1千万トンを輸入。特に70~90年代に大量に使われた。それから数十年の潜伏期間を経て、中皮腫などの発症者が急増している。
 石綿関連の職歴がない人たちの被害が表面化したのは、05年6月29日の「クボタ・ショック」だ。大手機械メーカー・クボタが、兵庫県尼崎市の旧神崎工場周辺に暮らし、発症した人への見舞金の支払い方針を公表した。これを機に、住民被害を対象にする石綿健康被害救済法が制定。救済認定者は今年に入り全国で1万人に達した。労災認定者も含めると被害者は2万人を超える。
 あれから10年。クボタの旧神崎工場周辺でも新たな発症者が次々に現れ、被害の全容はいまだにつかめない。
 大阪府泉佐野市に住むリース会社部長の池幡正さん(58)は一昨年11月、中皮腫と診断された。息苦しく、ときに胸が張り裂けそうに痛む。
 生後間もない1957年から11年間、旧神崎工場から道路を挟み数メートル北の旧郵政省職員の官舎「角田寮」に住んだ。長屋造りの寮は120人前後が暮らしていた。当時、クボタは工場で毒性の強い青石綿を使った水道管などを作っていた。
 これまでに寮出身者で少なくとも4人が中皮腫で死亡。池幡さんは5人目の発症者となった。「こんな危険と隣り合わせだったとは、想像もつかなかった」
 クボタは旧神崎工場の半径1・5キロ圏内の居住歴などを要件にして、発症者らに救済金2500万~4600万円を支払っている。救済金の請求は6月現在298件(死亡者271人、療養中27人)、うち277人に救済金が支払われた。この1年でも12件の請求があった。
■飛散発覚、多くは住民通報から
 環境省によると、石綿を建材に用いた建物の解体や改修工事は2013年度、全国で1万62件。このうち664件で大気汚染防止法に定める工事基準が守られていなかった。
 飛散事故は今年に入っても4月に名古屋市の民間事務所の建て替え工事で発生。生活環境における石綿の濃度は大気1リットルあたり繊維1本以下が正常値とされるが、この工事の敷地の境界では150本検出された。6月には東京都営住宅54戸で飛散対策を施さずに撤去工事をした可能性の高いことが発覚した。
 耐火性や保温性に優れる石綿の多くは建材に使われた。それらの建物が耐用年数を迎え、これから解体のピークを迎える。国土交通省によると、建物の解体ピークは30年ごろ、年約10万棟と試算する。東京では東京五輪に向けた街づくりで解体が早まり、都はすでに今年ピークに達し、40年ごろまで続くとみている。
 石綿禍の再来をどう防ぐか。昨年6月、改正大気汚染防止法が施行された。
 工事発注者は石綿の除去費用を十分考慮せず、短期間の工事を求める。業者は安い工事費で請け負い、飛散対策を手抜きする。この構造を打破しようと、工事の届け出義務を受注者から発注者に変更し、発注者責任を明確化した。
 深刻な飛散事故や工事の不備は、住民の通報から発覚することが多い。
 被害者支援団体「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」の永倉冬史事務局長は「違法解体を防ぐには、自治体が事前通告なしの抜き打ち検査をして業者に危機感を持たせるべきだ。住民自身も身近に工事があれば業者に説明会を求めるなど監視する姿勢が大切だ」と説く。

//////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : アスベスト 石綿 飛散防止対策 建築物 未実施

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン