2017-01-07(Sat)

笹子トンネル天井板 トラック接触 事故前に2回

中日本高速 対応せず 崩落誘発か 見逃し、撤去先延ばし

----2012年12月に天井板が落下し9人が犠牲となった中央自動車道の笹子トンネル上り線で、落下した区間の天井板トラックが接触する事故が、12年の崩落事故までに少なくとも2回発生し、トンネルを管理する中日本高速道路が適切な対応をとらなかったことが事故につながった疑いがあることが6日、技術者や大学教授らでつくるグループの調査でわかりました。

----「笹子トンネルの真相を探る会」のメンバーで大阪経済大学の西山豊教授は指摘します。
 「接触の影響について、中日本が慎重に検討した形跡がない。いったん崩落が起きると重大な被害を引き起こす天井板の連結構造や点検しにくい構造につくった設計ミスに加え、点検ミスと撤去を先延ばしした経営ミスが重なった」
(しんぶん赤旗)
******************
(2016年12月25日更新)
笹子トンネル崩落の新事実 (2)―
車両の接触事故が引き金か 西山 豊
http://www.geocities.jp/ma85003/index11a.html




以下引用

しんぶん赤旗 2017年1月7日(土)
笹子トンネル天井板 トラック接触 事故前に2回
中日本高速 対応せず 崩落誘発か
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-07/2017010701_01_1.html
 2012年12月に天井板が落下し9人が犠牲となった中央自動車道の笹子トンネル上り線で、落下した区間の天井板トラックが接触する事故が、12年の崩落事故までに少なくとも2回発生し、トンネルを管理する中日本高速道路が適切な対応をとらなかったことが事故につながった疑いがあることが6日、技術者や大学教授らでつくるグループの調査でわかりました。(矢野昌弘)
__________________
技術者・学者グループが調査
170107H)笹子トンネル事故p1
(写真)2008年6月に天井板に接触したトラック。大型貨物車に普通貨物車を積載したため、高さオーバーしていました(国交省の調査・検討委員会資料から)
 トラックの接触と12年の崩落事故との因果関係を指摘するのは「笹子トンネルの真相を探る会」。同会は、事故の原因究明を求め、関係者の刑事告発などを進めています。
 中日本高速道路が作成した資料によると、トラックが接触して上りトンネルの天井板を損傷させた事故は明らかになっているもので3回。
 このうち2回は、大事故で約140メートルにわたり崩落した区間の天井板に接触していました。
 08年6月の接触では、路面から天井板まで高さ4・7メートルの同トンネルに、4・95メートルの高さオーバーのトラックが通行。3キロにわたって天井板と接触していました。
 民営化を翌月に控えた2005年9月下旬には4地点で計540メートルにわたって接触した痕が見つかりました。
 同会のメンバーで大阪経済大学の西山豊教授は「05年時点で、崩落した区間の天井板が接触しているのは、当時すでに天井板をつり下げるアンカーボルトが脱落し、天井板が下がっていた可能性がある」と指摘します。
 同会は10トン車が時速70キロで接触したと仮定。試算したところ、天井板へ垂直に5トンから10トンの衝撃荷重がかかったと考えられます。
 この接触事故に対し、中日本の対応は、いずれの接触事故でも「天井板の剥離箇所のたたき落としで対応」(同社資料)しており、傷ついた部分を除去しただけにとどまりました。天井板上部の状況を確認しませんでした。
 当時の対応について中日本は「現在、山梨県警の捜査中であるため、答えは差し控えたい」と本紙の取材に答えました。
170107H)笹子トンネル事故p2


しんぶん赤旗 2017年1月7日(土)
点検 12年の空白 中日本高速 笹子トンネル 天井板上部
見逃し、撤去先延ばし
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-07/2017010715_01_1.html
 中央自動車道の笹子トンネル(山梨県)でトラックと天井板が接触したことは、崩落の危険につながる重大トラブルだったのではないか―。同トンネルを管理する中日本高速道路は、なぜ見逃してしまったのでしょうか。
________________________________________
 笹子トンネルの天井板は、トンネル天頂部に接着剤で固定したアンカーボルトでつり下げる方式です。170107H)笹子トンネル事故p-1
 事故後、国土交通省の調査・検討委員会では、接着ボルトの引き抜き試験を行っています。結果は「衝撃荷重や機械的振動のようなものを加えない限り」という条件付きで強度に「問題はない」と結論づけていました。
 つまり、トラックが接触するといった衝撃荷重は、ボルトの強度に影響する想定外の事態だったのです。
 ところが中日本は、接触事故がわかった後、天井板の損傷した部分をたたき落としただけ。しかも12年にわたって天井板上部を点検していなかったのです。(表)170107H)笹子トンネル事故p-2
 笹子トンネルでは、旧道路公団時代の2000年に足場を使った近接目視や打音検査が行われました。
 05年、08年の定期的な点検では、路面からみただけ。天井板上部を点検しませんでした。
 天井板崩落事故直前の12年9月の点検では、天井板上部の点検はしました。
 しかし足場を組まない点検だったため、作業員の手が届く天頂の低い区間でしか打音点検をしませんでした。
 接触事故が起きた区間は、天井板から天頂部までの高さが5・3メートルもある地点です。
 そのため、この地点では打音点検が行われず、離れた場所から双眼鏡と懐中電灯を使った“近接”目視しか行われませんでした。
 しかも中日本は、09年に笹子トンネルの天井板撤去を計画していましたが、これを先延ばし。崩落事故が起きるまで撤去することはありませんでした。一方で西日本高速道路は、民営化後に管内15トンネルの天井板を撤去しています。
 「笹子トンネルの真相を探る会」のメンバーで大阪経済大学の西山豊教授は指摘します。
 「接触の影響について、中日本が慎重に検討した形跡がない。いったん崩落が起きると重大な被害を引き起こす天井板の連結構造や点検しにくい構造につくった設計ミスに加え、点検ミスと撤去を先延ばしした経営ミスが重なった」

*********************************
西山豊 (Yutaka Nishiyama) 笹子トンネル天井板崩落(記事)
http://www.osaka-ue.ac.jp/zemi/nishiyama/sasago.html
全国8000万ドライバー安全のために
笹子トンネル天井板崩落(記事、資料)

◇トンネル内空測定の意義と方法(12月27日)
http://www.geocities.jp/ma85003/index14.html
◇科学者の社会的責任(12月21日)
http://www.geocities.jp/ma85003/index13.html
◇笹子トンネル崩落の新事実 (5) ―崩落現場は特殊区間(掲載予定)
◇笹子トンネル崩落の新事実 (4) ―対称性の破れが崩壊をすすめる(掲載予定)
◇笹子トンネル崩落の新事実 (3) ―リフレッシュ計画延期の謎(11月18日)
http://www.geocities.jp/ma85003/index11b.html
◇笹子トンネル崩落の新事実 (2) ―車両の接触事故が引き金か(11月11日)(12月24日更新)
http://www.geocities.jp/ma85003/index11a.html
◇告発状の特徴 (10月3日)
http://www.geocities.jp/ma85003/sasago/memo1003.pdf
◇告発状 甲府地方検察庁に提出 (10月3日)
http://www.geocities.jp/ma85003/sasago/accusation1003.pdf
◇笹子トンネル崩落の新事実 (1) ―天井板の連結が大惨事をまねいた(2016年9月3日)
(旧題)天井板の連結構造が大惨事をまねいた―笹子トンネル事故再考
http://www.geocities.jp/ma85003/index9.html
◇笹子トンネル事故を考える―科学者の社会的責任から(2013年7月)
http://www.osaka-ue.ac.jp/zemi/nishiyama/articles/jsa9.pdf

-------------------------------
科学者の社会的責任
西山 豊
2016年12月21日更新
 事故や災害と呼ばれるものを整理してみると、自然災害というより人災とみるべきものが増えています。
 2005年 JR福知山線脱線事故
 2011年 福島第一原発事故
 2012年4月  関越道高速バス居眠り運転事故
 2012年12月 笹子トンネル事故[1][2][3][4]
 2014年 広島土砂災害
 2015年 巨大組体操事故[5]
 2016年 博多駅前道路陥没事故
 これらは人災の要素が大きく、事故ではなく事件であり、危険予知が可能で、防げたものと思います。
 事故が起こると、報道関係は、その悲惨さを伝えますが、その原因を追究することはしません。そして事故にあわれた遺族の方に焦点が移ります。これは、間違いではないでしょうか。私たちすべてが事故や災害にあう可能性があり、再発防止のため原因の解明がとても大切です。
 笹子トンネル崩落も、ご遺族だけでなく全国8000万ドライバーの問題としてとらえなおす必要があると思います。
 私は大学に勤務していますが、「科学者の社会的責任」を強く感じています。自らの研究に没頭するのではなく、社会のことに少しでも関心を持ち、発言することの重要性を感じます。理工学の基礎的な知識があれば、笹子トンネル崩落の原因は容易に解明できます。ノーベル賞受賞者を輩出している日本ですから。
 国土交通省の事故調査・検討委員会、NEXCO中日本の有識者会議、NEXCO総研には自然科学者が多いと思います。そして高価な測定車を持っているはずです。原因が特定できない、インフラの老朽化で済ますのではなく、しっかりと事故原因を解明してほしいものです。それが社会的責任というものです。
(参考資料)
[1] 西山豊「笹子トンネル崩落の新事実 (1) ―天井板の連結が大惨事をまねいた」 日本科学者会議、第21回総合学術研究集会(龍谷大)、2016年9月3日
http://www.geocities.jp/ma85003/index9.html
[2] 西山豊「笹子トンネル崩落の新事実 (2) ―車両の接触事故が引き金か」、2016年11月11日
http://www.geocities.jp/ma85003/index11a.html
[3] 西山豊「笹子トンネル崩落の新事実 (3) ―リフレッシュ計画延期の謎」、2016年11月18日
http://www.geocities.jp/ma85003/index11b.html
[4] 西山豊「笹子トンネル事故を考える―科学者の社会的責任から」『日本の科学者』48(7), 34-40, (2013)
http://www.osaka-ue.ac.jp/zemi/nishiyama/articles/jsa9.pdf
[5] 西山豊「巨大組体操の危険性を検証する」『日本の科学者』(51)9, 32-37, (2016)
http://www.geocities.jp/ma85003/math/kumi2016j.pdf

*********************************

ホーム >> 政策・仕事 >> 道路 >> 中央自動車道笹子トンネル天井板落下事故関連情報 >>
トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/tunnel/
報告書
トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会報告書
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/tunnel/pdf/130618_houkoku.pdf
資料集
トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会資料集
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/tunnel/siryo_shu.html

///////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 笹子トンネル 天井板 トラック 中日本高速 国土交通省

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

記事の紹介有難うございます。原因をはっきりさせ、皆が納得できるようにしたいですね。
プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン