2017-04-28(Fri)

森友学園問題 財務省との交渉状況 音声記録公表

籠池前理事長 民進党の会合出席 「昭恵氏に適時報告」
財務局が申請資料渡す 手順を記載


◇籠池前理事長 財務省とのやり取り 音声記録公表
----学校法人「森友学園」の籠池泰典・前理事長は、国会内で開かれた民進党の会合に出席し、大阪・豊中市の国有地の売却をめぐって、去年3月に、みずからと財務省との間で行われたやり取りを録音した音声記録の内容を公表しました。会合で、籠池氏は「結果論だが、安倍総理大臣夫人の昭恵氏に小学校の名誉校長になってもらったことで、ある時期から、土地について、スピーディーに物事が動いたのだと思う」と述べました。
(NHK 4月28日 12時34分)

◇籠池氏「昭恵氏に適時報告」=財務省との交渉状況-森友問題
----籠池氏は、昨年3月に財務省担当室長と面会した際のやりとりを記録したとする録音データについて説明。面会は地下から廃棄物が見つかったとして、近畿財務局の紹介によって実現し、同省室長が籠池氏に、学園への土地貸し付けは「特例」などと発言したという。
 
籠池氏によると、2014年3月、東京都内のホテルで昭恵氏と面会し、建設計画について報告。昭恵氏は「主人に伝えます。何かすることはありますか」と協力する考えを伝えたという。
 
籠池氏は「財務省担当者には、交渉経緯を昭恵氏に報告していることを伝えていた」と強調。その上で「それまで定期借地契約に難色を示していた財務省が14年夏ごろ、突然前向きになった。録音データで(財務省)室長が言う『特例』というのは、このことを指していたのではないか」と述べ、昭恵氏の影響があったとの見方を示した。
(時事通信 2017/04/28-12:44) 

◇籠池氏、また新証言 「後ろ向きだった契約が突然…」
森友学園と財務省の面会前後の経緯
 「交渉を昭恵先生に報告していた」「それを近畿財務局にも伝えていた」。森友学園への国有地売却問題で、約1カ月ぶりに公の場に姿を現した籠池泰典・前理事長が28日、また新たな説明を始めた。聞いていた民進党の議員らには、驚きが広がった。
(朝日新聞 2017年4月28日12時18分)

◇森友学園:国有地売却 財務局が申請資料渡す 手順を記載
----大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、小学校の設立認可の審査前に、財務省近畿財務局が売却までの手順を書いた説明資料を学園側に渡していたことが分かった。必要な申請書類の文案も用意するなど、学園による土地取得がスムーズに進むようにしていた財務局側の配慮が浮き彫りになった。
(毎日新聞2017年4月28日 13時14分)




以下引用

日本経済新聞 2017/4/28 12:32
籠池氏から聞き取り調査 民進、土地取得の経緯確認
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長から財務省側との交渉経緯についてヒアリング調査を実施した。籠池氏は昨年3月に財務省を訪れた際、担当者から学園への対応が「特例」であるとの発言があったと明らかにした。
 発言内容は当時のやりとりを録音した音声データに残っていたという。
 また、国有地取得に関する申請書類のひな型を近畿財務局側が用意したとも説明。籠池氏は「この通りやればスムーズに進むと感じた」と話した。一連の財務省側との交渉経過は「逐一、安倍昭恵首相夫人に電話などで報告していた」という。
 学園は2013年、小学校用地として大阪府豊中市の国有地の取得を要望。15年5月、10年以内に購入することを条件に定期借地契約を国と結んだ。
 ところが、校舎建設着工後の16年3月、敷地内の地中から大量のゴミが出てきて工事が中断。籠池氏夫妻は財務省を訪れ、対応を求めた。その後、学園は一転して土地の購入を申し入れ、同年6月、評価額9億5600万円からゴミ撤去費などを差し引いた1億3400万円で取得した。
 学園側との交渉経緯について財務省側は「交渉経緯を記録した文書を廃棄したため具体的な内容は分からない」と繰り返し説明している。


NHK 4月28日 12時34分
籠池前理事長 財務省とのやり取り 音声記録公表
学校法人「森友学園」の籠池泰典・前理事長は、国会内で開かれた民進党の会合に出席し、大阪・豊中市の国有地の売却をめぐって、去年3月に、みずからと財務省との間で行われたやり取りを録音した音声記録の内容を公表しました。会合で、籠池氏は「結果論だが、安倍総理大臣夫人の昭恵氏に小学校の名誉校長になってもらったことで、ある時期から、土地について、スピーディーに物事が動いたのだと思う」と述べました。
学校法人「森友学園」の籠池泰典・前理事長は、大阪・豊中市の国有地が、「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、28日、国会内で開かれた民進党の調査チームの会合に出席しました。
 会合で、籠池氏は、去年3月15日に、みずからの妻とともに、財務省を訪れ、田村嘉啓・国有財産審理室長と面会した際にみずからが録音した音声記録の内容を公表しました。
 そして、籠池氏は、調査チームのメンバーの質問に答える形で、「当初は、国有地を定期借地権契約で借りたいと思っていて、財務省近畿財務局との交渉の経緯を、その都度、安倍総理大臣夫人の昭恵氏に報告していた」と述べました。
 また、籠池氏は「半月から10日に1度は、近畿財務局に通っていた。平成26年ごろから、財務省側が、突然、定期借地権契約に前向きになり、なぜ態度を変えたのかわからないが、録音の中で、田村氏が『特例』と言っていて、このことを指していたのではないか」と述べました。
 そして、籠池氏は「結果論だが、昭恵氏に小学校の名誉校長になってもらったことで、ある時期から、土地について、スピーディーに物事が動いたのだと思う」と述べました。
音声記録の内容は
この音声記録は去年3月15日に東京・霞が関の財務省で籠池前理事長夫妻が田村嘉啓・国有財産審理室長らとおよそ1時間半にわたって面会した際のやり取りを籠池氏が録音したものです。前理事長夫妻はこの4日前に大阪・豊中市の国有地で小学校の建設工事中に地中から新たなゴミが見つかり、国に早期の対応を求めて財務省を訪れていました。
 音声記録によりますと面会で前理事長夫妻は終始、国有地をめぐる近畿財務局の対応を強い口調で批判していました。そして新たなゴミが出たのは前の年に行われた土壌改良工事で財務局の担当者がゴミの混じった土を埋め戻すよう業者に指示したと主張していました。
 また籠池氏は財務局への不満を述べる中で、小学校の名誉校長だった安倍総理大臣の妻の昭恵夫人に言及していました。また具体的な名前は出さないものの「あの方自身が愚弄されていると思った」とか支援を受けている元副大臣など4人の政治家が憤慨しているなどと述べていました。
 田村室長は前の年に昭恵夫人付きの職員から森友学園に関する問い合わせを受け、回答したことがすでに明らかになっています。この日の面会では籠池氏が昭恵夫人や政治家に言及した際に田村室長からの発言はありませんでした。
 一方、田村室長は売却処分が原則の国有地を学園に対して将来の売却を前提に貸し付けたことについて「特例だった」と表現していました。そして新たなゴミについては「近畿財務局が責任をもって対応する」などと述べていて、その後の8億円余りの値引きにつながるような具体的な発言は確認できませんでした。
財務省理財局長 コメント差し控えたい
財務省の佐川理財局長は28日の衆議院の財務金融委員会で、音声記録について、「報道されているのは承知しているが、音声があまりはっきりしていないうえ、どういうものなのか承知していないのでコメントは差し控えたい」と述べました。
 その一方で、佐川理財局長は、籠池前理事長が去年3月に財務省を訪れた際の面談の内容は対応した職員から確認したとし、「先方から地中から新たな埋設物が出たため、対応してもらいたいという話があり、法令に基づいて大阪航空局と連携して対応するという話をしたと聞いている」と述べました。
 また、土地の貸し付けが特例だったかどうかを問われ、佐川理財局長は、財務局への通達で定めた「特例処理」という規定に従って対応したもので、通常3年となっている土地の貸し付け期間を10年後に必ず返還するという定期借地の契約を指していると説明しました。
公明 井上氏「疑問出れば説明を」
公明党の井上幹事長は、記者会見で、「籠池前理事長の証人喚問で、国会議員の関与があったとの明確な証言はなかったし、払い下げの手続きも法律上の瑕疵(かし)はなかったことがかなり明確になっている。ただ、いろいろな過程で財務省の関わりなど疑問が出てくれば、そのつど説明責任をきちんと果たしていくことが大事だ」と述べました。
民進 山井氏「幕引き絶対に許さず」
民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、「財務省の田村国有財産審理室長と、籠池前理事長夫妻の交渉記録とされるテープが新たに出てきた。本物であれば、今までの財務省や政府の説明が覆りかねない重大な証拠だ。国民の圧倒的多数がなぜ、8億円値引きされたのかということについて、いまだに納得できないという声が依然として強く、私たちは『森友問題』を、絶対に幕引きさせることはできない」と述べました。


朝日新聞 2017年4月28日12時05分
森友の録音記録巡り追及 財務省側「本人かわからない」
 森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、財務省幹部が昨年3月、学園との土地取引について「特例」と学園の籠池泰典氏に述べた音声データが発覚したことについて、28日午前の衆院財務金融委員会で野党側が追及した。
 録音した籠池氏によると、面会相手は財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長。田村氏は2015年秋、この土地について安倍晋三首相の妻昭恵氏付の政府職員から財務省に照会があった際、回答した幹部であることが明らかになっている。
 共産党の宮本徹氏は「報道されている音声データが本物の記録か職員に確認したか」と質問。財務省の佐川宣寿理財局長は「(田村氏)本人かどうかわからない」と確認を拒否。昨年3月のやり取りについては、「室長に聞いたが、(新たに発見された)埋設物についてやりとりしたが、その他の詳細、具体的内容は記憶していない」と述べた。(南彰)


日本経済新聞 2017/4/28 12:32
籠池氏から聞き取り調査 民進、土地取得の経緯確認
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長から財務省側との交渉経緯についてヒアリング調査を実施した。籠池氏は昨年3月に財務省を訪れた際、担当者から学園への対応が「特例」であるとの発言があったと明らかにした。
 発言内容は当時のやりとりを録音した音声データに残っていたという。
 また、国有地取得に関する申請書類のひな型を近畿財務局側が用意したとも説明。籠池氏は「この通りやればスムーズに進むと感じた」と話した。一連の財務省側との交渉経過は「逐一、安倍昭恵首相夫人に電話などで報告していた」という。
 学園は2013年、小学校用地として大阪府豊中市の国有地の取得を要望。15年5月、10年以内に購入することを条件に定期借地契約を国と結んだ。
 ところが、校舎建設着工後の16年3月、敷地内の地中から大量のゴミが出てきて工事が中断。籠池氏夫妻は財務省を訪れ、対応を求めた。その後、学園は一転して土地の購入を申し入れ、同年6月、評価額9億5600万円からゴミ撤去費などを差し引いた1億3400万円で取得した。
 学園側との交渉経緯について財務省側は「交渉経緯を記録した文書を廃棄したため具体的な内容は分からない」と繰り返し説明している。


朝日新聞デジタル2017年4月28日11時49分
籠池氏「交渉経緯、昭恵氏に報告」 国有地売却問題
 森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、学園の籠池泰典・前理事長は28日、民進党が開いたヒアリングに出席し、2015年5月に結んだ定期借地契約について「(国側との)交渉の経緯は、(安倍晋三首相の妻の)昭恵氏に報告していた」などと発言した。昭恵氏への報告を国側にも伝えたとし、「後ろ向きだった契約に前向きになってくれた」とも述べた。
 ヒアリングは、東京・永田町の衆議院第二議員会館で行われた。籠池氏は冒頭、昭恵氏との関係について説明。小学校の開校準備を進めていたころの昭恵氏とのやりとりに触れ、「主人にお伝えしますと言ってもらい、何かすることはありますか、とまで言ってくれて、うれしかったことを覚えています」と話した。
 学園側は当時、小学校の設置認可と土地の準備を同時に進めていた。籠池氏はヒアリングで、「(土地を)定期借地で借りたいと思っていた」とし、「賃料の交渉で半月に一度、10日に一度は(財務省の)近畿財務局に行き、その都度、昭恵氏に報告していた」と発言。「近畿財務局の担当者にもそのことは伝えていたので把握していると思う」と話し、「突然、それまで後ろ向きだった定期借地に前向きになってくれた」と語った。
 安倍首相は、国有地売却への自身や昭恵氏の関与を繰り返し否定し、「私や妻が関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」と公言している。


毎日新聞2017年4月28日 13時06分
森友学園:籠池氏「昭恵氏に報告したので財務省が前向き」
民進党が国有地売却問題で籠池氏から聞き取り調査
 森友学園への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長への聞き取り調査をした。学園は当初、小学校開校に向け、大阪府豊中市の国有地の定期借地を希望していたが、籠池氏は「(国有財産を管理する)財務省に、(安倍晋三首相の妻)昭恵氏に報告していると伝えたら前向きになった」と説明。「昭恵氏に名誉校長になってもらい、土地問題がスピーディーに動いた」と述べた。
 籠池氏は2014年3月に東京のホテルで昭恵氏と会い、開校計画を説明したという。籠池氏は「昭恵氏から『主人に伝えます。何かすることがありますか』と言われた」と振り返った。国有地の取得は買い取りが基本だが、学園は当時、定期借地を希望していた。籠池氏は財務省近畿財務局に、昭恵氏に経過を適時報告していると伝えると、「14年夏ごろから前向きになってくれた」と話した。
 一方、籠池氏は、借地賃料についても近畿財務局から金額提示があったと説明した。籠池氏は「(財務局担当者から)ストライクゾーンがあり、高い方で2700万円、低い方で2100万円と言われ、低い方にしてくださいとお願いした」と明らかにした。
 15年5月に国有地を借りて小学校の建設工事を始めたが、翌年3月、地中に大量のごみがあることが判明。計画の遅延を懸念した籠池氏は3月15日、財務省を訪れ、国有財産審理室長の田村嘉啓氏らと面会した。籠池氏は会話を録音しており、財務省側は国有地の定期借地を認めた点に触れ「貸し付けは特例だった」と発言。ごみ処理も「責任があればしっかり対応する」と学園に配慮する姿勢を見せていた。民進党の聞き取りの中で、籠池氏は「財務省には昭恵氏に報告していると伝えていた。特例というのはこのことか、ありがたいことやな、と思った」と述べた。
 籠池氏は今年3月に学園の理事長を退任、長女の町浪(ちなみ)氏と交代した。籠池氏は国会の証人喚問と日本外国特派員協会(東京都)での記者会見があった3月23日以降、公開の場で説明していなかった。【米山淳、山崎征克】


朝日新聞 2017年4月28日12時18分
籠池氏、また新証言 「後ろ向きだった契約が突然…」
森友学園と財務省の面会前後の経緯
 「交渉を昭恵先生に報告していた」「それを近畿財務局にも伝えていた」。森友学園への国有地売却問題で、約1カ月ぶりに公の場に姿を現した籠池泰典・前理事長が28日、また新たな説明を始めた。聞いていた民進党の議員らには、驚きが広がった。
 籠池氏はこの日、東京の衆院議員会館の部屋で開かれた民進党のヒアリングに出席。3月23日に衆参両院であった証人喚問以来、約1カ月ぶりの公の場で、笑みを浮かべながらあいさつし、紙に目を落としながら話し始めた。
 小学校建設のプロジェクトが動き出したのは2012年10月ごろ。安倍晋三氏側に接触し、「昭恵先生にご相談した」「ホテルオークラで会ったとき、主人にお伝えしますと言ってもらい、何かすることはありますか、まで言ってくれた」。安倍首相の妻、昭恵氏とのつながりに言及した。
 土地の賃借交渉に関し、発言は核心に。「昭恵先生には、財務省との交渉内容について、電話で報告していた」「近畿財務局にもそのことは伝えていた」「突然、それまで後ろ向きだった定期借地契約に前向きになってくれた」。発言を聞く会場は驚きの声に包まれた。籠池氏は「14年4月に建設用地に昭恵先生を案内したとき、秘書も同行していた」とも述べた。
 定期借地契約後の16年3月、学園側は「地下から新たにごみが見つかった」と国に報告。その4日後の3月15日、籠池氏は東京・霞が関の財務省を訪れ、田村嘉啓・国有財産審理室長と面会した。
 籠池氏が面会時に録音した記録によると、籠池氏は「あの方自身が愚弄(ぐろう)されていると思ったから来たんです」と切り出し、「早めに対応してやってほしい」などと要求。昭恵氏や政治家とのつながりにも触れた。
 これに対し田村氏は、学園と当時交わしていた定期借地契約を「特例」としたうえで、「我々としても責任があるのであれば当然ご対応しなければいけません」などと述べていた。
 面会の9日後、学園は「条件が合えば購入したい」と国に申し入れ。その約3カ月後、鑑定価格から約8億円を引いた1億3400万円で売買契約が結ばれた。
 今月25日に籠池氏は朝日新聞の取材に応じ、面会時に言及した「あの方」について、「小学校の開校を期待して待っている人たち」とし、昭恵氏も含まれると説明。「(近畿財務局が面会後に)丁寧に現場を見に来て対応はスムーズにいった」と話していた。(岡戸佑樹、杉浦幹治、小早川遥平)

毎日新聞2017年4月28日 13時17分
森友学園:籠池氏「交渉経緯は昭恵氏に適宜報告」繰り返し
民進党の聞き取り調査 籠池氏、あいさつで「率直に話す」
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長への聞き取り調査をした。午前10時半過ぎ、籠池泰典氏は衆院第2議員会館の会議室に到着。カメラのフラッシュを浴び、神妙な表情で何度か会釈した。
 黒のスーツに白いワイシャツ、ストライプのネクタイ姿。「証人喚問でも申し上げたとおり、反省すべきは反省し、率直に話す方針に変わりはない」とあいさつした。
 ヒアリングはあくまで任意。籠池氏は時折手元の資料に目を落としながら、落ち着いた表情で、財務省や近畿財務局、安倍晋三首相の妻昭恵氏とのやりとりについて説明した。
 国有地売却を巡って「首相夫人」の意向を役人がそんたくしたのではないか--。そんな疑念が広がる中、籠池氏は「交渉の経緯は昭恵夫人に適宜報告していた」と繰り返し、財務省側から「値段にはストライクゾーンがある」といわれ、「低い方にして」と伝えたことも明かした。「大阪府にも多くのはしごをかけていただいた。ご恩に報いたい」と皮肉っぽく話す場面もあった。
 ヒアリングは正午過ぎに終了。籠池氏は報道陣の問いかけに答えることなく退室した。【遠藤拓】

しんぶん赤旗 2017年4月28日(金)
森友・財務省面談記録 政府答弁との食い違い次々 籠池氏 昭恵氏の名繰り返す
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-28/2017042815_01_1.html?_tptb=032
 日本共産党の宮本岳志衆院議員が入手した学校法人「森友学園」(大阪市)と財務省の面会を録音したとされる音声記録から、これまでの政府答弁との食い違いがつぎつぎと浮かび上がってきました。その内容とは―。(三浦誠)
 森友学園の籠池泰典理事長(当時)夫妻が同省を訪問したのは、2016年3月15日。財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長ら複数の職員が応対しました。
 籠池氏は、森友学園の小学校工事を受注した業者と近畿財務局との打ち合わせ(15年9月4日)について不満を強く伝えます。打ち合わせでは、業者が小学校予定地であらたに確認されたゴミの処分の方法を財務局に相談。財務局側は処理費用が高いことに難色を示し、「(小学校予定地で)場内処分の方向で協力お願いします」と述べていました。
記録「ない」いえず
 音声記録によると、籠池氏は近畿財務局と業者の打ち合わせの記録があるとして、財務省の田村室長にその内容を詳細に説明します。
 これまで財務省の佐川宣寿理財局長は国会で「交渉記録は残っていない」と繰り返し答弁してきました。
 ところが、今月25日の衆院財務金融委員会では、宮本議員の「打ち合わせ記録について、森友学園の関係者から説明や提供をうけたか」という質問に、佐川局長はこう答弁しました。
 「記録の提供を受けたかどうかは承知していない」
 「ない」とはいえなかったのです。打ち合わせ記録を財務省が持っているのではないか―そんな疑念が強まっています。
 安倍晋三首相夫人の昭恵氏のかかわりについても新たな事実が出てきました。籠池氏が財務省と交渉した当時、昭恵氏は森友学園の小学校で名誉校長を務めていました。
 財務省との面会で籠池氏は、昭恵氏の名前を繰り返しあげてみせました。
 「昭恵夫人のほうからもたしか報告聞いてもらったことがあると思うけど」「(近畿財務局の担当者が)総理夫人のことよく聞くなーと思って」
 宮本議員は衆院財金委(25日)で、田村室長との面会時に籠池氏が自身の支援者に「昭恵氏がいることを示唆し、交渉したのではないか」と質問。佐川局長は「具体的な内容について本人(田村室長)は記憶していない」と答弁しています。
昭恵氏付に回答も
 田村室長は、15年秋に昭恵氏付の政府職員から森友学園の土地取引について質問をうけ、回答しています。そんな田村室長が、昭恵氏についての話を「記憶していない」というのは不自然です。籠池氏と田村氏を国会に呼ぶなど、徹底解明が必要です。


しんぶん赤旗 2017年4月28日(金)
財務省面会時 昭恵氏に言及 音声記録で籠池氏 「特例ありがたい」
宮本議員が入手
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-28/2017042801_02_1.html
 学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長(当時)夫妻が、2016年3月15日に国有地の取引をめぐって財務省幹部と面会した際の録音とされる音声記録を、日本共産党の宮本岳志衆院議員が関係者から入手しました。このなかで籠池氏が、地中ゴミの対応などを求めた際、安倍晋三首相夫人である昭恵氏の名前をあげていたことが明らかになりました。(詳報)
 この日、籠池氏が面会したのは財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長です。田村氏は15年秋、森友学園の土地取引について問い合わせてきた昭恵氏付の政府職員に回答しています。
 面会で籠池氏は、森友学園の小学校建設用地であらたなゴミが見つかったことについて、財務省近畿財務局が処理せずに「そのまま埋め戻してほしい」と指示したと抗議。財務省に早急な対応を求めていました。
 籠池氏は交渉中に、「昭恵夫人のほうからもたしか報告聞いてもらったことがあると思うけど」と言及。「あの方自身が愚弄(ぐろう)されていると思った」「(小学校の)棟上げ式にね、首相夫人がこられてモチをまくことになっているから」とも語り、親密さを強調しています。
 森友学園は、国有地を借地期間の10年以内に購入できるとする契約を15年5月に近畿財務局と交わしました。この契約について、籠池氏は「特例にしてくれたことはありがたい」と発言。財務省側は、国有地処分の「特例的なものはわれわれにも相談がきます」と、同契約が特例であることを説明していました。
 財務省側は「われわれとしても応援の気持ちでやっている」「せっかくここまできたんで、相談しながらやっていくべき」と積極的な協力を表明しています。
 この面談の9日後に、森友学園側は土地の購入を申し入れました。近畿財務局は16年6月に鑑定価格より約8億2千万円も値引きして売却する契約を結びます。急速に購入がきまったことについて、籠池氏は証人喚問(3月23日)で「神風が吹いた」と表現していました。
 宮本議員は25日の衆院財務金融委員会で、真相解明のため籠池氏と田村室長の参考人招致を求めました。

---------------------------

毎日新聞2017年4月28日 13時14分
森友学園:国有地売却 財務局が申請資料渡す 手順を記載
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、小学校の設立認可の審査前に、財務省近畿財務局が売却までの手順を書いた説明資料を学園側に渡していたことが分かった。必要な申請書類の文案も用意するなど、学園による土地取得がスムーズに進むようにしていた財務局側の配慮が浮き彫りになった。
 国会審議で財務省が資料の作成を認めている。民進党は28日午前から午後にかけ、党会合で学園の籠池泰典前理事長や財務省の関係者からヒアリングをして、学園と財務局の間の土地取得を巡る交渉経緯を調べる。
 財務局の資料は「今後の手続きについて(説明資料)」と題されたA4判3枚。財務局側が2014年12月17日時点で、土地の定期借地契約を結んだ後に地中のごみを撤去し、売買に至る流れをまとめており、「修正の可能性もある」と記載していた。この日は、学園による小学校の設立認可申請を大阪府私立学校審議会(私学審)が審査を始める前日だった。
 さらに、申請書類などの文案も添付されていた。学園から財務局長宛てに提出する土地取得の要望書では「当初の費用負担を極力抑えたいと考えております」としたうえで、「国有地の処分は売払いが原則であることは伺っておりますが、このような事情を斟酌(しんしゃく)いただき、10年間の定期借地契約をお願いします」などと学園側の立場になって求める内容を記載していた。金額や契約当事者の名前だけを空欄にした土地の貸付合意書や売買契約書の「未定稿」(ひな型)もあった。
 財務省の佐川宣寿理財局長は21日の衆院国土交通委員会で、共産党の宮本岳志議員の質問に対し、こうした資料を学園側に渡したことを認めたうえで、「土地の要望者が必要な事務手続きを承知していない場合、処理方針が確定していないことを明らかにしたうえで、スケジュールを説明することは一般的に行われている」と説明。私学審の審査前だったことについては「予断を持って(土地の)処分の方針を伝えたことはない」と従来の答弁を繰り返した。【服部陽】

朝日新聞 2017年4月28日05時00分
「特例」要望、財務局お膳立て 森友側へ文案「借地後に購入」
森友学園への国有地売却をめぐる経緯
 学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題で、財務省近畿財務局が売買契約締結までの手順を書いて学園側に渡した資料の詳細がわかった。学園が提出すべき申請書類の案文を用意。財務局長あての要望書案では、学園の立場から「特例」を求めていた。財務局が学園の国有地取得をお膳立てしていた構図が浮かび上がってきた。▼オピニオン面=社説
 資料は、「今後の手続きについて(説明資料)」と書かれたA4判3枚。学園理事長だった籠池泰典氏向けに、財務局の担当者が2014年12月17日時点で必要な手順をまとめた。学園側の計画に沿い、10年間の定期借地契約を結んでから売買契約に移行するまでに必要な申請書類や手順を記載。後に鑑定額から約8億円値引きして売買契約を結ぶ根拠となる地下埋設物の取り扱いも説明していた。
 財務局長あての要望書案は、「校舎建設等に多額の初期投資を必要とすること等から、当初の費用負担を極力抑えたい」と学園の財政事情を訴え、「国有地の処分は売払いが原則であることは伺っておりますが、事情を斟酌(しんしゃく)いただき、国有地について10年間の事業用定期借地契約と売買予約契約の締結をお願いいたします」「なお経営努力を行い、○年後より早期に国有地購入ができるよう努めます」と特例を求める内容だった。
 同日は学園の小学校開設の適否を判断する大阪府の審議会が始まる前日で、同月6日には、安倍晋三首相の妻昭恵氏が首相夫人付の政府職員を伴って学園の幼稚園で講演していた。府の調査では、財務局の担当職員が15年1月に府庁を訪ね、小学校の設置認可の判断を見送った審議会について、「結論を出す時期など、ある程度、事務局でコントロールすることはできるのではないか」と発言していたことが判明している。
 手順を記した資料については、共産党の宮本岳志氏が今月25日の衆院財務金融委員会で追及。「不動産屋並みのサービスだ。財務省が積極的に売却手続きを進めていると理解するのは当たり前だ」と批判した。これに対して、財務省の佐川宣寿(のぶひさ)理財局長は「通常の国有地処分と比べてかなり複雑だったので、取得要望が出てからのやり取りも踏まえて先方に説明した」と答弁していた。(南彰)

毎日新聞2017年4月27日 02時42分
森友学園:交渉で昭恵氏の名 籠池氏が財務省幹部に
籠池氏が音声録音 国有地契約、財務省幹部「特例」
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げを巡る問題で、当時理事長だった籠池泰典氏が昨年3月、財務省で同省幹部と面会した際、安倍晋三首相の妻、昭恵氏の名前を挙げながら交渉していたことが分かった。交渉時の音声を籠池氏が録音していた。また、同省幹部は当初結ばれた借地契約について「特例」との認識を示す発言をしていた。
 交渉は昨年3月15日に財務省で行われ、籠池氏夫妻が同省理財局の田村嘉啓・国有財産審理室長らと話す様子が記録されていた。田村氏は、昭恵氏付の官邸職員が2015年秋に籠池氏側の要望を財務省に照会した際の回答者。ノンフィクション作家の菅野完氏が入手し、籠池氏も毎日新聞の取材に録音したことを認めた。
 交渉は、学園が小学校の建設用地として借地契約を結んだ大阪府豊中市の国有地の地中から、大量のごみが見つかったため行われた。工事の遅れを危惧した籠池氏が申し込み、ごみの撤去について話し合われた。
 記録によると、籠池氏は「支援をいただいている議員の先生もいる」と強調。「昭恵夫人の方からも、確か聞いてもらったことがあると思いますけど、近畿財務局の状況がどんどんおかしな状況になった」などと昭恵氏の名前を挙げながら、対応にあたっていた近畿財務局への不満を述べていた。
 一方、財務省の担当者は「貸し付けをするってことが特例だった」と発言。国有地の管理処分権限は出先の財務局にあるとしたうえで、「特例的なものは我々にも相談が来る」と説明していた。財務省は今年2月の国会答弁で、売却を前提とした定期借地契約が異例だったことを明らかにしている。
 また、籠池氏は交渉の中で「我々はお願いして定期借地にしてもらった。早々に(土地を)購入したい」と要望を伝え、ごみについては「地主責任がある」と早急な対応を促していた。これに対し、担当者は「責任があれば当然対応しなければならない」などと応じていた。
 国有地は昨年6月、鑑定価格よりも8億円安く学園に売却された。
 財務省理財局は「音声の記録がどういうものか承知していないので、コメントは差し控えたい」としている。【服部陽】

朝日新聞 2017年4月28日05時00分
審査「裏付け取るべきだった」 小学校認可めぐり、府私学審会長 森友学園問題
 「森友学園」が大阪府に申請していた小学校の設置認可をめぐる問題で、条件付きで「認可適当」と答申した府私学審議会会長の梶田叡一プール学院大学学監(76)が朝日新聞の取材に応じた。
 2014年12月の私学審では、学園の財務面の不透明さなどから結論が出なかった。「資金もなくて疑問の声ばかりだった」。だが、翌月の臨時の私学審では、寄付金の状況などの追加報告を条件に「認可適当」の答申が出された。梶田氏は「誰が見ても明らかに違法なことでもない限り、校舎が円満に建つならGOを出すしかなかった」と振り返る。
 今年に入り、小学校の建築事業費で異なる金額の3種類の契約書を府や国などに提出していた問題などが浮上した。現在の審査基準では学校の土地は原則「自己所有」。借地の状態で校舎を建てる見通しだったにもかかわらず、私学審は見過ごした。梶田氏は「裏付けをもっと取っておくべきだった」と話す。
 問題発覚後、梶田氏が奈良学園大学学長時代の15年9月、小学校の名誉校長にその後就任した安倍昭恵氏と会っていた件が取りざたされた。梶田氏によると、昭恵氏は大学であったイベントに出席。「言葉は交わしたけど、森友の『も』の字も出ていない。昭恵さんが小学校に関わっていることも知らなかった」と審査への影響を否定した。(坂本純也)

毎日新聞2017年4月27日 11時48分
森友学園:弁護士ら第三者委設置の要請書 財務局に提出
 大阪市の学校法人「森友学園」が大阪府豊中市の国有地を格安に取得した問題で、弁護士や学者でつくる団体が27日、財務省近畿財務局(大阪市)を訪れ、土地取得に至った経緯や算定価格の根拠を調査するための第三者委員会の設置を求める要請書を提出した。
 提出したのは「国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会」(代表・阪口徳雄弁護士)。国有地の土中から見つかったごみの撤去費用を国が約8億円としたのに対し、同会は独自試算で約3億7000万円と指摘。「過大な見積もりだったとの意見もある」と訴え、価格や経緯が適正なのか調査と公表を求めた。
 近畿財務局は昨年6月、森友学園に対し、鑑定価格9億5600万円からごみ撤去費を差し引いた1億3400万円で土地を売却した。
 提出後に大阪市内で記者会見した阪口弁護士らは「国民の多くが納得していない。国は責任を持って真相解明を果たすべきだ」と述べた。【山崎征克】

///////////////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 森友学園問題 財務省 交渉状況 音声記録表

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン