2017-06-05(Mon)

東京外環道工事で談合情報 受注業者選定を延期

公取委警察に通報 外環道談合疑惑 宮本徹氏に国交省

◇東京外環自動車道工事談合情報 受注業者選定を延期
----事業規模が数千億円と見込まれる東京外環自動車道の工事をめぐり、大手ゼネコンによる談合情報があるとして、発注元のNEXCO東日本と中日本が2日までに、受注業者の選定を延期し、公正取引委員会と警察に通報したことがわかりました。
問題となったのは、東京、千葉、埼玉を環状に結ぶ東京外環自動車道で、東京・三鷹市と調布市の地下40メートルに建設中のトンネルを拡幅する4つの工事で、事業規模は数千億円と見込まれています。
(NHK 6月2日 17時14分)

公取委警察に通報 外環道談合疑惑 宮本徹氏に国交省
 東京外環道工事(関越~東名間)の談合疑惑をめぐり、国土交通省は25日、日本共産党の宮本徹衆院議員に対し、東日本・中日本両高速道路(NEXCO東日本・中日本)がそれぞれ調査委員会で審査しており、公正取引委員会、警察にも通報したことを明らかにしました。4月に予定していた工事業者の選定手続きを保留・延期したことも明らかにしました。
(しんぶん赤旗日刊紙 2017年5月27日)




以下引用

NHK 6月2日 17時14分
東京外環自動車道工事談合情報 受注業者選定を延期
事業規模が数千億円と見込まれる東京外環自動車道の工事をめぐり、大手ゼネコンによる談合情報があるとして、発注元のNEXCO東日本と中日本が2日までに、受注業者の選定を延期し、公正取引委員会と警察に通報したことがわかりました。
問題となったのは、東京、千葉、埼玉を環状に結ぶ東京外環自動車道で、東京・三鷹市と調布市の地下40メートルに建設中のトンネルを拡幅する4つの工事で、事業規模は数千億円と見込まれています。
 発注元のNEXCO東日本と中日本は、去年12月から受注を希望する業者に工法などを提案させて、評価の高いところに契約の優先交渉権を与える方式で業者の選定作業を進めていました。
 ところが、ことし3月の衆議院決算行政監視委員会で、共産党の議員が4つの工事を大手ゼネコン4社が分け合う予定になっているといった談合情報があると指摘しました。
 これを受けて、NEXCO2社は調査委員会を設置して業者への聞き取りなどを始め、当初、4月下旬に予定していた業者の選定を延期し、2日までに公正取引委員会と警察談合情報を通報しました。
 NEXCO2社によりますと、今後の調査で談合の疑いがあると認定した場合は、業者の選定を取りやめるということです。
https://youtu.be/-NDskcxPlwg



しんぶん赤旗日刊紙 2017年5月27日付
公取委警察に通報 外環道談合疑惑 宮本徹氏に国交省
 東京外環道工事(関越~東名間)の談合疑惑をめぐり、国土交通省は25日、日本共産党の宮本徹衆院議員に対し、東日本・中日本両高速道路(NEXCO東日本・中日本)がそれぞれ調査委員会で審査しており、公正取引委員会、警察にも通報したことを明らかにしました。4月に予定していた工事業者の選定手続きを保留・延期したことも明らかにしました。
 問題の工事は、「地中拡幅部」とよばれる箇所で、国も「世界最大級の難工事」としています。国から委託を受けNEXCO東日本と中日本が4件の工事を受注。大手ゼネコン4社を幹事社とする共同企業体が受注することになっているとの談合情報が「しんぶん赤旗」日曜版編集部に寄せられ、同紙が2月26日号で報道し、宮本氏も3月30日の決算行政監視委員会で取り上げていました。
 宮本氏は、国交省に対し、厳正な対応を求めました。


しんぶん赤旗  2017年4月3日(月)
談合疑惑調査迫る 宮本徹氏 外環道工事入札で 衆院決算委
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-03/2017040304_05_1.html
 日本共産党の宮本徹議員は3月30日の衆院決算行政監視委員会で、東京外かく環状道路(外環道)工事の入札で事実上の談合が疑われている問題を取り上げ、国による調査を求めました。
 問題の工事は、外環道の中でも世界最大級の難工事といわれる中央ジャンクション(東京都三鷹市周辺)地中拡幅工事。国の委託を受けた中日本高速、東日本高速両社発注の4件は、1社が1件しか受注できない仕組みです。この仕組みで、大手ゼネコン4社がそれぞれ幹事社の四つの共同事業体(JV)が、受注を分け合うことになっていると、事実上の談合を疑わせる情報が寄せられています。(「赤旗」日曜版2月26日号で報道)
 「発注方式が不可解だ」として調査を求めた宮本氏に対し、石井啓一国交相は「発注者が適切に対応する」と述べるにとどまりました。国交省の石川雄一道路局長は、談合情報があった際に開かれる中日本・東日本両社の公正入札調査委員会について、開催されたか「承知していない」と答えました。
 宮本氏は、外環道の事業費約1・6兆円に対し税金1兆円余が投入され、発注両社の株は100%国保有だと指摘。国が責任をもって業者を調査・指導するよう求めました。
2017年3月30日 衆院決算行政監視委員会 宮本徹議員の質問
外環道工事 談合疑惑調査迫る
https://youtu.be/SNIvulWKa-o


しんぶん赤旗 日曜版 2017年02月26日 
東京外環道トンネル拡幅/住宅真下で世界的難工事/関係者「出水なら陥没も」
 総事業費が1・6兆円にも膨れあがっている不要不急の巨大公共工事・東京外かく環状道路(外環道)。住宅地の真下でおこなわれる「世界最大級の難工事」に住民からは「住民は実験台か」と怒りの声が上がっています。編集部の取材で入札をめぐる新たな重大疑惑も浮上しました。(取材班)
 19日におこなわれた外環道本線トンネルを掘り進むシールドマシン(掘削機)の発進式。東京都世田谷区の会場周辺では沿線住民らが「博多の二の舞いはゴメンだ」などの横断幕を持ち、抗議の声をあげました。
 外環道(関越~東名)は、東京都練馬区から世田谷区間の大深度地下(40㍍以深)に、16・2㌔にわたって外径約16㍍の巨大な本線トンネルを2本作る計画。昨年11月には、JR博多駅前の道路が直径30㍍も陥没する事故が発生しただけに、国土交通省などが各地で開いた住民説明会では参加者から不安の声が上がりました。
 外環道工事の中でも「世界でも類を見ない規模の、技術的困難さ(国土交通省資料)」といわれているのが、現在、入札中の中央ジャンクション(JCT)地中拡幅工事。本線トンネルとジャンクション、インターチェンジを結ぶため地中を拡幅する工事です。
 通常、地下鉄などの拡幅工事は、地上から切り開いて行います。しかし外環道は、地上が市街地のため、地中でシールドマシンを使っておこないます。
 世田谷区成城の橋本敬子さん(68)は不安を口にします。
 「自宅の真下で地中拡幅工事が予定されています。博多の事故原因すら究明されていないのに、住民には安全だ、大丈夫だという説明だけ。あまりに無責任。工事をやめてほしい」
 この地中拡幅工事について、シールドトンネル工事に詳しい大手ゼネコンの関係者は、「とにかく大変なのが、水とのたたかいだ」と指摘します。
 「山岳での工事なら、水が出たら流れるに任せる手もある。しかし、市街地の真下の工事なので、それはできない。出水を許せば、地表部が地盤沈下してしまうからだ。この現場にも、博多の事故現場と同じく砂の地層がある。そうした場所では、さらに危険性が高まる」
◎大手ゼネコン受注独占狙う
 世界最大級の難工事といわれる中央ジャンクション地中拡幅工事。国から委託を受けた中日本高速、東日本高速の高速道路会社が4件を発注しています。その入札をめぐりゼネコン関係者からこんな情報が編集部に寄せられました。
 「実は4工事とも、本線トンネル受注の大手ゼネコン4社(図参照)が幹事社の共同企業体(JⅤ)がそれぞれ受注することになっている」
 今回の入札は、技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)です。4月下旬に技術提案で選ばれた優先交渉権者が発注者と契約し、価格交渉する予定です。
 先のゼネコン関係者は「発注者の意向がはたらきにくい価格競争でなく、なぜ技術提案競争なのか。大手ゼネコンにとらせるためですよ。最難関工事だからこそ技術提案は、発注者が責任を持って出すべきです。しかも価格交渉ということは、大手ゼネコンの言い値ということですよ」
 本体トンネル4工事の入札も大手ゼネコン4社が独占できるよう、1社につき1工事しかとれない仕組みでした。今回の4地中拡幅工事でも、優先交渉権を得ると、別の工事は受注できない仕組み。本体トンネル工事と同じく大手ゼネコン4社がもれなく受注するカラクリです。
 ゼネコン関係者は「巧妙なのは、中堅ゼネコンも入札に参加させ、1社入札にならないようにしたことだ」と証言します。
 「大手ゼネコンで工事を分け、技術は工事を進めながら考えようよという発想だ。これでは安全軽視といわれてもしかたない」
 編集部の取材に国交省や両高速会社は回答しませんでした。



しんぶん赤旗 日曜版 2016年07月03日 
東京外環道/事業費膨らみ1.6兆円/ゼネコンが自民に〝恩返し〟
税金還流の多額献金/参院選で候補者支援
 不要不急の巨大公共工事、東京外かく環状道路(外環道)の総事業費が約3155億円増え、約1兆5975億円に膨れ上がっています。大手ゼネコン4社を中心に工事金額の9割以上を受注。大手ゼネコンなどは参院選で、国土交通省OBの自民党比例候補を応援しており、政官財の癒着の構図が浮き彫りになっています。 取材班
 問題の工事は、関越道(東京都練馬区)から東名高速(同世田谷区)を結ぶ16・2㌔に、巨大な本線トンネルなどをつくります。工事は、国や、国から委託された高速道路会社の中日本高速、東日本高速が発注しています。
 同工事には住民から、地下水枯渇や大気汚染、工事の安全性を懸念する声があがっていますが、国は強引に工事を進めています。
 国交省は5月、総事業費がこれまでの1兆2820億円から約3155億円増額することを明らかにしました。残土処理だけで1千億円以上増額しています。工事費は大半が税金で、一部は高速道路利用料。どちらにせよ国民の負担です。
 中堅ゼネコンの関係者は「今後、さらに膨れ上がると聞いている。最終的には2兆円になるのでは」と語ります。国交省の担当者も「総事業費の増額はあり得る」と認めます。
 大手ゼネコン元幹部は事業費が高くなる理由を「地下40㍍という大深度に、大規模構造物を造ることに無理がある。世界的にみて異常だ」と指摘します。
◎4社で9割受注
 この巨大公共事業の大半を大手ゼネコン4社が受注していることが日本共産党の本村伸子衆院議員の調べで分かりました。
 国や中日本高速、東日本高速が発注した主な工事は約40件で契約総額は約6700億円(6月末現在)。金額でみるとその9割以上(約6373億円)を、大手ゼネコン4社(鹿島建設、大成建設、大林組、清水建設)が共同企業体(JV)の幹事社として受注しています。
 最も工事規模が大きい本線トンネルの4工事も、この4社がJVの幹事社として高値で受注。落札金額の総額は約5314億円にのぼっていました。
 大林や清水は、自社が担当する本線トンネル工事の後に出た関連工事も受注しています。
 中堅ゼネコン関係者は「これから本線トンネル工事関連の地中拡幅工事など500億~1千億円規模の巨額工事が出る。大手ゼネコンは、自分が受注した本線トンネルの関連工事をとろうとしている」と明かします。
 大手4社は2016年3月期の決算で、最終利益が過去最高を更新しました。日本建設業連合会(日建連)の中村満義会長(鹿島建設現会長)は定時総会で「アベノミクス政策が功を奏し、建設市場は20年の低迷から脱することができた」と述べました。(「鉄鋼新聞」5月2日付)
 その〝恩返し〟が、自民党への献金や参院選での選挙支援。14年分の政治資金収支報告書によると、日建連の会員企業45社は、自民党の政治資金団体「国民政治協会」に約1億7743万円を献金。大手4社は、最高額1600万円ずつ献金しています。税金を原資とする公共工事を受注しているゼネコンからの献金は、税金の還流です。
 参院選でも日建連は、国交省技監OBで自民党の足立敏之参院比例代表候補を推薦し、応援しています。
 編集部の調べで、日建連が会員企業に「建設ゆめクラブ(足立としゆきを後援する会)」への入会要請文を配布していることが判明。内部文書によると鹿島は最多となる2万人以上の後援会員を集めています。
 編集部の取材に日建連は「足立候補の推薦は、職域代表として理事会で決定した。日建連全体では13万人ぐらい集めた」と回答しました。鹿島は「自主的に判断し、協力している」と回答しました。
 東京都杉並区の自宅が外環道予定地近くの青柳興一さん(69)は「生まれ育った緑豊かな地域が環境破壊に脅かされるのは許せない。不要不急の巨額公共工事を献金や票に結びつけるような政治を変えなければ」と語ります。
共産党が提案/税金の使い方
 日本共産党は参院選で「格差をただし、経済に民主主義を」と三つのチェンジを提案しています。税金の使い方のチェンジでは、国民から集めた大切な税金は、社会保障や子育て、若者への支援などに優先して使うよう求めています。

*****************************

しんぶん赤旗 2014年5月29日(木)
外環道のトンネル部工事 不適正な入札指摘 辰巳議員
 日本共産党の辰巳孝太郎議員は21日の参院国土交通委員会で、東京外郭環状道路(外環道)のトンネル部工事においてスーパーゼネコン(大手建設会社)が高額で落札し事業を分け合う不適正な入札があったと指摘しました。
 同工事は、外環道のうち関越道と東名高速と接続する二つのジャンクション(立体交差)間16・2キロメートル(都内区間)を外径16メートルのトンネル2本で結ぶ巨大工事で、総事業費は1兆2820億円。
 辰巳氏が指摘したのは「一抜け方式」と呼ばれる異例の入札方式です。四つに分けられた事業を順番に開札し、落札者は次以降の入札では無効になる仕組みです。この事業の入札に参加したのはスーパーゼネコンの共同企業体(JV)だけでした。大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設が筆頭のJVがそれぞれ落札。最後に残った大成建設の落札率(予定価格に対する落札額の割合)は98・51%という高さでした。
 辰巳氏は、中日本高速会社の一般競争入札の落札率(2012年)の平均が89・69%であったことも示し、「談合を疑われても仕方がない数字だ」と指摘。「公正・透明で競争性の高い入札」をうたった政府の「指針」にも反するものだと強調しました。
 太田昭宏国土交通相は「多様な技術やリスク回避の観点から適正に入札が行われた」と答弁。辰巳氏は「妥当性が問われる契約だ」と批判しました。



しんぶん赤旗 日曜版 2014年04月27日 
スクープ/外環道でボロもうけ/ゼネコンの秘策/〝外れない宝くじ〟新入札方式
 「ハズレのない宝くじ」。ゼネコン関係者がそう呼ぶ新しい入札方式で、大手ゼネコンが巨額公共工事を高値受注し、大もうけしています。その舞台は、「1㍍つくるのに1億円かかる」という東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事。編集部の調べで分かったそのカラクリは…。(取材班)
 消費税大増税が強行された直後の3日。国の委託を受けた東日本高速道路と中日本高速道路の両社が、外環道のトンネル工事4本を契約しました。
 同工事は、関越道大泉ジャンクション(東京都練馬区)から東名高速東名ジャンクション(同世田谷区)の16・2㌔に、外径16㍍の本線トンネルを2本掘るもの。落札金額の総額が約5314億円超で、原資は税金です。
 認可保育園を3万人分つくる費用が780億円ですから、これと比べても巨額です。
 奇怪なのは、まるで談合をしたかのように大手ゼネコン4社(鹿島建設、大成建設、大林組、清水建設)が幹事社の共同企業体(JV)がそれぞれ四つの工事で仲良く1工事ずつ受注。しかも談合に特有の91・39~98・51%という高い落札率(予定価格に対する落札額の割合)になっていることです。(図参照)
〇税金食い物
 「4工事で4JVがハズレなく受注できるように大手ゼネコンと役所が相談して決めた」(ゼネコン関係者)という新方式のカラクリは後述するとして、まず大手ゼネコンの大もうけぶりをみると―。
 「はっきりいってかなりもうかる」と明かすのは工事を受注したゼネコン幹部。「落札率が70%ぐらいでも十分に採算が取れる。90%以上だと笑いが止まらない」と語ります。
 なぜか―。
 工事費の7割近くを占めるのは、トンネルを掘るシールドマシン(掘削機)とセグメント(トンネル外壁となるブロック)の費用。
 「シールドマシンは、発注者が積算した金額よりかなり安くメーカーから購入できる。パイ(総額)が大きいので、もうかる額も半端ではない」(ゼネコン幹部)
 また「完成工事総利益率は15%程度が目標」(前同)といい、目標通りなら受注した4JVには800億円近いもうけが―。
 「市民による外環道路問題連絡会・三鷹」の事務局の西島正樹さん(55)は怒ります。
 「安倍政権は消費税大増税で庶民を苦しめる一方、ムダな工事に巨額の税金をつぎ込んで大手ゼネコンにもうけさせる」
 「ハズレのない宝くじ」方式のカラクリとは―。

しんぶん赤旗 日曜版 2014年04月27日 
外環道でボロもうけ/〝献金、選挙支援の成果〟/〝外れない宝くじ〟ゼネコン幹部語る/
 同工事は異例の巨額工事だけに、当初から受注するのは建築を得意とする竹中工務店を除く大手ゼネコン4社(鹿島建設、大成建設、大林組、清水建設)が幹事社となる共同企業体(JV)とみられていました。問題は、公正取引委員会に摘発される入札談合なしに大手ゼネコンがそれぞれ高値受注できる仕組みづくりです。
〇〝勝ち抜け方式〟
 そのカラクリの一つが、ゼネコン業界で〝勝ち抜け方式〟と呼ばれている入札方式。発注者の東日本高速、中日本高速の両社は「このようなやり方の入札をしたのは初めて」と認めます。
 この方式は、4工事の入札に重複して参加できますが、ひとつの工事で落札者となった場合、当該工事以外の入札では無効になるというのが特徴です。
 実際の経過は別表のように、最初の開札で大林JVが勝ち、続く工事で大林JVを除く3JVのなかから鹿島JVが勝ち、3番目の工事では残る2JVのうち清水JVが勝ち、最後は大成JVが1社だけの入札で落札しました。
 1社入札となった大成JVの落札率(予定価格に対する落札価格の割合)は何と98・51%でした。
 工事能力が高い大手ゼネコン4社を幹事社に他社をJVで参加させ、4JVに合わせて4工事にすることで〝ハズレなし〟入札にする―。それがポイントです。
 もう一つは、高値受注のカラクリがあります。今回の入札では技術評価と価格評価を行う総合評価方式を採用しています。
 この方式では、東日本高速、中日本高速の両社がこれを下回ると低入札価格調査の対象となる調査基準価格を設定します。
 問題はこの調査基準価格のレベル。両社とも調査基準価格は、予定価格の約90%で設定していました。
 このため落札した4JVとも落札率は90%以上となっているのです。
 工事を受注したゼネコン幹部が語ります。
 「まさにハズレない宝くじでしょう。ゼネコン業界として、日ごろから自民党に献金し、国土交通省出身議員の選挙支援をしているから、役所も考えてくれたんだと思っています。違法となる談合なしに、仲良く高値受注できるのだからいうことなしです」
〇1メートル1億円/ムダ遣い外環道計画
 東京都練馬区から世田谷区までの南北16.2㌔区間の道路を整備する総事業費1兆2820億円の計画。
 本線トンネルのほか、地上部でも東京都が事業主体で幅40㍍の「外環ノ2」という地上道路計画も進めています。この費用を加えると総事業費は2兆円に。「1㍍つくるのに1億円かかる」ことで有名な巨額事業です。
〇中止求める共産党/推進の自公民
 日本共産党は外環本線も地上道路の「外環ノ2」についても建設中止を求めています。
 他党はどうか―。
 2012年9月5日に世田谷区で行われた外環道の着工式。自民、公明、民主の各党の国会議員や地方議員が出席したり、祝電を送ったりしています。
 自・公・民・維新の各党とも所属都議が外環道建設を含む13年度の都の予算に賛成しています。
〇消費税増税の一方で大型公共事業
 外環道など大都市環状道路の早期完成はゼネコンの悲願でした。ゼネコンの業界団体、日本建設業連合会(日建連)は毎年のように要望しています。
 ゼネコンの要望をうけた自民党は10年間で200兆円を大型公共事業に投じるという「国土強靭(きょうじん)化」を掲げ、政権に復帰しました。
 自民党や同党の政治資金団体「国民政治協会」(国政協)が参院選前の昨年2月、日建連に文書で4億7100万円の献金を請求。その際、「『強靭な国土』の建設へと全力で立ち向かっております」と書いています。公共工事をめぐる癒着の構図です。
 「社会保障のため」と安倍政権は消費税増税を強行しましたが、「社会保障の充実」にまわすのはわずか1割。「国土強靭化」の名のもとに大型公共工事に大盤振る舞いしています。
 安倍政権は14年度予算で、外環道を含む三大都市圏環状道路などの整備に13年度比10%増の1681億円を計上しています。
◇外環道本線トンネル工事入札経過
共同企業体/開札順1⇒北行き 東名北工事/開札順2⇒南行き 東名北工事/開札順3⇒南行き 大泉南工事/開札順4 北行き 大泉南工事/落札額と落札率
大林組・西松建設・戸田建設・佐藤工業・錢高組JV/落札/無効/無効/無効/1510億円 93.88%
鹿島建設・前田建設工業・三井住友建設・鉄建建設・西武建設JV/3位/落札/無効/無効/1412.14億円 92.53%
清水建設・熊谷組・東急建設・竹中土木・鴻池組JV/2位/2位/落札/無効/1138億円 91.39%
大成建設・安藤-間・五洋建設・飛島建設・大豊建設JV/無効※/3位/2位/落札/1254億円 98.51%
 ※=予定価格を上回る入札で無効 / 落札率=予定価格に対する落札価格の割合
◇外環道でボロもうけ/環境、健康にも被害/1級建築士西島正樹さん
「市民による外環道路問題連絡会・三鷹」事務局
 三鷹市には外環道の排ガスを排出する換気塔建設が予定されています。同地域の小学校は中央高速・東八道路付近にあり、すでにぜんそく罹患(りかん)率が全国平均を超えています。これ以上子どもたちの健康を危険にさらすわけにはいきません。
 外環道は水源地を貫通するため、地盤の陥没、地下水の枯渇や汚染も懸念されます。沿線市は飲み水の6~7割が地下水です。取り返しのつかない環境破壊、健康被害のおそれがあります。
 巨費を費やしてこんな百害あって一利なしの計画を進める意味はありません。

/////////////////////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 東京外環道 工事 談合 情報 受注業者 公取委 警察

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン