2016-09-17(Sat)

自動車燃費不正 再発防止策 罰金・生産停止盛る 

型式指定」審査 虚偽申請 30万円以下罰金 生産停止

----三菱自動車とスズキの燃費不正問題で、国土交通省は16日、最終的な再発防止策をまとめた。
自動車の量産に必要な「型式指定」の審査で虚偽申請した場合、30万円以下の罰金を科すなど処分の厳格化が柱。

同省の審査部門に直結した通報窓口を新設するほか、前倒しで燃費測定法を見直すことも盛り込んだ。
 
国交省は同日、道路運送車両法に基づく省令を改正。
メーカーの虚偽申請などの不正行為が発覚した場合、30万円以下の罰金を科したり、車を一定期間生産できなくしたりする処分規定を盛り込み、即日施行した。これまで虚偽申請についての罰則は明文化されていなかった。
 
メーカーが国に提出するデータの測定試験時に、国の検査機関の職員が抜き打ちで立ち会ったり、型式指定取得後も申請過程での不正の有無を調査したりするなど、監査体制も強化。

同省のホームページを通じて、担当課に不正を直接通報できる窓口も新設する。
(日本経済新聞)

最終とりまとめ(概要)(PDF形式:177KB)
http://www.mlit.go.jp/common/001145948.pdf





以下引用


「自動車の型式指定審査におけるメーカーの不正行為を防止するためのタスクフォース」最終とりまとめの公表について
平成28年9月16日
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002370.html
今般発覚した一連の自動車の型式指定審査における燃費試験の不正行為を踏まえ、4月28日に設置した「自動車の型式指定審査におけるメーカーの不正行為を防止するためのタスクフォース」において6回にわたって議論を行い、外部有識者の意見等を踏まえつつ、型式指定審査におけるメーカーの不正行為を抑止・防止するために必要な措置をまとめた「最終とりまとめ」が策定されましたので、別添のとおり公表いたします。

【最終とりまとめの概要】
○メーカーの不正行為を防止するための審査方法の見直し
型式指定審査の一環として、メーカーが提出するデータの測定時に、機構が抜き打ちでの立ち会い等によるチェックを行い、問題がある場合には、機構が不正の有無について技術的検証を実施する。
・不正行為が発覚したときは、当該申請の却下、法令上の不利益処分、罰則の適用等の厳しい制裁措置をとる。
・不正を行ったメーカーに対し、一定期間機構が立ち会う審査を増やす等、以後の型式指定審査を厳格化する。
・国が行う型式指定監査において、型式指定後も不正の有無を確認する。
・更なる不正行為の抑止対策として、型式指定に関する罰金額の見直しや課徴金制度の導入等について、本最終とりまとめを受けて実施される対策の実施効果等を検証しつつ検討する。

○その他メーカーの不正行為を防止するために必要な措置
・燃費・排出ガス試験法の国際調和の推進
・ばらつきを抑える趣旨がより明確な走行抵抗測定方法の導入前倒し
・燃費表示方法の改善
・相互承認に関する国際的な調和
・不正行為の通報窓口の設置

添付資料
最終とりまとめ(本文)(PDF形式:646KB)
http://www.mlit.go.jp/common/001145947.pdf
最終とりまとめ(概要)(PDF形式:177KB)
http://www.mlit.go.jp/common/001145948.pdf

国土交通省自動車局審査・リコール課 盛田、蛯原
TEL:03-5253-8111 (内線42312、42323)

***************************

日本経済新聞 2016/9/16 20:27
罰金生産停止盛る 国交省、燃費不正再発防止策
 三菱自動車とスズキの燃費不正問題で、国土交通省は16日、最終的な再発防止策をまとめた。自動車の量産に必要な「型式指定」の審査で虚偽申請した場合、30万円以下の罰金を科すなど処分の厳格化が柱。同省の審査部門に直結した通報窓口を新設するほか、前倒しで燃費測定法を見直すことも盛り込んだ。
 国交省は同日、道路運送車両法に基づく省令を改正。メーカーの虚偽申請などの不正行為が発覚した場合、30万円以下の罰金を科したり、車を一定期間生産できなくしたりする処分規定を盛り込み、即日施行した。これまで虚偽申請についての罰則は明文化されていなかった。
 メーカーが国に提出するデータの測定試験時に、国の検査機関の職員が抜き打ちで立ち会ったり、型式指定取得後も申請過程での不正の有無を調査したりするなど、監査体制も強化。同省のホームページを通じて、担当課に不正を直接通報できる窓口も新設する。
 2018年10月に導入予定だった国際統一基準に基づく燃費測定方法を、来年3月末までに前倒しで導入することも決めた。現在、燃費の基準データは3回分の平均値をとることになっているが、3回のうちどの結果を選ぶかは明記されていない。三菱自は問題発覚後の再測定で、数十回試験して良好な値を使う不正をしていた。新基準では全試験の平均値を使うことが義務付けられる。
 三菱自の再測定での不正について、石井啓一国交相は16日の記者会見で「法令順守と再発防止への姿勢に疑問を抱かざるを得ず極めて深刻な状況」と批判した。


ロイター 2016年 09月 16日 18:59 JST
虚偽申請の罰則明確化、車の生産停止罰金=国交省が三菱燃費不正
[東京 16日 ロイター] - 国土交通省は16日、三菱自動車 やスズキ の燃費不正問題を受けた再発防止策を公表した。自動車メーカーが燃費データなどで虚偽の申請を行った場合は、対象車両の生産・販売を一時停止させ、30万円以下の罰金を科す。これらの罰則の適用を同日から始めた。また、メーカー側が実施するデータ測定の走行試験も抜き打ちで立ち会って検査する。
自動車メーカーは車種ごとに国交省による「型式指定」を受けることで初めて量産や販売ができる。この型式指定の効力を一時的に停止し、生産や販売ができないようにする。これまでは保安基準に不適合だったり、均一に生産できない場合に型式指定を取り消すことはできたが、虚偽申請に対する罰則は明確になっていなかった。同省は16日付で道路交通車両法に基づく省令を一部改正、施行した。
燃費不正問題をめぐっては、三菱自やスズキが燃費の算出に必要な路面との摩擦や空気抵抗を示す「走行抵抗値」と呼ばれるデータを法令違反の方法で測定したり、三菱自はデータを改ざんするなどし、国交省に虚偽の申請を行っていた。同省はこの問題を踏まえ、専門家などからなる作業部会を立ち上げ、再発防止策の検討を重ねてきた。特に悪質だった三菱自に対し、同省は不正が発覚した車両の販売自粛を指示。同社も要請に応じたが、法的な拘束力はなかった。 (白木真紀、田実直美)


毎日新聞2016年9月16日 西部夕刊
三菱自動車
燃費不正巡り、国交省が省令改正 虚偽データに罰金
 国土交通省は16日、三菱自動車の燃費データ不正問題を巡り、再発防止策を公表した。道路運送車両法の改正省令を16日施行し、虚偽データを提出したメーカーに最大30万円の罰金を科す。不正に関与したメーカーには審査の停止や厳格化などの制裁措置を取るため、生産・販売計画に影響が出る恐れがある。
 国交省はメーカーによる燃費データの虚偽申請を想定しておらず、明確に禁じる条文はなかった。今後、メーカーが自己申告する燃費以外のデータについても抜き打ち調査を実施して確認する。
 更に、燃費性能の基礎データである「走行抵抗値」の計測方法に関し、2018年に採用予定だった国際基準を前倒しして今年度中に採用。国際基準はメーカーが走行抵抗値を計測する際の計測回数やデータの選び方を明確に規定している。
 三菱自は軽自動車4車種の燃費偽装を公表した後、販売中の9車種の燃費を再測定した。その際の抵抗値の計測で、本来なら5回の走行試験の平均値を使うべきなのに、最大70回の走行を繰り返して有利なデータだけを使った。【内橋寿明】


SankeiBiz 2016.9.17 05:00
国交省 三菱自は相次ぐ不正、実効性課題
 国土交通省は、自動車の販売戦略に影響を与える生産停止措置を導入するなど処分を厳格化することで、燃費不正への抑止力を高めることを狙う。ただ三菱自動車については、問題発覚後も不正な燃費測定をしていたことも明らかになっており、どれだけ実効性を確保できるのか不透明だ。
 自動車の燃費の優劣は、消費者が購入する車を選ぶ際の重要な判断基準の一つであり、長年にわたって不正を続けてきた三菱自は消費者の信頼を大きく裏切った。
 さらに、三菱自としての再発防止策をまとめ、信頼回復に向けて再出発した直後に、再測定でも不正をしていたことが判明した。
 国が適切な測定方法を説明した後も、担当者が自社のやり方で問題はないと勝手に解釈していたといい、法令順守の意識を失った企業の再生が容易でないことが改めて浮き彫りになった。
 三菱自のような虚偽報告を他のメーカーがした場合、膨大な車種の中から、国が導入する抜き打ち検査で見抜けるかという課題も残る。罰金の最高額が30万円では、抑止力にならないとの指摘もある。
 経営者から現場の隅々まで意識を変革するには長い時間がかかる。三菱自は二度と不正を起こさないという強い決意で再発防止に取り組まねばならず、国は他のメーカーも含め厳しくチェックしていくことが求められる。


NHK 9月16日 14時46分
燃費不正 対象車種の販売を一定期間不可の罰則
自動車メーカーの三菱自動車工業とスズキの燃費の不正問題を受け、国土交通省は、メーカーが虚偽の燃費データを国に申請した場合、一定期間、対象の車種を一般向けに販売できないようにする罰則を適用することになりました。
三菱自動車とスズキの燃費の不正問題を受け、国土交通省は専門家を交えた作業部会で検査制度の見直しを検討し、16日、最終の取りまとめを公表しました。
 それによりますと、省令に基づく罰則の対象に燃費の不正も含めることとし、不正があった場合、同一の車種を大量生産するための「型式指定」を停止して、一定期間、対象の車種を一般向けに販売できないようにするほか、30万円以下の罰金を科すことになりました。これらの罰則は16日から適用が開始されました。
 また、国土交通省は、燃費不正の防止策として、法律で定められた検査機関が、自動車メーカーの燃費の測定に抜き打ちで立ち会ってチェックする措置を導入し、今後、効果を検証することになりました。
 このほか国土交通省は、より厳格な国際基準に基づいて燃費データを測定する方法を、当初の予定より1年半前倒しして来年3月から導入することを決めました。


時事通信(2016/09/16-15:57)
虚偽申請で制裁強化=燃費不正問題、省令改正で-国交省
 三菱自動車の燃費不正問題で、石井啓一国土交通相は16日の閣議後記者会見で、燃費データなどで虚偽申請があった場合に型式指定の効力を停止するなど、制裁措置を強化したと明らかにした。同日付で自動車型式指定規則などを省令改正した。
 型式指定は車の大量生産に必要で、停止されると自動車メーカーは生産や販売ができなくなる。罰則も導入し、違反したメーカーに30万円以下の罰金を科す。

中日新聞 2016年9月16日 夕刊
虚偽申請で車生産停止 三菱自など不正、処分を厳格化
 国土交通省は十六日、三菱自動車とスズキの燃費不正問題を受けた再発防止策の最終報告書をまとめた。メーカーが虚偽申請した場合、自動車の生産を停止させる措置を導入し、三十万円以下の罰金の対象とするなど処分の厳格化が柱。メーカーが行う走行試験の抜き打ちチェックも行い、不正防止の効果を高める。生産停止措置や三十万円以下の罰金を盛り込んだ道路運送車両法の改正省令を十六日に施行した。
 石井啓一国交相は記者会見で、三菱自動車が再測定でも不正をしていたことに「法令順守と再発防止に対する疑問を抱かざるを得ない。極めて遺憾かつ深刻な状況だ」と厳しく批判した。
 これまでは燃費データの虚偽申請が発覚しても、国が自動車メーカーの生産を止めたり、罰金を科したりすることはできなかった。三菱自動車は自主的な判断で生産や販売を停止していた。
 生産停止措置は、車の量産に必要な「型式指定」の効力を一時停止する。新車の販売前に虚偽申請があった場合は、国が実施する審査を中断することとし、自動車メーカーの販売戦略や生産計画に影響を及ぼすことを明確にした。
 自動車の燃費測定は、データにばらつきが出やすいことが問題になっていたため、国交省は実際の走行状況に近い燃費を示す測定方法を当初予定の二〇一八年十月から一六年度中に前倒しして導入する。
 <三菱自動車の燃費不正問題> 三菱自動車が燃費を実際より良く見せる目的で、不正なデータを国に提出していた問題。過去10年間に販売した全車種でデータ改ざんなどの不正を行っていた。さらに問題発覚後、販売中の9車種の燃費を再測定した際、国の指導とは異なる方法で測定を続けていたことも新たに判明した。



朝日新聞 2016年9月16日07時34分
制裁措置・抜き打ち調査も 国交省の燃費不正再発防止策
 国交省が検討している燃費不正の再発防止策の最終案がわかった。虚偽のデータを提出したメーカーに30万円以下の罰金を科せるようにするほか、不正をしたメーカーの審査を厳しくするなどの「制裁措置」も盛り込む。
 「燃費審査厳格化」として、近く発表する。道路運送車両法では、罰金30万円以下の罰則の条文があるが、燃費審査でのメーカーの虚偽申告は想定しておらず、対象に入っていなかった。月内にも省令を改正し、三菱自のようなデータ偽装も対象とする。
 メーカーが自己申告するデータ測定に対しては、抜き打ち調査も行う。不正発覚時には、再発防止策が整うまで全車種の審査を受け付けない仕組みも設ける。(伊藤嘉孝、奥田貫)

////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 三菱自動車 燃費不正 再発防止策 罰金 生産停止 型式指定

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン