2016-01-16(Sat)

スキーバス事故 各紙社説等(2)規制強化に盲点ないか

「安全」徹底されていたか 何度惨事を起こすのか  再発防止へ原因徹底究明を

<各紙社説>
北海道新聞)スキーバス事故 安全管理の徹底が必要(1/16)
河北新報)スキーバス転落/再発防止へ原因徹底究明を(1/16)
新潟日報)スキーバス大破 「安全」徹底されていたか(1/16)
信濃毎日新聞)長距離バス 何度惨事を起こすのか(1/16)
京都新聞)スキーバス事故  規制強化に盲点ないか(1/16)




以下引用



北海道新聞 2016/01/16 08:55
社説:スキーバス事故 安全管理の徹底が必要


 長野県軽井沢町の国道で15日未明、スキーツアー客を乗せたバスが道路脇に転落し、乗客乗員14人が死亡、26人がけがをした。この30年間で最悪のバス事故だ。
 原因はまだ分からない。現場は緩やかなカーブで、路面も凍結していなかったという。
 バスの運行会社は運転手の健康把握が不適切だったとして、13日に国土交通省から行政処分を受けたばかりだった。
 長野県警や東京労働局は本格的な調べに乗り出した。長距離バスの重大事故が相次いでいるだけに、徹底した原因究明を求めたい。
 東京・原宿から長野県北部に向かっていたバスは、対向車線のガードレールを突き破り、約3メートル下の崖で横転し、大破した。
 運転手は2人乗務しており、バス会社は「勤務体制に不備はなかった」としている。
 しかし、国交省による昨年2月の定期監査で、運転手が健康診断を受けていなかったことが判明。乗務前後の点呼記録がなく、新人運転手に必要な適性診断も受けさせていなかったことも分かった。
 また、行程表では関越、上越自動車道を走る予定だったのに、高速道路を使っていなかったなど、不可解な点もある。
 ツアーは激安、格安をうたっていた。安全性をしっかり確保した上での安さだったのか。関係機関は詳しく調べてほしい。
 国内では、2012年に群馬県の関越自動車道でツアーバスが防音壁に衝突して7人が死亡。14年にも富山県の北陸自動車道で、夜行バスがトラックに衝突して2人が死亡している。
 国は運転手の最大運転距離や乗務時間を制限するなど安全対策を強化したが、長距離バスの事故は後を絶たないのが実情だ。
 北海道でも夜間の長距離都市間バスがある。離れた観光地を周遊するため長距離を運行する観光バスも多い。安全対策をいま一度見直してほしい。
 また、外国人観光客の増加に伴い貸し切りバスの需要が増え、運転手不足も深刻化している。運転手の健康管理や勤務体制の負担軽減にも十分な配慮が必要だ。
 今回の事故はほとんどの乗客が就寝中で無防備だったため、頭部を損傷して死亡するケースが目立った。車外に投げ出され、バスの下敷きになった乗客もいた。
 シートベルトを着用していない人が多かったという乗客の話もある。自分の身は自分で守るという意識も大切だ。
ページのトップへ戻る



河北新報 2016年01月16日土曜日
社説:スキーバス転落/再発防止へ原因徹底究明を


 雪山でスキー、スノーボードに興じるはずだった若者たちのツアーが、一瞬にして痛ましい悲劇に変じた。きのう未明、長野県で起きたバス転落事故。ほとんどが大学生のスキー客で、乗客12人と運転手2人の計14人が亡くなり20人以上が重軽傷を負った。
 ここ30年、これほど多数が犠牲となったバス事故はない。何よりも重要な安全が、なぜ損なわれ、前途に満ちた若者たちの命が奪われなければならなかったのか。
 バスの運行会社は、運転手に健康診断を受けさせなかったなどとして、2日前に行政処分を受けていたという。
 残念ながら死亡した運転手に事情は聴けないものの、健康状態を含む会社の労務管理や運行管理はどうだったのか徹底的に調べ、事故原因を究明しなければならない。
 このような悲劇を二度と繰り返さないため、原因解明を踏まえて万全な安全対策を導き出す必要がある。
 ツアーは旅行会社「キースツアー」が企画し、バスは「イーエスピー」(いずれも東京)が運行。東京を出発し長野県北部に向かっていた。
 現場は群馬から長野に向かう県境付近の国道で、緩やかな左カーブの下り坂。バスは対向車線にはみ出し、ガードレールを突き破って約3メートル下の斜面に転落した。多くの人が車外に放り出されたという。睡眠中に「不意打ち」に遭った形で、シートベルトを締めていなかったとみられる。
 減速せずにカーブに突入したか、急ハンドルを切ったため車体の片側が浮き、対向車線にはみ出してガードレールに激突した可能性がある。
 両社は、運転手2人が乗車し2時間交代制で、運行管理に問題はなかったという。
 だが「激安」をうたい日帰りもあるツアーに、そもそも無理はなかったか。行程表では事故現場の国道を通らず有料の自動車道を行く予定なのに高速道を使わなかったのはなぜか。そんな疑問も湧く。
 バス運行会社は国土交通省の去年2月の定期監査で、運転手13人中10人に健康診断を受けさせていなかったことが発覚している。労務管理に厳しい目を向けざるを得ない。
 高速バスをめぐっては、2012年に関越自動車道で防音壁に衝突し乗客7人が死亡した事故が記憶に残る。この事故を機に、国交省は運転手1人の夜間走行距離を400キロに規制したのをはじめ、過労運転防止へ安全基準の厳しい制度に改めた経緯がある。
 だが、14年3月には富山県の北陸自動車道サービスエリアで夜行バスがトラックに衝突し2人が死亡。亡くなった宮城交通(仙台市)の運転手が当日まで連続11日間勤務していたことが分かっている。
 バス業界は、最近の訪日外国人客の増加も加わり需給が逼迫(ひっぱく)、賃金を含む待遇改善も進まず、運転手の高齢化や人材不足に陥っている。このため「過労運転」の危険を指摘する声は依然絶えない。
 今回の事故原因については関係当局の捜査、調査を待つほかない。このこととは別にバスの安全な運行の確保に向け、関係機関・団体は運転手の労働環境改善に知恵を絞らなければならない。
ページのトップへ戻る



新潟日報  2016/01/16 08:30
社説:スキーバス大破 「安全」徹底されていたか


 スキーツアーが暗転した。安全対策がどこまで尽くされていたかが問われよう。
 長野県軽井沢町の国道18号入山峠付近で15日未明、スキー客でほぼ満員のバスがセンターラインを越えてガードレールを突き破り、道路脇に転落、大破した。
 バスには10代~20代の若者ら乗客39人と運転手2人の計41人が乗車していたが、運転手2人を含む少なくとも14人が犠牲となり、20人以上が負傷した。
 シートベルトの着用が徹底されておらず、死傷者の多くは車外に放り出され、バスの下敷きになった人もいた。犠牲者の大半は即死に近い状態だったという。
 痛ましい事故と言うほかない。長野県警は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査に乗りだした。
 2012年に関越自動車道で防音壁に衝突し、乗客7人が死亡するなど、長距離を移動するバスの事故は後を絶たない。
 バスは行程表とは別のルートを通り、事故を起こした。なぜ、また悲劇が繰り返されたのか。原因を早急に究明してもらいたい。
 ツアーは東京都内の旅行会社「キースツアー」が企画し、同じく都内の「イーエスピー」が運行していた。14日夜に東京・原宿を出発し、長野県北部のスキー場に向かう予定だった。
 乗客の証言によると、体が持って行かれそうなほどの大きな揺れに突然襲われ、ガタガタと音がした後、気付くと車外に放り出されていたという。
 現場付近は緩やかな左カーブの下り坂で、積雪はなく、路面も凍結していなかった。目立ったブレーキ痕もなかったことから、居眠りなど、運転手に何らかの異常が起きた可能性がある。
 バスは、天井部分が座席との隙間がないほどひしゃげており、かなりの速度で走行していたことがうかがえる。
 キースツアーは「激安&格安」をうたい、長野のほか本県や群馬県へのスキーやスノーボードのツアーを企画していた。運行管理上の問題はなかったとしている。
 ただ、運行会社のイーエスピーは、運転手13人のうち10人に健康診断を受けさせていなかったなどとして、国土交通省から行政処分を受けていた。事故の2日前だ。
 訪日外国人の急増などでバス需給はひっ迫し、運転手の人手不足や高齢化に加え、過労運転が常態化しているとの指摘がある。
 運転手の男性2人は57歳と65歳で、2時間交代制だったという。健康状態に問題はなかったか、勤務状況に無理はなかったか、調べを急ぎたい。
 長距離バスだけではない。都内では先日、観光バスの炎上や、路線バスがアパートに突っ込む事故が相次いで起きた。
 安全管理の実態がどうなっているか、調査を進める必要があるのではないか。
 暖冬でスキーシーズンは始まったばかりだ。ツアーの需要は今後、増えることが予想される。
 安全の確保が第一であることを、あらためて肝に銘じたい。
ページのトップへ戻る



信濃毎日新聞 (2016年1月16日)
社説:長距離バス 何度惨事を起こすのか


 軽井沢町の国道18号碓氷バイパスできのう未明、乗客39人、乗員2人のバスが崖下に転落する事故が起きた。北志賀高原などでスキーを楽しむはずだった多数の若者たちが死傷する惨事になった。
 まどろんでいた乗客が突然大きな揺れに襲われ、車内外に投げ出された。大破したバスの下敷きになった人もいる。その恐怖は計り知れない。あまりに痛ましい。
 現場は峠を下る緩やかな左カーブだ。積雪や凍結はなかったという。かなりスピードが出ていたという乗客の証言があるが、交代要員を含め運転手が亡くなったため原因は分かっていない。
 県警と、1年半前に発足した事業用自動車事故調査委員会が調べている。遠因を含めて解明し、再発防止策を早急に講じなければならない。
 長距離バスの大事故は繰り返されている。
 スキーバスの惨事で思い起こされるのは、1985年1月に長野市信更町の急カーブで犀川に転落した事故だ。日本福祉大生ら25人が冷たい水の中で亡くなった。
 運転手の過密労働や運行会社の安全管理の甘さが問題になり、業界の是正が進んだはずだった。
 しかし、歳月の流れとともに教訓は風化し、運転手の過労が原因とみられる重大事故が続く。
 最近では2012年4月、群馬県藤岡市の関越道で夜行の高速ツアーバスが防音壁に衝突し、7人が死亡、38人が重軽傷を負った。運転手は過労で居眠りをしたと証言。国土交通省は運転手1人の夜間運行距離を670キロから400キロに縮めるなど規制を強化した。
 今回の事故を起こしたバスの運行会社は、運転手13人中10人に健康診断を受けさせなかったり、乗務前後に点呼をした記録がなかったりして行政処分を受けたばかりだった。安全管理がおろそかにされた姿がまた浮かんでいる。
 バス業界の構造的な問題にも目を向ける必要がある。
 利用者の減少でバス会社の経営は厳しい。運転手の賃金は抑えられ、年間所得は12年の調査で全産業平均を100万円近く下回る。なり手が慢性的に不足し、全産業平均を年間360時間も上回る長時間労働につながっている。今回の事故で深夜の長距離運転に65歳の運転手を充てていたことも担い手不足の実情がにじむ。
 「激安&格安」。今回のツアーを企画した旅行会社のうたい文句だ。その裏にある労働実態を見直す機会にもしなければならない。
ページのトップへ戻る



[京都新聞 2016年01月16日掲載]
社説:スキーバス事故  規制強化に盲点ないか


 週末をスキー場で過ごそうと、信州に向かっていた大型バスが長野県軽井沢町の国道18号から転落して大破して、一瞬にして14人の命が奪われた。バス事故としては近年で最悪の痛ましい事故だ。
 暖冬のため雪不足だった信州のスキー場は年明けから降雪が続き、バスはスキー客39人で満席だった。10~20代の乗客二十数人も重軽傷を負った。
 これまでの捜査では、バスは前夜に東京都内を出発し、長野県北部のスキー場に向かっていた。現場の国道はバスの進行方向から左に緩いカーブが終わりかけた地点で、バスは反対車線に飛び出し、ガードレールを突き破って国道わきの斜面で横転した。ブレーキを踏んだ目立った痕はなかった。積雪はなく、路面凍結はなかった。
 深夜に運行するバスの事故としては、4年前の群馬県の関越自動車道の事故が記憶に新しい。大阪府内の旅行会社が募集した東京ディズニーリゾートや東京都内行きの高速ツアーバスが運転手の居眠りが原因で防音壁に衝突して7人が死亡した。
 この事故では、規制緩和によって急増した高速バスツアーの運行管理や安全確保の問題点が浮き彫りになった。格安を売り物に旅行会社が貸し切りバス会社からバスをチャーターして運行し、業者間の名義貸しも横行していた。
 従来の高速路線バスとは違い、事前に路線の認可を受け、運行計画を届ける必要はなく、柔軟な経路選択やダイヤ編成で人気を集めた。ツアーを扱う業者が倍増し、年間利用客は600万人に達し、10年間で30倍近くにも増えた。
 事故の教訓から、国土交通省は高速ツアーバスを「新高速乗合バス」に仕組みを一本化し、旅行会社などの事業者が安全を確保し、利用者保護を一元的に担う制度にした。過労による居眠り運転を防ぐため、1日当たりの走行距離の上限を夜間は670キロから400キロに引き下げ、これを上回る場合は運転手の交代を義務付けた。
 事故原因の究明が急がれる。バス旅行は宿泊費が省け、深夜に走行して朝に目的地に到着できるために根強い人気がある。学生の就職活動のほか、これからの受験シーズンに使う若者が多い。来日する外国人旅行客が利用するケースも増えることが考えられる。
 国交省には、事業者の規制強化策に盲点がないか再点検を求めたい。事故をなくすには、事業者が乗客の安全を最優先する企業風土を築くことがなにより重要だ。
ページのトップへ戻る

//////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : スキーバス事故 規制 国土交通省 安全管理 再発防止

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン