2017-01-02(Mon)

FC コンビニ大手ファミマ 過労死巡り和解

運営会社がFC加盟店での労務管理に監督義務があることを認めた初の過労死訴訟

ファミマ過労死巡り和解 店主と連帯、従業員遺族に4300万円
----コンビニエンスストア「ファミリーマート」のフランチャイズチェーン(FC)加盟店の男性従業員(当時62)が勤務中に事故死したのは、月200時間を超える時間外労働の過労が原因だとして、遺族が計約5800万円の損害賠償を求めた訴訟は30日までに、大阪地裁(福田修久裁判長)で和解が成立した。ファミマと店主が連帯して解決金計約4300万円を支払う。
(日本経済新聞)

ファミマ、店員過労死で4300万円支払いへ 残業月210時間超…大阪地裁で和解 
----コンビニ大手ファミリーマートの男性従業員=当時(62)=が勤務中に脚立から落ちて死亡したのは、2店舗の掛け持ちによる過重労働が原因だったとして、遺族がフランチャイズ(FC)の店舗オーナーとファミリーマートに損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁(福田修久裁判長)で和解が成立したことが29日分かった。運営会社がFC加盟店での労務管理に監督義務があることを認めた初の過労死訴訟とみられる。

和解は22日付。ファミリーマートとオーナーが約4300万円を支払うとともに、オーナーが謝罪し、ファミリーマートが遺憾の意を表してFC加盟店に労働法規の順守を促す。遺族の代理人弁護士は「画期的な和解内容」としている。
 
----男性はオーナーから2店舗の掛け持ち勤務を命じられており、直前までの半年間の時間外労働(残業)は過労死ライン(月80時間)を上回る月218~254時間に及んでいた。
(産経ニュース)

◇命奪う「ブラック過労」後絶たず…外食業界では労働時間抑制の動きも
----長時間労働で命を奪われる従業員は後を絶たず、平成27年度に労災認定された過労死と、未遂を含めた過労自殺はいずれも100件に迫る。広告代理店の電通では新入社員の過労自殺が社長の辞任や働き方の見直しに発展。外食業界で営業短縮の動きが広がるなど、労働時間抑制に向けた取り組みが企業側に広がりつつある。
(産経West)




以下引用

日本経済新聞 朝刊2016/12/31 2:30
ファミマ過労死巡り和解 店主と連帯、従業員遺族に4300万円
 コンビニエンスストア「ファミリーマート」のフランチャイズチェーン(FC)加盟店の男性従業員(当時62)が勤務中に事故死したのは、月200時間を超える時間外労働の過労が原因だとして、遺族が計約5800万円の損害賠償を求めた訴訟は30日までに、大阪地裁(福田修久裁判長)で和解が成立した。ファミマと店主が連帯して解決金計約4300万円を支払う。
 和解は22日付。和解条項には(1)店主が長時間労働をさせたことを遺族に謝罪(2)ファミマは長時間労働の中で事故死したことに遺憾の意を表明(3)ファミマは加盟店やその従業員と適切な関係を築き、社会から信頼される企業となるよう努力する――ことが盛り込まれた。
 訴状によると、男性は2011年から大阪府大東市の店舗で働き、店主に命じられて12年からは同府門真市の店舗を掛け持ち勤務した。同年12月、店内で脚立に上っているときに意識を失って転落し、頭を打って13年1月に死亡した。事故前の半年間の時間外労働は月当たり218~254時間だったという。
 原告で男性の妻は「家族思いでまじめだった主人はもう帰ってきません。和解をきっかけに、コンビニ経営会社が加盟店の労働環境を改善するため指導するよう願います」とコメントした。
 ファミリーマート広報室は「労使契約は加盟店と従業員の間で行われるものだが、加盟店が労働法規を守るよう指導していく」としている。


NHK 2017年12月30日 18時22分
ファミリーマート 加盟店従業員の過労死裁判で和解
コンビニ大手ファミリーマート」の大阪にある加盟店で働いていた従業員の男性が死亡したのは長時間労働による過労が原因だとして、遺族が会社と店主を訴えた裁判で、ファミリーマートが店主と連帯して遺族に4300万円を支払うとともに、加盟店が労働法規を守るよう指導に努めることで和解していたことがわかりました。
訴えなどによりますと、4年前、大阪・大東市と門真市にある、同じ店主が運営していたファミリーマートの加盟店で掛け持ちで働いていた当時62歳の従業員の男性が勤務中に意識を失って脚立から転落して頭を打ち、16日後に亡くなりました。
 これについて、遺族は、男性が事故直前の半年間に国が過労死の判断の基準とする月平均80時間を大きく上回る月に200時間以上の時間外労働を強いられていたとして、ファミリーマートと店主を相手に賠償を求める訴えを起こし、今月22日に大阪地方裁判所で和解が成立しました。
 それによりますと、男性が著しい長時間労働の中で事故により死亡したことにファミリーマートが遺憾の意を表明し、店主と連帯して遺族に4300万円の解決金を支払うとともに、加盟店が労働法規を守るよう指導に努めることなどが条件となっています。
 労働問題に詳しい弁護士によりますと、チェーン展開する大手企業が直接の雇用関係のない加盟店の従業員の過労死について支払いに応じるのは極めて異例だということです。
ファミリーマート「今後も労働法規順守を指導」
ファミリーマートは和解が成立したのは事実だとしたうえで、「労使契約は加盟者と従業員の間において行われるものですが、フランチャイズ本部であるファミリーマートとしては今後も加盟者が労働法規を順守するよう指導を行ってまいります」とコメントしました。
遺族「従業員の労働環境を改善へ指導を」
今回の和解について、亡くなった男性の妻は「日本には、過酷な長時間労働など劣悪な労働環境に苦しんでいるコンビニエンスストアの従業員の方が多くいると思います。家族思いで真面目だった主人はもう帰ってきませんが、せめて主人のような犠牲者を二度と出さないようにしたいと願い、この裁判を起こしました。今回の和解がきっかけとなって、コンビニエンスストアを経営するフランチャイズの本部が、加盟店の従業員の労働環境を改善するために指導、監督するようになっていただければと願っています」というコメントを出しました。
識者「過労死防止へ大きな警鐘」
今回の和解について、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事の松丸正弁護士は「コンビニ業界は店が零細で経営者も従業員も過酷な労働条件にあり、フランチャイズの本部はそうした実態を放置した責任を問われた。フランチャイズ型式をとるほかの業界で働く人たちの過労死を防ぐためにも、本部が責任をとらねばならないという大きな警鐘となる解決だ」と話しています。


朝日新聞 2016年12月30日20時04分
ファミマ、過労死訴訟で和解 店員遺族側に4300万円
 コンビニエンスストア大手「ファミリーマート」(本部・東京)の加盟店で働いていた男性従業員(当時62)が死亡したのは、長時間労働による過労が原因として、遺族が同社と店主に損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁で和解した。連帯して解決金計4300万円を支払う内容で、フランチャイズ本部が雇用関係が直接ない加盟店の従業員の労災に関し、解決金の支払いに応じるのは極めて異例。
 22日付の和解条項では、ファミマが、著しい長時間労働の中で死亡したことに遺憾の意を表明する▽労働法規の遵守(じゅんしゅ)を加盟店に指導して欲しいとの遺族の要望を受け、加盟店や従業員と適切な関係を築き、信頼される企業となるよう不断の努力をする――ことが盛り込まれた。
 訴状によると、男性は2011年から大阪府大東市の加盟店で勤務。12年からは店主に指示され、店主が経営する同府門真市の別の店でも働くようになった。掛け持ち勤務をしていた同年12月21日夜、男性は大東市の店で脚立から転落して頭の骨を折り、急性硬膜下血腫で翌月に亡くなった。
 妻子3人は、男性の不注意ではなく過労による転落だとして、15年4月に損害賠償計5837万円を求めて提訴。同僚への聞き取りなどから、平日は15時間、土日は9~12時間勤務し、12年4月16日以降の休日はわずか4日で、死亡前の半年間の残業時間は国が定めた「過労死ライン(2カ月以上にわたり月平均80時間)」を大幅に上回る月218~254時間に上ったと主張した。さらに「ファミマは店舗の担当者を通じて過重労働を把握できたのに、漫然と放置した。使用者責任があるのは明らか」と訴えていた。
 ファミマは訴訟で責任を否定していたが、今年8月、和解申し入れをした。
 男性の妻は「家族思いで真面目だった主人はもう帰ってきませんが、せめて犠牲者を二度と出さないようにしたいと裁判を起こしました。和解をきっかけに本部企業が加盟店の従業員の労働環境を改善するために指導、監督するようになっていただければと願っています」とのコメントを出した。

ZAKZAK 2016.12.30
血の涙流しても休日は与えられず…ファミマFC店員過労死 オーナーはとりつく島もなく
 コンビニ大手ファミリーマートの男性従業員=当時(62)=が勤務中に死亡したのは、2店舗の掛け持ちによる過重労働が原因だったとして、遺族がフランチャイズ(FC)の店舗オーナーとファミリーマートに損害賠償を求めた訴訟の和解が大阪地裁(福田修久裁判長)で成立したことが29日、分かった。運営会社がFC加盟店での労務管理に監督義務があることを認めた初の過労死訴訟とみられる。
                   ◇
 和解は22日付。ファミリーマートとオーナーが約4300万円を支払うとともに、オーナーが謝罪し、ファミリーマートが遺憾の意を表してFC加盟店に労働法規の順守を促す。遺族の代理人弁護士は「画期的な和解内容」としている。
 訴状によると、男性は平成24年12月、大阪府大東市内の店舗で勤務中、意識を失って脚立から転落。翌年1月、急性硬膜下血腫で死亡した。男性はオーナーから2店舗の掛け持ち勤務を命じられており、直前までの半年間の時間外労働(残業)は過労死ライン(月80時間)を上回る月218~254時間に及んでいた。遺族が27年4月、約5800万円の損害賠償を求めて提訴していた。
 ファミリーマート広報室は取材に「和解成立は事実と認識しているが、守秘義務があるので詳細なコメントは差し控えさせてほしい」としている。
■1日15時間労働 親子2人で月給25万円
 「ようやく終わったと思うと、ほっとした」。男性を過酷な長時間労働から救い出したい一心で店を手伝うことまでした遺族らは、和解の成立を歓迎した。男性の長女(40)は「コンビニはサービスがあふれていて仕事量が多すぎるのに、24時間営業を続けるのは無理がある。業界から二度と過労死を出さないよう、対策を立ててほしい」と要望した。
 遺族らによると、男性は大東市内の店舗のみで働く契約で雇われたが、平成24年4月以降は隣接する門真市内の店舗でも働かされていた。平日の勤務は午後9時~翌日正午までの15時間。大東の店で深夜1人きりの店番をした後、早朝に15分かけて自転車で移動し、休憩を挟まず門真の店に入る日々を繰り返した。
 若いころに鍛えた体は、みるみるやせ細った。目から出血し、血の涙を流しても休日は与えられず、倒れるまでの8カ月間で休めたのは、過労で入院するなどした4日間だけだった。
 オーナーは6月には、男性の長男(32)を門真の店長として雇った上で、男性に対する給料の支給を止めた。代わりに、本部から毎月送金されてくる店の人件費85万円から給料を捻出するよう指示したという。アルバイトに支払う人件費は60万円。残り25万円を親子で折半した。長男自身も過重労働が重なり「何度も車道に飛び出して死のうと考えた」と振り返る。
 妻(66)と長女も店の手伝いに入り、男性と長男を支えた。「時間に追われて仕事をして、寝たと思ったらまた仕事。思考できなくなった」。辞めるように何度も男性を説得しながらも、一家全員が正常な判断力を失い、必死で働き続けた。
 オーナーと本部には、長時間労働と給料の不払いをやめるよう求めていた。オーナーは「自分は病身なのにこんなに働いている。もっと頑張れ」ととりつく島もなく、本部から派遣されるスーパーバイザーも改善策を講じなかったという。妻は「夫の命と私たちの生活を踏みにじったオーナーが悪いが、本部の体制もいいかげんすぎた」と指摘している。長女は「コンビニはサービスがあふれていて仕事量が多すぎるのに、24時間年中無休で営業を続けること自体、無理がある。業界から二度と過労死を出さないよう、対策を立ててほしい」と要望した。


産経West 2016.12.30 20:11
命奪う「ブラック過労」後絶たず…外食業界では労働時間抑制の動きも
 長時間労働で命を奪われる従業員は後を絶たず、平成27年度に労災認定された過労死と、未遂を含めた過労自殺はいずれも100件に迫る。広告代理店の電通では新入社員の過労自殺が社長の辞任や働き方の見直しに発展。外食業界で営業短縮の動きが広がるなど、労働時間抑制に向けた取り組みが企業側に広がりつつある。
 ファミリーマートの店舗で働いていた男性=当時(62)=の死亡を巡る今回の和解では、長時間労働が勤務中の事故の一因となった可能性に言及するにとどまり、遺族側が求めた本社の責任には踏み込まなかった。
 一方、居酒屋チェーン「ワタミ」子会社の女性社員=当時(26)=の過労自殺を巡る訴訟では昨年、ワタミ側が自殺原因は過労と認めて謝罪することで和解が成立。津地裁四日市支部で和解した宅配ピザチェーンの過労死訴訟でも、企業側が長時間労働と死亡との因果関係や責任を認めた。
 過重労働の背景には、働き手不足のため少人数での勤務を強いられる現場の状況がある。
 こうした中、外食業界では「すかいらーく」が今月、ファミリーレストラン約750店で営業時間を大幅に短縮すると発表。「ロイヤルホスト」や「マクドナルド」も、労働環境改善や深夜の客の減少を理由に24時間営業の店舗数を減らしている。

//////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : FC コンビニ 大手 ファミマ 過労死 ファミリーマート フランチャイズチェーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン