2016-04-17(Sun)

熊本地震 M7・3「本震」 社説等(1) 

16日未明 阪神・淡路大震災匹敵  14日地震は「前震」 九州地方地震 大分にも拡大

----熊本県を中心に14日夜から続く地震活動が新たな段階に入り、震源と被災地域が拡大した。
 16日未明、熊本地方を震源とするマグニチュード(M)7・3の地震が発生し震度6強の揺れが観測された。
 平成7年の阪神大震災と同規模の直下型地震である。気象庁はこの地震が一連の熊本地震の「本震」であり、14日夜に最大震度7を観測した地震(M6・5)は「前震」だとする見解を示した。
 本震の発生後、地震活動は熊本地方から北東側の阿蘇地方、さらに大分県に拡大し、震度6級を含む強い余震が続発した。地震活動との関連性は不明だが、阿蘇山でも小規模噴火が起きた。
(産経新聞)

<各紙社説・主張>
朝日新聞)九州の地震 拡大に最大の警戒を(4/17)
読売新聞)熊本地震拡大 総力戦で広域被害に対処せよ(4/17)
毎日新聞)熊本の被害拡大 容赦なき大自然の脅威(4/17)
産経新聞)熊本地震 自然災害は不測をはらむ(4/17)
東京新聞)熊本連続地震 防災力を高める情報を(4/17)
しんぶん赤旗)九州地方地震災害 拡大に備えて最大限の対策を(4/17)




以下引用



朝日新聞 2016年4月17日(日)付
九州の地震 拡大に最大の警戒を


 震度7が「前触れ」に過ぎなかったとは。容赦ない自然の猛威に改めて驚くほかない。
 きのう未明、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード(M)7・3の地震が起きた。1995年の阪神・淡路大震災に匹敵する規模だ。
 14日に同県益城町(ましきまち)で最大震度を記録した地震は「前震」で、きのうが「本震」だった。災害がどんな時差や周期で襲ってくるかは人知を超える。機敏に命を守る行動をとることの大切さを再確認したい。
 その後も続く地震は、震源が大分県にも広がり、被害は拡大している。交通・通信の途絶に停電、天候も悪条件になるが、各地の捜索や救出活動を急ぎ、一人でも多く救い出されるよう祈らずにはいられない。
 被災地では地震の揺れに加えて、土砂崩れや土石流など複合災害の危険が増している。行政には早めの避難呼びかけなど、万全の対応を求めたい。
 震度7の地震後に余震が続いた2004年の新潟県中越地震では、死者68人のうち、揺れによる死亡は4分の1だった。そのほかは、水分不足で狭い車中泊を続けるなどして血管が詰まった肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)や、避難所で体調を崩した震災関連死だった。
 被災者にはけがの手当てだけでなく、適切な睡眠や食事、心理ケアも含めた全身の体調管理が重要だ。避難所などでは十分に注意してほしい。
 国の地震調査委員会によると、14日の震度7の地震は日奈久(ひなぐ)断層帯で起きた。
 だが、きのうの本震は、ほど近い布田川(ふたがわ)断層帯で起きたように見える。さらにその後の阿蘇や大分県の地震は同断層帯の延長線上で起きているようだ。
 余震が続いているというよりも、本震が違う断層に影響を及ぼし、新たな地震が相次いでいるとも解釈できる状況だ。
 熊本~大分の線を東に延ばすと、四国の大活断層帯「中央構造線」がある。拡大しない保証は残念ながらない。近くには四国電力伊方原発もある。警戒を強めねばなるまい。
 日奈久断層帯方面の地震拡大も引き続き心配だ。こちらも先には九州電力川内(せんだい)原発がある。
 一連の地震は、規模と連続性などが通常とは違う展開になっており、予断を許さない。
 被災者らの不安をよそに、デマがネットなどに出回っているのは見過ごせない。災害の中では何よりも情報が安全を左右する。被災者や関係者は、公的機関などからの確かな情報の入手に努めてほしい。
ページのトップへ戻る



読売新聞 2016年04月17日 03時00分
社説:熊本地震拡大 総力戦で広域被害に対処せよ


 地震対策がいかに難しいか。それを思い知らされる被害拡大である。
 熊本県で16日未明、マグニチュード7・3の地震が発生した。1995年の阪神大震災に匹敵する。
 気象庁は、震度7を記録した14日の地震は「前震」で、今回が「本震」との見方を示した。
 その後も強い余震が頻発し、震源域は九州の南西部から北東部にかけて拡大している。これだけ広範囲で大規模な直下型地震が続くことは、極めてまれだ。
 被災地域は、当初の熊本市周辺から大分、福岡両県などに広がった。家屋の下敷きになるなどして、多数の死者・負傷者が出ている。政府は非常災害対策本部会議を開き、安倍首相は「人命が第一だ。事は一刻を争う」と述べた。
 政府は、現地に派遣している自衛隊員を大幅に増員し、2万5000人態勢にすることを決めた。警察官や消防隊員も追加派遣する。適切な対応だ。生き埋めなどになった被災者の生存率は、72時間で大きく下がるとされる。
 政府と自治体は連携して人員配置を進め、救出・救援活動に全力を挙げてもらいたい。道路や鉄道が寸断し、孤立した地域の住民の救助も急がねばならない。
 心配なのは、災害対応の拠点となる役所や医療機関が損壊し、機能を十分に果たせなくなっている地域があることだ。熊本県宇土市役所の本庁舎は、倒壊の危険があるため、市は災害対策本部を駐車場の仮設テントに移している。
 築51年の本庁舎は、耐震診断で震度6強の地震で倒壊の恐れがあると指摘されていたが、対応が遅れていたという。
 熊本市民病院も倒壊の恐れがあるため、入院患者を別の病院に搬送した。負傷した被災者を治療する医療機関が不足している。広域的な協力が欠かせない。
 今回の地震は、活断層の横ずれによるものだ。九州中央部には多数の断層帯があり、一連の地震は、この一帯で発生している。
 断層帯では大きな地震が発生しやすい。活断層が一度動くと、その余震に加え、別の断層でも地震が起きることがある。今回もこのケースに当てはまるだろう。
 地震が九州にとどまらない可能性も指摘されている。九州の断層帯は、四国や紀伊半島を貫く「中央構造線断層帯」に隣接しているためだ。引き続き、広域での厳重な警戒が求められる。
 熊本県・阿蘇山では、小規模な噴火が起きた。火山活動との連動にも注意が必要だ。
ページのトップへ戻る



毎日新聞2016年4月17日 東京朝刊
社説:熊本の被害拡大 容赦なき大自然の脅威


 日本列島では、いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない。そして、私たちは地震の発生メカニズムをまだよく分かっていない。そんな現実を再認識させられた。
 16日未明に熊本県の熊本地方を震源とするマグニチュード(M)7・3の地震が発生した。1995年の阪神大震災と同規模だ。14日夜の地震に比べると規模は約16倍で、こちらが「本震」だという。
 14日より広い範囲で強い揺れに襲われた。国道の橋の崩落などインフラ被害が拡大し、犠牲者も一気に増える痛ましい事態となった。
 気象庁は「本震」の発生を想定していなかった。被害に追い打ちをかける大自然の容赦ない脅威を、感じざるを得ない。
 「本震」の震源は14日の震源のやや北側にある。その後も、北東側の熊本県阿蘇地方と大分県で最大震度5弱から6強を観測する地震が相次いだ。気象庁は、このように広域的に地震が続けて発生したケースは、「近代観測が始まって以降は思い浮かばない」という。
 これら3地域は、九州の中でも地殻変動の影響でひずみが蓄積しやすい地質構造の「別府−島原地溝帯」周辺に位置する。地溝帯の延長線上には伊方原発(愛媛県)がある。稼働中の川内原発(鹿児島県)とあわせ、改めて原発の地震対策が懸念される。
 「本震」後には、熊本県の阿蘇山で小規模な噴火も起きた。今後の活動を注視したい。
 今回の地震は「本震」「前震」ともに震源が約10キロと浅く、揺れが弱まらないまま地表に伝わった。その結果、多数の建物が倒壊し、山間部では土砂崩れで道路が寸断されている。熊本県南阿蘇村では多くの住民が孤立状態になっている。
 政府は地震被害の拡大を受けて、自衛隊員や警察、消防の派遣を増強した。関係機関は、被害の全容を速やかに把握し、被災者の救援と避難先の確保に全力をあげてほしい。度重なる揺れで、今後も地盤の緩みや建物の傷みが広がる恐れがある。2次災害への配慮も欠かせない。
 水道や電気、高速道路などライフラインの被害も大きく、復旧には相当の時間がかかるだろう。長期的な視点で、被災者への支援や配慮が必要だ。
 熊本県宇土市役所は倒壊の恐れがあり、立ち入り禁止になった。緊急時の対策拠点や避難所となるべき施設が機能しなくては支障が大きい。
 南海トラフ巨大地震や首都直下地震が30年以内に発生する確率はいずれも70%程度とされる。建物の耐震化や防火対策など平時の備えが重要だ。これは、日本列島で暮らす上での宿命である。
ページのトップへ戻る



産経新聞 2016.4.17 05:01
【主張】熊本地震 自然災害は不測をはらむ


 熊本県を中心に14日夜から続く地震活動が新たな段階に入り、震源と被災地域が拡大した。
 16日未明、熊本地方を震源とするマグニチュード(M)7・3の地震が発生し震度6強の揺れが観測された。
 平成7年の阪神大震災と同規模の直下型地震である。気象庁はこの地震が一連の熊本地震の「本震」であり、14日夜に最大震度7を観測した地震(M6・5)は「前震」だとする見解を示した。
 本震の発生後、地震活動は熊本地方から北東側の阿蘇地方、さらに大分県に拡大し、震度6級を含む強い余震が続発した。地震活動との関連性は不明だが、阿蘇山でも小規模噴火が起きた。
 木造家屋の倒壊のほか、マンションや市庁舎の損壊、大規模な土砂災害や橋の崩落など、広い範囲で大きな被害が相次いだ。
 被害の拡大、広域化に伴い、死傷者と避難住民は大幅に増えている。持病の治療が受けられなくなった人や、体調を崩す高齢者らも増えていく。降雨などで二次災害の懸念も高まる。
 安倍晋三首相は、応急対応にあたる自衛隊などの大幅増員を指示した。「命を守る」ことを第一に考え、総力を挙げて取り組むのは当然のことである。
 過去に大規模災害を経験した地域などからの支援活動も始まっている。余震と避難生活の長期化も視野に、国民全体で被災地域の人たちを支えたい。
 気象庁は14日夜以降、強い余震への警戒を呼びかけたが、地震の規模と範囲の拡大までは予測できなかった。結果論として「もっと強い警鐘を鳴らす必要があったのではないか」との思いが浮かぶかもしれない。
 だが、不確かな情報は、住民の不安や応急対応の混乱の原因となりかねない。根拠のない段階で、規模の拡大や広域化の可能性に言及することを求めるのは、やはり無理があるだろう。
 想定外だった東日本大震災をはじめ、自然災害は必ず「不測」の要素をはらんで発生する。それに対応するためには、防災の根幹を強くするしかない。
 地震の場合は建造物の耐震化と防火であり、津波に対しては迷わず避難することである。土砂災害や河川氾濫などでは、地域ごとに予想される被害や災害歴を知ることが、そのための第一歩だ。
ページのトップへ戻る



東京新聞 2016年4月17日
【社説】熊本連続地震 防災力を高める情報を


 熊本地震は広範囲の連続地震となってきた。これまでにない事態だ。見通しが立たないときこそ、気象庁や政府機関は幅広く情報を提供してほしい。
 十四日夜から続く熊本県の地震。十六日未明にはマグニチュード(M)7・3の地震が起き、多数の犠牲者を出した。阿蘇山の近くでも地震が続発し、小噴火もあった。同日朝には大分県にまで広がった。
 繰り返し起きる地震で、被害は広がり、多様になっている。住宅の倒壊に加えて、山間部では大規模な土砂崩れがあった。電気、ガス、水道、鉄道、道路といったライフラインの傷みも大きい。十六日夕からの大雨も心配だ。
◆専門家も未経験の事態
 被災地を見ると、備えをしていればと思えることもある。
 鉄筋コンクリート五階建ての宇土市役所本庁舎が崩壊寸前だ。四階部分が押しつぶされている。地震が日中だったらと思うとゾッとする。同庁舎は耐震診断で震度6強で倒壊の危険が指摘されていたという。
 連続地震は東にも延びて、ドミノ倒しのようだ。震源は中央構造線に沿うように移動している。
 中央構造線は多くの断層からなる大断層系で、西南日本を横断している。断層の中には活断層もあり、地震がよく起きる場所とそうでない場所がある。熊本県は中央構造線の西の端だ。大分県から海を渡ると愛媛県の佐田岬半島。ここには伊方原発がある。四国の中央部を通って紀伊半島、静岡県、長野県へと続き、東の端は関東に達する。
 政府の地震調査研究推進本部は、地震活動が活発とされる佐田岬半島から奈良県にかけて、今後三十年の地震発生の可能性を調べている。奈良県から和歌山県にかけては「可能性が高いグループ」、四国は「やや高いグループ」となっている。
◆四国、近畿も注意を
 名古屋大の鷺谷威(さぎやたけし)教授は「地震活動が飛び火して急激に拡大していく事態は、専門家にとっても未経験だ」と話す。「これまでの常識」が通じない事態になっているのだ。
 先の見えない連続地震だが、鷺谷教授は「一五九六年、大分県から四国、近畿にかけて、中央構造線に沿って地震が連続した例も、頭の片隅に置いた方がいい。また、南海トラフ(地震)などへの影響がないとも言い切れない」と言う。約四百年前にも似たようなことが起きていた。
 今、求められているのは、こういうアドバイスだ。予知はできなくても、専門的な知識を基に「起きそうなこと」を伝えてほしい。
 専門家や政治家が、国民に不安を与えてはいけないと情報を出さなかったことが裏目に出るのは珍しくない。
 福島第一原発事故で、民間事故調の報告書は「『国民がパニックに陥らないように』との配慮に従って行政の各階層が情報を伝えない情報操作があった」として「メルトダウン(炉心溶融)」と言った原子力保安院の審議官の更迭やSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の沈黙などを例に挙げて、エリートパニックだったとしている。
 エリートパニックは「災害ユートピア」(レベッカ・ソルニット著)に出てくる造語だ。「『普通の人々』がパニックになるなんて、とんでもない…。エリートパニックがユニークなのは、それが一般の人々がパニックになると思って引き起こされている点です」と書かれている。
 原発事故に限った話ではない。
 東日本大震災直後の二〇一一年三月十五日深夜、富士山の直下で震度6強の地震があった。発表は「静岡県東部地震」で富士山噴火には触れていない。科学部の記者が取材したが、関連を認める火山学者はいなかった。噴火を心配したと語り始めたのは、随分、後のことだった。
◆肝を冷やした地震
 今月一日午前十一時三十九分、M6・5の三重県南東沖の地震があった。震源はフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界。次の南海トラフ地震が始まるかもしれないと考えられている場所である。しかも、微小地震が続発している時期だった。「肝を冷やした」と話す地震学者もいる。
 実際には何も起きなかった。だが、「南海トラフ地震の発生確率が通常よりも高くなっている」と伝えるべきだったと考える。
 鷺谷教授の言葉にある「(可能性のある事態を)頭の片隅に置く」ことが防災力を高める。逆に言えば、情報の不提供は学者の怠慢ということにもなる。私たちメディアはできるだけ多くの情報を提供する責務がある。
 連続地震が一段落したら、ぜひ、すべきことだ。
ページのトップへ戻る



しんぶん赤旗 2016年4月17日(日)
主張:九州地方地震災害 拡大に備えて最大限の対策を


 熊本地方を中心に九州で続いている連続地震は、16日未明にマグニチュード(M)7・3の、阪神・淡路大震災に匹敵する大きな地震が発生、地震の発生は阿蘇地方や大分県にも広がり、亡くなった人やけがをした人がさらに増えるなど、被害は拡大を続けています。現地では余震が続くなか、被災者の救出や救援の活動が続いていますが、16日夜から17日にかけては強い雨の予報が出され、被害が広がることが懸念されています。事態の拡大に備え、最大限の対策を強めることが求められます。
阪神・淡路大震災に匹敵
 16日未明のマグニチュード7・3の地震では、熊本県菊池市などで最大震度6強の揺れを記録しました。気象庁はこの地震が今回の一連の地震の「本震」で、それ以前の14日夜の最大震度7などの地震は、本震に先立つ「前震」との見方を明らかにしました。
 16日未明の地震は14日夜の地震で動いたとみられる日奈久断層と交接する布田川断層付近で起きたとみられます。この地震の後、震源の北東側の阿蘇地方や大分県でも地震活動が活発化しており、震度5や6クラスの強い地震が相次いで発生しています。
 一連の地震では熊本市内や益城町内だけでなく、阿蘇市や南阿蘇村など阿蘇地方でも、住宅の倒壊や地滑りなどが相次ぎ、多くの死傷者が出ています。道路が寸断されたり、住宅やアパートの1階が完全につぶれ住民が生き埋めになったりしたところもあり、寸刻争う捜索と救援が求められます。
 それぞれの地震の関係はすべて明らかになっているわけではありませんが、大分から熊本にかけては「大分―熊本構造線」や「別府―島原地溝帯」とも呼ばれ、日本列島が形成される過程でできた、本州から四国、九州にかけての「中央構造線」と呼ばれる日本最大の断層帯の西の端です。大分側では「別府―万年山(はねやま)断層帯」、熊本側では「布田川・日奈久断層帯」などの断層が複雑に絡み合っています。断層の一部が動いたのがきっかけになって動かなかったところが動いたり、他の断層が動いたりすることもあり、警戒が必要です。
 断層帯の延長に位置する阿蘇山の動きも気になります。現在のところ、阿蘇山の火山活動の活発化と地震の関連は薄いといわれていますが、今後、断層帯が大きく動いたことがきっかけで阿蘇山が大噴火することにでもなれば、広い範囲に大きな被害を及ぼすことになります。とりわけ全国で唯一稼働中の九州電力川内原発など、原発への影響が懸念されます。地震と火山噴火への住民の不安に応えるため、原発への対応を根本から見直すべきです。
雨などの二次災害を防ぐ
 警戒が必要なのは、雨風への対策です。度重なる地震で屋根など家屋が破壊され、地盤も緩んでおり、少しの雨でも大きな災害につながりかねません。もともと熊本県から大分県にかけては阿蘇山などの噴火で堆積物が降り積もった弱い地層です。被災した住民に安全な避難場所を確保するとともに、土砂災害などが起きないよう対策を急ぐべきです。
 被災者が狭い車のなかで長時間過ごしたため健康を損なうこともあります。地震で助かった命が避難中に損なわれることが決してないよう、対策を強めるべきです。
ページのトップへ戻る

//////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 熊本地震 被災地域 阪神・淡路大震災 直下型地震

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン