2016-12-07(Wed)

中部地方整備局汚職 贈賄業者 58億円分の工事受注

奥村組下請けに贈賄負担  中部整備局緊急幹部会議

贈賄業者、58億円分の工事受注 中部地方整備局汚職
----国土交通省中部地方整備局発注のトンネル工事をめぐる汚職事件で、
加重収賄などの容疑で逮捕された同局職員の深谷亘容疑者(56)が同局課長補佐を務めていた2009~12年に、
贈賄側の業者が今回の事件分とあわせて計5件約58億円分の同局発注工事を受注していたことが愛知県警への取材でわかった。
県警は他にも入札で不正がなかったかどうか捜査している。

----深谷容疑者は09~12年に道路工事課長補佐として工事の施工や予定価格の積算調書の作成などを担当。
この間、奥村組は09年度に2件、10年度に2件、11年度に1件の工事を受注していた。
奥村組は星野容疑者の入札への関与について、取材に「捜査中なのでコメントできない」と答えた。
 
同局は5日、9月の三重河川国道事務所の課長(当時)に続いて深谷容疑者が逮捕されたことを受け、緊急幹部会議を開いて職員のコンプライアンスの徹底を確認した。
同局は同日、深谷容疑者を企画部付とする人事異動を発表した。
(朝日新聞)

◇中部地方整備汚職:奥村組下請けに贈賄負担
----国土交通省中部地方整備局発注の高速道路トンネル工事を巡る汚職事件で、贈賄側の中堅ゼネコン「奥村組」(大阪市)名古屋支店の元土木部員、星野直則容疑者(67)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=は、賄賂として贈ったとされる百貨店の商品券100万円分の購入費用を下請け業者に負担させていた。この業者は問題のトンネル工事に関わっており、愛知県警が経緯を調べている。
(毎日新聞)

12月5日
中部地方整備局 人事異動について
http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2016/12/1205.pdf






以下引用

読売新聞 2016年12月07日 17時41分
賄賂の商品券でポイント貯めて…収賄の証拠に
 紀勢自動車道トンネル工事の入札に絡む収賄事件で、愛知県警に加重収賄などの容疑で逮捕された国土交通省中部地方整備局の元北勢国道事務所副所長・深谷亘容疑者(56)が賄賂の商品券を百貨店で使った際、商品購入で加算されるポイントをためていたことが捜査関係者への取材でわかった。
 県警は、ポイントが付いていた商品の購入履歴から深谷容疑者の容疑を裏付けていったという。
 県警によると、商品券は官製談合防止法違反容疑で逮捕された奥村組名古屋支店の元土木部員・星野直則容疑者(67)らが100万円分を購入。トンネル工事の入札情報を漏えいしてもらった見返りとして、2012年2月、深谷容疑者宅に郵送したとされる。
 捜査関係者によると、深谷容疑者は名古屋市中村区の百貨店で服を購入するなど、この商品券をほぼ使い切り、購入の度にポイントをためていたという。


朝日新聞デジタル 2016年12月6日11時34分
贈賄業者、58億円分の工事受注 中部地方整備局汚職
 国土交通省中部地方整備局発注のトンネル工事をめぐる汚職事件で、加重収賄などの容疑で逮捕された同局職員の深谷亘容疑者(56)が同局課長補佐を務めていた2009~12年に、贈賄側の業者が今回の事件分とあわせて計5件約58億円分の同局発注工事を受注していたことが愛知県警への取材でわかった。県警は他にも入札で不正がなかったかどうか捜査している。
 贈賄業者で、官製談合防止法違反容疑で逮捕されたのは奥村組の名古屋支店元社員星野直則容疑者(67)。深谷容疑者とは08年ごろに仕事を通じて知り合ったとされる。
 深谷容疑者は09~12年に道路工事課長補佐として工事の施工や予定価格の積算調書の作成などを担当。この間、奥村組は09年度に2件、10年度に2件、11年度に1件の工事を受注していた。奥村組は星野容疑者の入札への関与について、取材に「捜査中なのでコメントできない」と答えた。
 同局は5日、9月の三重河川国道事務所の課長(当時)に続いて深谷容疑者が逮捕されたことを受け、緊急幹部会議を開いて職員のコンプライアンスの徹底を確認した。同局は同日、深谷容疑者を企画部付とする人事異動を発表した。
 県警の発表によると、深谷容疑者は11年10月~12年1月ごろ、三重県紀北町のトンネル工事の一般競争入札前に落札可能価格などを星野容疑者に教え、12年2月に見返りとして100万円分の商品券を受け取った疑いがある。


毎日新聞2016年12月5日 10時31分
加重収賄:奥村組受注工事5件60億円 09~11年度
 国土交通省中部地方整備局発注の高速道路トンネル工事を巡る汚職事件で、同局北勢国道事務所副所長、深谷亘容疑者(56)=加重収賄容疑などで逮捕=が同局道路工事課課長補佐だった2009~11年度、贈賄側の男が働いていた中堅ゼネコン「奥村組」(大阪市)が問題の工事を含め5件計約60億円の同局発注工事を受注していたことが、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、深谷容疑者と同社名古屋支店の元土木部員、星野直則容疑者(67)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=は08年ごろに仕事を通じて知り合った。星野容疑者は09年8月に同社を退職し、その後に再任用されて14年3月に辞めるまで工事所長として複数の現場を転々として現場責任者を務めていたという。
 09~11年度の同局発注工事のうち、奥村組は09年度に2件、10年度に2件、11年度に1件を入札で落札した。5件の落札価格は計58億6460万円。
 11年度の工事が贈収賄事件の舞台となったが、愛知県警はこの工事以外の4件についても、両容疑者の関与があったかどうか調べを進めている。
 深谷容疑者は11年10月~12年1月ごろ、三重県紀北町の紀勢自動車道トンネル工事に関し、星野容疑者に秘密の入札情報を教えて奥村組に落札させた見返りに12年2月上旬ごろ、星野容疑者から100万円分の百貨店の商品券を受け取ったとして逮捕された。深谷容疑者は容疑を認め、星野容疑者も大筋で認めている。【山衛守剛、山本佳孝】


(中日新聞)2016年12月6日 11時17分
「世話になったので教えた」 中部地整汚職、収賄容疑者が供述
 国土交通省中部地方整備局発注の紀勢自動車道のトンネル工事入札を巡る汚職事件で、愛知県警に加重収賄の疑いで逮捕された中部地整の元道路工事課長補佐、深谷亘容疑者(56)=5日付で北勢国道事務所副所長から企画部付に異動=が、贈賄側に入札情報を漏らした動機について「仕事の関係で世話になったので教えた」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。
 深谷容疑者は、官製談合防止法違反容疑で逮捕された中堅ゼネコンの「奥村組」元社員、星野直則容疑者(67)の依頼を受け、入札情報を漏らした見返りに、商品券100万円分を受け取ったとされる。星野容疑者の贈賄容疑は公訴時効が成立している。
 中部地整や捜査関係者によると、深谷容疑者は2008年4月~翌09年3月の間、紀勢国道事務所(三重県松阪市)工務課長として工事発注などを担当。この間に、同事務所管内にある一般道のトンネル工事があり、工事の現場責任者だったのが星野容疑者だった。この工事をきっかけに知り合い、親しくなっていったとみられる。
 深谷容疑者は紀勢国道事務所から異動し、09年4月~12年3月末、中部地整道路工事課長補佐として勤務。入札情報を知る立場だった。星野容疑者は09年に奥村組を退社し、再任用で工事現場の責任者を務めるなどしていた。
 今回の汚職事件で対象となった入札は「紀勢線古里第1トンネル工事」で、12年1月24日に実施され、奥村組が12億4600万円で落札。工事は2月17日に着工したが、商品券が深谷容疑者の自宅に送られたのは2月上旬で、落札後間もない時期の工事着工直前だった。
 商品券は、星野容疑者が工事の下請け業者に依頼して用意。深谷容疑者は、名古屋市内の百貨店でブランドの服などを購入し、ほとんど使い切ったという。


西日本新聞 2016年12月06日 05時39分
入札情報、複数回漏えいか 収賄容疑の中部整備局元副所長
 中部地方整備局発注のトンネル工事を巡る汚職事件で、加重収賄などの疑いで逮捕された同局北勢国道事務所(三重)の元副所長深谷亘容疑者(56)が、複数回にわたってゼネコン奥村組の元社員星野直則容疑者(67)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=に入札情報を漏らしていたとみられることが6日、捜査関係者への取材で分かった。
 愛知県警捜査2課は、奥村組に確実に落札させるためだったとみて、当時のやりとりを詳しく調べている。
 捜査関係者によると、漏らした情報は、落札できる価格や同社が提案した工法に対する点数評価で、星野容疑者を通じて社内の複数の部署に伝えられたとされる。


毎日新聞2016年12月5日 23時27分
中部地方整備汚職:奥村組下請けに贈賄負担
 国土交通省中部地方整備局発注の高速道路トンネル工事を巡る汚職事件で、贈賄側の中堅ゼネコン「奥村組」(大阪市)名古屋支店の元土木部員、星野直則容疑者(67)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=は、賄賂として贈ったとされる百貨店の商品券100万円分の購入費用を下請け業者に負担させていた。この業者は問題のトンネル工事に関わっており、愛知県警が経緯を調べている。
 捜査関係者によると、この業者は東京都内に本社があり、以前から奥村組の下請けに入っていた。商品券は1万円券の10枚つづりが10冊で、名古屋市内の百貨店で購入された。
 星野容疑者は奥村組が問題の工事を落札した翌月、着工直前に同局北勢国道事務所の前副所長、深谷亘容疑者(56)=加重収賄容疑などで逮捕=の自宅に、この商品券を郵送したとされる。深谷容疑者は商品券で服などを購入し、ほとんど使い切ったという。
 深谷容疑者の逮捕容疑は同局道路工事課課長補佐だった2011年10月ごろ~12年1月ごろ、三重県紀北町の紀勢自動車道トンネル工事の入札で星野容疑者に秘密の入札情報を教えて奥村組に落札させ、その見返りとして星野容疑者から12年2月上旬ごろに商品券を郵送で受け取ったとされる。
 星野容疑者の贈賄容疑は公訴時効が成立している。県警は奥村組本社や中部地方整備局(名古屋市中区)、北勢国道事務所(三重県四日市市)を捜索し、資料を分析して容疑の裏付けを進めている。
 一方、中部地方整備局は5日付で深谷容疑者を企画部付に異動させた。【山本佳孝】


産経WEST 2016.12.4 10:27
下請け業者に商品券用意させる 中部整備局汚職事件でゼネコン社員
 国土交通省中部地方整備局発注のトンネル工事を巡る汚職事件で、入札情報を漏洩(ろうえい)させたとして官製談合防止法違反の疑いで逮捕されたゼネコン奥村組名古屋支店の元社員、星野直則容疑者(67)=兵庫県宝塚市=が、謝礼として送った商品券を下請け業者に用意させていたことが4日、愛知県警への取材で分かった。
 捜査2課は、星野容疑者が下請け業者を巻き込んで落札したとみて、組織的な関与がなかったか調べている。同課は4日、加重収賄などの疑いで逮捕した整備局北勢国道事務所(三重県四日市市)の副所長、深谷亘(わたる)容疑者(56)=愛知県知立市=と星野容疑者を送検。名古屋市中区の整備局と北勢国道事務所を家宅捜索した。
 同課によると、星野容疑者は下請け業者に名古屋市内の百貨店で100万円分の商品券を購入させた。業者は落札したトンネル工事に関わっていたという。
 深谷容疑者は平成24年に実施された三重県紀北町のトンネル工事の入札で、星野容疑者から情報を漏らすよう依頼を受けて奥村組に落札させ、商品券を受け取ったとして逮捕された。当時、同整備局道路工事課課長補佐だった。


毎日新聞2016年12月5日 23時29分(最終更新 12月6日 01時19分)
中部地方整備汚職:綱紀粛正訴える 緊急幹部会議

緊急幹部会議で職員に訓示する中部地方整備局の塚原浩一局長(中央)=名古屋市中区で2016年12月5日午後2時7分、月足寛樹撮影
 北勢国道事務所の前副所長が加重収賄容疑などで逮捕されたことを受け、国土交通省中部地方整備局は5日、緊急幹部会議を開き、塚原浩一局長が綱紀粛正などを訴えた。
 会議には、各地の事務所長ら幹部約90人が出席した。冒頭、事件の概要が説明され、局長指示として(1)各部・各事務所で緊急職員集会を開催する(2)コンプライアンス(法令順守)に関する緊急点検など原因究明と再発防止のための取り組みを強力に進める--ことなどが要請された。
 塚原局長は「三重河川国道事務所の職員が逮捕されたばかりで、かつ事務所副所長という幹部職員が逮捕され、局に対する国民の信頼を裏切るもので重く受け止めている。綱紀粛正の保持を徹底させたい」と訓示した。
 三重河川国道事務所の元課長が9月に加重収賄容疑などで逮捕された際も緊急幹部会議を開いているが、今回は報道陣に公開された。【月足寛樹】


//////////////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 中部地方整備局 汚職 贈賄 業者 工事受注 トンネル工事 加重収賄 官製談合防止法

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン