2016-05-20(Fri)

スズキ燃費不正 社説等(1) 新車審査の見直し急げ

燃費不正拡大 根本原因にさかのぼれ 世界の信頼裏切る行為だ 法令軽視の体質は看過できぬ
2社の不正見逃された根本--国がメーカー提出データをそのまま使う仕組み


----三菱自動車で発覚した燃費データに関する不正が、軽自動車最大手のスズキに飛び火した。
国の定めと異なる方法で燃費測定の元データを出していた。対象は他社への供給分も含め全車種の210万台強に及ぶ。
 
自動車各社は燃費や環境性能、価格を巡って激しく競っている。
消費者にメリットをもたらす原動力でもあるが、ルールを守っていないのでは何をかいわんや、である。
 
なぜ法令が無視され、見過ごされてきたのか。
不正を招いた原因を根本まで立ち返って検証し、しっかりと説明するべきだ。
それが再発防止への出発点である。


----2社の不正が見逃された根本には、国がメーカーからの提出データをそのまま使う仕組みがある。
国交省は既に見直しに着手したが、どこに不正の芽が生じやすいのか。
今回は「不正なし」と報告したメーカーへの聞き取りも含め、改善策の検討を急がねばならない。
(朝日新聞)

<各紙社説・主張>
朝日新聞)燃費不正拡大 根本原因にさかのぼれ(5/20)
読売新聞)スズキ燃費不正 法令軽視の体質は看過できぬ(5/20)
産経新聞)相次ぐ燃費不正 世界の信頼裏切る行為だ(5/20)
京都新聞)スズキ燃費不正  新車審査の見直し急げ(5/20)
神戸新聞)燃費不正拡大/日本車の信頼性に関わる(5/20)




以下引用



朝日新聞 2016年5月20日(金)付
社説:燃費不正拡大 根本原因にさかのぼれ


三菱自動車で発覚した燃費データに関する不正が、軽自動車最大手のスズキに飛び火した。
 国の定めと異なる方法で燃費測定の元データを出していた。対象は他社への供給分も含め全車種の210万台強に及ぶ。
 自動車各社は燃費や環境性能、価格を巡って激しく競っている。消費者にメリットをもたらす原動力でもあるが、ルールを守っていないのでは何をかいわんや、である。
 なぜ法令が無視され、見過ごされてきたのか。不正を招いた原因を根本まで立ち返って検証し、しっかりと説明するべきだ。それが再発防止への出発点である。
 三菱自を含む一連の不正で明らかになった手法は、大きく二つある。実測したデータの改ざんと、データを出す方法が国のルールに従っていないケースだ。三菱自の不正が両方にまたがるのに対し、スズキは後者にあたる。
 屋外のテストコースで実際に車を走らせる決まりなのに、屋内でブレーキやタイヤなど装置別に測ったデータを積み上げていた。テストコースが海に近く、近年は車の軽量化で強風の影響を受けやすくなった。実走データのぶれが大きくなり、それを補うために装置別のデータを使い始めたという。
 スズキは記者会見で「燃費を良くしようという意図はなかった」とデータの改ざんを否定し、三菱自との違いを強調した。しかし、ルールを守っていなかった事実は動かない。不正がほぼすべての車種に及んで社長が辞任を表明した三菱自とともに、法令を守っている他のメーカーや、公正な競争を前提に商品を選んでいる消費者は納得しないだろう。
 スズキは「燃費を測り直したが誤差の範囲内だった」とするが、国土交通省は根拠となるデータを提出するよう求めた。幕引きを急いではならない。
 スズキを軽自動車最大手に育て上げ、今も経営の一線に立つ鈴木修会長は、「(テストコースに)防風壁などの設備投資をしなかったことを反省している。風通しのいい組織にしないといけない」と語った。企業統治のあり方にまで踏み込んだ検証が求められる。
 2社の不正が見逃された根本には、国がメーカーからの提出データをそのまま使う仕組みがある。国交省は既に見直しに着手したが、どこに不正の芽が生じやすいのか。今回は「不正なし」と報告したメーカーへの聞き取りも含め、改善策の検討を急がねばならない。
ページのトップへ戻る



読売新聞 2016年05月20日 06時02分
社説:スズキ燃費不正 法令軽視の体質は看過できぬ


 三菱自動車に続いて、自動車大手のスズキでも燃費データを巡る不正が明らかになった。
 自動車メーカーの燃費表示に対する消費者の信頼を揺るがしかねない不祥事である。
 問題になったのは、燃費計測の際に用いる「走行抵抗値」だ。
 スズキは、法律で定められた方法による実測値ではなく、タイヤやブレーキなどの部品ごとに測った数値を「足し算」したものを、国の審査機関に提出していた。
 対象は16車種で、他社に供給している同型車を含めると計27車種、210万台超に上る。
 スズキは、「テストコースが海に近く、風の影響を受けやすいため、データのばらつきが大きかった」と理由を説明している。
 カタログ記載の燃費と、正規の方法で測定されたデータとの乖離は小さいとし、対象車種の販売を継続する方針も示した。
 燃費水増しの意図はなく、数値の食い違いは小さかったという。そうだとしても、不正な方法を採用していい理由にはならない。
 テストコースに防風壁を設けたり、他社のコースを借りたりするなど、実測で適切なデータを得る手段はあったはずだ。
 ライバル会社が正規の測定法を採用している中、異なる“物差し”で計測したデータを使うのは、明らかに公正性を欠く。
 不正なデータ測定は誰が指示したのか。三菱自の問題を受けて調査を迫られるまで、なぜチェックできなかったのか。スズキは全容を解明し、実効性のある再発防止策を講じるべきだ。
 会社の都合を優先した法令軽視の芽を、早期に摘む必要がある。さもないと、安全にかかわる不正を引き起こす恐れもあろう。
 一方、三菱自は燃費不正に関する社内調査について、国土交通省に3回目の報告を行った。
 本社の性能実験部が、走行データの改ざんを子会社に指示していたことが分かった。不正な測定は、軽自動車以外の9車種中8車種でも行われていた。
 相川哲郎社長は6月末の株主総会で引責辞任する。ユーザーや取引先への甚大な影響を考えれば、当然の対応である。
 三菱自は、「(経営陣の)高い燃費目標を期待する発言が、結果的に不正が生まれる環境を作った」とも認めている。
 社内の風通しが良ければ、不正は防げたのではないか。企業統治体制を確立することが、三菱自の再生に欠かせない。
ページのトップへ戻る



産経新聞 2016.5.20 05:02
【主張】相次ぐ燃費不正 世界の信頼裏切る行為だ


 燃費性能を偽装していた三菱自動車に続き、スズキも燃費データを不正に測定していたことが発覚した。
 自動車の基本性能をめぐる不正が相次いだ事態は深刻である。世界に冠たる日本の自動車産業に対する信頼を自ら裏切る行為というほかない。再び信用を勝ち取ることは容易ではなく、業界を挙げて不正の追放に力を尽くすべきだ。
 スズキは、国の規定とは異なる不適切な方法で燃費試験データを測定していた。不正の対象は現在販売中の全16車種の210万台以上だという。ただデータの改竄(かいざん)は行われず、実際の燃費も「誤差の範囲」として、生産・販売は継続するという。
 同社のテストコースは海に近いため、風などの影響によって法定条件下での試験が難しかったと釈明しているが、言い訳にもならない。自らの都合で必要な設備を設けなかったことなどが原因であり、顧客の信頼を損なう行為に変わりはない。
 三菱自では、開発担当の管理職が子会社にデータ改竄を指示するなど、不正を認識していた実態も浮かび上がった。リコール隠しなどを繰り返した企業体質はそのままだったということだ。これを根本的に改めなければ、もはや社会的な存在として認められまい。
 さらに燃費を偽装していた軽4車種に加え、新たに5車種で法律で定められた実走試験を省き、机上計算したデータを不正に使用していた。三菱自も燃費性能にはほとんど影響はないと説明し、生産・販売は続けるという。
 だが開発競争が激化する中で、度重なる燃費目標の引き上げが不正を招いた一因だったことは同社も認めている。相川哲郎社長の引責辞任も当然だろう。
 三菱自の改革は、筆頭株主となる日産自動車も責任を負う。開発責任者の派遣だけでなく、法令順守の徹底や不正を許さない社内風土の構築が不可欠だ。ビジネスの利潤追求に終わるようでは日産の信用にも傷がつきかねない。
 自動車各社に燃費不正の有無の確認を求めた国土交通省は「2社以外に不正の報告はなかった」としている。メーカーの自己申告に頼った結果が今回の事態を招いた反省はあるのか。
 検査員がメーカーの測定現場に立ち会うなど、不正防止の体制整備も再考すべきだ。
ページのトップへ戻る



[京都新聞 2016年05月20日掲載]
社説:スズキ燃費不正  新車審査の見直し急げ


 今度は軽自動車のトップメーカーである。スズキが現在国内で販売している全車種の燃費データについて、法定以外の方法で算定していたという。
 三菱自動車に続く不正発覚は、日本の自動車メーカーに対する信用を大きく傷つけた。スズキは「燃費値は変わらない」として販売を続ける方針だが、「測定値の誤差の大小ではなく、ユーザーの信頼に応えなかったことが問題だ」(関連会社幹部)という声を深刻に受け止めねばならない。
 会見での説明によると、スズキは2010年ごろから、法律で定められた屋外での走行試験ではなく、屋内で各種装置を使い、燃費を机上計算していた。風の影響がない屋内で効率良くデータを取ることが目的といい、燃費を偽ろうという悪意はなく、測定値の違いは5%前後で「誤差の範囲」だと釈明した。
 説明通りだとしても、法定とは違うやり方ではじき出したデータを使うことは、ユーザーの信頼を裏切るだけでなく、競合メーカーに対しても公正な競争を妨げる行為だ。コンプライアンス(順法)意識が低いと言わざるをえない。
 国の審査のあり方にも問題がある。新車を発売するには、国土交通省外郭団体による安全性や環境性能の試験をパスする必要がある。しかし、燃費算出の基礎となる「走行抵抗値」は各メーカーが自己申告したデータを使っている。三菱自が偽装し、スズキが不正を行ったのも、この走行抵抗値のデータである。
 国交省は三菱自に処分を科すとともに、今後は不正を見抜くための抜き打ち検査を実施する方向だが、現状はメーカー任せになっている新車審査の見直しこそ急務といえる。今回は燃費だが、安全に関するデータにもし不正があり、それを見抜けなければ、深刻な事故につながり、命にもかかわる。審査費用がかさむのなら、各メーカーに負担させればいい。
 迷惑を被るのは、性能を信じて車を買った消費者と、それを扱う販売店だ。スズキは、寄せられる問い合わせに丁寧に答えるのはもちろん、補償や経営支援も含め、誠意ある対応をすべきだ。
 中国や新興国の製品に比べ、日本製は「割高だが品質が良い」のが強みとされてきた。その根底を支える「信頼」という看板を、日本を代表する自動車メーカー自らが傷つけた。三菱自とスズキの経営陣は責任の重さを自覚せねばならない。
ページのトップへ戻る



神戸新聞 2016/05/20
社説:燃費不正拡大/日本車の信頼性に関わる


 三菱自動車に続き、自動車の燃費データに関する不正が発覚した。今度は軽自動車を主力とする自動車メーカーのスズキである。
 国内で販売している27車種全てのデータを、2010年ごろから法令で定められた以外の方法で測定していた。他社に供給した分も合わせ、影響は計約210万台に上る。
 さらに三菱自動車でも、新たにスポーツタイプ多目的車(SUV)を含む5車種でデータ改ざんが確認された。他社より開発に出遅れた軽自動車だけでなく、人気の主力車種に問題が拡大した。事態は深刻だ。
 故障の少ない高品質と燃費の良さが日本車の評価を支えてきた。世界的に開発競争が激化する中で相次いだ不正の発覚は、日本車全体の信頼性を損なう懸念がある。
 国土交通省はスズキに詳細な追加報告を求めた。社を挙げて事実関係を調査し、明らかにすべきだ。
 三菱自動車は相川哲郎社長らの辞任を発表したが、これで幕引きにはできない。原因究明を徹底し、説明責任を果たさねばならない。
 自動車の燃費は、審査機関が屋内の計測機上を走らせて審査する。国が定めた方式で測定するが、空気抵抗値などのデータは、メーカーが屋外で走行試験を行って提出する。
 スズキは屋外でなく室内の装置を使ってデータを取得していた。屋外では風などの影響で結果にばらつきがあるためと釈明する。
 三菱自動車は軽自動車の場合、走行試験で得たデータのうち、低めの数値のみを提出していた。SUVなどは机上計算で済ませていた。
 燃費向上にしのぎを削るのはどの社も同じだ。言い逃れはできない。不正体質を一掃するには組織の見直しに踏み込む必要がある。そうでなければ信頼は回復しない。
 日本の燃費測定方式が実際の走行とかけ離れており、そうした事情もデータ操作の背景にあるとされる。エアコンもライトも使わず、渋滞のない平らな道をまっすぐ走る。そんな現実離れした条件での測定値と比べ、実際に市街地などを走った燃費は平均2~3割悪いという。日本自動車工業会もそうした事実を認め、ネットなどで公表した。
 数字だけの競争は意識をゆがめ、消費者を置き去りにしかねない。国交省は、米国のように実際の走行に近い測定方式に改めるべきだ。
ページのトップへ戻る

//////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : スズキ 燃費不正 新車 審査

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン