2016-02-19(Fri)

甘利わいろ授受疑惑 URの巨額補償に疑問

敷地に産廃 建物移転は不可能 「自ら補償を提案」「産廃の埋設認識」
補償交渉 ゼロ回答から2億2000万円に 業者側「仲介で進展」


----この補償ではS興業の敷地内で建物を移転させる費用として、2013年8月に2億2千万円の支払い契約が結ばれました。しかし現地に産業廃棄物が埋まっていることから千葉県の廃棄物指導課から指導が入り、再配置は不可能となりました。
 
----辰巳氏はこの経緯を指摘しながら「URは産廃が埋設されていることを契約当時から知っていたのでは」と質問。
URは「平成4(1992)年ごろ、当地と周辺の土質調査をした頃には知っていた」と答えました。
 
「ではなぜ補償したのか」と続けて尋ねた辰巳氏にURは「S興業が敷地内での移転を望んだ」と述べ、
再配置ができないことについては「千葉県企業庁から情報がなかった」などと弁明しました。
 
辰巳氏は「再配置ができないことを知りながらUR側から補償を提案し、通常ありえない補償金支払契約を結んだ。甘利氏事務所が介在していたからだとしか考えられない」と指摘。
「全容解明のために証人喚問を求める」と述べました。
(しんぶん赤)

----甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題で、民主党の調査特命チームは18日、千葉ニュータウン開発に伴う県道工事をめぐり、建設会社と補償交渉をしていた都市再生機構(UR)の担当者に対し、甘利氏の元政策秘書がURの理事に取り次ぐよう迫っていたと指摘した。

会話の一部を録音した音声データを基に民主党が作成したという記録を公表。計約50秒分の音声データも公開した。
(共同通信)


----甘利明前経済再生担当相の現金授受問題で、甘利氏側に現金などを渡した千葉県白井市の建設会社の元総務担当者、一色武氏(62)が本紙の取材に、都市再生機構(UR)との移転補償交渉について甘利氏の当時の秘書に仲介を依頼後、当初はゼロ回答だったURとの交渉が進展し、最終的に移転補償金が二億二千万円で契約がまとまったと証言した。

民主党が十五日に公開した音声データとメモは、この後の交渉経緯とされるが、甘利氏の言い分とは大きく食い違っている。
(東京新聞)




以下引用

しんぶん赤旗 2016年2月19日(金)
「自ら補償を提案」「産廃の埋設認識」
辰巳氏が追及 URが認める 甘利氏側の口利き受け便宜か
 甘利明前経済再生相の金銭授受疑惑で18日、日本共産党の辰巳孝太郎参院議員は決算委員会で、甘利氏側の口利きを受けた都市再生機構(UR)が、千葉県内の建設会社S興業側への補償を自ら同社に提案していたことを追及しました。UR側は事実関係を認めました。辰巳氏は甘利氏の疑惑はさらに深まったとして、同氏と関係者の証人喚問を改めて求めました。
 この問題では千葉ニュータウン整備に伴う県道工事に絡む補償問題について、道路用地に隣接する敷地で操業していたS興業側が甘利氏側に口利きを依頼。URから補償金を受けたS興業側から、甘利氏や当時の秘書が現金などの供与を受けていました。
 辰巳氏はS興業が甘利氏側の助言でURに送った内容証明に、URが回答書で補償をいったん断りながら「別途、提案がある」として新たな補償を持ちかけていたことを指摘。UR側は事実を認め、「補償交渉を促進する必要があったため提示した」などと説明しました。
 この補償ではS興業の敷地内で建物を移転させる費用として、2013年8月に2億2千万円の支払い契約が結ばれました。しかし現地に産業廃棄物が埋まっていることから千葉県の廃棄物指導課から指導が入り、再配置は不可能となりました。
 辰巳氏はこの経緯を指摘しながら「URは産廃が埋設されていることを契約当時から知っていたのでは」と質問。URは「平成4(1992)年ごろ、当地と周辺の土質調査をした頃には知っていた」と答えました。
 「ではなぜ補償したのか」と続けて尋ねた辰巳氏にURは「S興業が敷地内での移転を望んだ」と述べ、再配置ができないことについては「千葉県企業庁から情報がなかった」などと弁明しました。
 辰巳氏は「再配置ができないことを知りながらUR側から補償を提案し、通常ありえない補償金支払契約を結んだ。甘利氏事務所が介在していたからだとしか考えられない」と指摘。「全容解明のために証人喚問を求める」と述べました。

(拡大図はこちら)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-19/2016021915_01_1c.jpg


しんぶん赤旗 2016年2月18日(木)
URの巨額補償に疑問 敷地に産廃 建物移転は不可能
甘利氏疑惑 原資には税金
 甘利明前経済再生相の閣僚辞任につながった金銭授受疑惑。同氏側から口利きを受けた都市再生機構(UR)が千葉県の建設会社S興業の敷地に産業廃棄物が埋まっているのを把握しながら、同社と敷地内での建物移転補償の名目で2億2千万円の支払い契約を結んでいたことが17日までにわかりました。その原資には税金が含まれます。 (「政治とカネ」取材班)
 産廃がある土地には新たな建物を建てられないため、URは実行できない移転の費用を払ったことになります。UR元職員は「甘利氏という政権中枢にいた人物の口利きがなければ、こんな補償は実現しなかったはずだ」と指摘します。
 URからS興業への2億2千万円の支払い契約は2013年8月に締結されました。原資はニュータウン開発に伴う県道の整備費で、県によると2分の1は国の補助金、3分の1は県費、6分の1がURの資金。URも本紙の取材に、補償金に税金が含まれることを認めました。
指導でとん挫
 しかしその後、県廃棄物指導課から「産廃があるため建物建築は認められない」との指導が入り、移転はとん挫。URが公開した甘利氏の秘書(当時)との面談記録にも、この件について言及があります。
 UR側は産廃の存在を認識していました。本紙が入手した千葉県企業庁とURが07年に交わしたこの道路整備に関する確認文書には、道路予定地と周囲の「廃棄物の処理」が業務として明記されています。12日に日本共産党の辰巳孝太郎参院議員、斉藤和子衆院議員らが現地調査をした際も、URの担当者は「S興業の敷地にも産廃があることは知っていた」と回答。県の指導で移転ができなかったことについては「補償契約の締結後に生じた事態だ」と説明しました。
 URからS興業への補償は、12年から15年にかけて(1)道路用地上の物件移転補償1600万円(2)道路用地周囲の物件移転補償2億2千万円(本件)(3)移転しなかった建物への工事による損害補償5100万円―がすでに支払われたとされます。
「極めて異例」
 さらに産廃の撤去費用などについて第4、第5の補償が交渉中でした。民主党は甘利氏の秘書がS興業側に「20億円…言葉にしてほしい」と要求額を提案していた会話の録音を公開しました。
 UR元職員は「補償は一回でまとめるのが基本。一業者に対して次から次へと補償を重ねるのは極めて異例だ。甘利氏という重要人物の側から口利きがあったからこそ、こういう支払いが行われたとしか思えない」と話しています。


日テレ24 [ 2/18 22:56 NEWS24]
甘利氏元秘書とUR担当者の音声データ公開
(東京都)
 甘利前経済再生担当相が建設業者からの金銭授受を巡り辞任した問題で、民主党は18日、甘利氏の元秘書とUR(=都市再生機構)の担当者の会話を録音したとする音声データを公開した。  民主党は音声データについて、元秘書がUR側に幹部を呼んで建設業者から話を聞くよう求めるなど元秘書が道路工事を巡るURと建設業者の補償交渉に関与した証拠だとしている。  甘利氏の秘書とされる人物「千葉のURの理事かなんかあるよね」  URの担当者とされる人物「ありますね。いますいます、はい」  甘利氏の秘書とされる人物「あのへん出してもらって、ちょっとその現状を会社としてどのように把握しているのかというのを話、聞いていただいて。そういうのは可能ですかね」  民主党は「口利きの疑いがさらに濃厚になった」として今後も追及していく考え。

NHK 2月18日 21時25分
民主 「甘利氏事務所が深く関与」新たな音声データ公開
民主党は、甘利前経済再生担当大臣を巡る問題で、千葉県の建設会社との補償交渉に関連して、甘利氏の元秘書2人と建設会社の担当者らとのやり取りを記録したとする音声データを新たに公開し、甘利氏の事務所が交渉に深く関与していたことを示すものだとして、追及していく方針です。
民主党は、甘利前経済再生担当大臣を巡る問題で、千葉県の建設会社との補償交渉に関連して、去年10月に甘利氏の元秘書2人と建設会社の担当者、それにUR=都市再生機構の担当者の4人が面会した際のやり取りを記録したとする音声データを、新たに公開しました。これについて、民主党は、やり取りの中で県道工事を巡る補償交渉の状況などについて話し合いが行われていて、甘利氏の事務所が交渉に深く関与していたことを示すものだとしています。
民主党は、16日公開した音声データで、元秘書の1人が、交渉が成功した場合の見返りに建設会社側に高級車を要求していたことも明らかになったと主張していて、今後の国会審議で厳しく追及していく方針です。
一方、甘利氏の事務所は「録音は確認できていないので回答できない。現在、弁護士に依頼して事実関係を精査しているところで、URに対する東京地検の捜査が始まったとの報道もあるため、捜査に支障がないよう今後の対応を検討したい」としています。


(共同)[2016年2月18日21時24分]
甘利氏の金銭問題約50秒の音声データを公開
 甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題で、民主党の調査特命チームは18日、千葉ニュータウン開発に伴う県道工事をめぐり、建設会社と補償交渉をしていた都市再生機構(UR)の担当者に対し、甘利氏の元政策秘書がURの理事に取り次ぐよう迫っていたと指摘した。会話の一部を録音した音声データを基に民主党が作成したという記録を公表。計約50秒分の音声データも公開した。
 民主党は「甘利事務所による明確な圧力があったことを示し、秘書は補償交渉に関与していないとした甘利氏の説明はつじつまが合わない」としている。同党による音声データ公開は3回目で、甘利氏側とUR職員とのやりとりを含んだものは初。URがこれまで明らかにした甘利氏側との面会記録にもこの日付が含まれていたが、公表部分に今回の音声データに該当する内容はなかった。
 民主党によると、音声データは千葉県の建設会社の総務担当、一色武氏(62)から入手した。昨年10月5日に神奈川県大和市にある甘利氏の地元事務所で、一色氏、甘利氏の当時の政策秘書、公設秘書、URの担当者の計4人で面会。県道予定地から出てきた産業廃棄物の撤去や、工事に伴う建設会社への補償を話題としている。
 公開された音声データや記録によると、元政策秘書が補償についてUR役員の話を聞いてみたいと述べ「理事かなんかあるよね」と尋ねると、UR側が「います」と回答。さらにこの秘書は「話聞いていただいて。そういうのは可能ですかね」「要は決裁権がないと」などと話している。
 URの担当者は「ニュータウン事業は副理事長が担当しているが、本日の(公開)内容は現時点で把握していない」とコメントした。甘利氏の事務所は「録音について確認できていないので回答できない。現在、弁護士に依頼して事実関係を精査中だ」と述べた。

2016.02.18 18:25 時事通信社
URと業者の交渉仲介か=甘利氏元秘書の音声公開―民主[時事]
 民主党は18日、甘利明前経済再生担当相の口利き疑惑に関し、甘利氏の元秘書と都市再生機構(UR)国会担当者のやりとりを記録したとする音声データを新たに公表した。道路工事をめぐるURと建設業者の補償交渉を仲介していると受け取れる内容で、同党は「口利きの疑いがさらに濃厚になった」として追及を強める方針だ。
 民主党によると、音声は2015年10月5日、甘利氏の地元事務所で交わされた会話。元秘書が「URの理事かなんかあるよね。あの辺を出してもらって、話を聞いていただいて、とか。そういうのは可能ですかね」と、UR幹部と業者の面会を求めている。 
[時事通信社]


毎日新聞2016年2月18日 20時08分(最終更新 2月18日 21時33分)
甘利氏問題
UR面談記録公表 民主「口利きの疑い濃厚」
「元秘書が事実上、建設会社の事情を代弁」
 甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題を巡り、甘利氏の当時の秘書(先月辞任)が昨年10月5日、千葉県の建設会社との道路工事の補償交渉を担当していた都市再生機構(UR)の職員と面会した際、「御社役員の方とお話をしたい」などと述べたとする会話の記録を、民主党が18日に公表した。同党は「秘書が事実上、建設会社の事情を代弁している。口利きの疑いが極めて濃厚」などと指摘している。
 会話の記録は、同席していた建設会社の当時の総務担当者、一色武氏(62)から提供された音声データに基づくものとされ、神奈川県大和市の地元事務所で録音されたとしている。
 それによると、秘書は「(千葉のURの理事など)あのへん出してもらって、現状をどのように把握しているのか、話を聞いていただいて」などと発言した。また、追加補償に言及したとみられる場面で、秘書が「私、前向きだと思ったんだけれども」と述べると、UR側が「後ろか前かで言ったら、前の方だと」と発言。秘書は「前だよね」と念を押したとしている。
 民主党の指摘に、UR側は「そういった話をうかがった職員から『圧力というイメージはなかった』と聞いている」と従来通りの見解を示した。【樋岡徹也】


東京新聞 2016年2月16日 朝刊
補償交渉 ゼロ回答から2億2000万円に 業者側「仲介で進展」

音声を公開する安倍内閣口利き疑惑追及チームの民主党議員ら=15日午後、国会で

 甘利明前経済再生担当相の現金授受問題で、甘利氏側に現金などを渡した千葉県白井市の建設会社の元総務担当者、一色武氏(62)が本紙の取材に、都市再生機構(UR)との移転補償交渉について甘利氏の当時の秘書に仲介を依頼後、当初はゼロ回答だったURとの交渉が進展し、最終的に移転補償金が二億二千万円で契約がまとまったと証言した。民主党が十五日に公開した音声データとメモは、この後の交渉経緯とされるが、甘利氏の言い分とは大きく食い違っている。
 この建設会社は、千葉ニュータウン開発に伴う県道工事をめぐり、URとトラブルとなっていた。一色氏によると、UR側は当初「『一切、問答無用』という言い方。関係ないというような顔」で、補償金を出すつもりがない様子だったという。
 一色氏は二〇一三年五月に秘書に相談し、秘書から提案された通りにURに内容証明郵便を送った。六月には秘書がUR本社に出向き、状況を確認。その後、交渉が順調に進み、URが一億八千万円を提示し、最終的には二億二千万円に増額されたという。
 一色氏は、甘利事務所の介入が補償交渉に影響したとみており、その謝礼として秘書に同年八月二十日に五百万円を提供し、「謝礼の趣旨だとはっきり伝えた」と主張している。
 一方、URは本紙の取材に「補償金は各種基準に基づき適正に算定しており、甘利事務所とのやりとりによって影響を受けたことはない」と回答。ただ、補償交渉の内容は情報公開制度の運用上、答えられないとするにとどまった。
 URと建設会社の間では、二億円以上の移転補償金が支払われた後も別の補償交渉が継続している。道路予定地に不法投棄された産業廃棄物をURが費用負担して撤去を始めたことに関し、隣接地を借りていた建設会社が追加補償を求め、交渉は難航している。

 一色氏から相談を受けた秘書は一五年七月以降、十一回にわたってUR職員と面談。同年十月にはURから補償金の提示額を聞き出し「少しイロを付けてでも地区外に出ていってもらう方が良いのではないか」と発言していた。
 民主党が公開した同年十一月二日の音声データは、この間の交渉をめぐるやりとりの一部とみられる。
 秘書がURとの金額交渉に関わったとされる疑惑について、甘利氏は一月二十八日の大臣辞任会見で「金額交渉等に介入したことはない」と説明していた。
 甘利氏の事務所は「現在、弁護士に依頼して事実関係を精査している。捜査に支障がないよう今後の対応を検討したい」と回答している。
<URと建設会社のトラブル> 甘利明前経済再生担当相側に現金を渡した千葉県白井市の建設会社と都市再生機構(UR)との間で起きた千葉ニュータウン開発に伴う県道工事をめぐるトラブル。県によると、2007年ごろ、予定地に資材を置いていた建設会社に撤去を要請したが、話し合いは難航。県と事業を進めてきたURが、補償費として12年5月に約1600万円、13年8月に約2億2000万円を支払う契約をした。これとは別に、予定地に不法投棄された産業廃棄物の撤去をURが始めた際、隣接地を借りていたこの建設会社が「建物が損傷した」などと追加補償を求めている。

/////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 甘利 わいろ 授受 疑惑 UR 補償

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン