2017-01-24(Tue)

博多陥没 市に異常伝えず 大成JV 前日に把握

岩盤の一部が風化、強度にばらつき  検討委が10想定要因を提示


博多陥没、市に異常伝えず 業者、前日に把握 トンネル上部
----福岡市のJR博多駅前で昨年11月に起きた陥没事故で、陥没の兆候を示す数値が事故前日からトンネル内部で計測されていながら、市に報告がないまま施工業者が地下鉄工事を続けていたことがわかった。業者の対応と大規模な崩落との因果関係が、今後の原因究明の焦点となる。
(朝日新聞)

博多陥没、専門委が10想定要因を提示
----昨年11月にJR博多駅前で地下鉄のトンネル工事中に起きた大規模な陥没事故で、原因究明に当たる国の第三者委員会(委員長:西村和夫・首都大学東京教授)は1月21日、地質条件や工事の設計、施工に関する10の想定要因を挙げた。3月末までに主な要因を絞り込み、中間報告を取りまとめる。
(日経コンストラクション)

◇岩盤の一部が風化、強度にばらつき…博多陥没
 福岡市のJR博多駅近くで起きた陥没事故で、原因究明のため国が設置した有識者委員会の第2回会合が21日、東京都内で開かれた。
 ボーリング調査の結果、掘削していた地下鉄トンネルの上部の岩盤に弱い部分や亀裂があり、陥没の一因となった可能性があるとの見解で一致した。
 委員会はさらに検証を進め、3月の次回会合で、原因や再発防止策をとりまとめる方針。
(読売新聞)

----------------------------------
土木研究所
https://www.pwri.go.jp/jpn/kentou-iinkai/kentou-iinkai.html
「福岡市地下鉄七隈線延伸工事現場における道路陥没に関する検討委員会(第2回)」の開催について
2017/01/18
https://www.pwri.go.jp/jpn/about/pr/press-release/pdf/20170118.pdf




以下引用

朝日新聞 2017年1月24日05時00分
博多陥没、市に異常伝えず 業者、前日に把握 トンネル上部
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12761998.html
トンネルへの圧力の変化と大成JVの対応/断面のイメージ
http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20170124000331.html
 福岡市のJR博多駅前で昨年11月に起きた陥没事故で、陥没の兆候を示す数値が事故前日からトンネル内部で計測されていながら、市に報告がないまま施工業者が地下鉄工事を続けていたことがわかった。業者の対応と大規模な崩落との因果関係が、今後の原因究明の焦点となる。
 事故原因を調べる国の第三者委員会で示された内部資料によると、市営地下鉄七隈(ななくま)線の延伸工事を施工する大成建設JV(共同企業体)は、トンネルを支える鋼材にトンネル上部の岩盤からどれくらいの圧力が掛かっているかをセンサーで計測していた。
 計測値は、事故前日の11月7日から上昇を始めた。同日午後6時ごろに土木学会の指針に基づいた3段階の基準値のうち、現場点検などが求められる「レベル1(注意体制)」の値を超えた。市と大成JVとの契約では、この時点で市に連絡する取り決めだったが、大成JVは連絡していなかった。
 その後計測値は上昇を続け、8日午前1時ごろ、軽微な対策工事の実施を求める「レベル2(要注意体制)」になった。その30分後には、工事の停止を求める「レベル3(厳重注意体制)」に到達した。それでも大成JVは市に報告をしないまま、工事を続けていた。大成JVが市に連絡したのは、陥没が始まって4分後の午前5時24分だった。
 大成建設広報室は「第三者委で引き続き調査が継続されることから、原因などに関する質問については、回答を控える」と答えた。


日経コンストラクション2017/01/24
博多陥没、専門委が10想定要因を提示
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/012300670/
 昨年11月にJR博多駅前で地下鉄のトンネル工事中に起きた大規模な陥没事故で、原因究明に当たる国の第三者委員会(委員長:西村和夫・首都大学東京教授)は1月21日、地質条件や工事の設計、施工に関する10の想定要因を挙げた。3月末までに主な要因を絞り込み、中間報告を取りまとめる。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/012300670/?SS=imgview&FD=1420895828
第三者委員会の委員長を務める西村和夫・首都大学東京教授。提示した要因に対し、「複合的な要因で陥没に至った可能性が高い」と説明した(写真:日経コンストラクション) 
 同委員会は昨年11月の第1回会合で工事を発注した福岡市に対し、トンネル天端から岩盤層の上端までの距離が短い地質条件のなかでNATM工法を採用した経緯や、施工中の計測データなどを示す資料の提出を求めた。1月21日の第2回会合ではこれらの調査に基づき、推定される事故原因を議論した。
 陥没直前には、トンネルの天端付近から異常な出水と地山が剥がれ落ちる現象があったことが作業員の報告などから分かっている。天端付近のもろい風化頁(けつ)岩が地下水や土の圧力に耐えきれず、緩みや亀裂が発生し、地下水や土が流入した可能性が高い。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/012300670/?SS=imgview&FD=1423698167
トンネルが崩落したメカニズムの概念図。何らかの原因でトンネル天端付近の風化頁岩がその上部にある砂れき層からの水圧と土圧に耐え切れなくなり、トンネル上部に緩みや亀裂が発生。地下水とともに砂れき層がトンネル内部に流入し、地表面の陥没に至ったとみられる(資料:土木研究所)
 委員会は想定要因として、トンネル天端付近の風化頁岩の強度が想定よりも小さかった可能性のほか、扁平(へんぺい)形にしたトンネル断面形状の影響や、NATMの補助工法として切り羽前方に挿入した長尺先受け鋼管が水みちをつくった可能性などを挙げた。委員長を務める西村和夫・首都大学東京教授は会合後の会見で「複数の要因が重なって事故に至った可能性が高い」とする見解を示した。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/012300670/?SS=imgview&FD=1422774646
第三者委員会が示した陥没事故の10の想定要因。地質・地下水に関する3要因と、設計・施工に関する7要因挙げた。第3回会合までに新たな要因の可能性を検討するとともに、主だった要因の絞り込みを行う。土木研究所の資料をもとに日経コンストラクションが作成
リスクの最小化に努めたかを検証
 今回挙げた要因は、いずれも不確かな地盤の情報しかないなかで工事を進めるに当たり、受発注者が施工当初からリスクとして認識できたものと言える。 
一部の想定要因の概念図(資料:土木研究所)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/cntnews/15/012300670/?SS=imgview&FD=1423698167
 西村教授は「設計や施工など、各段階で想定できるリスクに対してどの程度の対策を取ってきたか」が重要になるとしたうえで、事故リスクを最小化できたかどうかを今後検証していく考えを示した。
 調査の結果、施工者の大成建設・佐藤工業・森本組・三軌建設・西光建設JVが現場で測定していたデータからは、作業員が異常を察知した時点よりも前に支保工のH形鋼に働く応力に変化があったことも分かった。データが陥没につながる予兆を表していたとしても、掘削で岩盤が変形する際の応力変化との区別が難しかった可能性がある。施工者の判断が適切であったかどうかは、第3回会合で判断する。
長谷川 瑤子 [日経コンストラクション]


NHK 1月21日 18時55分
福岡 大規模陥没 掘削した岩盤の一部 風化が原因の可能性も
 去年、福岡県のJR博多駅前の道路が大規模に陥没した事故で、原因の究明にあたっている専門家の委員会のボーリング調査の結果、トンネルを掘っていた岩盤の一部に風化して、もろくなっているところが見つかり、陥没の原因の1つになった可能性の高いことがわかりました。
JR博多駅前の道路が大規模に陥没した事故の原因を調べる専門家の委員会は21日、東京で2回目の会合を開きました。
 この中で、先月から現場で始まっているボーリング調査の検証が行われ、その結果、トンネルを掘っていた岩盤の層の一部に風化して、もろくなっているところが見つかったということです。
 この工事では、福岡市や建設会社が陥没を防ぐため、地下水を多く含む柔らかい地層を避けて、その下にある固い岩盤を掘っていたと説明していました。
 このため、委員会は岩盤がもろくなっていたことが原因の1つになり、土砂の重さや地下水の水圧に耐えきれずに崩壊した可能性が高いと見ているということです。
 委員会ではさらにボーリング調査の結果を検証したうえで、陥没の原因と、再発防止策を盛り込んだ報告書を3月までにまとめるとしています。


時事通信(2017/01/21-20:24)
「岩盤の強度にばらつき」=博多道路陥没で指摘-第三者委
 福岡市のJR博多駅前で起きた大規模な道路陥没事故で、国が設置した第三者委員会は21日、第2回会合後の記者会見で、トンネル上部の岩盤の強度にばらつきがあったと明らかにした。地下水の水圧などに耐えきれずに崩落した可能性が高いといい、3月までに次回会合を開いて中間報告を取りまとめる。
 事故は、地下鉄七隈線の延伸工事で、水を含んだ砂の層の下にある岩盤を掘削中に発生した。
 同日記者会見した首都大学東京副学長の西村和夫委員長によると、事故後に現場付近をボーリング調査した結果、トンネル上部の岩盤には強度や厚さにばらつきがあり、地下水の水圧や地中の圧力に耐えきれずに崩落した可能性が高いという。
 西村委員長は「複合的な要因で崩落したと考えられるが、今後詳細に議論する」と述べ、設計や施工が適切だったか調べる考えを示した。


読売新聞 2017年01月22日 09時31分
岩盤の一部が風化、強度にばらつき…博多陥没
 福岡市のJR博多駅近くで起きた陥没事故で、原因究明のため国が設置した有識者委員会の第2回会合が21日、東京都内で開かれた。
 ボーリング調査の結果、掘削していた地下鉄トンネルの上部の岩盤に弱い部分や亀裂があり、陥没の一因となった可能性があるとの見解で一致した。
 委員会はさらに検証を進め、3月の次回会合で、原因や再発防止策をとりまとめる方針。
 会合には、地盤工学の専門家ら委員12人が出席した。会合後に記者会見した西村和夫委員長(首都大学東京副学長)によると、トンネル上部にある岩盤の一部が風化し、強度にばらつきがあった。地下水の水圧などに耐えきれずに崩落した可能性があり、さらに詳しい事故発生のメカニズムを調べる。また、現場の作業員が異変に気付く以前から、トンネル内の計測器に変化が見られていたことも判明したという。


日本経済新聞 2017/1/21 21:37
地下水圧で岩盤に亀裂か 博多陥没で調査委
 JR博多駅(福岡市博多区)近くの道路が陥没した事故で、国が設置した調査委員会は21日、現場の地中を掘削調査した結果、岩盤の一部に強度が弱い部分があったことを明らかにした。砂利層に含まれる水や土の圧力が弱い岩盤にかかって亀裂が入り、陥没した可能性が高いという。追加調査を進め、3月に最終報告をまとめる予定。
 委員長を務める首都大学東京の西村和夫教授は記者会見で「複数の要因が絡み合い、陥没事故に至った可能性が高い」と話した。同日の会合では事故要因として、市が実施した地下鉄七隈線延伸のトンネル工事の設計・施工方法、現場の地質や地下水の状態など10項目が示された。


西日本新聞 2017年01月21日21時33分 (更新 01月21日 21時58分)
博多陥没、岩盤のもろさが一因か 国交省の第三者委
 福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、原因究明に当たる国土交通省の第三者委員会が21日、東京都内で2回目の会合を開いた。現場では市営地下鉄工事で掘削していたトンネル上部の岩盤が崩れた。委員会は岩盤にもろい部分があり、一因となった可能性もあるとした上で、地質や設計・施工に関する10の想定要因を議論。3月開催の次回会合までに原因を絞り込み、中間報告を取りまとめる。
 第三者委が開かれるのは昨年11月以来で、今回は福岡市側から、事故後に実施したボーリング調査の中間データが示され、岩盤にもろい部分があると確認した。


毎日新聞2017年1月20日 01時50分
博多陥没:事故3カ月前、市技術委が懸念
 昨年11月に福岡市のJR博多駅前で起きた市道陥没事故の原因を究明する専門家委員会の第2回会合が21日に東京都内で開かれる。事故の要因となった市地下鉄七隈線延伸工事を巡っては、施工方法などを議論した市の技術検討委員会で地盤のもろさから地表面の沈下の危険性が指摘されていた。専門家委はこうした経緯を含め検証を進めるとみられる。【吉川雄策、合田月美】
 検討委は2012年1月から16年8月まで6回開催された。毎日新聞が入手した議事録によると、工事を実施していた大成建設を代表とする共同企業体(JV)の追加ボーリング調査で、地下水を含んだ砂層を遮るトンネル上部の岩盤が想定より薄いことが判明。トンネルの高さを約1メートル低く設計変更するなどの対策が議論された。
 委員の工事現場見学後に開かれた16年8月の会合では、現場付近の地表が数センチ沈下しており、掘削で地下水が抜けた影響とみられることも報告された。委員からは「(トンネル上部の岩盤は)かなりボロボロ。施工は注意深くやる必要がある」「(トンネルを)下げたとしても心配」「大きく沈下が生じるとかなり危ない」と懸念の声が相次いだ。
 一方で「瞬時に沈下が起こるわけではない」との意見もあり、委員長が「(市側の)大方の考え方は理解できる」と集約し施工方法が承認された。
 JVが作成した事故報告書には陥没直前に一部が剥がれ落ちた岩盤の写真も掲載されている。専門家委の第2回会合では事故後のボーリング調査結果も踏まえて、設計や施工が妥当だったか議論し3月末までに中間報告をまとめる予定だ。
 現場の地質に詳しい元九州大助教で佐賀大学低平地沿岸海域研究センターの下山正一・客員研究員(66)は「現場の岩盤には手で触ると崩れるほど弱い部分もある。検討委の発言は、事故は一定の予見ができたことを示しており、補強対策をどこまで実施していたかがポイントになる」と指摘する。


=2017/01/20付 西日本新聞朝刊=
博多駅前陥没情報を公開 市交通局が謝罪「非公開」から転換
2017年01月20日 06時00分
 福岡市議会の交通対策特別委員会で19日、市営地下鉄七隈線の延伸工事に伴うJR博多駅前の道路陥没事故に関する議論があった。市交通局は事故報告書などの資料を非開示として市議から反発を招いていたが、今月中旬から一部開示する姿勢に転じており、同局の阿部亨交通事業管理者は「市が持つ資料は可能な限り公開する。早期からそういう判断をすべきだった」と陳謝した。
 昨年12月の市議会定例会で、阿部氏は複数の市議が開示を求めていたトンネル内にいた作業員の聞き取り内容や現場写真などについて、「原因究明する国の第三者委員会の審議資料。部分的な情報が出ることで混乱を招く可能性がある」と答弁していた。
 同局は第三者委と協議の上、16日から情報公開に応じ、工事を請け負った大成建設を代表とする共同企業体(JV)が作製した事故報告書を開示。事故の概要や設計、施工の経緯を記した資料も同局のホームページ上で公開を始めた。平畑雅博市議(みらい)は「まず議会に情報が出ないのは不信だった」と指摘。「市政だよりを活用した情報提供も必要」と提案し、同局側は「検討していく」と応じた。
 阿部正剛市議(市民クラブ)は「現地調査せずに原因究明できるのか」と質問。同局の中村貴久理事は「さまざまな計測データがあり、(第三者委は)可能と判断したと思う。掘り返すことも可能で選択肢として残してある」と答えた。
 地下鉄延伸工事は既存の博多駅ビルなどをくいで支えながら、その下部に構造物を造るアンダーピニング工法区間も事故後に本格工事が止まっている。飯盛利康市議(自民)は「多くの建物を地下から仮受けしている状態で所有者や市民は不安。事故区間と独立しているなら、先に工事を再開する考え方もあるのでは」と提案し、同局は「不安解消のために保全措置をしっかりやって、事故区間の再開と合わせて検討する」と慎重姿勢を示した。


毎日新聞2017年1月17日 西部夕刊
福岡・博多陥没:「天井から水と砂が津波のように押し寄せた」 JVが証言報告書
 昨年11月8日に福岡市のJR博多駅前で起きた道路陥没事故で、当時、現場での市地下鉄延伸工事に従事していた作業員の証言をまとめた報告書の内容が判明した。全作業員9人のうち3人が「掘削中のトンネル天井部分から水と砂が津波のように押し寄せてきた」と話している。崩落・出水が激しく、作業員が巻き込まれかねなかった切迫した状況が明らかになった。
 毎日新聞が情報公開請求し今月16日に入手した。証言は現場の地下鉄工事を請け負った大成建設を代表とする共同企業体(JV)が、事故前日の11月7日夜から8日の発生直後まで作業に携わった男性作業員全員の証言をまとめた。作業員が当時撮影した写真と合わせ、同月17日に市交通局側に提出した。
 証言を総合すると、7日午後8時15分にトンネル内で作業を始め、8日午前0時40分に掘削に着手。午前4時に作業員が天井付近の地層の異常を確認した。掘削を中断し、コンクリートの吹き付け準備を始めたが、地盤がはがれ落ちる「肌落ち」が起き出水し、午前5時に全員退避した。
 50代の作業員はこの時の様子を「最初ににごり水が、続いて約0・25立方メートルほどの黒色の塊が(天井から)落下。その後、砂や水。全員退避の指示を受け坑内から退避開始。天井から水混じりの砂が津波のように押し寄せてきた」と証言。別の作業員は「(地上への出入り口の)立て坑から(現場につながる)連絡坑を見ると、奥から水が来始めたので地上に退避した」と語っている。
 報告書は専門家の検討委員会に提出され原因究明に活用される。
 元九州大助教で佐賀大低平地海岸海域研究センターの下山正一・客員研究員(66)は「地下水を多く含んだ層を掘削してしまったことで水や砂が一気に押し寄せたのだろう。対策が十分だったか証言も参考にして検証すべきだ」と指摘した。【吉川雄策】
________________________________________
作業員の証言に基づく陥没事故の経緯
<7日午後>
8時15分 坑内作業開始。周辺の補強など実施
<8日午前>
0時40分 掘削開始
4時    天井部地層の弱さを確認し掘削中断
  25分 天井部から土が連続して落下
  30分 コンクリートの吹き付けを開始
  50分 天井から異常な出水を確認
5時    作業員全員が地上に退避
   5分 地下からの流水音を確認
  15分 地表に亀裂。作業員が通行規制措置
  20分 道路南側が陥没
  28分 JV職員が110番
  30分 道路北側も陥没
  50分 福岡県警が交通規制開始
6時    JRや電力会社などに連絡

///////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 博多 陥没 大成JV 道路 トンネルJR 地下鉄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン