2016-10-14(Fri)

リニア新幹線 財投資金投入問題 参院予算委 161013

検証もせず 計画ずさん 財投でJR東海に利益供与 辰巳議員が批判

参院予算委 安倍政権の無責任さ浮き彫り
----辰巳議員は、リニア中央新幹線への公的資金3兆円投入について、償還の確実性も検証しないずさんな計画だと追及し、建設認可の撤回を強く求めました。
 
政府は、国の財政投融資を活用してJR東海に総額3兆円を貸し付け、30年後から10年かけて償還させる計画です。
財投は金利が固定化されるため、現状では超低金利の返済となります。

辰巳氏は「JRは、市場金利より低い金利で多額の借金を借り続けられる。利益供与ではないのか」と追及しました。
(しんぶん赤旗)

参院予算委員会 辰巳議員の質問
リニア新幹線財政投融資支援問題を追及
2016年10月13日
https://youtu.be/_51WyHUIPaE





以下引用

しんぶん赤旗 2016年10月14日(金)
参院予算委 安倍政権の無責任さ浮き彫り
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-14/2016101401_01_1.html
検証もせず 計画ずさん リニア新幹線 辰巳議員が批判
 辰巳議員は、リニア中央新幹線への公的資金3兆円投入について、償還の確実性も検証しないずさんな計画だと追及し、建設認可の撤回を強く求めました。(関連記事)
 政府は、国の財政投融資を活用してJR東海に総額3兆円を貸し付け、30年後から10年かけて償還させる計画です。財投は金利が固定化されるため、現状では超低金利の返済となります。辰巳氏は「JRは、市場金利より低い金利で多額の借金を借り続けられる。利益供与ではないのか」と追及しました。
 安倍晋三首相は「調達金利とJR東海から返してもらう金利は同じだから、経営支援ではない」と述べ、民間企業への利益供与を金利の問題にすり替える答弁をしました。
 財政投融資については、2001年の改革で事業の償還確実性の精査、政策コスト分析の導入、情報開示の徹底などを定めました。辰巳氏は、リニア計画調査時(08年)に比べ、人件費、資材価格等が急騰していると指摘。財政制度等審議会も持ち回りの説明だけで済ませている中で「償還の確実性をどう確認したのか」とただしました。
 麻生太郎財務相は、JR東海は優良企業であり「赤字のリニアを抱えても十分償還が確保される」として、リニアは赤字事業だと認めながら、償還確実性については「国交省が工事費の内容などを妥当と判断した」と述べ、確認していないことを認めました。
 辰巳氏は、安易な財投活用が財政負担増を招いたとする政府の資金運用審議会懇談会の報告書を示し、「大型公共事業のバラマキに財投を活用しようというのが安倍政権だ。まったく反省なしだ」と強く訴えました。
 財政投融資 国債の一種である財投債の発行などで調達した資金をもとにした国による投融資制度。長期・固定・低利の資金供給を行います。


しんぶん赤旗 2016年10月14日(金)
論戦ハイライト:財投でJR東海に利益供与 参院予算委 辰巳氏が追及
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-14/2016101402_01_1.html
 日本共産党の辰巳孝太郎議員は13日の参院予算委員会で、リニア新幹線に対するずさんな財政投融資財投)による公的資金の投入計画を追及し、国の認可撤回を求めました。
 リニア新幹線への財政投融資は、JR東海に対し、2016、17両年度に1・5兆円ずつ、計3兆円を超低金利で融資し、30年後から年3000億円ずつ10年で返済するというもの。政府は、同社の金利負担軽減で、大阪への延伸工事着工が最大8年間前倒しできると説明しています。
明らかな支援
 辰巳 国は資金援助せず、JR東海が全額自己資金で貫徹するから認可された事業だ。財政投融資は明らかな支援ではないか。
 石井啓一国交相 貸し付けた資金は利払いされ、元本も全額償還される。全額自己負担の前提は変わらない。
 辰巳 金利が上昇すれば、国がもらう利息より(財投調達に)支払う利息が多くなり、国民負担になる恐れがある。JR東海への利益供与ではないか。
 辰巳氏は、公的資金3兆円の「償還の確実性」を財務省は検証したのかと追及。麻生太郎財務相は「国交省が妥当だと判断した」と述べ、財務省としては検証していないことを認めました。
 麻生氏は、JR東海の経常利益が年4900億円あることを理由に「赤字のリニアを抱えても、十分返還されるだけのものが確保されている」とも述べ、リニア事業を「赤字」と認めました。
 辰巳氏は、JR東海の建設費試算について「本当に名古屋まで5・5兆円、大阪まで9兆円で済むのか。リニア新幹線の積算額が妥当なものか、政府が確認する必要がある」と迫りました。
 辰巳氏は、11年に決定した整備計画と14年に認可された工事実施計画を比べ「工事費の算出額がほとんど変わらない」と指摘。11年の計画は、08年のデータをもとに建設費用を算出していることを示し「08年から16年に設計労務単価が33%上昇している。14年の認可時に、08年のデータをもとにしていたとすれば、これほどずさんな計算はない」と批判しました。
前提が崩れた
 辰巳 試算された建設費用が正しいか確認するため、JR東海の最近の工事契約額を明らかにすべきだ。
 石井 民間企業の工事なので公表していない。
 辰巳 これでは、「償還の確実性」の検証もなく融資を決定したも同然だ。
 財投は、かつて不要不急の大型開発に使われ、国民からの批判もあり縮小された経緯があります。辰巳氏は、1997年に資金運用審議会懇談会が「(今後は)景気対策などのために安易に利用されることがあってはなら(ない)」との報告書をまとめたことを紹介。ところが、自民党が7月の参院選で「経済再生」の項目で「今後5年で30兆円」の財投と掲げたことに触れ「まったく反省がない」と批判しました。
 辰巳氏は▽リニア建設はJR東海の自己負担という事業認可の大前提が崩れた▽建設費用、「償還の確実性」についてまともな検証がない▽無秩序に財投を投入しようとする安倍政権の姿勢が露呈した―として、リニア建設の認可取り消しと、建設工事中止を求めました。

/////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : リニア 新幹線 財投 財政投融資 参院予算委

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン