2016-09-06(Tue)

2017年度の概算要求 まとめ 101兆4707億円

大型開発軍拡の予算許せぬ  肥大化--財政規律、たが締め直せ

----財務省は6日、2017年度概算要求をまとめた。
一般会計の総額は101兆4707億円と、16年度当初予算に比べて4.9%増えた。
100兆円を超えるのは3年連続。

財政投融資もリニア中央新幹線の前倒し費用など大型案件の計上で22.5%増の16兆5209億円となった。
(日本経済新聞)

<各紙社説・主張>
中国新聞)概算要求の肥大化 財政規律、たが締め直せ(9/4)
しんぶん赤旗)概算要求100兆円超 大型開発と軍拡の予算許せぬ(9/4)

平成29年度一般会計概算要求・要望額等(PDF:67KB)
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2017/sy280906.pdf

平成29年度財政投融資計画要求の概要
http://www.mof.go.jp/filp/plan/fy2017/h29youkyugaiyou.htm
平成29年度財政投融資計画要求の概要 [98kb]
http://www.mof.go.jp/filp/plan/fy2017/youkyu01.pdf
平成29年度財政投融資計画要求 [78kb]
http://www.mof.go.jp/filp/plan/fy2017/youkyu02.pdf






以下引用

日本経済新聞 2016/9/6 夕刊
来年度の概算要求、101兆4707億円
 財務省は6日、2017年度概算要求をまとめた。一般会計の総額は101兆4707億円と、16年度当初予算に比べて4.9%増えた。100兆円を超えるのは3年連続。財政投融資もリニア中央新幹線の前倒し費用など大型案件の計上で22.5%増の16兆5209億円となった。
 要求額が最も大きかったのは厚生労働省。16年度当初予算に比べて2.7%増の31兆1217億円を要求した。高齢化で医療や介護に関する費用が増えるほか、保育施設の整備費などを盛り込んだ。国土交通省や防衛省も5兆円を超える予算を要求した。
 財政投融資は16年度の当初計画に比べて約3兆円増えた。14年度以来の概算要求額となった。国交省が要求したリニア向け融資などが全体を押し上げた。


日本経済新聞 2016/9/6 16:29
17年度予算の概算要求総額、101兆4707億円 3年連続100兆円超
 財務省は6日、2017年度一般会計予算の概算要求総額が101兆4707億円になったと発表した。要求総額は3年連続で100兆円を上回った。高齢化で社会保障費が増えるほか、国債の利払いなどに充てる国債費も膨らむ。
 基礎的財政収支の対象経費は76兆8533億円となり、16年度当初予算の73兆1097億円を上回った。省庁別では厚生労働省が8108億円増の31兆1217億円となった。地方交付税交付金などを要求する総務省は16兆6743億円だった。国債費は16年度予算から1兆52億円増の24兆6174億円を計上した。成長戦略などに充てる約4兆円の特別枠には総額3兆8135億円の要求があった。
 財政投融資計画の要求額は16兆5209億円となり、前年度の当初計画から3兆398億円増だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

*********************************



中国新聞 2016/9/4
社説:概算要求の肥大化 財政規律、たが締め直せ


 2017年度政府予算の省庁からの概算要求が、8月末で締め切られた。編成作業が年末に向けて本格化する。菅義偉官房長官は「安倍政権は経済再生と財政健全化という極めて難しい二兎(にと)を追っていく」と、記者会見で強調した。
 両立できれば、この上ない。ただ財政健全化について政府はどこまで本気なのだろう。
 概算要求の総額は101兆円台で、過去最大だった前年に匹敵する水準となった。国債など国の借金が1千兆円超の天文学的な水準に膨らむ中、予算編成のたたき台は3年連続で100兆円の大台を超した。それ自体が財政規律の緩みを象徴しているのではないか。
 高齢化で社会保障費は今後も増え続け、中長期的にも財政の危機的状況は避けられない。無駄な事業を盛り込む余裕など、本来はない。なのに政府は要求額の基準となるシーリングを今回も設けなかった。その結果、省庁があれもこれもと事業を積み上げた感が強い。
 便乗したのが防衛費だろう。5年連続の要求増で過去最大の5兆1685億円に膨らんだ。ミサイル防衛システムの充実や新型潜水艦の建造を盛り込んだ。有事の備えは一定に必要だとしても、国民の幅広い理解や合意がどこまで得られるか。
 1億総活躍社会の実現や成長戦略といった安倍晋三首相が力を入れる政策は4兆円の「特別枠」を設けた。参院選に圧勝し、与党内の歳出拡大圧力は強まっている。中でも「国土強靱(きょうじん)化」の旗を振る二階俊博氏の自民党幹事長就任が影響していよう。
 公共事業でみれば国土交通省の要求分だけでも本年度当初予算に比べ16%増え、6兆円強に達する。二階氏も推進する観光政策や農業土木への大盤振る舞いも目立つ。例えば農林水産省による土地改良の事業費は大幅な上積みとなった。
 何よりの問題は積極財政を続ける財源がどこまであるかだ。消費増税を2度にわたって先送りし、円高が続けば税収減も想定される。首相は歳入確保に楽観的に映る。願うことならそうあってほしいが、皮算用だけで切り盛りするのは危うい。
 国債への依存体質も抜け出せまい。日銀のマイナス金利で国債は発行しやすく、利払いの負担も軽くなった。とはいえ将来へのつけ回しにすぎない。首相は国民に約束した20年度の基礎的財政収支の黒字化を、まさかほごにする気だろうか。財政規律の放棄は許されない。
 概算要求は今後、政府内の調整や財務省査定のふるいにかけられる。4兆円程度を圧縮する方針を示すが、それにとどまらず思い切って精査すべきだ。
 同時に、補正予算で安易に歳出を膨らませる「抜け穴」もふさがなければならない。
 本年度は既に2度の補正で予算規模はさらに5兆円近く膨らんだ。参院選対策もあった節がある。補正は当初予算に比べるとどうしても国会審議のチェックは甘くなりがちだ。
 現に8月に発表された2次補正にはリニア中央新幹線の整備促進や羽田空港の機能強化の費用などが計上された。財源の一つが3兆円近い建設国債で、年度途中の追加発行は4年ぶりとなる。政府が財政再建の旗印を本当に掲げる気なら、規律のたがを締め直す必要がある。
ページのトップへ戻る



しんぶん赤旗 2016年9月4日(日)
主張:概算要求100兆円超 大型開発軍拡の予算許せぬ


 2017年度の予算編成に向けた各省庁の概算要求が出そろい、年末に向けた財務省の査定が始まります。概算要求の総額は101兆円台の半ばの見込みで3年連続100兆円を突破しており、16年度当初予算の96兆7218億円を約5兆円上回ります。とりわけ、大型開発など公共事業費と軍事費が大きく増えています。安倍晋三政権は概算要求で抑制した社会保障費を査定ではさらに削り込もうとしており、財政事情を理由に、大型開発や大軍拡のツケを国民に押し付ける姿勢があらわです。
国の借金で開発を支援
 100兆円を超す概算要求のうち、これまでの国の借金返済や利払いに充てる国債費を除いた政策経費は、約77兆円に上る見込みです。なかでも伸びが大きいのは大型開発など公共事業費を計上した国土交通省の概算要求で、一般会計で16年度予算に比べ1・15倍の6兆6654億円、国が財投債を発行して投資や融資を行う財政投融資で2・21倍の3兆8524億円を計上しています。
 その中身も「物流ネットワークの強化」をうたった首都圏の高速道路整備やコンテナ船、大型クルーズ船などが寄港する港湾の整備、整備新幹線やリニア中央新幹線の建設促進など大型開発が中心です。JR東海が建設するリニア中央新幹線の名古屋―大阪間の建設を前倒しするため、16年度補正予算案に続き17年度予算の概算要求でも1兆5000億円もの財政投融資を予定しています。採算の見通しもなく問題山積の大型開発を、国の借金で賄うものです。
 防衛省が概算要求した軍事費も、5兆円を突破した今年度よりさらに増やされ、5兆1685億円となっています。自衛隊員の人件・糧食費はほぼ横ばいなのに、安倍政権が進める「海外で戦争する国」づくりのため、垂直離着陸機V22オスプレイや水陸両用車AAV7、16式機動戦闘車など、装備の強化が大量に盛り込まれているのが特徴です。最新鋭戦闘機F35Aの取得継続や新たな空中給油機の導入も予定されています。大学などとの「軍学共同」を加速するため、「安全保障技術研究推進制度」に16年度に比べ18倍もの予算が計上されているのも見過ごせません。
 概算要求では、大型開発や軍事費の大盤振る舞いの一方で、社会保障や教育など国民向けの予算は圧迫されています。安倍政権が目玉にしてきた年金の受給資格期間の短縮や給付制奨学金の創設は検討中ということで概算要求にはありません。厚生労働省の概算要求は過去最大の31兆1217億円となっていますが、1兆円程度に上るといわれる高齢化等に伴う負担増額(自然増)を6400億円に圧縮し、財務省はこれからの査定でさらに5000億円程度に切り縮める計画です。社会保障の水準が維持できないのは明らかです。
安倍政権に任せられない
 国民から集める税金や国の借金で賄う予算は国の政治そのものです。大企業が潤う大型開発や軍事費には大盤振る舞いしながら社会保障費は圧縮する概算要求は、国民に冷たい安倍政治の証明です。
 100兆円もの財政を野放しで拡大する政治はいつまでも続きません。借金で財政が破綻し、国民に大増税が押し付けられるのは必至です。安倍政権に政治が任せられないのはいよいよ明らかです。
ページのトップへ戻る

///////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 2017年度 概算要求 大型開発 軍拡 財政規律 財政投融資 財務省 国交省

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン