2016-04-03(Sun)

公共事業 16年度予算前倒し執行 景気回復へテコ入れ

上半期で8割 インフラの老朽化対策や三大都市圏の環状道路整備など対象

-----財務省は1日、2016年度予算公共事業などを4月から9月末までの半年間で8割執行する数値目標を固めた。一般会計や特別会計をあわせた12兆円程度の事業が対象だ。例年なら上半期で7割程度の執行となるが、今回目標とする8割が達成されれば過去最高水準のペースとなる。回復の鈍い景気をてこ入れする。
 安倍晋三首相は予算が成立した3月29日に麻生太郎財務相に予算を早期執行するよう指示していた。麻生財務相は来週の閣議で数値目標を公表し、関係閣僚に協力を求める。
 前倒しする16年度予算公共事業には、15年9月の関東・東北豪雨といった局地的な災害を受けた地方自治体向けの防災・安全交付金(1兆1002億円)などがある。インフラの老朽化対策や三大都市圏の環状道路整備などを通じた物流網の強化も対象となる見通しだ。
(日本経済新聞)

国土交通省の直轄、独法等各発注機関あて通達>
平成28年度国土交通省所管事業の執行について 平成28年4月1日 国土交通事務次官
http://www.mlit.go.jp/common/001126409.pdf
1.公共事業等の施行方針
(1)平成28年度の所管事業の執行に当たっては、可能なものから前倒し実施するなど、早期かつ円滑な執行を図ること。
また、東日本大震災の被災地域の復旧・復興事業については一日も早い復旧・復興を図るため積極的に事業を推進すること。
なお、地方公共団体や関係機関においても同様に早期の執行が図られるよう努めること。
(2)予算の執行に対して国民の厳しい目が向けられている中、節減合理化等の効率的な執行に努めること。
また、より計画的な事業執行に努め、年度末に不要不急の予算執行が行われることがないよう徹底すること。
併せて、随意契約の見直しなど予算執行に係るチェックをさらに強化するとともに、調達を含め予算執行に関する情報開示を徹底すること。
(3)地域の活性化に資する事業について、その着実な実施に努めること。 以下略




以下引用


平成28年度国土交通省所管事業の執行に関する通達について
平成28年4月1日
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo05_hh_000133.html
 本日、国土交通事務次官通達「平成28年度国土交通省所管事業の執行に
ついて」を別添のとおり、発出しましたのでお知らせします。
<主な内容>
1.公共事業等の施行方針
2.入札・契約業務の厳正な執行と建設産業の健全な発展
3.中小建設業者等の受注機会の確保等
4.安全対策・環境施策の推進
添付資料
平成28年度国土交通省所管事業の執行に関する通達について(PDF形式)
http://www.mlit.go.jp/common/001126409.pdf

国土交通省大臣官房会計課 公共事業予算執行管理室課長補佐 城石
TEL:(03)5253-8111 (内線21812)
国土交通省大臣官房会計課 公共事業予算執行管理室管理係 杉本
TEL:(03)5253-8111 (内線21813)

*********************************

日本経済新聞 電子版 2016/4/2 2:00
16年度予算執行、上半期で8割 景気回復へテコ入れ
 財務省は1日、2016年度予算公共事業などを4月から9月末までの半年間で8割執行する数値目標を固めた。一般会計や特別会計をあわせた12兆円程度の事業が対象だ。例年なら上半期で7割程度の執行となるが、今回目標とする8割が達成されれば過去最高水準のペースとなる。回復の鈍い景気をてこ入れする。
 安倍晋三首相は予算が成立した3月29日に麻生太郎財務相に予算を早期執行するよう指示していた。麻生財務相は来週の閣議で数値目標を公表し、関係閣僚に協力を求める。
 前倒しする16年度予算公共事業には、15年9月の関東・東北豪雨といった局地的な災害を受けた地方自治体向けの防災・安全交付金(1兆1002億円)などがある。インフラの老朽化対策や三大都市圏の環状道路整備などを通じた物流網の強化も対象となる見通しだ。
 政府は5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて経済対策を取りまとめる方向で検討している。前倒し執行は秋の補正予算案に向けた布石となる。予算の執行を早めていくと10月以降に回す予算が少なくなり、追加的な予算面の手当を求める声が高まるからだ。
 政府は5月18日に公表される1~3月期の国内総生産(GDP)速報値やサミットの成果などを踏まえ、経済対策の規模を詰める方針だ。

(共同)2016年4月2日 04時30分
公共事業9月末に8割契約 予算執行前倒し、景気底上げ狙う
 政府が2016年度予算のうち公共事業を中心とする12兆1千億円について、今年9月末までに8割の契約を済ませる執行前倒し目標を固めたことが1日、分かった。明確な数字を示して即効性の高い事業を急ぐことで、停滞する景気の底上げを目指す。麻生太郎財務相が5日に発表する。
 上半期の契約率8割という目標は、リーマン・ショック後の世界不況に対応した09年度当初予算の執行目標と同じ高水準になる。
 前倒しする主な事業は、道路、港湾などのほか、東日本大震災の復興事業。一般会計約96兆7千億円のうち7兆7千億円が対象。

////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 公共事業 16年度予算 前倒し執行 景気回復 インフラの老朽化対策 三大都市圏環状道路 国土交通省

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン