2017-05-23(Tue)

「なにわ筋線」計画発表 4駅新設 総事業費3300億円

2031年春開業目指す 十三駅方面の「なにわ筋連絡線」も調査・検討へ

大阪府・市など「なにわ筋線」計画を発表 4駅新設、2031年春開業目指す
----大阪府大阪市JR西日本南海電鉄阪急電鉄の5者は2017年5月23日(火)、大阪市中心部を南北に貫く鉄道路線「なにわ筋線」の計画概要を発表しました。
 JR大阪駅の北側(うめきた)に位置しJR梅田貨物線と接続する「北梅田」駅から南海本線の新今宮駅までを結び、途中には「中之島」「西本町」「南海新難波」(いずれも仮称)の3駅が設置されます。
 また、「西本町」から分岐してJR関西本線のJR難波駅までを結ぶルートも計画されています。
 総事業費は概算で約3300億円。大阪府などが出資する第三セクターが建設主体となり、南海電鉄JR西日本が線路など設備の利用料を支払う「上下分離方式」が採用されます。開業目標は2031年春です。
 なお、「北梅田」以北で、阪急電鉄の十三駅方面へ分岐する「なにわ筋連絡線」についても、整備に向けて調査・検討が進められます。
(乗りものニュース2017.05.23)







以下引用

JR西日本HP 
2017年5月23日
なにわ筋線の整備に向けて
大阪府大阪市、西日本旅客鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社
https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/05/page_10496.html
5者(大阪府大阪市JR西日本南海電鉄阪急電鉄)において、大阪・関西の成長に必要な鉄道ネットワークの強化に向け、以下の取り組みを協力して進めていくことで一致しました。
詳細
なにわ筋線については、以下の計画を基本に国との協議を進め、早期事業化をめざします。
(1)整備区間
JR難波駅~(仮称)西本町駅~(仮称)北梅田駅
南海新今宮駅~(仮称)西本町駅~(仮称)北梅田駅
(2)中間駅
(仮称)中之島駅
(仮称)西本町駅
(仮称)南海新難波駅
(3)総事業費(概算事業費) 約3,300億円
(4)事業スキーム 地下高速鉄道整備事業費補助による上下分離方式(想定)
(5)整備主体 第3セクター
(6)営業主体および営業区間
【西日本旅客鉄道株式会社】
区間:JR難波駅~(仮称)北梅田駅
【南海電気鉄道株式会社】
区間:南海新今宮駅~(仮称)北梅田駅
(7)開業目標
平成42年度末(2031年春)
なにわ筋線の整備効果や事業性をより一層高めるため、(仮称)北梅田駅北側で阪急十三方面に分岐する路線(なにわ筋連絡線)について、国と連携しながら整備に向けた調査・検討を進めます。
※注釈なにわ筋線の整備イメージについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 86キロバイト)
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/170523_00_naniwasujisen.pdf

**********************************

産経ニュース 2017.5.23 08:11
南海「ラピート」新大阪乗り入れ、「なにわ筋線」4駅を新設 事業計画発表へ
 大阪都心部を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」をめぐり、南海難波-関西空港間を運行している特急「ラピート」をJR新大阪駅へ乗り入れることで南海電鉄とJR西日本が合意したことが22日、分かった。大阪府大阪市、両社はJR大阪駅北側の「うめきた」地下に建設中の新駅「北梅田駅」(仮称)から難波付近まで7.4キロを結び、計4駅を新設する事業計画を23日に発表する。平成43(2031)年春の完成を目指す。
 なにわ筋線が完成すれば、大阪市中心部-関西空港の所要時間は現状の1時間前後から、最速で30分台に短縮される見通し。
 なにわ筋線は、新大阪から東海道支線を通って北梅田を経由し、難波までをつなぐ約10.5キロの路線。今回整備する7.4キロの区間には、北梅田に加え「中之島」「西本町」「南海新難波」(いずれも仮称)の計4駅を新設する。西本町以北はJR西と南海の共同運行とし、ラピートは新大阪を発着。西本町から南は別路線に分かれ、両社が別ルートで関空まで運行する。
 総事業費は約3300億円の見込み。府市などが出資する第三セクターが建設主体となり、JR西と南海が線路など設備の利用料を三セクに支払う上下分離方式を採用する。
 また、阪急電鉄も十三駅(大阪市淀川区)と北梅田をつなぐ連絡線を新設し、なにわ筋線に乗り入れる方向で4者と協議を進めている。


乗りものニュース編集部2017.05.23
大阪府・市など「なにわ筋線」計画を発表 4駅新設、2031年春開業目指す
大阪府大阪市JR西日本南海電鉄阪急電鉄が、大阪市中心部を南北に走る「なにわ筋線」の計画を発表しました。
十三駅方面の「なにわ筋連絡線」も調査・検討へ
 大阪府と大阪市、JR西日本南海電鉄阪急電鉄の5者は2017年5月23日(火)、大阪市中心部を南北に貫く鉄道路線「なにわ筋線」の計画概要を発表しました。
 JR大阪駅の北側(うめきた)に位置しJR梅田貨物線と接続する「北梅田」駅から南海本線の新今宮駅までを結び、途中には「中之島」「西本町」「南海新難波」(いずれも仮称)の3駅が設置されます。
 また、「西本町」から分岐してJR関西本線のJR難波駅までを結ぶルートも計画されています。
「なにわ筋線」の計画概要(画像:大阪市)。
 総事業費は概算で約3300億円。大阪府などが出資する第三セクターが建設主体となり、南海電鉄JR西日本が線路など設備の利用料を支払う「上下分離方式」が採用されます。開業目標は2031年春です。
 なお、「北梅田」以北で、阪急電鉄の十三駅方面へ分岐する「なにわ筋連絡線」についても、整備に向けて調査・検討が進められます。
【了】


朝日新聞 2017年5月20日23時39分
新線「なにわ筋線」、4駅新設 31年春の完成目指す
なにわ筋線の想定路線
 関西空港へのアクセス鉄道となる新線「なにわ筋線」の建設計画の概要がまとまった。大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄の4者が合意した。建設中の北梅田駅を含め4駅を新設。総事業費3300億円を見込み、2031年春の完成を目指す。阪急電鉄が十三―北梅田間を結び、なにわ筋線に乗り入れる方向で、4者と協議することもまとまった。
 なにわ筋線は、現在、関空へのアクセス特急として、「はるか」を走らせるJR西と「ラピート」を走らせる南海が共同運行する。新大阪から大阪駅北側の北梅田駅、難波を経て関空が結ばれる。約1時間の大阪・梅田―関空の所要時間が20分ほど短縮される。
 関係者によると、新駅は北梅田、中之島、西本町、南海新難波(いずれも仮称)の4駅。北梅田―西本町間はJR西と南海が共同運行し、西本町以南はそれぞれ別路線で関空まで結ぶ。


読売新聞 2017年05月20日 16時53分
新線「なにわ筋線」に4駅新設へ…事業計画判明
 大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」について、大阪府・大阪市と、JR西日本、南海電気鉄道の4者が合意した事業計画が判明した。
 JR大阪駅北側の「うめきた」地下に建設中の「北梅田駅」(仮称)から難波付近まで7・4キロを結び、計4駅を新設。2031年春の完成を目指す。4者は近く計画を公表し、国との協議を本格化させる。
 なにわ筋線の開業で、梅田―関西空港の所要時間は現在の1時間から最速で40分を切る見通しだ。
 4者が合意した計画では、北梅田の他に「中之島」「西本町」「南海新難波」(いずれも仮称)の3駅を新設。北梅田―西本町間をJR西と南海の共同運行とし、西本町以南は別路線に分かれ、関空まで結ぶ。


東洋経済オンライン 2017年04月05日
どこまで進んだ?梅田-関空直結「なにわ筋線」
JR・南海に続き線路幅の違う阪急も参入検討
 大阪の中心部を南北に貫き、新大阪と難波を結ぶ鉄道新線「なにわ筋線」。1980年代末に整備構想が浮上して以来、長い間実現を見なかったこの路線に今、注目が集まっている。2014年度から大阪府・大阪市・JR西日本・南海電鉄の4者が計画実現に向けて協議を進めてきたが、3月中旬になって新たに、阪急電鉄が同線と接続する新線を検討しているとの報道が世間を賑わせたためだ。
 東海道・山陽新幹線が発着する新大阪駅から難波へ、さらにJR・南海に乗り入れて関西空港までを乗り換えなしで結び、大阪中心部と関空間の所要時間を大幅に短縮するとして期待を集めるなにわ筋線。ここに阪急も加われば、大阪周辺の鉄道ネットワークは大きな変貌を遂げることになる。
 はたしてプロジェクトはどのように、どこまで進んでいるのか。現状を探った。
梅田と関空が40分に
 なにわ筋線は、JR新大阪駅から大阪駅北側の北梅田駅(仮称)を経て、市内を南北に走る道路「なにわ筋」の地下を通り、難波付近までを結ぶ新路線構想。現在、新大阪から北梅田までの区間についてはJR西日本の東海道本線支線(貨物線)を地下化する工事が進んでおり、北梅田の駅もすでに着工しているため、焦点となっているのは北梅田―難波間だ。
 同線はJRと南海電鉄が運行し、関西空港まで乗り入れる計画。国土交通省の調査によると、大阪・梅田から関空までの所要時間はJR利用の場合で現在の68分から最速40分に、南海の場合は乗り換え1回で56分のところが乗り換えなしで最速38分に短縮される。
 なにわ筋線の構想は、今から約30年前、1989年の運輸政策審議会第10号答申に盛り込まれたのが発端だ。その後2004年の近畿地方交通審議会答申では「中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として記載されたが、約3000億〜4000億円とされた事業費の問題などから、しばらくの間進展を見ることはなかった。
2030年ごろの開通へ「最終調整」
 構想が動き始めたのは2009年。当時の橋下徹大阪府知事が関空の活性化に不可欠であるとして国に働きかけ、同年夏から国土交通省近畿運輸局が事業化に向けた調査に入った。2011年度にかけて行われた検討の結果、概算の建設費は約1800億〜3200億円、需要は1日当たり14万〜21万人と予測され、最短21年で黒字転換が可能と見積もられた。
 2014年からは、大阪府と市、JR西日本、南海電鉄の4者が協議を開始。JRと南海の乗り入れに関する調整に時間がかかっているとされていたが、大阪市の吉村洋文市長は今年1月26日の会見で、両社が「最終の調整協議が行われている段階」に入っていると明らかにし、2030年ごろの開通に向け「年度内に方向性を示せるようにしていきたい」と述べた。
 その後、3月中旬には阪急電鉄が同社の京都線・神戸線・宝塚線の3路線が集まる十三(じゅうそう)駅から北梅田までの新線を検討していると新聞各紙が報道。なにわ筋線とその周辺の話題が急速に盛り上がることとなった。
JRと南海が運行事業者に
 2016年度内の最終合意には至らなかった協議だが、現在はどのように進んでいるのだろうか。大阪市によると「まだ詰めるところがあるため、現在協議している」状態だという。
 これまで調整に時間がかかっていたとされるJRと南海の運行形態については、市によるとJRと南海がそれぞれ「第二種鉄道事業者」となる方向で協議しているといい、路線の整備・保有は第三セクターが行うことを検討している。
 第二種鉄道事業者とは、簡単にいえば他者が保有する線路を使って列車を運行する鉄道事業者のこと。この場合でいえば、三セクが建設・保有する線路の上で、2社がそれぞれの列車を運行する形となる。同種の例としては、関空への連絡橋を渡るJR関西空港線と南海空港線がある。連絡橋のあるりんくうタウン―関西空港間の線路は新関西国際空港会社が保有しており、JRと南海は第二種鉄道事業者として、同じ線路を使ってそれぞれの列車を運行している。
 JRが工事を進めている北梅田―新大阪間に南海の列車が乗り入れるかについて、南海電鉄は「協議中」との答え。市は、南海も新大阪まで乗り入れる方向で検討しているといい、両社ともに新大阪―関西空港間を結ぶ列車が走ることになりそうだ。
阪急のなにわ筋線接続構想は?
 一方、最近になってメディアを賑わせた「阪急の接続」については、まだこれからといったところのようだ。
 阪急電鉄によると、十三―北梅田間の新路線構想について「決定した事実は何もない」という。だが「この区間をつなげることで、阪急沿線と中之島や難波、関西空港までの鉄道ネットワークが生まれるため、整備は有益であるとの共通認識はある」といい、現状については「なにわ筋線に関連した路線ということでわれわれ(阪急)も加えていただき、5者で検討を進めていきたいという段階」と説明する。市によると、5者で協議する方向なのは十三―北梅田間についてで、北梅田―難波間は従来通り4者で協議するという。
 新線によって、もし阪急がなにわ筋線に乗り入れるとすると、問題となるのが線路幅の違いだ。阪急は新幹線と同じ1435ミリメートルの「標準軌」であるのに対し、JRと南海は1067ミリメートルの狭軌。なにわ筋線に合わせるなら新路線は狭軌とする必要があるが、現状では「そういった点も含めて(新路線構想自体の)検討はこれから」(阪急)という。
 この新線構想とは別に、阪急は十三―新大阪間を結ぶ「新大阪連絡線」について以前から路線免許を保有している。こちらについては「免許もあり、用地も取得しているので(整備の可能性は)ゼロではない」(阪急)。将来的には、阪急沿線から新大阪や関空へ通じるネットワークができる可能性もありそうだ。
別の新線構想との兼ね合いは…?
 一方、十三と梅田方面を結ぶ路線については別の構想も存在する。大阪市営地下鉄四つ橋線の西梅田駅と十三駅を結ぶ「西梅田・十三連絡線」だ。今回浮上した十三―北梅田間の新路線構想とはルートがほぼ重なることになる。
この点について市は「どちらかのルートになるだろうが」としたうえで「(十三―北梅田間の路線については)建設できるかどうかを含めまだ検証されていない段階のため、どうなるかはまだわからない」という。
 だが、西梅田・十三連絡線は、地下鉄四つ橋線を南海電鉄と接続し、さらに阪急の新大阪連絡線を整備することで、なにわ筋線よりも低コストで新大阪と関空を結ぶ路線として検討された経緯がある。なにわ筋線の実現に向けた動きが進んだ今となっては、同連絡線の構想が実現するかは疑問符が付きそうだ。
 大阪中心部からのアクセスの不便さが指摘されてきた関西空港と梅田方面を結ぶなにわ筋線。阪急の十三―北梅田間新路線構想も含め、大阪の鉄道を大きく変貌させる可能性のあるプロジェクトだけに、今後の進展が期待される。

/////////////////////////////////////////////

関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : なにわ筋線 総事業費 JR西日本 大阪府 大阪市 南海電鉄 阪急電鉄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン