2016-04-17(Sun)

熊本地震 3地域連鎖、被害拡大 「四国に影響懸念」

国土地理院 土砂崩れ現場ドローン映像を公開 

国土地理院
平成28年熊本地震に関する情報
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H27-kumamoto-earthquake-index.html



熊本地震 3地域連鎖被害拡大 「四国に影響懸念」
 14日夜に熊本県益城町で震度7を観測したマグニチュード(M)6・5の地震は、もっと規模の大きい地震の前触れだった。16日未明、エネルギーが約16倍のM7・3の「本震」が起き、被害は拡大。さらに熊本県南阿蘇村や大分県など、別の地域の断層にも波及しているとみられ、三つの地域で同時に地震が続く異例の進展を見せている。
 「大きな地震があると、他の地域もその影響を受けて地震が起きることがある。熊本、大分地方では地震活動が活発化しており、お互いを刺激しあっている状況と考えられる」。熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で同時多発的に起きている地震について、岡田篤正・京都大名誉教授(変動地形学)はこう指摘する。

熊本地震:3地域で断層連鎖
 熊本県阿蘇地方や大分県で16日発生した地震は、14日夜に発生した熊本県熊本地方の地震に誘発されて起きた可能性が浮上している。熊本・阿蘇・大分の3地域は、大分県別府湾から長崎県島原湾まで活断層が続く「別府−島原地溝帯」が連なっており、同じ地溝帯の周辺に位置する断層帯同士が刺激し合って動いたとみられる。
 地溝帯は、並行する複数の断層が陥没して地形を形成しているため、ひずみがたまりやすい。大分県側では、16日午前7時11分にマグニチュード(M)5・3で最大震度5弱の地震が発生したが、同県中部には、熊本県境まで続く「別府−万年山(はねやま)断層帯」があり、同地溝帯に含まれている。
(毎日新聞)



以下引用

日本経済新聞 2016/4/17 15:02
土砂崩れ現場ドローン映像を公開 国土地理院
 国土地理院は17日、南阿蘇村の土砂崩れ現場をドローン(小型無人機)で撮影した映像を公開した。映像には大規模な土砂崩れが発生した山肌や、土砂によって消失した「阿蘇大橋」周辺、地表に出現した断層が映っている。

毎日新聞2016年4月17日 12時23分
熊本地震ドローンで南阿蘇村の土砂崩れ撮影 国土地理院
 国土地理院は17日、小型無人機「ドローン」で撮影した、熊本県南阿蘇村立野の「阿蘇大橋」周辺で起きた土砂崩れ現場などの動画3本を公開した。
 撮影はいずれも16日。土砂で寸断された国道325号の路面から出発し、阿蘇大橋に向かって上空を撮影している。大規模に土砂崩れした山の斜面に続いて、土砂で切断されて垂れ下がった阿蘇大橋や土砂が流れ込んだ田んぼが映し出されている。
 別の動画として、南阿蘇村河陽周辺の断層と、益城町下陳周辺の断層をそれぞれ撮影。路面に亀裂が入り、田んぼに断層が出現した様子が上空から映し出されている。【中村美奈子/デジタル報道センター】


国土地理院
平成28年熊本地震に関する情報
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H27-kumamoto-earthquake-index.html

国土地理院動画チャンネル
【国土地理院】 阿蘇大橋周辺の土砂崩れ箇所
2016/04/16 に公開
UAVで平成28年(2016年)熊本地震に伴う阿蘇大橋周辺(南阿蘇村立野)の土砂¬崩れ箇所を4月16日に撮影しました。
https://youtu.be/C52Niq2jNdI


【国土地理院】 南阿蘇村河陽周辺の断層
2016/04/16 に公開
UAVで平成28年(2016年)熊本地震に伴い出現した南阿蘇村河陽周辺の断層を4¬月16日に撮影しました。
https://youtu.be/DXTAAvVB2M8


【国土地理院】 益城町下陳周辺の断層
2016/04/16 に公開
UAVで平成28年(2016年)熊本地震に伴い出現した益城町下陳周辺の断層を4月¬16日に撮影しました。
https://youtu.be/umKIDwxkuYg


***************************

毎日新聞2016年4月17日 東京朝刊
クローズアップ2016
熊本地震 3地域連鎖被害拡大 「四国に影響懸念」
 14日夜に熊本県益城町で震度7を観測したマグニチュード(M)6・5の地震は、もっと規模の大きい地震の前触れだった。16日未明、エネルギーが約16倍のM7・3の「本震」が起き、被害は拡大。さらに熊本県南阿蘇村や大分県など、別の地域の断層にも波及しているとみられ、三つの地域で同時に地震が続く異例の進展を見せている。
 「大きな地震があると、他の地域もその影響を受けて地震が起きることがある。熊本、大分地方では地震活動が活発化しており、お互いを刺激しあっている状況と考えられる」。熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で同時多発的に起きている地震について、岡田篤正・京都大名誉教授(変動地形学)はこう指摘する。
 同時多発的な地震が起きている九州中央部では活断層が連なる「別府−島原地溝帯」がまたがり、別府湾から八代海(熊本・鹿児島県)にかけては、地震が起こりやすい地域として注目されてきた。
 14日午後9時26分に発生したM6・5の最初の地震は、日奈久(ひなぐ)断層帯の北端区間で起きた。この地点は布田川(ふたがわ)断層帯と交差する場所で、佐藤比呂志・東京大地震研究所教授(構造地質学)は「北端区間は割れにくく、布田川断層帯の動きを止めていた所だ。ここが割れて押さえが外れたために、布田川断層帯が一気に割れたのだろう」と、16日午前1時25分の本震の原因を指摘する。
 気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日の記者会見で「熊本地方の本震の後に地震活動が活発化している」と話し、本震が周辺の地震を誘発している可能性に言及した。岡田氏は「今後も互いに刺激しあった地震が起こる可能性があり、注意が必要だ」と話す。
 地震の広がりは北東側へ進んでいるが、その延長線上には、近畿から四国まで続く国内最大級の断層群「中央構造線断層帯」がある。一連の地震活動をきっかけに中央構造線断層帯が刺激される可能性もあり、「警戒が必要だ」と指摘する専門家もいる。
 国の地震調査研究推進本部は、奈良県から愛媛県までの約360キロを「中央構造線断層帯」として地震発生の可能性を分析している。一方、九州までを含めた一連の断層を中央構造線断層帯ととらえる研究者も多く、地震活動のさらなる波及が懸念される。その南側には四国電力伊方原発(愛媛県)がある。
 元東京大地震研究所准教授で国立研究開発法人建築研究所の都司嘉宣(つじよしのぶ)・特別客員研究員(歴史地震学)は今回の地震について、「中央構造線の一部が動いたとみていい」と指摘する。
 1596年には、九州から近畿にかけての中央構造線の周辺で、大きな地震が短期間に連続して発生した記録がある。このほか、地震が周辺に拡大した過去のケースとしては、近畿・中部の広い範囲に被害を及ぼした1586年の天正地震のほか、最近では、2011年3月11日の東日本大震災でも、翌12日に長野県内で、同15日にも富士山近くの静岡県内で地震が発生した。
 「今回の地震に誘発され、九州と四国を隔てる豊後水道を震源とする比較的大きな地震が起きる可能性もある。四国地方も含めて警戒が必要だ」と都司氏は話している。【大久保昂、鳥井真平、藤野基文】
「前震」の判断は困難
 「今までにない」。14日夜のM6・5の「前震」に続き、16日未明にM7・3の「本震」が起きた今回の一連の地震について、16日に記者会見した気象庁の橋本徹夫・地震予知情報課長は戸惑いを隠さなかった。内陸型の地震ではM6・5級の前震の後、さらに大きい本震に見舞われた前例がないからだ。
 「前震」とは、大地震が起きる前に前触れとして起こる地震。ただ、発生時に前震か本震かを区別するのは難しく、後になってみないと分からないのが実態だ。
 同庁によると、1995年1月の阪神大震災(M7・3、最大震度7)では、前日に複数回の地震が観測されたが、規模は最大でM3・7と小さく、大地震の前兆と考えることができなかった。
 2011年3月に起きた海溝型地震の東日本大震災は、2日前にM7・3の地震が発生。それ以降、本震までにM6・0以上の地震が8回も観測されたのに、大地震の前触れと判断できず、「前震」と判明したのは本震が起きた後だった。
 今回の地震について、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で「14日に『前震』と考えられなかったのか」と問われ、「大きな地震が発生して、その場でさらに大きい地震(本震)が発生すると予測するのは、地震学上も難しい」と述べた。橋本課長も「これまでの国内の内陸型地震では、M6・5くらいだと本震になった。今回もそのあたりで推移すると思っていた」と釈明した。
 今回、規模の大きい前震の後、さらに大きな本震が起きた一因は、付近にいくつもの断層が走る複雑な地下構造だったことが挙げられる。断層が一度に動ききれず、細切れに動くからだ。産業技術総合研究所の石川有三招聘(しょうへい)研究員(地震学)は「一帯にたまっていたひずみ(エネルギー)が、14日夜の前震では一部しか解放されず、残った大部分のひずみによって、16日に大きく断層が動いたのではないか」と分析する。
 複雑な地下構造は、地震の回数の多さにもつながる。16日の本震の後、地震活動が活発化した地域が拡大、地震回数は急増している。14日のM6・5の地震以降、M3・5以上の地震回数は16日午後1時半現在、137回に達した。95年の阪神大震災以降、内陸や沿岸を震源に発生したM6・5以上の主な地震のうち、08年の岩手・宮城内陸地震を抜き、04年の新潟県中越地震(M6・8)に次いで2番目に多くなった。【岡田英、久野華代】


毎日新聞2016年4月17日 大阪朝刊
熊本地震:3地域で断層連鎖
 熊本県阿蘇地方や大分県で16日発生した地震は、14日夜に発生した熊本県熊本地方の地震に誘発されて起きた可能性が浮上している。熊本・阿蘇・大分の3地域は、大分県別府湾から長崎県島原湾まで活断層が続く「別府−島原地溝帯」が連なっており、同じ地溝帯の周辺に位置する断層帯同士が刺激し合って動いたとみられる。
 地溝帯は、並行する複数の断層が陥没して地形を形成しているため、ひずみがたまりやすい。大分県側では、16日午前7時11分にマグニチュード(M)5・3で最大震度5弱の地震が発生したが、同県中部には、熊本県境まで続く「別府−万年山(はねやま)断層帯」があり、同地溝帯に含まれている。
 佐藤比呂志・東京大地震研究所教授(構造地質学)は「大分県の地震は、熊本県側の地震に誘発された可能性がある」と話した。一方、同地溝帯の熊本県側付近には、14日夜の地震の原因とみられる日奈久断層帯があり、交差する布田川断層帯が連動した可能性が指摘されている。
 気象庁の橋本徹夫・地震予知情報課長は16日の記者会見で、北東側で地震が拡大したことについて「まったく想定していなかった」と釈明。「この地域では地震活動が活発化しており、見通しは難しい」と語った。【藤野基文、久野華代】


毎日新聞2016年4月16日 東京夕刊
熊本地震:本震、前震の16倍 「阪神」匹敵する規模
 14日に熊本県熊本地方で発生したマグニチュード(M)6・5の地震(震度7)以降続いていた一連の地震は、16日未明のM7・3の「本震」を経て、同県阿蘇地方や大分県も含めた3地域で同時多発的に地震が相次ぐ異例の事態となった。16日未明のM7・3の地震の規模は阪神大震災に匹敵する。広い範囲で強い揺れを引き起こし、被害の拡大を招いた。【飯田和樹、酒造唯】
範囲拡大 誘発か
 平田直・東京大地震研究所教授(地震学)は「16日未明のM7・3の地震は14日夜の地震(M6・5)よりもエネルギーで約16倍大きく、強い揺れが起きた範囲も広い。内陸型の活断層が起こした地震としてはかなり大きい規模だ。大きな地震は周辺にも影響を及ぼすので、大分の地震も誘発されて起きた可能性がある」と指摘する。
 気象庁によると、14日夜のM6・5の地震の発生から16日午前11時までに、熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で震度1以上の地震は252回あった。
 気象庁はこれら三つの地域の地震は別のものとみているが、青木元・地震津波監視課長は「熊本地方の本震の後、熊本・大分両県で地震活動が活発化している。本震が何らかの影響を与えていると思う」と話した。
 今回、地震が相次いでいる熊本地方、阿蘇地方、大分県中部はいずれも、九州の中でも地殻変動の影響でひずみが蓄積しやすい地質構造の「別府−島原地溝帯」の周辺に位置している。阿蘇地方には目立った断層は確認されていないが、大分県中部の地震の震源近くには、熊本県境まで続く「別府−万年山(はねやま)断層帯」がある。
 古村孝志・東京大地震研究所教授(地震学)は「一枚の大きな断層が一度に割れれば最初に本震が起こるが、今回はいくつもの断層が並行する複雑な地形だったので、より大きい本震が後に起きたと考えられる。これまでよりも大きな余震が起こる可能性があり警戒が必要だ」と語った。


朝日新聞デジタル2016年4月16日11時35分
「震源、じわじわと東に」 別の活断層に影響の可能性
 今後の地震活動について、専門家はさらに別の活断層が動く可能性を指摘する。九州を東西に横断する別府・島原地溝帯沿いには多数の活断層が存在し、四国や紀伊半島を通る中央構造線断層帯に連なる。
 川崎一朗・京都大名誉教授(地震学)は「震源はじわじわと東に移動している。断層が動くと、その延長線上の断層も動きやすくなる」と話す。地震が発生すると、周囲の断層への力のかかり方が変化して、地震を起こしやすくなることがあるからだ。
 地震予知連絡会会長の平原和朗・京都大教授(地震学)も「大分の地震は震源地から100キロ近く離れており、余震とは考えにくい。大分県の別府―万年山(はねやま)断層帯が誘発されて動いた可能性もある。今後、何が起こるかは正直わからない。仮に中央構造線断層帯がどこかで動けば、長期的には南海トラフ巨大地震に影響を与える可能性があるかもしれない」と話す。
 東北大の遠田晋次教授(地震地質学)は「地震活動が南へ拡大する可能性も忘れてはいけない。日奈久断層帯は北部で地震が発生したが、南への延長部分では地震が起きておらず、注意が必要だ」と話す。
熊本県から大分県にかけての地震活動の状況
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160416001097_comm.jpg


毎日新聞2016年4月16日 10時59分(最終更新 4月16日 18時53分)
熊本、阿蘇、大分…3つ別々の地震が同時に発生
気象庁課長「16日未明の本震が影響」
 熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。16日午前1時25分に発生したマグニチュード(M)7.3の地震(本震)が影響していると考えられるという。
 M7.3の本震は、14日発生した熊本地震の原因の「日奈久(ひなぐ)断層帯」とその北側の「布田川(ふたがわ)断層帯」が交わる場所のやや北で発生した。その後、北東側で地震活動の高まりがみられ、午前3時55分には熊本県阿蘇地方でM5.8(最大震度6強)、午前7時11分には大分県中部でM5.3(最大震度5弱)の地震が相次いで発生した。
 気象庁はこれらの余震域が離れていることから、それぞれ別の地震と判断。青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。【飯田和樹】

毎日新聞2016年4月15日 21時38分(最終更新 4月16日 07時20分)
熊本地震 日奈久断層帯が活動…地震調査委見解
 政府の地震調査委員会は15日の臨時会で熊本地震は熊本県内の日奈久(ひなぐ)断層帯(全長約81キロ)のうち北端にある高野−白旗区間(同16キロ)が活動して引き起こされたとの見解をまとめた。
 今回の地震は余震も含めて、同区間付近で北東−南西方向に延びる長さ約20キロの地域で発生しており、その分布から同区間の全体が動いたと判断した。震源は日奈久断層帯が北側の布田川(ふたがわ)断層帯と交わる地点に近いが、布田川断層帯の活動は不明とした。
 日奈久断層帯は3区間に分けられる。調査委は高野−白旗区間が活動した時にはマグニチュード(M)6.8程度の地震が発生する可能性があり、30年以内の発生確率は、過去の活動が分からないため「不明」と評価していた。日奈久断層帯を含む九州南部地域では、M6.8以上の地震発生確率を7〜18%とみていた。【千葉紀和、飯田和樹】

毎日新聞2016年4月16日 05時43分(最終更新 4月16日 08時05分)
熊本地震:16日未明のM7.3が「本震」 気象庁
 気象庁は16日の記者会見で、同日午前1時25分ごろに熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震について、14日以降に続く地震の「本震」であると発表した。14日に起きたマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震とそれ以降続いた地震については「前震」と判断した。16日の地震がM7.3で、より規模が大きく、揺れた範囲も広かったことから判断した。【円谷美晶】

/////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 熊本地震 3地域連鎖 被害拡大 国土地理院 土砂崩れ ドローン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

続きますね。

終わりが見えません。
プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン