2015-08-31(Mon)

航空人為ミス 急増の背景にパイロット不足

ヒューマンエラー航空業界で急増 13年度100件から14年度207件へ

----国土交通省に報告される「ヒューマンエラー」が、航空業界で急増している。路線や便数の増加に、人員の供給が追いついていないことが背景にあるとされる。特にパイロットの不足は深刻で、1人あたりの業務負担が増大し、安全が脅かされると危惧する声も出ている。

----国土交通省が2014年度に報告を受けた航空機の「安全上のトラブル」のうち、人為的なミスに該当する「ヒューマンエラー」が原因だったケースが207件に上り、前年度の約2倍に急増したことが同省が公表した統計からわかった。統計を取り始めた07年度以降、最多だった。
 
安全上のトラブルは「事故」や「重大インシデント」に至らなかったものの、安全な運航に支障を及ぼしたり、その恐れが生じたりした事態を指す。機器の故障や操縦ミスなどが含まれ、航空法に基づき国内の航空会社に国への報告が義務づけられている。
 
国交省によると、14年度の安全上のトラブルの総数は922件で例年並みだったが、このうち207件がヒューマンエラーに分類され、13年度の100件より大幅に増えた。207件を職種別にみると、整備従事者が86件で最も多く、パイロットの82件が続く。
(毎日新聞)

航空輸送の安全にかかわる情報
http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000188.html

航空輸送の安全にかかわる情報(平成26年度分)(平成27年7月17日公表)
http://www.mlit.go.jp/common/001097162.pdf
航空輸送の安全にかかわる情報(平成26年度分)別冊(平成27年7月17日公表)
http://www.mlit.go.jp/common/001097166.pdf






以下引用


毎日新聞 2015年08月26日 東京夕刊
航空人為ミス:倍増、昨年度最多 「安全に支障」207件 国交省
 国土交通省が2014年度に報告を受けた航空機の「安全上のトラブル」のうち、人為的なミスに該当する「ヒューマンエラー」が原因だったケースが207件に上り、前年度の約2倍に急増したことが同省が公表した統計からわかった。統計を取り始めた07年度以降、最多だった。
 安全上のトラブルは「事故」や「重大インシデント」に至らなかったものの、安全な運航に支障を及ぼしたり、その恐れが生じたりした事態を指す。機器の故障や操縦ミスなどが含まれ、航空法に基づき国内の航空会社に国への報告が義務づけられている。
 国交省によると、14年度の安全上のトラブルの総数は922件で例年並みだったが、このうち207件がヒューマンエラーに分類され、13年度の100件より大幅に増えた。207件を職種別にみると、整備従事者が86件で最も多く、パイロットの82件が続く。
 一例としては、昨年5月、那覇空港(沖縄県)への着陸態勢に入り、速度を下げるためブレーキレバーを操作しようとした旅客機の副操縦士が、誤ってフラップのレバーを操作した。フラップは主翼に取り付けた板状の可動装置で、低速時の揚力を補う。誤操作によって過剰な空気抵抗が生じ、破損する恐れがあった。
 ヒューマンエラー以外のトラブルで最も多かったのは「機材の不具合」で405件を占めている。
 国交省の担当者は「航空会社には原因分析と対策が求められる」と話す。元日本航空機長で日本ヒューマンファクター研究所の桑野偕紀所長は「人員不足が背景にあるかもしれない。1人あたりの仕事量が増えることで疲労が深刻化し、ミスにつながっている」と話している。【内橋寿明】


毎日新聞 2015年08月26日 東京夕刊
航空人為ミス:急増 休息時間減り「きつい」 パイロット不足、精神的疲労も
 国土交通省に報告される「ヒューマンエラー」が、航空業界で急増している。路線や便数の増加に、人員の供給が追いついていないことが背景にあるとされる。特にパイロットの不足は深刻で、1人あたりの業務負担が増大し、安全が脅かされると危惧する声も出ている。【内橋寿明】
 「フライト間でほとんど休憩が取れず、目の前のスケジュールをこなすのに精いっぱい」。格安航空会社(LCC)に勤務するベテランパイロットは、そう話しながら最近の勤務スケジュールを明かした。
 午前9時に成田空港に出勤。10時半ごろ台湾に向けて出発し、午後1時半(現地時間)ごろ台湾の空港に到着する。40分後には成田に向けて離陸。午後7時ごろ成田に着くと、出入国審査カウンターを通り、新千歳行きの便に搭乗する。
 午後8時ごろ出発。10時前に新千歳空港に到着し、宿泊先のホテルに入るのは午後11時前だ。翌日は新千歳−成田−新千歳−成田と運航して夜に帰宅。その翌日も勤務が入ることがあり、1カ月の飛行時間は80時間を超える。国交省は通達で、パイロットの飛行時間の上限を月間100時間、年間1000時間などと規定している。
 ある航空会社の成田とシンガポール・チャンギ国際空港を結ぶ便は、夕方に成田を出発し、深夜にチャンギ空港に到着。成田へ向け飛び立つのは24時間後の深夜だ。以前は現地に1日半ほど滞在していたが、短縮された分、往復するパイロットの休息時間が減った。機長は「復路の操縦席で、早朝の日光を浴びるころの疲労がきつい」と漏らす。
 国交省によると、国内のパイロットは2013年時点で5686人。10年前より114人減った。一方、国内線と国際線の運航本数は93万3595本と2割近く増えている。30年に予想される航空需要を満たすには、国内で8000人のパイロットが必要だという。
 特に深刻なのはLCCだ。各社とも、即戦力となるベテランのパイロットを数多く中途採用し、高齢化が課題になっている。13年1月現在、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン(バニラ・エアの前身)の3社を合わせた機長110人に占める60歳以上の割合は約3割に達した。
 元日本航空機長で航空評論家の杉江弘さん(68)は「短距離路線が中心のLCCでは、1人のパイロットがこなす離着陸の回数が多い。離着陸時は神経をすり減らす操作が多く、累積の運航時間に加えて精神的な疲労も心配だ。人員不足の影響で、以前にはみられなかったような重い負担がパイロットにのしかかっている」と警鐘を鳴らす。
 国交省はパイロット不足への対策として、定年を64歳から67歳に引き上げたり、自衛隊パイロットの民間への転職を国があっせんする制度を導入したりしている。機長への昇格に必要な訓練の軽減や、外国人パイロットの在留要件の緩和も検討している。ただこうした対策がどれだけの人材確保につながるかは未知数だ。
 国交省の担当者は「航空輸送の安全と発展のため、あらゆる取り組みでパイロット不足を解消したい」と話している。

****************************

「第17回航空安全情報分析委員会」の結果概要について
平成27年7月17日
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000113.html
 平成27年6月24日(水)に、第17回航空安全情報分析委員会を開催し、航空輸送の安全にかかわる情報(平成26年度)について審議しましたので、結果概要をお知らせいたします。
1.航空安全情報分析委員会について
 航空法(昭和27年法律第231号)第111条の4に基づき、航空運送事業者は、航空機の正常な運航に支障を及ぼす事態(安全情報)について、国土交通大臣に報告しなければならないこととなっています。また、同法第111条の5に基づき、国土交通大臣は、毎年度、航空輸送の安全に関わる情報を整理し、公表することとなっています。  国土交通省では、当該公表を適切に実施するため、6ヶ月毎に本委員会を開催しています(委員名簿は別紙1参照)。
2.議事概要
(1)航空安全をめぐる最近の動向及び航空安全の向上のための取組みについて、航空局より報告しました。
(2)平成26年度に航空運送事業者より報告された安全情報について、評価・分析を行いました。当該安全情報についてとりまとめを行い、その内容を「航空輸送の安全にかかわる情報(平成26年度)」として公表することとしました。本報告は以下のURLより入手可能です(概要は別紙2参照)。 http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000188.html
(3)次回第18回航空安全情報分析委員会は、平成27年度の上半期に報告された安全情報について評価・分析等を行うことを議題として、本年12月頃に開催することとしました。
添付資料
別紙1(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001097173.pdf
別紙2(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001097174.pdf

国土交通省航空局安全部 航空事業安全室 池田 ・ 中山
TEL:03-5253-8111 (内線50146 ・ 50160) 直通 03-5253-8097 FAX:03-5253-1661


//////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 航空 人為ミス パイロット不足 国土交通省 ヒューマンエラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン