2016-12-03(Sat)

笹子トンネル天井板崩落4年 遺族ら犠牲者9人を追悼

「点検していたら崩落は防げた」
「発生前に点検を2年先延ばしにしたのは誰? 事故直前の点検を省略化したのは誰? なぜそうしたのか、真実を知りたい」

 
----2012年に中央自動車道笹子トンネル(山梨県)で起きた天井板崩落から4年を迎えた2日、犠牲となった9人を追悼する式典が同県都留市内で行われました。同トンネルを管理する中日本高速道路の主催です。
 
追悼の言葉では、亡くなった石川友梨さん=当時(28)=の母、佳子さん(58)が「(中日本が定めた)要領通りの点検をしていたら、崩落は防げた。9人が命を落とすことはなかった」と、中日本の幹部らに向かって訴えました。
 
さらに、佳子さんは「あなた方の会社は過失があったと今まで一度も認めることはなかった」と言及。
「発生前に点検を2年先延ばしにしたのは誰? 事故直前の点検を省略化したのは誰? なぜそうしたのか、真実を知りたい」と切々と語りました。
 
発言で、佳子さんは「天井板崩落『事件』」と呼び、中日本などの過失を強調しました。
(しんぶん赤旗)





以下引用

しんぶん赤旗 2016年12月3日(土)
笹子トンネル天井板崩落4年
「娘よ、帰ってこい」 遺族ら犠牲者9人を追悼
 2012年に中央自動車道笹子トンネル(山梨県)で起きた天井板崩落から4年を迎えた2日、犠牲となった9人を追悼する式典が同県都留市内で行われました。
 同トンネルを管理する中日本高速道路の主催です。
 追悼の言葉では、亡くなった石川友梨さん=当時(28)=の母、佳子さん(58)が「(中日本が定めた)要領通りの点検をしていたら、崩落は防げた。9人が命を落とすことはなかった」と、中日本の幹部らに向かって訴えました。
 さらに、佳子さんは「あなた方の会社は過失があったと今まで一度も認めることはなかった」と言及。「発生前に点検を2年先延ばしにしたのは誰? 事故直前の点検を省略化したのは誰? なぜそうしたのか、真実を知りたい」と切々と語りました。
 発言で、佳子さんは「天井板崩落『事件』」と呼び、中日本などの過失を強調しました。
 あいさつした宮池克人同社社長は、同社の過失に言及せず。終了後の会見でも、宮池社長は「過失という言葉は法律用語なので定義をハッキリさせないと難しい」などとのべ、言葉を濁しました。
 式典終了後、友梨さんの父、信一さん(67)は「娘に会いたい気持ちがつのる。今朝、トンネルで思わず『お父さん、お母さんの元に帰ってこい』と叫んだ。4年間、中日本から『過失がありました』という表現が一切ない。今後も求め続ける」と語りました。
 松本玲さん=当時(28)=の父、邦夫さん(65)は「国民の安全にかかわる、あらゆる企業が、安全に人手と金をかけているか常に検証し続けてほしい」と警鐘を鳴らしました。


産経ニュース 2016.12.2 10:19
トンネルで遺族ら献花 笹子崩落事故4年
 9人が亡くなった中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から4年となった。事故が起きた午前8時3分には、車3台が下敷になったトンネル内の現場や、出口近くに設置された仮設テントの献花台で、遺族らが黙とうした。
 松本玲さん=当時(28)=を亡くした母和代さん(65)=兵庫県芦屋市=は、トンネル内の現場で献花した後、「時間の経過が気持ちを和らげることはない。より深い、悲しい気持ちになる」と静かに話した。 石井啓一国土交通相はこの日の記者会見で「道路法を改正し、トンネルの目視点検を5年に1度実施するなどのインフラ老朽化対策に取り組んできた。事故の教訓を重く受け止め、引き続き対策を進めたい」と述べた。 
 事故では20~70代の男女9人が死亡、女性2人が重軽傷を負った。


時事通信(2016/12/02-12:53)
発生4年、犠牲者9人悼む=遺族「崩落防げた」-笹子トンネル事故
 中央自動車道笹子トンネル(山梨県)で天井板が崩落し9人が死亡した事故から、2日で4年を迎えた。トンネルを管理する中日本高速道路主催の追悼慰霊式が同県都留市の会場で開かれ、遺族や宮池克人社長、国土交通省幹部らが出席し、犠牲者を悼んだ。遺族は「点検していたら崩落は防げた」と、改めて訴えた。
 亡くなった石川友梨さん=当時(28)=の母佳子さん(58)は追悼の言葉で、「近接目視や打音検査をしていたら必ず異常が見つけられたと民事で判決が出た。9人は命を落とすことはなかった」と述べ、「なぜ天井板が落ちたのか。どなたか教えてほしい」と涙ながらに話した。
 遺族らは慰霊式に先立ち、事故発生時刻の午前8時3分、トンネル内で黙とう、献花した。宮池社長らはトンネルの入り口付近で冥福を祈った。
 事故の風化防止策の一環として、今回から式の様子を本社や支社など計29カ所に中継した。宮池社長は「事故を胸に刻み込み、グループ全体で安全性向上を推進する」と誓った。
 事故は2012年12月2日、大月市と甲州市にまたがる中央道上り線トンネル内で発生。車3台が下敷きになり、乗っていた男女9人が死亡、女性2人が負傷した。


共同通信 2016/12/2 11:11
笹子事故から4年、遺族ら献花
「悲しい気持ち、より深く」
 9人が亡くなった中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故は2日、発生から4年となった。事故が起きた午前8時3分には、車3台が下敷になったトンネル内の現場や、出口近くに設置された仮設テントの献花台で、遺族らが黙とうした。
 松本玲さん=当時(28)=を亡くした母和代さん(65)=兵庫県芦屋市=は「時間の経過が気持ちを和らげることはない。より深い、悲しい気持ちになる」と静かに話した。
 山梨県都留市のホールでは、中日本高速道路主催の追悼慰霊式が開かれ、遺族や社員ら計約110人が出席。今年は追悼慰霊式を衛星中継し、同社の本社や各支社などにリアルタイムで配信した。


NHK 12月2日 12時16分
笹子トンネル事故から4年 犠牲者を追悼 山梨
 山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで天井板が崩落し、9人が死亡した事故から、2日で4年となり、遺族などが現場近くで犠牲者を追悼しました。
 平成24年12月2日、山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで天井板がおよそ140メートルにわたって崩れ落ち、3台の車が巻き込まれ、9人が死亡しました。
 2日は事故が起きた午前8時3分に合わせて、遺族がバスで現場近くを訪れ、花を手向けて犠牲者に祈りをささげました。
 また、山梨県大月市の笹子トンネルの出入り口付近では、ほかの遺族や道路を管理する中日本高速道路の関係者など30人余りが、午前8時3分に黙とうをしたあと、献花をして追悼しました。
 このあと、山梨県都留市で追悼慰霊式が行われました。この中で、娘の石川友梨さん(当時28)を亡くした母親の石川佳子さんは「なぜ娘は死ななければならなかったのか。なぜ天井板が落ちたのか。真実を知りたいです」と訴えました。
 また、中日本高速道路の宮池克人社長は「事故をしっかりと胸に刻み込み、決して事故を風化させないため、安全性の向上を推進することを誓います」と述べました。
献花台でも祈り
 山梨県大月市の中央自動車道下り線にある初狩パーキングエリアには、事故のあと、献花台が設けられました。
 事故から4年となる2日、献花台を訪れた人たちは、花を手向け、静かに手を合わせて犠牲者に祈りをささげていました。
 東京・三鷹市から訪れた77歳の男性は「事故が起きて以来、現場近くを通るたびに献花台に立ち寄っています。事故から4年がたちましたが、人の命が失われた悲しみは変わらず、ここに来ると敬けんな気持ちになります」と話していました。
また、相模原市から訪れた67歳の女性は「事故を風化させず、二度と同じような事故が起きないことを願っています」と話していました。
遺族は
 事故で亡くなった石川友梨さん(当時28)の父親の石川信一さんは「事故の前に娘も眺めたであろう富士山を見たら、見事に美しく、娘に会いたいという気持ちがわきました。トンネルの中では『生き返ってこいよ』と心の中で叫びました。同じことを繰り返さないよう会社にはお願いしたい」と話していました。
 亡くなった小林洋平さん(当時27)の父親の小林寿男さんは「もう4年たったのかと思いました。事故のときに息子がどういう気持ちだったのか考えると、今でも涙が流れます」と話していました。
 亡くなった松本玲さん(当時28)の父親の松本邦夫さんは「ことしは涙がたくさん出て、悪い夢を見続けているような感じがこれまで以上にしました。現場で改めて天井を見て、重い天井板が落ちないわけがないというのが、なぜわからなかったのかと感じました」と話していました。
中日本高速道路社長「安全の原点に」
 中日本高速道路の宮池克人社長は、追悼慰霊式のあと、「遺族の方に改めておわび申し上げます。事故を風化させずに安全の原点とし、社員の教育や安全性の向上の取り組みを進めていきたい」と話していました。


朝日新聞デジタル2016年12月2日11時36分
笹子トンネル事故から4年 遺族ら黙とう「恋しさ募る」
 9人が亡くなった中央自動車道笹子トンネル(山梨県大月市)の天井板崩落事故から4年となる2日、遺族や中日本高速道路の幹部ら計約60人が、事故の起きた午前8時3分、大月市の事故現場とトンネル出口付近の仮設テントで黙禱(もくとう)をささげた。
 次女の石川友梨さん(当時28)を亡くした信一さん(67)=神奈川県横須賀市=は1日、友梨さんが事故前に最後に寄った山梨県内の温泉を訪れるため、妻の佳子さん(58)と車で笹子トンネルを通過した。信一さんは「4年がたっても恋しさ、いとしさが募るばかり。何もいらないから、友梨に会いたい」。
 信一さんら遺族が中日本高速などに損害賠償を求めた民事訴訟は、会社側の過失を認めた横浜地裁判決が今年1月に確定した。だが、「事故原因や責任の所在はいまだにわからないまま。再発防止は本当にかなうのか心配だ」という。
 山梨県都留市で営まれた追悼慰霊式には、中日本高速に事故後に入社した社員が初めて参列。遺族の要望に応じて今年から式の様子は中日本高速の本社、支社などで中継で放送された。(黒石直樹)


日本経済新聞 2016/12/2 12:42
笹子トンネルで遺族ら献花「悲しみ、より深く」 崩落事故4年
 9人が亡くなった中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から4年となった。事故が起きた午前8時3分には、車3台が下敷きになったトンネル内の現場や、出口近くに設置された仮設テントの献花台で遺族らが黙とうした。
 松本玲さん(当時28)を亡くした母の和代さん(65)=兵庫県芦屋市=はトンネル内の現場で献花した後、「時間の経過が気持ちを和らげることはない。より深い、悲しい気持ちになる」と静かに話した。
 続いて山梨県都留市のホールでは、中日本高速道路(名古屋市)主催の追悼慰霊式が開かれ、遺族や社員ら計約110人が出席。遺族代表の石川友梨さん(当時28)の母の佳子さん(58)=神奈川県横須賀市=は「二度とこのような悲惨な事故を起こさないように尽力してくれたら、それが9人への供養になります」と語り掛けた。
 中日本高速の宮池克人社長は犠牲者の名前を一人一人読み上げた後、頭を下げ「事故をしっかりと胸に刻み込み、決して風化させぬようグループ全体で安全性向上を推進する」と誓った。
 事故を巡っては、山梨県警が業務上過失致死傷容疑で捜査。犠牲者のうち、シェアハウスに同居していた20代の男女5人の遺族らが中日本高速道路と子会社を訴えた訴訟で、横浜地裁が昨年12月、会社側の過失を認め、総額4億4千万円余りの賠償を命じる判決を言い渡し、確定した。〔共同〕


読売新聞 2016年12月02日 11時24分
笹子トンネル事故から4年、犠牲者の冥福祈る
 山梨県の中央道・笹子トンネルの天井板が崩落し、9人が死亡した事故から2日で4年となった。
 トンネルの入り口付近では午前8時から献花式が行われ、遺族らは事故が発生した午前8時3分に黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。トンネルに入り、献花と黙とうを行った遺族もいた。
 午前9時半から周辺の施設で行われた追悼慰霊式では、シェアハウスの仲間と一緒にワゴン車に乗っていて亡くなった女性(当時28歳)の母親(58)が、遺族を代表して「居心地の良いシェアハウスの仲間に囲まれて青春を謳歌していたのですね。天国でみんなとお幸せに」と追悼の言葉を述べた。

/////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 笹子トンネル 天井板崩落 犠牲者 追悼 高速道路 中央自動車道

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン