2016-05-28(Sat)

大韓航空機出火事故 羽田空港 緊急脱出 19人けが

滑走直後に破裂音 滑走600m エンジン部品散乱

□滑走600メートルで異常 部品散乱、停止まで700メートル
-----羽田空港で離陸滑走中の大韓航空機エンジンから出火した事故で、離陸滑走開始後、約六百メートル進んだ付近で異常が発生し、停止するまでに約七百メートル進んだとみられることが二十八日、運輸安全委員会への取材で分かった。
滑走路の約六百メートル地点周辺にエンジン部品が集中して散乱、そこから約七百メートルにわたりタイヤ痕が付いていた。
(東京新聞) 

□滑走直後に破裂音 エンジン異常か
-----東京都大田区の羽田空港で二十七日、離陸滑走していた大韓航空のボーイング777-300型の左翼エンジンから出火した事故で、同機が滑走を始めた直後に「ボン」という破裂音があったことが乗客への取材で分かった。

国土交通省は重大インシデント(事態)と認定し、運輸安全委員会は事故調査官四人を現場に派遣した。
同委員会によると、C滑走路(三千三百六十メートル)の三百メートル付近で左翼エンジン後部の多数の部品がエンジンカバーを突き破って落ちており、この付近で異常が発生したとみて原因を調査している。
(東京新聞)




以下引用

東京新聞 2016年5月28日 夕刊
大韓機出火 滑走600メートルで異常 部品散乱、停止まで700メートル
 羽田空港で離陸滑走中の大韓航空機エンジンから出火した事故で、離陸滑走開始後、約六百メートル進んだ付近で異常が発生し、停止するまでに約七百メートル進んだとみられることが二十八日、運輸安全委員会への取材で分かった。滑走路の約六百メートル地点周辺にエンジン部品が集中して散乱、そこから約七百メートルにわたりタイヤ痕が付いていた。
 安全委は二十八日も羽田空港での調査を続け、客室乗務員から事情を聴いた。機長からは既に聴取しており、今後フライトレコーダー(飛行記録装置)なども解析して、詳しい経緯や原因を調べる。
 国土交通省などによると、大韓航空のボーイング777は、二十七日午後零時四十分ごろ、C滑走路(三千三百六十メートル)南端から北西に向けて滑走を開始。左エンジンから出火したため、南端から約千三百メートルの地点で停止。消火作業を行い、乗客乗員計三百十九人は、シューターで緊急脱出した。
 安全委の調査で、タイヤ痕は約六百メートル進んだ付近から始まっており、その周辺に部品が最も散乱していた。この付近でエンジン内部にトラブルが起き、その後、出火したとみられる。
 タイヤ痕は鮮明で、ブレーキが強くかかったためだという。通常、パイロットは出発前に、離陸滑走中にエンジン出力を下げると、自動で最大ブレーキがかかるよう機器を設定するため、この機能が働いたとみられる。
 エンジン最前部にある、プロペラ状の「ファンブレード」に明らかな傷はなく、鳥などの死骸も見つからなかった。
 エンジンは米国プラット・アンド・ホイットニー社製で、安全委の調査官は「なぜエンジンが破損したのか、メーカーの協力を得ながら解明したい」と話している。

NHK 5月28日 6時24分
大韓航空機 ブレーキ痕700m 部品散乱
27日、羽田空港を離陸滑走中の大韓航空機の左エンジンから火が出て乗客が緊急脱出したトラブルで、滑走路にはおよそ700メートルにわたってブレーキをかけた跡が残り、この間に壊れた左エンジンの部品が散乱していることから、国の運輸安全委員会が当時の状況を調べています。
 27日昼すぎ、羽田空港で、ソウル・キンポ(金浦)行きの大韓航空2708便、ボーイング777型機が離陸滑走中、左エンジンから火が出て離陸を中断しました。
 この便には乗客乗員319人が乗っていましたが、全員が緊急脱出し、東京消防庁によりますと、12人が足を打つなどのけがをして病院に運ばれました。
 このトラブルで、国の運輸安全委員会が27日、現場の状況を調べたところ、滑走路にはおよそ700メートルにわたって、ブレーキをかけた際にできたタイヤの跡が残っていたということです。
 また、この間に壊れた左エンジンの部品が散乱していて、特にブレーキをかけ始めた地点に多くが散らばっていたということです。
これまでの調査で、出火した左エンジンは、外側を覆うケースが壊れ、エンジン内部の部品が外に飛び出し、周囲に散乱していたことが分かっています。
 また、離陸の際、旅客機はエンジン出力を最大にして滑走を開始しますが、複数の乗客が、離陸滑走中に大きな音がしたと証言していることから、運輸安全委員会が当時の状況を調べています。


日本経済新聞 2016/5/28 13:24
大韓機出火、滑走600メートルで異常発生か 急ブレーキ痕
 羽田空港大韓航空機の左翼エンジンから出火した事故で、機体が滑走を始めて600メートルほどの地点で異常が起きたとみられることが28日、運輸安全委員会などへの取材で分かった。同地点に多数のエンジン部品が散乱していた。機体はそこで急ブレーキがかかったとみられ、700メートルほど進んで停止した。
 安全委などによると、事故を起こした大韓航空機は27日午後0時40分ごろ、同空港のC滑走路南端から北西に向けて滑走を開始。エンジンから出火したため、南端から約1300メートルの位置で停止した。南端から約600メートルの地点ではエンジンの部品が集中して散らばり、そこから約700メートルにわたってタイヤ痕が残っていた。600メートルの地点でエンジンに異常が発生したとみられる。
 安全委の調査ではタイヤ痕は明確に残っており、急ブレーキがかかった可能性が高いという。通常、飛行機が離陸する際には推進力を生み出すためエンジンの出力を最大まで引き上げる。エンジンに異常が発生し出力が下がった際は急ブレーキがかかるようあらかじめ設定しておくため、この機能が作動したとみられる。
 出火時の画像を解析した元日本航空機長で航空評論家の小林宏之さんによると、事故機の速度などから本格的な離陸態勢に入る前だったとみられる。「エンジンの内部に何らかの異常が生じたか、鳥や滑走路上に落ちていた異物を吸い込んで破損した可能性が高い」と話す。
 安全委によると、エンジンの前部にある「ブレード」というプロペラ状の部品には傷がなく、現時点でエンジン内部から鳥などの死骸は見つかっていない。
 安全委はフライトレコーダーを回収するとともに機長や乗務員らからも聞き取り調査をして、事故の原因特定を進める。またエンジンを製造した米国のメーカーとも協力して部品の解析を進める方針だ。
     ◇
 事故により多くの欠航便が出た羽田空港は28日、ほぼ通常運航に戻った。


朝日新聞 2016年5月28日05時00分
緊急脱出、19人けが 大韓機、エンジン出火 羽田
 27日午後0時40分ごろ、東京・羽田空港のC滑走路で、離陸のため滑走中だったソウル・金浦(キンポ)行き大韓航空2708便(ボーイング777―300型機、乗客乗員計319人)の左エンジンから出火した。同機は非常停止し、乗客らは滑り台(シューター)で緊急脱出した。19人が打撲などのけがをし、12人が救急搬送されたが、重傷者はいなかった。
 国の運輸安全委員会は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定し、航空事故調査官4人を現地に派遣した。谷口岳史・統括航空事故調査官によると、左エンジン内が焼け、滑走路にタイヤのブレーキ痕が約700メートル残っていた。左エンジン内の部品が外側のカバーを突き破って滑走路上に散乱し、ブレーキ痕の始まった辺りに多く固まっていた。
 国土交通省や大韓航空によると、同機は離陸走行を始めた直後、管制塔から「左エンジンに炎が見える」と連絡が入り離陸をやめた。コックピット内の計器でも異常を確認した。この日午前のソウルからのフライトや、その後の点検で異常はなかった。機体は1999年に導入し、出火したエンジンは1年6カ月前に交換していた。
 警察庁によると不審物は見つからず、テロなど事件性を示すものは確認されていない。
 ■爆発音、火柱噴き出す
 福島県本宮市の建設会社社長、伊藤幸夫さん(66)は左翼後方の窓際の席で、エンジン付近を眺めていた。機体が滑走路を進み、離陸に向けて加速を始めた直後だった。「ドーン」。爆発のような音とともにエンジンから火柱が噴き出した。炎はすぐに消えたが、窓の外は煙で真っ白に。急ブレーキがかかり、シートベルトを締めていた体が前のめりになった。「エンジンに何かあったんだ。まずい」
 飛行機が停止し、数分が流れた。ほとんどの乗客は座ったままで、逃げたり叫んだりする人はいなかったという。「機内は落ち着いているようだった」と伊藤さんは話す。
 後方座席にいた横浜市の女性(21)はブレーキで異変に気づいた。プラスチックの焦げたようなにおいがした。「何かあったのか」。まもなく駆けつけた消防車から消火剤がまかれ、乗務員が緊急脱出用出口への誘導を始めた。「ゴーアウト」「こっちだ」。乗務員と乗客の声が飛び交った。宇都宮市の野口亜樹さん(29)は脱出用のシューターで機外に出ると、ほかの乗客と滑走路脇の草むらに集まった。すぐに乗務員から「爆発があるかもしれないから、もっと離れて」と指示が飛んだ。さらに数百メートル離れた海側に移動し、2時間ほど雨の中の屋外で待った。
 その後、乗客はバスでターミナルに移り、多くは27日夜の代替便でソウルに向かった。払い戻しの列に並んだ野口さんは「サミットの厳戒態勢の中で『もしや』と一瞬頭をよぎった。大事に至らず不幸中の幸い」。埼玉県の杉中尚平さん(59)は「事故は離陸直前だった。あと10秒遅ければ海に落ちていたかもしれない。九死に一生を得た思い」。
 ■滑走路一時閉鎖、計406便が欠航
 羽田空港では、C滑走路が約6時間閉鎖され、ほかの3本の滑走路も2時間ほど運用を見合わせた。日本航空や全日空によると、国内線計406便が欠航し、7万人以上に影響が出た。
 ■整備不良か、異物吸入か
 航空評論家で元日本航空機長の小林宏之さんの話 エンジン部品の亀裂など機械的な整備不良か、鳥や先行機の部品をエンジンに吸い込んだことが原因ではないか。パイロットは異常を知ってすぐに離陸を断念し、乗客を速やかに脱出させており、判断は適切だった。


東京新聞 2016年5月28日 朝刊
大韓機出火 滑走直後に破裂音 エンジン異常か
 東京都大田区の羽田空港で二十七日、離陸滑走していた大韓航空のボーイング777-300型の左翼エンジンから出火した事故で、同機が滑走を始めた直後に「ボン」という破裂音があったことが乗客への取材で分かった。国土交通省は重大インシデント(事態)と認定し、運輸安全委員会は事故調査官四人を現場に派遣した。同委員会によると、C滑走路(三千三百六十メートル)の三百メートル付近で左翼エンジン後部の多数の部品がエンジンカバーを突き破って落ちており、この付近で異常が発生したとみて原因を調査している。
 東京消防庁などによると、乗客三百二人と乗員十七人はシューターで脱出するなどして避難した際、二十~七十代の男女十九人がけがをし、腰を打つなどした十二人が病院に搬送された。重傷者はいないという。警視庁によると、同機から不審物などの事件性を示すものは見つからなかった。
 国交省などによると、同機はC滑走路を南東から北西に向けて離陸滑走中にエンジンから出火しているのを管制官が気付き、機長に連絡。同機は急ブレーキをかけ滑走路の千メートル付近で停止した。消防隊が約三十分後に消し止めた。
 C滑走路は午後六時二十分すぎまで閉鎖され、残り三本の滑走路も約二時間にわたり、運用を停止。約三百便が欠航した。
 大韓航空によると、機体は一九九九年に就航し、過去にトラブルはない。日本地域本部(港区)の妹島禎也(せじまさだや)・旅客チーム次長は「乗客にご迷惑をかけ、滑走路閉鎖を招いてしまい、心からおわび申し上げます」と謝罪した。
◆エンジン故障か 異物吸い込みか
 元日本航空機長で航空評論家の小林宏之さんは「エンジン自体の機械的トラブルか、エンジンが鳥や異物を吸い込み、不完全燃焼を起こした可能性がある」と指摘した。事故を起こしたボーイング777は、各国の航空会社が導入しており信頼性が高いといい「航空機固有の問題とは考えにくい」という。
 元日航客室乗務員の航空評論家、秀島一生さんは「満員に近い状態だったが、客室乗務員による乗客の避難誘導は適切に行われたと思う。ただ、離陸前は大量の燃料を積んでおり、引火すれば大きな火災となる危険性はあった。整備が適切だったかなどが焦点となるだろう」と話した。


NHK 5月27日 21時14分
大韓航空機「加速中に爆発音」複数乗客が証言
大韓航空機のエンジン部分から火が出たトラブルで、複数の乗客が滑走路で加速している時に何かが爆発したような大きな音を聞いていたことが分かりました。
大韓航空機のトラブルでは、乗客乗員319人がシューターを使って緊急脱出し、東京消防庁によりますと、このうち26歳から74歳までの男女12人がけがをして病院に運ばれました。
 NHKが乗客に取材したところ、複数の乗客が滑走路で加速している途中、何かが爆発したような大きな音を聞いていたことが分かりました。このうち、火が出た主翼の付け根部分の窓際の席に座っていたという66歳の日本人の男性は「加速している途中に窓から翼を見ていたらパーンという乾いた音とともに炎が上がるのが見えた。その後、白い煙が上がった」と話していました。
 また、主翼が見える位置に座っていた韓国人の46歳の女性は「離陸に向けて加速し始めたところで、タイヤがパンクするような音がして、機体が止まった。その後、主翼のエンジンの辺りから白い煙が上がり、10秒ほどで黒煙に変わった」と話していました。エンジン近くの座席に座っていた女性は、「ボーンという音がしたあと、エンジンから煙と炎が上がるのが見えた。爆発音は1回だけで、炎が上がったあとに急ブレーキがかかった」と話していました。


日本経済新聞 2016/5/27 20:16 (2016/5/28 1:02更新)
大韓機エンジン異常か 羽田出火事故、滑走路に部品散乱
 東京都大田区の羽田空港で27日、大韓航空機の左翼エンジンから出火した事故で、エンジンの多数の部品が外側を覆うカバーを突き破って滑走路上に散乱していたことが分かった。同日午後から現場の調査を始めた運輸安全委員会が明らかにした。安全委は、離陸へ滑走開始直後にエンジン内部で異常が起こった可能性が高いとみている。
 事故が起きたのは、羽田発ソウル行きのボーイング777型機。乗客302人、乗員17人の全員がシューターで脱出した。東京消防庁によると、脱出時などに20~70代の男女19人が打撲などの軽傷を負ったり体調不良を訴えたりした。
 国土交通省は、大規模な事故につながりかねない重大インシデントと認定。運輸安全委は航空事故調査官4人を羽田空港に派遣した。韓国の国土交通省も状況確認のため、監督官1人を同空港に派遣することを決めた。大韓航空は27日夕、乗客輸送のため韓国の金浦空港から代替機を羽田に飛ばした。
 運輸安全委によると、航空機が停止した約700メートル手前からエンジン関連の部品が散乱していたほか、ブレーキ痕もあった。「滑走開始直後に破裂音が聞こえた」との乗客の証言もある。安全委は機長らから事情を聴くとともに、フライトレコーダー(飛行記録装置)などを解析して詳しい出火原因を調べる。
 警察庁によると、テロの兆候を示す情報は把握していないという。
 事故を受け、羽田空港はA~Dの4滑走路を全面閉鎖。約2時間後にC滑走路を除く3本の運用を再開し、C滑走路も午後6時20分すぎ、発着を始めた。午後8時時点で300便が欠航し、54便が目的地を変更するなどの影響が出た。


毎日新聞2016年5月27日 21時28分(最終更新 5月27日 22時46分)
大韓航空機出火
左側第1エンジンに大きな損傷
出火し、黒く焼けた跡が残る大韓航空機2708便の左エンジン=東京都大田区の羽田空港で2016年5月27日午後7時5分、竹内紀臣撮影
 319人の乗員乗客を乗せた機体に何が起きたのか。27日午後0時半ごろ、東京・羽田空港の滑走路で、離陸のため滑走していたソウル・金浦空港行き大韓航空2708便(ボーイング777−300型機)の左エンジン部分から出火した。機体を調べた運輸安全委員会によると、出火した左側の第1エンジンには大きな損傷があり、内部の部品がエンジン外側を覆うケースを突き破って飛び出していた。専門家からは、何らかの原因で燃料が漏れて出火につながったとの見方が出ている。
 重大な航空機事故の8割は、離陸時の3分と着陸態勢に入った8分の計11分間に集中し、「魔の11分」と呼ばれる。速度が不十分で機体がなかなか安定せず、パイロットが手動で行う操作も多い。そのため、突発的な事象が起きやすいとされるが、今回も離陸滑走の開始直後にトラブルが発生した。
 元日本航空機長で航空評論家の杉江弘さんは、金属疲労した部品が破断するなどしてエンジン内部が損傷し、燃料が漏れることで火災につながったとの可能性を示した。「映像を見る限り、エンジン後部の排気口に火災の跡はなく、鳥や金属などの異物を吸い込んだ可能性は低い」と話す。
 元日航整備訓練部長の高橋成男・第一工業大教授(航空機整備)も「何らかの原因で燃料が燃料タンクや配管から漏れるなどして、出火につながった可能性もある。整備記録などを精査する必要がある」と指摘した。【高橋昌紀、五味香織】


毎日新聞2016年5月27日 13時20分(最終更新 5月27日 18時34分)
大韓航空機出火 乗客、懸命の脱出…「逆噴射後、火噴く」
 東京都大田区の羽田空港で27日午後、離陸に向けて滑走していた大韓航空機から煙が出て、乗客が脱出する事故が起きた。乗客は全員避難して無事だったが、消防の消火作業を不安そうに見つめた。首都の玄関口は緊迫した雰囲気に包まれた。
 事故を目撃した航空会社の社員によると、事故機は離陸のために滑走していたが、滑走路を3分の1ほど走ったところで突然スピードを落とし、エンジンを逆噴射した。その瞬間、左エンジンが火を噴いたという。この社員は「何らかのトラブルで離陸できなくなったのだろう。エンジンが異常燃焼し、火災が起きたのかもしれない」と話した。
 滑走路に停止した事故機の左エンジンに向け、消防車が消火剤を噴射した。操縦席の後ろのドアからは脱出用のシューターが下ろされていた。乗客らはシューターから脱出したとみられ、消火中も滑走路のすぐ脇に固まって、消火の様子を見つめていた。
 東京は朝から雨で、事故当時も同様の天候だった。

日本経済新聞 2016/5/27 13:21
大韓航空機のエンジンから出火、けが人なし 羽田空港
 東京都大田区羽田空港3の羽田空港第2ターミナルのC滑走路で27日午後0時すぎ、羽田発ソウル行きの大韓航空機の左翼エンジン部分から出火した。東京消防庁などが消火活動に当たり、午後1時すぎ消火した。乗客と乗員約320人はシューターで脱出するなどして避難した。警視庁によると、けが人はいないという。
 警察庁によると、テロの兆候を示すものは現時点ではないという。
 国土交通省などによると、午後0時20分発の予定だったボーイング777型機。離陸しようと滑走路を走行していたところでエンジンから出火したという。

///////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 大韓航空機 出火 事故 羽田空港 緊急脱出 エンジン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン