2016-09-26(Mon)

リニア 生存権を侵害 認可取り消し訴訟で口頭弁論 東京地裁

初のリニア差し止め訴訟始まる、原告「環境への影響深刻」 160923

----東京と名古屋の間で11年後に開業する予定のリニア中央新幹線をめぐって、計画に反対する住民が国の認可の取り消しを求めている裁判が東京地方裁判所で始まりました。
裁判にはJR東海も参加し、環境への影響や安全性などをめぐって争われることになりました。

JR東海のリニア中央新幹線は、11年後の2027年に東京・品川駅と名古屋駅の間で開業する予定で、沿線の住民など700人余りは、環境や安全性の問題などを理由に、国が行った計画の認可の取り消しを求める訴えを起こしています。
(NHK)


----川村晃生原告団長は、陳述で残土処理、水枯れ、電磁波などさまざまな被害や自然破壊をもたらすリニア新幹線について、それほどの犠牲を払ってまで必要だという合理的な説明がJR東海や国交省からなされていないと指摘。
「憲法が保障した生存権や人格権、幸福追求権を侵害している」と主張しました。
 
弁護団共同代表の関島保雄弁護士ら6弁護士は、品川―名古屋間286キロメートルの86%がトンネル区間、南アルプスの大深度地下に約50キロものトンネルを建設することで、捨て場の決まらない大量の建設残土の発生、環境破壊、トンネル内の事故で乗客の安全を確保できない問題などをあげ、事業認可の違法性を指摘しました。
 
大阪までの開業(45年)の8年前倒しのために政府による3兆円の財政投融資について、国家事業である実態を明らかにしたものだと指摘。

「多くの問題を抱えるリニア新幹線を、国会の審議を避けるためにJR東海の事業として行ったと考えられ、民主主義に反する」と批判しました。
(しんぶん赤旗)





以下引用


しんぶん赤旗 2016年9月24日(土)
リニア 生存権侵害 認可取り消し訴訟口頭弁論 東京地裁
 JR東海(本社・名古屋市)が計画しているリニア中央新幹線について計画区間沿線の住民らが、国土交通省の工事実施計画認可(2014年10月17日)の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が23日、東京地裁で開かれました。原告と弁護団が、南アルプスをトンネルで貫く自然破壊や安全の問題など、違法性について意見陳述しました。
 訴訟は、東京、神奈川、山梨、長野、静岡、岐阜、愛知の7都県の738人が原告となり、今年5月20日に提訴。この日の口頭弁論には、原告や支援者ら200人余りが傍聴につめかけました。日本共産党の本村伸子衆院議員も傍聴しました。
 川村晃生原告団長は、陳述で残土処理、水枯れ、電磁波などさまざまな被害や自然破壊をもたらすリニア新幹線について、それほどの犠牲を払ってまで必要だという合理的な説明がJR東海や国交省からなされていないと指摘。「憲法が保障した生存権や人格権、幸福追求権を侵害している」と主張しました。
 弁護団共同代表の関島保雄弁護士ら6弁護士は、品川―名古屋間286キロメートルの86%がトンネル区間、南アルプスの大深度地下に約50キロものトンネルを建設することで、捨て場の決まらない大量の建設残土の発生、環境破壊、トンネル内の事故で乗客の安全を確保できない問題などをあげ、事業認可の違法性を指摘しました。
 大阪までの開業(45年)の8年前倒しのために政府による3兆円の財政投融資について、国家事業である実態を明らかにしたものだと指摘。「多くの問題を抱えるリニア新幹線を、国会の審議を避けるためにJR東海の事業として行ったと考えられ、民主主義に反する」と批判しました。
 国交省は、一部原告の訴えの却下、訴えそのものの棄却を求める答弁書を提出しました。

NHK 9月23日 18時34分
リニア新幹線の認可取り消し求める裁判始まる
東京と名古屋の間で11年後に開業する予定のリニア中央新幹線をめぐって、計画に反対する住民が国の認可の取り消しを求めている裁判が東京地方裁判所で始まりました。裁判にはJR東海も参加し、環境への影響や安全性などをめぐって争われることになりました。
JR東海のリニア中央新幹線は、11年後の2027年に東京・品川駅と名古屋駅の間で開業する予定で、沿線の住民など700人余りは、環境や安全性の問題などを理由に、国が行った計画の認可の取り消しを求める訴えを起こしています。
 23日から東京地方裁判所で始まった裁判で、原告団長を務めている慶應大学の川村晃生名誉教授は「リニア中央新幹線が必要だという合理的な説明がなく、憲法で保障されている生存権や人格権などを一方的に侵害されている」と訴えました。
 一方、国は訴えを退けるよう求め、今後の審理で具体的な主張を明らかにする考えを示しました。また国の申し立てに基づいて、JR東海が「補助参加人」として裁判に加わることも決まりました。
 裁判のあと、原告や弁護団は会見を開き、「多くの区間はトンネルで、地震が起きたときの安全の確保などさまざまな問題点があることを裁判を通じて明らかにしていきたい」と述べました。

毎日新聞2016年9月23日 19時23分
リニア訴訟
国が争う姿勢 第1回口頭弁論
 JR東海が建設を進めるリニア中央新幹線について、沿線住民ら738人が国の工事認可取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が23日、東京地裁(古田孝夫裁判長)で開かれ、国は請求を退けるよう主張した。
 国は答弁書で、原告の一部は提訴の前提となる国への異議申し立てをしていないと指摘。その他の原告についても請求を棄却するよう求めた。地裁は21日付でJR東海が訴訟に補助参加することを認めており、今後JR側も意見を述べる。
 第1回弁論では、原告団長の川村晃生慶応大名誉教授(69)が「残土処理や騒音など、工事によってさまざまな被害が起きるが、リニアが必要だという合理的説明がなされていない」と意見陳述。原告代理人の関島保雄弁護士は「政府はJRに3兆円を融資すると表明しており、実質的には国家事業だ。環境や安全の問題で国会審議を経ないのは民主主義に反する」と訴えた。(共同)


TBS  2016年09月23日 19時01分
初のリニア差し止め訴訟始まる、原告「環境への影響深刻」
 11年後に開業を目指している「リニア中央新幹線」の工事計画について、沿線の住民らが国の認可の取り消しを求めた裁判が東京地裁で始まりました。
 「リニア中央新幹線」は、JR東海が2027年に、品川駅と名古屋駅間の開業を目指しています。沿線の住民ら738人が、国の建設工事認可の取り消しを求めた裁判の第1回口頭弁論東京地裁で開かれ、住民らは「東京、名古屋間の86%がトンネル構造となり、環境への影響は深刻だ」などと主張しました。
 一方、国側は、「一部の原告については提訴期限を過ぎている」「具体的な主張は追って明らかにする」などとしました。
 「環境アセスを含め、十分な合理的な説明が事業者からなされていない」(原告側)
 原告によりますと、リニア中央新幹線をめぐって、認可の取り消しを求める裁判は初めてだということです。(23日17:23)

テレ朝news  (2016/09/24 00:10)
リニア新幹線許可取り消し訴訟 第1回口頭弁論
 リニア中央新幹線を巡り、沿線の住民らが国に対して工事の認可を取り消すよう求めた訴訟の第1回口頭弁論が23日に東京地裁で開かれました。
 訴えを起こしているのは、リニア中央新幹線の沿線住民ら700人以上の原告団で、国に対してJR東海の工事実施計画への認可を取り消すよう求めています。23日の第1回口頭弁論で、原告側は「工事計画について、沿線住民への説明が不十分」「自然環境を破壊する恐れがある」などと主張しました。一方、国側は訴えを退けるよう求めました。次回の期日は12月9日に予定されています。

[ 9/23 19:42 山梨放送]
リニア訴訟 国側が争う姿勢
(山梨県)
 リニア建設に反対する市民団体のメンバーらが国に着工認可の取り消しを求めた裁判が23日に始まり、国側が争う姿勢を示した。 この裁判はJR東海の計画は事故発生時の安全対策が不十分であることや、南アルプスの自然を破壊するなどとして、沿線都県の市民団体のメンバーらが国を相手取り、JR東海に出したリニア建設工事の着工認可の取り消しを求めているもの。
 23日に開かれた第1回口頭弁論で、国側は訴えの棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を示した。その上で、詳しい反論は次回以降の裁判で明らかにするとした。このあと、原告側6人の意見陳述が行われ、「JR東海が行なった環境アセスメントは期間が短く、適切に行なったとは言い難い」などと主張した。
 次回の裁判は12月9日に開かれる。


//////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : リニア 生存権 侵害 認可取り消し訴訟 口頭弁論 東京地裁

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン