2016-05-18(Wed)

スズキも燃費データ不正測定、国交省に報告

燃費試験走行抵抗測定で  規定と一部異なる取り扱い

----国土交通省が報告を求めていた自動車の排ガス・燃費試験について、スズキは現在販売の16車種の走行抵抗測定状況を調べたところ、規定と一部異なる取り扱いがあったと発表した。

18日の発表資料によると、惰行法で実測したデータでなく、惰行法実測値と比較して妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの転がり抵抗の実測値や風洞試験装置の空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していた。
  
スズキは申請値と惰行法実測値をあらためて検証した結果、全ての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であると確認した。 このため、修正の必要はないとしている。排出ガス性能についても、保安基準に適合し、問題ないとした。
(ブルームバーグ)

2016年5月18日
国土交通省への報告内容について
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2016/0518/
 スズキ株式会社は、国土交通省より排出ガス・燃費試験における実態調査の指示を受け、本日、調査結果を同省へ報告いたしました。
 社内にて測定したデータについて調査したところ、燃費性能を偽る不正行為はございませんでしたが、四輪車の排出ガス・燃費試験業務について、国土交通省が定める規定と一部異なる取扱いがございましたので、ご報告申し上げます。
謹んでお詫び申し上げます。---(以下略)






以下引用


2016年5月18日
国土交通省への報告内容について
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2016/0518/
スズキ株式会社は、国土交通省より排出ガス・燃費試験における実態調査の指示を受け、本日、調査結果を同省へ報告いたしました。
社内にて測定したデータについて調査したところ、燃費性能を偽る不正行為はございませんでしたが、四輪車の排出ガス・燃費試験業務について、国土交通省が定める規定と一部異なる取扱いがございましたので、ご報告申し上げます。
謹んでお詫び申し上げます。
 記
1.国が定める規定と異なる測定方法について
現在販売している16車種について走行抵抗測定状況を確認したところ、申請時には、惰行法により実測したデータではなく、惰行法実測値と比較し妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの装置毎の転がり抵抗の実測値や風洞試験装置での空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していたことが判明いたしました。
2.原因
当社が所有する相良テストコースは、海に近く丘の上にあることから風の影響を著しく受けるなど、天候に左右されるため試験が困難であったことが背景にあると考えております。
昨今の低燃費技術の向上に伴う転がり抵抗の低下や車体の軽量化により、風による影響を受けやすくなってきており、測定結果のばらつきが大きくなる傾向にあります。例えば低転がりタイヤを採用する場合に、その効果をばらつき無く把握することが難しく、データを取得するためには、何度も繰り返し測定を行う必要がありました。
3.燃費値等への影響
今回、既に持っている惰行法による実測データに加えて、惰行法による実測データを追加取得し、全ての申請値と惰行法実測値の関係を改めて検証した結果、全ての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であることを確認いたしました。
したがいまして、申請した走行抵抗値及びそれにより測定した燃費値については修正の必要はないと考えております。
また、排出ガス性能についても、保安基準に適合しており、問題はないと考えております。
お客様には引き続き安心してお乗りいただきたいと考えております。
4.調査対象車種16車種
<軽四輪車>
• アルト(2014年12月22日発売)、アルト ラパン(2015年6月3日発売)
• ワゴンR(2012年9月19日発売)、ハスラー(2014年1月8日発売)
• スペーシア(2013年3月15日発売)、エブリイ(2015年2月18日発売)
• キャリイ(2013年9月20日発売)、ジムニー(2010年JC08対応)
<登録車>
• ソリオ(2015年8月26日発売)、イグニス(2016年2月18日発売)
• バレーノ(2016年3月9日発売)、SX4 S-CROSS(2015年2月19日発売)
• スイフト(2010年9月18日発売)、エスクード2.4(2012年JC08対応)
• エスクード(2015年10月15日発売)、ジムニーシエラ(2010年JC08対応)
なお、海外については、本件は関係ございません。
また、業績予想に与える影響につきましては、現時点ではないと考えています。今後、業績予想の修正が必要とされる場合には、速やかに開示いたします。

***************************

Car Watch -2016年5月18日 発表
スズキ国交省が定める排出ガス・燃費試験で一部異なる取り扱いがあったと報告
16車種すべての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であることを確認
(2016/5/18 16:16)
 スズキは5月18日に代表取締役会長の鈴木修氏(中)、代表取締役社長の鈴木俊宏氏(右)が出席しての記者会見を国土交通省で実施している。記者会見については追って紹介したい
 スズキは5月18日、国土交通省からの排出ガス・燃費試験における実態調査の指示を受け、同日に同省へ報告を行なった。
 それによると、社内で測定したデータについて調査したところ、燃費性能を偽る不正行為はなかったものの、4輪車の排出ガス・燃費試験業務について国土交通省が定める規定と一部異なる取り扱いがあったとしており、謝罪の弁を述べている。
 スズキが現在販売している16車種について走行抵抗の測定状況を確認したところ、申請時に惰行法により実測したデータではなく、惰行法実測値と比較し妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの装置ごとの転がり抵抗の実測値や風洞試験装置での空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していたことが判明。
 その原因について、リリースでは「当社が所有する相良テストコースは、海に近く丘の上にあることから風の影響を著しく受けるなど、天候に左右されるため試験が困難であったことが背景にあると考えております。昨今の低燃費技術の向上に伴う転がり抵抗の低下や車体の軽量化により、風による影響を受けやすくなってきており、測定結果のばらつきが大きくなる傾向にあります。例えば低転がりタイヤを採用する場合に、その効果をばらつき無く把握することが難しく、データを取得するためには、何度も繰り返し測定を行う必要がありました」と述べられている。
 また、燃費値等への影響については、「今回、既に持っている惰行法による実測データに加えて、惰行法による実測データを追加取得し、全ての申請値と惰行法実測値の関係を改めて検証した結果、全ての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であることを確認いたしました。したがいまして、申請した走行抵抗値及びそれにより測定した燃費値については修正の必要はないと考えております。また、排出ガス性能についても、保安基準に適合しており、問題はないと考えております。お客様には引き続き安心してお乗りいただきたいと考えております」と呼び掛けている。
調査対象車種16車種
・軽四輪車
アルト(2014年12月22日発売)
アルト ラパン(2015年6月3日発売)
ワゴンR(2012年9月19日発売)
ハスラー(2014年1月8日発売)
スペーシア(2013年3月15日発売)
エブリイ(2015年2月18日発売)
キャリイ(2013年9月20日発売)
ジムニー(2010年JC08対応)
・登録車
ソリオ(2015年8月26日発売)
イグニス(2016年2月18日発売)
バレーノ(2016年3月9日発売)
SX4 S-CROSS(2015年2月19日発売)
スイフト(2010年9月18日発売)
エスクード2.4(2012年JC08対応)
エスクード(2015年10月15日発売)
ジムニーシエラ(2010年JC08対応)
URL
スズキ株式会社
http://www.suzuki.co.jp/
ニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2016/0518/
(編集部:小林 隆)


ブルームバーグ - ‎2016年5月18日 16:23
スズキ:規定と一部異なる取り扱い、燃費試験の走行抵抗の測定で
萩原ゆき、Ma Jie
国土交通省が報告を求めていた自動車の排ガス・燃費試験について、スズキは現在販売の16車種の走行抵抗の測定状況を調べたところ、規定と一部異なる取り扱いがあったと発表した。
  18日の発表資料によると、惰行法で実測したデータでなく、惰行法実測値と比較して妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの転がり抵抗の実測値や風洞試験装置の空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していた。
  スズキは申請値と惰行法実測値をあらためて検証した結果、全ての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であると確認した。 このため、修正の必要はないとしている。排出ガス性能についても、保安基準に適合し、問題ないとした。
  スズキの鈴木修会長は発表会見で、結果として定められた通りの測定方法を用いていなかったことを深くお詫び申し上げると述べた。
  スズキは発表に先立ち、いくつかの試験方法で報告の必要が生じたとして、鈴木修会長が同日午後に国交省を訪ねて報告すると、広報担当の平野英博氏が電話取材に明らかにしていた。燃費データを取得の際に法令と異なる走行試験を実施していた疑いがあると共同通信が先に報道。スズキ株は報道を受けて午後の取引で急落し、一時は前日比15%安の2450円と、約16年ぶりの下落率となった。
  自動車の燃費試験をめぐっては、三菱自動車が軽自動車4車種で燃費試験データを良く見せるため意図的に操作する不正があったと発表したほか、1991年から国内の法規定と異なる方式で測定していたことも明らかにしていた。国交省はこれを受けて自動車メーカーに対して、排ガス・燃費試験について調査し、18日までに報告するよう求めていた。
  国内では走行抵抗の測定法に関して91年に「惰行法」と呼ばれる方法が指定されたが、三菱自は当初から「高速惰行法」で計測していた。



日本経済新聞 2016/5/18 16:19
スズキ、鈴木修会長「深くおわび」 燃費測定不正で
 スズキ(7269)は18日、自動車の燃費データを国の定める方法と異なる方法で測定していたと発表した。同日午後に会見した鈴木修会長は「定められた測定方法を用いず、深くおわびする」と謝罪した。
 不適切な測定が確認されたのは、現在販売されている16車種。人気車種「アルト」や「ワゴンR」などが対象となっている。国交省が定めた方法ではなく、同社の室内試験データなどの結果を蓄積して算出したという。
 同社が保有する静岡県の相良テストコースは、海に近く「風や天候の影響を受けやすいため、試験が困難だった」ことが不正な測定を行った背景にあるという。ただ、燃費性能は販売時のカタログに表示している値と違いはないとしている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日本経済新聞 2016/5/18 12:23 (2016/5/18 13:16更新)
スズキ、燃費データで不正な算出の可能性 国交省に報告へ
 スズキが販売する車種で燃費性能を算出する際の基となるデータを国が定める方法と異なるやり方で測定し、計算していた可能性があることが18日、明らかになった。スズキの鈴木修会長が同日午後、国土交通省を訪れて報告する。スズキは燃費の改ざんはなかったとしている。
 スズキによると、三菱自動車の燃費データ不正問題を受けて、社内で燃費改ざんの有無や、燃費性能を算出する際の基となるデータの測定方法が国の定める方法に適合するか調査してきた。調査の過程で測定方法に関して不備がある可能性があるとしている。
 三菱自は国が定める「惰行法」とは異なる「高速惰行法」と呼ぶ方法で燃費算出のもととなるデータを取得していた。なかでも「eKワゴン」や日産自動車に供給している「デイズ」など4車種は意図的にデータを改ざんし、実際の燃費よりよくみせかけていた。
 スズキによると、燃費の「水増し」につながる改ざんはしていないとしている。対象車種やいつから国が定める方法と異なるやり方でデータを測定していたかはまだわかっていない。
 10日の決算会見の時点で鈴木会長は「いま精査しており、今のところ問題はない」としていた。
 三菱自の燃費データ不正問題を受けて、国交省は自動車メーカー各社に対して同様の不正がないか調査させ、18日までに報告するよう求めていた。


読売新聞 2016年05月18日 13時13分
スズキも燃費データ不正測定、国交省に報告へ
 自動車大手のスズキ(本社・浜松市)が軽自動車の燃費データを測定する際、国の法令が定める方法とは異なる不正なやり方で走行試験を行っていたことがわかった。
 18日午後、鈴木修会長が国土交通省を訪れ、報告書を提出する。燃費データを巡る不正が三菱自動車以外にも広がったことで、燃費測定制度の信頼を大きく揺るがす事態に発展しそうだ。
 スズキは「走行抵抗値」を法令で定めた方法を使わずに測定し、審査機関に提出していた。走行抵抗値はタイヤと路面の摩擦や空気抵抗のデータで、燃費を測るもとになる重要なデータだ。関係者によると、燃費を実際よりも良く見せかける燃費偽装はいまのところ確認されていないという。

レスポンス 2016年5月18日(水) 13時49分
スズキ、燃費試験方法について鈴木会長が国交省に報告…不正はない
スズキの鈴木修会長は5月18日午後に国土交通省を訪ね、燃費データの試験方法について報告する。国の定めとは異なる方法での試験があった模様で、広報部は「試験方法について国交省に報告する必要が生じた」としている。
 対象となる車種などは明らかにしていないが「燃費についての不正はない」(広報部)としている。
 鈴木会長は5月10日の決算発表会見の際、燃費データの社内調査について「私どもは多機種に分かれており、再確認しながら(調査を)進めている」と述べ、現時点で問題は出てないかという質問には「はい」と答えていた。《池原照雄》



静岡新聞(2016/5/18 13:33)
スズキが法と異なる走行試験 会長、国交省報告へ
 三菱自動車の燃費不正問題で、スズキも燃費データを取得する際に実施した走行試験で不正があったことが18日、分かった。三菱自動車と同様、法令と異なる試験を行っていたとみられる。スズキの鈴木修会長が同日、国土交通省に報告する方針だ。
 燃費不正が三菱自動車以外に、軽自動車大手のスズキに広がったことで、日本の自動車産業へのさらなる信頼低下につながりそうだ。国交省は、燃費性能の検査方法の見直しが急務となる。
 三菱自動車は燃費を良く見せかけるため、軽自動車計4車種の燃費データを改ざんしていた。スズキはこうしたデータの改ざん行為はなかったと説明している。鈴木氏は国交省に対し、違法な走行試験による燃費への影響はないと報告する見通しだ。
 具体的な車種や対象は明らかになっていない。国交省は報告内容を精査した上で対応を決める。
 三菱自動車の燃費不正を受け、国交省は三菱自動車以外のメーカーにも不正の有無を調査し、18日までに報告するよう指示していた。
 スズキは国内では軽自動車を主力とし、ダイハツ工業などと激しい燃費競争を繰り広げている。2015年の軽自動車の新車販売台数は、ダイハツが60万8772台と首位で、スズキは55万9704台で2位だった。海外メーカーとしていち早くインドに進出し、同社の収益の柱となっている。


朝日新聞デジタル 2016年5月18日14時13分
スズキも不正測定 燃費データ、国の規定と異なる方法
 三菱自動車の燃費偽装問題に絡み、スズキでも、自動車の燃費試験データを、国の規定とは異なる方法で測定していたことがわかった。鈴木修会長が18日午後、国土交通省に報告する。燃費の測定方法をめぐる問題は、業界に広がる可能性が出てきた。
 三菱自の問題を受け、国交省は自動車メーカー各社に不正の有無について、18日までに報告するよう求めていた。スズキ関係者らによると、同社の社内調査で、燃費試験に使われるデータ測定が、国の定める方法通りに行われていなかったという。
 三菱自では1991年以降、道路運送車両法に基づいて国が定める「惰行法」でない「高速惰行法」という方法で、燃費算出の元データとなる「走行抵抗値」を算出していた。三菱自はカタログの燃費値との間に大きな違いはないとしているが、国交省が調査を進めている。
 スズキは軽自動車大手で、三菱自などとの間で激しい燃費性能競争を繰り広げていた。
 国内メーカーでは、トヨタ自動車と日産自動車は「不正はなかった」と国交省に報告している。(山本知弘、伊藤嘉孝)
 一方、トヨタ自動車は同日午後、自社の製品について「問題は見つからなかった」とする趣旨の報告をした。


朝日新聞デジタル2016年5月18日14時03分
スズキ、午後4時に会長会見 法令外の試験方法で燃費データ取得
 5月18日、スズキは、燃費データを取得するための試験方法で不正があったことに関連し、午後4時に記者会見する。
 [東京 18日 ロイター] - スズキ<7269.T>は18日、燃費データを取得するための試験方法で不正があったことに関連し、午後4時に記者会見する。同社は法令で定めた試験方法と異なる方法を採用して燃費データを取得していたことが分かり、鈴木修会長が同日午後に国土交通省へ報告する。
 三菱自動車<7211.T>の燃費偽装問題を受けて、国交省は他の自動車メーカー各社にも三菱自と同様の不正がないかどうか燃費試験データに関する調査を指示し、同日までに報告するよう求めていた。
 鈴木会長は10日の決算会見では、調査状況について「現時点では順調に再確認が進んでいる」と述べていた。
 三菱自をめぐっては、25年前から国が定める試験方法と異なる方法でほとんどの車種の燃費試験用データを計測していた。また、軽自動車4車種では、法令違反の方法で測定したデータをさらに意図的に操作して燃費試験を実施する国に提出し、燃費を良くみせるように改ざんしていた。
 *内容を追加しました。
  (白木真紀)

時事通信(2016/05/18-13:21)
スズキも燃費データで違反か=国規定と異なる方法、午後報告・発表へ
 スズキが燃費試験のデータ測定過程で国の規定と異なる方法を用いていた可能性があることが18日、分かった。鈴木修会長が同日午後、国土交通省に報告するとともに、記者会見し発表する。
 三菱自動車の燃費試験データ不正操作問題を受け、国土交通省は他の自動車メーカー各社に対し、同様の不正がないか調査し、同日を期限に報告するよう求めていた。三菱自に続く問題行為の発覚で、日本車の信頼に傷が付く恐れがある。
 鈴木会長は5月10日の決算発表会見で、スズキの不正の有無の調査について「現時点では順調に再確認が進んでいる」と述べ、問題は見つかっていないとの認識を示していた。


中日新聞 2016年5月18日 夕刊
スズキも走行試験不正、データ改ざんは否定 燃費問題
 三菱自動車の燃費不正問題で、スズキも燃費データを取得する際に実施した走行試験で不正があった疑いがあることが分かった。三菱自動車と同様、法令と異なる試験を行っていたとみられる。スズキの鈴木修会長が十八日、国土交通省に報告し、記者会見する。
 燃費不正が三菱自動車以外に、軽自動車大手のスズキに広がったことで、日本の自動車産業へのさらなる信頼低下につながりそうだ。国交省は、燃費性能の検査方法の見直しが急務となる。
 三菱自動車は燃費を良く見せかけるため、軽自動車計四車種の燃費データを改ざんしていた。スズキはデータの改ざん行為はなかったと説明している。鈴木氏は国交省に対し、違法な走行試験による燃費への影響はないと報告する見通し。
 具体的な車種や対象は明らかになっていない。国交省は報告内容を精査した上で対応を決める。
 三菱自動車の燃費不正を受け、国交省は三菱自動車以外のメーカーにも不正の有無を調査し、十八日までに報告するよう指示していた。
 スズキは国内では軽自動車を主力とし、ダイハツ工業などと激しい燃費競争を繰り広げている。二〇一五年の軽自動車の新車販売台数は、ダイハツが六十万八千七百七十二台と首位で、スズキは五十五万九千七百四台で二位だった。海外メーカーとしていち早くインドに進出し、同社の収益の柱となっている。
 ◇ 
 スズキの鈴木修会長は、十八日朝までの中日新聞の取材に対し「数字を作ったり、改ざんしたり、そういうことはない。問題となるかは、国土交通省の判断になる」と説明していた。

//////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : スズキ 燃費データ不正 測定 国交省 燃費試験 走行抵抗

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン