2016-10-23(Sun)

リニア新幹線 大鹿村議会 着工同意 “密室”で僅差

賛成4、反対3 民意をくみとったのか 根強い不安と不信感残し

----JR東海リニア中央新幹線計画の南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)について、下伊那郡大鹿村と村議会が工事開始に同意することを決めた。
これを受け、JRは11月1日に起工式を行うと発表している。

10年余にわたって村民生活に影響を与える工事である。
着工の前提となる確認書をJRと締結する前に、村と議会は内容を村民に十分に周知し、民意をくみとったのか。
手続きへの疑問は残ったままだ。
(信濃毎日新聞 社説)

----「密室」での結論は賛成四、反対三の僅差だった-。
工事車両による生活環境の悪化を懸念する声は根強く、住民の賛否が割れるリニア中央新幹線南アルプストンネル工事。
二十一日、着工同意の是非を非公開で審議した大鹿村議会の判断は、身内の村議からも「村民の反発が出る」と疑問の声が上がった。
(中日新聞)

----住民の生活環境の変化に対する根強い不安や、JR東海への不信感は解消されておらず、工事は異論を残したまま着手されることになる。
(毎日新聞)

<社説>
信濃毎日新聞)リニアに同意 民意をくみとったのか(10/22)




以下引用



信濃毎日新聞 (2016年10月22日)
社説:リニア同意 民意をくみとったのか


 JR東海リニア中央新幹線計画の南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)について、下伊那郡大鹿村と村議会が工事開始に同意することを決めた。
 これを受け、JRは11月1日に起工式を行うと発表している。10年余にわたって村民生活に影響を与える工事である。着工の前提となる確認書をJRと締結する前に、村と議会は内容を村民に十分に周知し、民意をくみとったのか。手続きへの疑問は残ったままだ。
 JRは本格着工する前提として「住民理解」が必要としつつ、理解を得たかどうかはJRが判断する考えを示してきた。村民には説明会の開催を理由に、JRが「理解を得た」と判断し着工するのではないかという不信感があった。
 そのため、村議会は3日、村議会と村長が同意を表明した後の工事開始をJRに求める意見書を提出している。工事内容に納得できるのか判断するのは村民である。意見書は当然の対応といえる。
 ただし、村と村議会には村民がJRの対応に納得したのか、見極める責任があったはずだ。
 JRの説明会では、出席者から工事に対する不安や疑問が出た。確認書はそれらに対するJRの回答でもある。それなのに村が確認書を公開したのは締結した後だ。これでは村民に異論があっても反映できない。さらに締結から同意表明まで、わずか2日である。
 議長はJRに意見書を出した後、「各議員で住民の意見をくみ取った上で、工事開始に同意できるか全村議で協議する」と話していた。この約束は守られたと言えないだろう。村政に対する不信も生みかねない。
 県内のリニア工事は、南アルプストンネルのほか、伊那山地トンネルや中央アルプストンネルといった長大トンネルが控えている。関係市町村が今後、同様の対応を続けると、住民と自治体、JRの信頼関係は築けない。
 JRもこれまでの対応を改める必要がある。大鹿村で最後に開いた説明会でも「住民理解」の考え方を巡り、村民から何度も疑問の声が出た。JRは「(手続き論で言えば)法律上はもう工事を進めていい状態になっている」と述べた。住民の不安と真摯(しんし)に向き合う姿勢があるのかが問われる。
 県内の関係自治体の首長には、JRの対応について「むしろ住民理解を遠ざける要因になっている」という見方がある。住民が理解し納得しなければ、予定通りに着工できたとしても工事を円滑に進めることは難しくなる。
ページのトップへ戻る

**************************

毎日新聞2016年10月22日 地方版
リニアと暮らし
大鹿村・議会、根強い不安残し同意 トンネル着工へ /長野
 リニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区の工事が計画されている大鹿村と村議会が21日、正式に着工同意を表明したことで、県内初となるリニア本線工事は本格的に着手される見通しとなった。しかし、住民の生活環境の変化に対する根強い不安や、JR東海への不信感は解消されておらず、工事は異論を残したまま着手されることになる。
 この日は村役場で柳島貞康村長と村議8人が非公開で協議。約2時間後に柳島村長と熊谷英俊議長が記者会見を開いた。柳島村長は住民説明会やJRと締結した確認書を根拠に「住民の不安は低減された。賛成、反対さまざまな意見はあるが、今後はリニア開通後の村づくりに心一つにして協力してほしい」と同意の理由を述べた。議会も判断が分かれ、議長以外の7人で採決し、賛成4人、反対3人で同意が決まった。
 村などはJRと確認書を締結した後、住民への周知期間を設けるとしていたが、2日後の同意となった。柳島村長は「今まで住民説明会やリニア対策委員会の協議内容を村民に知らせており、確認書の内容は承知していると考える」とし、熊谷議長も「各議員がこれまでも民意をすくい上げているので、考える時間としては短すぎない」と弁明した。
 一方、工事で発生した残土の搬出先がまだ決まっておらず、工事車両の通行による生活環境への影響を懸念する住民も多い。反対派住民でつくる「大鹿リニアを止める実行委員会」は、村役場前で「密室の協議で同意の採決を行うのは民意の軽視だ」と抗議。同意に反対する意見書を村と議会に提出した。宗像充代表は「確認書はJRの努力目標でしかない」と村を批判した。
 同意の判断を受け、JRは11月1日に起工式を開催すると発表。阿部守一知事は「JR東海には事業主体としての説明責任を果たすとともに、生活環境・自然環境への影響を回避、低減させるための措置を講じてほしい」とコメントを出した。【湯浅聖一】


中日新聞 2016年10月22日
密室”で僅差の賛成 リニア工事着工大鹿村議会同意
 「密室」での結論は賛成四、反対三の僅差だった-。工事車両による生活環境の悪化を懸念する声は根強く、住民の賛否が割れるリニア中央新幹線南アルプストンネル工事。二十一日、着工同意の是非を非公開で審議した大鹿村議会の判断は、身内の村議からも「村民の反発が出る」と疑問の声が上がった。
 村議八人が集まった村役場の一室では、近くに異例の規制線が張られ、一時間半の議論が続けられた。複数の村議によると、途中まで賛否を保留する村議もおり、最後まで同意に至るかは分からない状況だったという。
 終了後に会見した柳島貞康村長と熊谷英俊議長は「(過去に)リニアを巡る発言から傍聴人に激しく詰め寄られた議員がいた」として「自由に議論するため非公開とした」と説明した。村役場に駆けつけた住民団体からは「密室での決定は住民軽視だ」と批判の声が上がった。非公開を巡っては村議の意見も割れた。
 同意に反対した東村邦子村議(67)は「議論して悩んだ結論だという面が見えなくなってしまった」と非公開に疑問を呈した。同じく反対した河本明代村議(59)は「確認書の公表からわずか一日余り。議会として村民への説明責任を果たしたとは言えない」と述べた。
 一方、賛成した斎藤栄子村議(58)は非公開はやむを得ないとの立場。「村議も賛成、反対の支持者がいて板挟みで心苦しさがある。熟慮の上での非公開だったのでは」と理解を求めた。
◆知事、歓迎と注文
 阿部守一知事は「着工が広く県の地域振興につながる第一歩となると期待している」と歓迎する一方、JR東海に対し「大鹿村など関係する市町村の切実な要望に丁寧かつ誠実な対応を求める」と注文した。
 (五十幡将之、沢田佳孝)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161022/images/PK2016102102100235_size0.jpg


中日新聞 2016年10月22日
リニア工事「理解、進んでいない」 反対住民が大鹿村長に文書提出
 二十一日、大鹿村と村議会がリニア中央新幹線工事の着工同意を僅差で決めたことを受け、反対する住民団体「大鹿リニアを止める実行委員会」代表の宗像充さん(41)は「結果は議員間でも意見が割れている証拠。住民の理解はまだまだ進んでいない」と強調した。
 午前八時前、宗像さんらは村役場近くに立ち「リニア反対」のプラカードを掲げた。村議会の会合が始まった後も、マイクで「もっと住民の方を向いて議論して」と庁舎に向けて呼び掛けた。
 宗像さんらは村議会の会合前、拙速な同意に対する反対文書を柳島貞康村長に手渡した。「村民への説明責任を果たしていない。会合も公開するべきだ」と訴えた。
 九~十月の住民説明会では、大量の工事車両が走ることによる生活環境悪化への不安や補償を訴えた。JR東海は「努力する」「ご理解いただきたい」と述べるにとどまり、納得のいく回答は得られなかったという。村が住民の不安解消より、工事を急ぐJR東海の立場を重んじているように感じる。
 リニア工事の禁止を求める仮処分命令を申し立てている住民グループの弁護団は二十日、村長と議長あてに抗議書を提出した。確認書締結に抗議し、着工同意を中止して住民投票するよう求めている。
 (服部桃)


中日新聞 2016年10月22日 朝刊
長野側トンネル1日着工 リニア最難関、大鹿村が同意
 リニア中央新幹線の工事で最難関とされる南アルプストンネルで、JR東海は二十一日、長野県側の出入り口となる大鹿村で十一月一日に着工すると発表した。住民の間では工事への懸念や反対が根強いが、二十一日は村が着工への同意を表明し、JR東海は条件が整ったと判断した。
 村の同意表明を前に、村議会が会合を開いて同意を決めた。賛成四、反対三。最後まで揺れて賛成した斎藤栄子村議(58)は「『今回ばかりは反対して』と懇願する支持者もいたが、同意しなければ村は何も変わらない」と語った。反対した河本明代村議(59)は「あまりに性急」と涙を浮かべ、悔しさをにじませた。
 村は南アルプスを望む急峻(きゅうしゅん)な山間部にある。工事現場近くの釜沢自治会長、谷口昇さん(46)は昨春にあったボーリング調査で不快な音が山に反響し、谷中を覆った記憶が忘れられない。
 住民の改善要望にJRの担当者は「対策を取る」と言ったが、その後も騒音は響いた。昼間だけだったはずの調査は夜間も実施され、谷口さんは「住民無視のJRの姿勢に不信感は高まるばかり」と憤る。
 村では、人口を上回る一日最大千七百台の工事車両が走る計画。コンビニのない村で買い物や通院に欠かせない生活道路を大型車が行き交い、狭い道路でのすれ違いも懸念されている。
 着工同意を表明した柳島貞康村長もこぼした。「(リニア工事は)地元以外であればと思った。決してありがたい話ではない」
 (沢田佳孝)


信濃毎日新聞(2016年10月21日)
リニア着手、大鹿村同意 南アトンネル 県内初、本体工事
 2027年東京(品川)―名古屋間の開業を目指すJR東海のリニア中央新幹線計画を巡り、下伊那郡大鹿村の柳島貞康村長と村議会は21日午前、村役場で協議し、県内初の本体工事となる南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の工事着手に同意すると決めた。村側は協議後、電話でJR側に伝えた。同社は「地域の皆さまにはご理解を深めていただけたと考え、工事を始めさせていただく」(広報部)と表明した。
 JRは11月1日に村内で安全祈願式を開き、準備工事に取り掛かる方向で調整を進めている。リニア計画で最難関とされる南アトンネル(全長約25キロ)は長野、静岡、山梨3県にまたがる。山梨工区(7・7キロ)は昨年12月に起工しており、長野側からも掘削のめどが立ったことになる。
 村議会が冒頭以外非公開で開いた協議には村議全8人が出席。柳島村長と共に、南アトンネル長野工区の工事開始について同意の可否を議論した。柳島村長は全会一致が望ましいとしていたが、採決となり、議員側は議長を除く7人中、賛成4人、反対3人の賛成多数で同意を決めた。
 約2時間の協議を終えた柳島村長は「確認書や住民説明会で住民の不安は低減された。村内には工事に対し賛成、反対さまざまな声があるのは承知している。村民の皆さんは心を一つにしてご協力いただきたい」と述べた。熊谷英俊議長は「JR東海に村民から要望する中、環境負荷の低減をある程度勝ち得た。議員はそれぞれの意思を表明する中で議会は同意を支持することになった」とした。
 JRが14日に開いた2回目の全村民対象の工事説明会では出席者から異論もある中、JRが「住民理解を得た」と結論付け、17日に工事着手の意向を正式に村側に伝達。19日には工事用車両の運行ルートなどをまとめた確認書を同社と締結、内容を公表した。
 村議会は今月3日、工事は村議会と村長が「工事開始への同意」を表明した後に行うなど8項目の意見書をJR側に提出し、JR側も尊重すると回答していた。21日の協議はこれに基づいた手続きで、確認書締結からわずか2日間での同意となった。
 大鹿村ではリニア本線のトンネル2本の掘削工事で約300万立方メートルの残土が発生する見込み。1日最大1736〜1350台の工事用車両が生活道路を通行する。JRによる14日夜の工事説明会では、生活環境を脅かされるとの懸念に加え、「住民理解」の捉え方を巡り、工事に反対の意見があるにもかかわらず「理解が進んだ」とする同社の姿勢に村内から批判も出ていた。
 反対派住民でつくる「大鹿リニアを止める実行委員会」は21日午前の村長と村議会との協議前、確認書締結を「結論ありきの拙速な手続き」として抗議し、工事開始の同意に反対する意見書を柳島村長らに提出した。



中日新聞 2016年10月21日 夕刊
大鹿村がトンネルに同意 リニア、11月着工へ
 リニア中央新幹線の工事で最難関とされる南アルプストンネルで、長野県側の出入り口となる大鹿村の村議会は二十一日、着工への同意を決めた。これを受け、柳島貞康村長は同意の意向を正式表明した。同日中にJR東海に伝える。住民の間では大量の工事車両が狭い道路を走ることなどに懸念や反対が強いが、JR東海は条件が整ったとして、十一月に着工する方針だ。
 村議会の会合は非公開。終了後に記者会見した熊谷英俊議長によると、採決の結果、議長を除く村議七人は賛成四、反対三だった。柳島村長は「村民に賛否や不安があることは承知しているが(JR東海と締結した)確認書である程度、解消された」と述べた。
 村は十九日、道路の拡幅工事後に土砂を搬出し、騒音や振動を抑えるよう努めるなど十四項目の確認書をJR東海と締結。村議会も締結を賛成多数で了承していた。
 工事を巡っては、村の人口を上回る一日最大千七百台強の工事車両が走って生活環境が悪化するのを懸念する声が根強い。トンネル掘削で生じる土砂三百万立方メートルの最終処分先が未定の段階で着工することへも反発がある。この日も住民団体が反対文書を柳島村長に提出した。
 同意を受け、JR東海広報部は「十分、話をさせていただき、理解を深めていただけたと考え、工事を始めさせていただくこととなった。工事は大規模で長期にわたるが、安全、環境の保全、地域との連携を重視して進めていく」とのコメントを出した。


ミナミシンシュウ.jp [ 2016年 10月 21日 金曜日 16時29分 ]
大鹿議会が南アトンネル工事着手へ同意
 大鹿村で計画されているリニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)をめぐり、村議会は21日、工事開始への同意について柳島貞康村長を交えて非公開で協議し、村長、議会ともに同意することにした。JR東海は村側の同意を待つとしており、これにより県内初の本体工事に入る計画で、同社は関係自治体と安全祈願式の日程調整を進める方針だ。
 村は協議会後、JR側に「村および議会が工事着手については適当と判断した」と電話で伝えた。
 また村は同日、同意したことを村ケーブルテレビを通して村民に周知した。
 この日の会合は任意の協議会で熊谷英俊議長が招集し全議員8人が出席、柳島村長が同席した。柳島村長が確認書の締結を踏まえて工事着手に同意する意向を表明し、議会は議長を除く7人中賛成4人、反対3人の賛成多数で同意とした。
 2時間余の協議後に採決を選んだ理由について、熊谷議長は「『同意はやむを得ないが、立ち場上同意はできない』といった考えもある中で、このまま協議を続けても全会一致には至らないと判断した」とした。
 協議後、柳島村長と熊谷議長が会見に応じ、柳島村長はJRとのこれまでのやり取りを説明した上で「着手については適当だと判断した」と語った。JRと結んだ確認書については「住民の不安軽減策だと考える」との認識。村民に向けては「工事後の村づくりに向けて心を一つにして協力いただきたい」と述べた。
 村は来月をめどに、JRや県を加えた村リニア連絡協議会を設置する。柳島村長は設置の理由について「工事に対する賛成や不安などさまざまな意見があることは承知している。実際の工事による影響を確実に把握し、迅速な対応によって影響を最小限にするため」とした。
 18日に開かれた村議会全員協議会でも、議長を除く7人のうち4人が工事に賛成の姿勢を示していた。
 工事着手についてJRは、村議会から出された意見書に基づいて村長と村議会の同意を得た後としていた。
 同社の澤田尚夫・中央新幹線建設部担当部長は14日の全村民対象の説明開会後、「住民理解が得られた」と表明。17日に工事着手の前提となる確認書案を村に提示した。18日に議会側が確認書の締結を了承したのを受け、19日に工事用車両のルールや環境保全策などを盛り込んだ確認書を村とJRが締結した。



ミナミシンシュウ.jp [ 2016年 10月 22日 土曜日 15時50分 ]
長野工区11月1日に工事着手 リニア南アルプストンネル
 リニア中央新幹線計画でJR東海は21日、南アルプスを貫く全長約25キロの長大トンネルのうち、大鹿村内を中心とする長野工区(8・4キロ)の安全祈願式と起工式を11月1日に開くと発表した。県内の計画地では初の工事着手で、同トンネルでは昨年12月に着工した山梨工区に続く。工期は2026年11月30日までの約10年間。
 南アトンネルは長野、静岡、山梨の3県をまたぐ長大な山岳トンネルで、長野工区は南アの西側、大鹿村釜沢の坑口を起点に、静岡県静岡市内の一部を含む東に向けた全長約8・4キロ。標高850メートル余の坑口から、1200メートル余の静岡との県境付近に向け、上り勾配で掘り進める。
 上部の山脈の標高は県境付近で約2600メートルとなり、トンネル区間中最高となる。地表との距離を指す最大土被りは約1400メートルに達し、四万十層群、中古生層群など複雑な地層を掘削する。
 同社は2月に、鹿島建設を代表とし、飛鳥建設(東京都)、フジタ(同)の3社からなる共同企業体(JV)と工事契約を結び、9月から大鹿村内で工事説明会を開いていた。
 安全祈願・起工式は同村内で開き、同社からは山田佳臣会長、柘植康英社長らが出席する。来賓は阿部守一知事や柳島貞康大鹿村長、沿線自治体の首長、リニア建設促進長野県協議会の幹部らを迎えるとしている。
 計画では着工後、除山と釜沢の非常口から本坑に向けた作業用トンネルを掘る作業から始める。
 除山非常口は作業用ヤードの造成を中心にした工事から始め、来年1月から作業用トンネルの掘削に着手。1年ほどかけて掘り、先進坑や本坑の掘削着手は「2017年度末もしくは18年当初」としている。
 釜沢非常口は本年度から来年度にかけて河川桟橋の設置やヤード造成の工事を行い、来年春頃から作業用トンネルの掘削に着手する。
 本坑全体は23年春ごろの貫通を目指す。
 飯伊の工区では他に、大鹿村―豊丘村間を結ぶ伊那山地トンネルのうち、村境付近の約5・1キロと非常口からなる「坂島工区」で工事契約を締結。工事の一部を受託する鉄道・運輸施設整備支援機構は飯田市内の風越山トンネルや作業用トンネルからなる「中央アルプストンネル(松川)外」の入札を公告している。


日本経済新聞 2016/10/21 20:44
JR東海、リニア新幹線最難関工区を11月着工
 東海旅客鉄道(JR東海)は21日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線(品川―名古屋間)の工事で最難関とされる「南アルプストンネル」の長野県での工区を11月に着工すると発表した。26年11月末の完成を目指す。
 トンネルの出入り口にあたる同県大鹿村の村議会と柳島貞康村長が同日、工事の開始に同意することを決め、村側がJR東海に伝えた。11月1日に大鹿村で柘植康英社長らが出席する安全祈願・起工式を開く。同社は「大規模で長期にわたる工事になるが、工事の安全と環境保全、地域との連携を重視していく」とのコメントを出した。
 南アルプストンネルは全長約25キロメートルと、山岳トンネルとしては世界有数の長さで山梨、静岡、長野の3県にまたがる。地表からトンネルまでの深さを示す「土かぶり」が約1400メートルに達する場所もある。
 すでに15年12月にトンネル東端の山梨側の工区で工事が始まった。西端の長野側でも着手し、工事が本格化する。リニア中央新幹線は品川―名古屋を40分で結ぶ。同区間の総工費は5兆5000億円に及ぶ。


信濃毎日新聞(2016年10月22日)
JR、11月1日起工式発表 リニア長野工区
 2027年東京(品川)―名古屋間の開業を目指すJR東海のリニア中央新幹線計画で、同社は21日午後、11月1日に下伊那郡大鹿村で南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の安全祈願・起工式を開き、工事に着手すると正式に発表した。リニアの県内路線約50キロでは初の本体工事で、準備工事を経て、来年初めごろにも作業用トンネルの掘削を始める。
 大鹿村の柳島貞康村長と村議会(8人)は21日午前、村役場で協議し、南アトンネル長野工区の工事開始に同意。JRの発表はこれを受けた。
 同社によると、本体工事の起工式は、昨年12月の山梨県早川町の南アトンネル山梨工区(7・7キロ)、今年1月には起点駅の東京・品川駅などで行っており、3都県目となる。長野工区の工事期間は26年11月まで。
 大鹿村の安全祈願・起工式には、JR東海の山田佳臣会長、柘植(つげ)康英社長のほか、阿部守一知事や関係市町村長らが出席する予定。大手ゼネコン鹿島(東京)を中心とした共同企業体(JV)関係者も参加する。
 JR東海は工事着手に合わせ、暴力団などの反社会的勢力を工事から排除するための協議会を県警などと設置する予定。日程は「関係機関と調整中」(広報部)としている。
 リニア建設で最難関とされる南アトンネルは長野、静岡、山梨3県にまたがる全長約25キロ。国内のトンネルでは最も深い地表から約1400メートルの場所を掘削する計画だ。

///////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : リニア 新幹線 大鹿村議会 工事着工 同意 密室 南アルプストンネル JR東海

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン