2016-03-01(Tue)

西武園コースター事故 金属疲労が原因 

経年劣化で部品折れロック解除 国交省報告書

----埼玉県所沢市の西武園ゆうえんちで2012年9月、女性客を乗せたジェットコースター「ループ・スクリューコースター」の安全バーのロックが走行中に外れた事故で、国土交通省の社会資本整備審議会は29日、経年劣化で部品が破断したことが原因とする調査報告書を公表した。
 
安全バーは設置以降26年間使われ、運転回数は100万回を超えていた。
報告書は国交省に対し、劣化に留意した保守点検を遊戯施設に徹底させるよう求めた。
 
報告書によると、12年9月30日午後1時20分ごろ、最高時速79キロのジェットコースターで、垂直回転部分を過ぎたころに安全バーのロックが外れた。
【共同通信 2016年 02月 29日】

埼玉県所沢市内コースター事故調査報告書(概要)(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001120676.pdf
埼玉県所沢市内コースター事故調査報告書(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001120677.pdf






以下引用


遊戯施設に係る事故調査報告書の公表について
平成28年2月29日
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000610.html
 この度、社会資本整備審議会昇降機等事故調査部会(部会長:藤田聡東京電機大学教授)
において下記の事故調査報告書がとりまとめられ、同審議会の議決を経ましたので公表いたします。
               記
・「埼玉県所沢市内コースター事故調査報告書」
 事故発生日:平成24年9月30日
添付資料
埼玉県所沢市内コースター事故調査報告書(概要)(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001120676.pdf
埼玉県所沢市内コースター事故調査報告書(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001120677.pdf

国土交通省住宅局建築指導課昇降機等事故調査室室長 安藤
TEL:03-5253-8111 (内線39571) 直通 03-5253-8951
国土交通省住宅局建築指導課昇降機等事故調査室課長補佐 清水
TEL:03-5253-8111 (内線39573) 直通 03-5253-8951

************************************************

朝日新聞 2016年2月29日13時16分
コースター事故金属疲労が原因 西武園ゆうえんち
安全バーが外れたループ・スクリューコースター=国土交通省提供
 西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)で2012年9月、走行中のジェットコースター「ループ・スクリューコースター」の安全バーのロックが外れた事故で、国土交通省は29日、調査報告書を発表した。バーを固定する油圧装置の部品が26年間交換されず、運転が100万回を超えて金属疲労で破断したと結論づけた。
 当時、ロックが外れた座席には女性(16)が乗っていたが、けがはなかった。報告書によると、コースターは6両編成24人乗りで、最高時速は79キロ。コースの全長は876メートルで宙返りや急降下があり、ロックが外れた約380メートル地点は宙返りの後だったという。事故を受け、同園はコースターの運転を取りやめている。


日本経済新聞)2016/2/29 11:54
経年劣化で部品破断 西武園コースター事故、国交省報告書
 2012年9月に西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)のジェットコースターで安全バーのロックが走行中に外れた事故で、国土交通省の昇降機等事故調査部会は29日、経年劣化で部品が破断したことが原因とする調査報告書を公表した。
 破断した部品は設置から26年間交換されていなかった。報告書は点検を徹底していれば破断は防げたと指摘。国交省に対し、劣化に留意した保守点検を遊戯施設に徹底させるよう求めた。
 報告書によると、事故は12年9月30日午後1時20分ごろに発生。西武園ゆうえんちのジェットコースター「ループ・スクリューコースター」に乗っていた女性の安全バーのロックが外れた。
 安全バーはU字形で、着席した乗客が頭上から体の前に下ろせば油圧でロックがかかり、肩や腹部が固定される仕組み。ロックが外れても安全バーは下がったままだったため、女性にけがはなかった。
 バーのロックの部品は年1回分解して点検していたが、破断した箇所は分解が困難だったため、劣化を見抜けなかったという。報告書は、安全のためロックの二重化も必要だと指摘している。
 コースターは全長876メートル、最高速度は時速約80キロ、高さの最高は28メートル。現在は休止中で再開予定はないという。


読売新聞 2016年02月29日 12時44分
西武園ゆうえんち事故、26年間部品交換せず
 埼玉県所沢市の「西武園ゆうえんち」のジェットコースターで2012年9月、走行中に女性客の安全バーのロックが解除された事故で、国土交通省の昇降機等事故調査部会は29日、ロックに使われる油圧装置の部品が破断し、部品は26年間交換されていなかったとする報告書を公表した。
 事故が起きたのはジェットコースター「ループ・スクリューコースター」(定員24人、全長876メートル)で、女性客の座席でU字形の安全バーのロックが外れた。女性客にけがはなく他の座席に異常はなかった。
 調査によると、安全バーを固定する油圧シリンダー内の部品が折れていた。部品はコースターが設置された1986年以来、交換した記録がなく、運転回数は100万回を超えていた。同部会は疲労破壊が原因とみて、経年劣化に配慮した保守点検を行わせるよう国交省に求めた。


東京新聞 2016年2月29日 夕刊
西武園コースター、部品破断が事故原因 12年、経年劣化で
安全バーのロックが外れる事故を起こした西武園ゆうえんちのジェットコースター
 埼玉県所沢市の西武園ゆうえんちで二〇一二年九月、女性客を乗せたジェットコースター「ループ・スクリューコースター」の安全バーのロックが走行中に外れた事故で、国土交通省の社会資本整備審議会は二十九日、経年劣化で部品が破断したことが原因とする調査報告書を公表した。
 安全バーは設置以降二十六年間使われ、運転回数は百万回を超えていた。報告書は国交省に対し、劣化に留意した保守点検を遊戯施設に徹底させるよう求めた。
 報告書によると、一二年九月三十日午後一時二十分ごろ、全長八百七十六メートル、最高時速七十九キロのジェットコースターで、垂直回転部分を過ぎたころに安全バーのロックが外れた。
 安全バーはU字形で、着席した乗客が頭上から体の前に下ろせば油圧でロックがかかり、肩や腹部が固定される仕組み。ロックが外れてもバーは下がったままだったため、女性にけがはなかった。
 安全バーは年に一回、分解点検していたが、破断したのは分解できない部分で、劣化を見抜けなかったという。コースターは事故後に運転を休止、再開予定はないという。

//////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 西武園 コースター事故 金属疲労

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン