2016-05-19(Thu)

東亜建設工業 工事偽装 有識者検討委設置へ

再発防止 発注工事の確認体制の見直し議論

-----東亜建設工業(東京)が羽田、松山、福岡各空港の滑走路工事などでデータを改ざんしていた問題で、国土交通省は17日、有識者による検討委員会を近く設置すると明らかにした。

検討委では不正の原因究明、工事を発注した国の監督方法の在り方などをテーマとし、再発防止に向けた手立てを話し合う。
石井啓一国交相は同日の記者会見で「データ改ざんは極めて遺憾。厳正に対処する」と述べた。
(毎日新聞)




以下引用

関東整備局 港湾空港部
平成28年5月13日
公表・報告(本局)
4月28日及び5月6日に記者発表をした、東京国際空港における施工不良及び虚偽報告について(続報)
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/kyoku/03info/03kisya/2016/20160513%20haneda%20sekouhoukoku.pdf
標記の件に関しまして、東亜建設工業(株)が4月28日付の指示書に基 づき実施した内部調査の結果、本日、新たに「東京国際空港H誘導路東 側他地盤改良工事」に関して施工不良が判明したとの報告がありました。 (別添-1、2)

四国整備局 記者発表
5月13日
「松山空港誘導路地盤改良工事」における施工不良・虚偽報告について(PDF1.1MB) 
http://www.skr.mlit.go.jp/pres/h28backnum/kouwan/160513/160513-1.pdf

*******************************

NHK 5月17日 11時13分
空港工事データ改ざん 委員会設け原因究明へ
 東京の建設会社が羽田空港などの液状化対策で書類のデータを改ざんし、工事が不十分だったのに計画どおり完了したと国にうその報告をしていた問題について、石井国土交通大臣は17日、専門家による委員会を設置し原因の究明や再発防止策の検討を進める考えを明らかにしました。
 東京の建設会社、東亜建設工業は、羽田空港と福岡空港、それに松山空港の滑走路や誘導路で行った液状化対策工事の書類のデータを改ざんし、工事が不十分だったのに計画どおり完了したと国にうその報告をしていました。
 これについて石井国土交通大臣は、17日の閣議のあとの会見で「こういう事案はあってはならないことで、極めて遺憾に思っている。全容が明らかになった段階で東亜建設工業に対して厳正に対処していきたい」と述べました。
 そのうえで、会社側に対し、同じ方法で行った空港以外の工事についてもデータの改ざんや施工不良がなかったか今月20日までに報告するよう指示するとともに、工事を発注した各地の地方整備局にも施工に問題がなかったか報告するよう指示したことを明らかにしました。
 また、この問題について、専門家による委員会を設置して原因の究明や再発防止策の検討を進める考えを明らかにしました。


日本経済新聞 2016/5/17 10:50
国交省、東亜建設の工事偽装で有識者委設置へ
 東亜建設工業が空港の地盤改良工事でデータを改ざんしていた問題で、石井啓一国土交通相は17日、閣議後の記者会見で、原因の究明や再発防止策を議論する有識者委員会を設置する方針を明らかにした。石井国交相は同社の不正について「あってはならず極めて遺憾。全容が明らかになった段階で厳正に対処する」と強調した。
 国交省によると、有識者委員会のメンバーはコンプライアンスや土木工事の専門家などを軸に選定する。委員会では改ざんの背景や再発防止策のほか、同省が発注した工事の進捗状況の確認体制の見直しについても議論し、対策をまとめる。
 東亜建設工業は羽田、福岡、松山の3空港の誘導路と滑走路の地盤改良工事で、液状化を防ぐ薬液の注入量のデータを改ざんし、計画通り実施したと虚偽の報告をしていた。実際は計画の5~50%程度しか注入されていなかった。
 同省は17日までに全国の地方整備局に対し、各整備局が同社へ発注した工事でデータ改ざんによる施工不良がないかどうか確認するよう指示。同社に対しても他の工事で同様の改ざんがないかどうか20日までに報告するよう求めている。




産経ニュース 2016.5.17 10:47
国交省、滑走路工事データ改竄で再発防止の有識者検討委設置へ
 東亜建設工業(東京)が羽田、松山、福岡各空港の滑走路工事などでデータを改竄(かいざん)していた問題で、国土交通省は17日、有識者による検討委員会を近く設置すると明らかにした。
 検討委では不正の原因究明や、工事を発注した国の監督方法の在り方などをテーマとし、再発防止に向けた手だてを話し合う。石井啓一国交相は同日の記者会見で「データ改竄は極めて遺憾。厳正に対処する」と述べた。
 東亜建設工業は、大地震時の空港の液状化対策として実施した地盤改良工事で、地中に通した管から薬剤を注入する際、計画通りに注入できなかったのに、予定通りできたようにデータを改竄し、同省に報告していた。
 同社が受注した空港の工事5件全てで不正が発覚しており、国交省は同社に対し、同様の工法で実施した港湾施設の公共工事14件についても不正の有無を調べるよう指示している。

//////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 東亜建設工業 工事偽装 有識者検討委 液状化対策 滑走路

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン