2017-07-10(Mon)

ヒアリ対策 知見集めて水際阻止を

増える外来種に警戒が必要だ   水際対策を徹底したい 

<各紙社説>
愛媛新聞)ヒアリ対策 早期発見と徹底駆除で定着防げ (7/10)
産経新聞)ヒアリ侵入 体はミニでも脅威は大だ (7/9)
日本経済新聞)増える外来種に警戒が必要だ  (7/8)
山陽新聞)ヒアリの侵入 駆除に力注ぎ定着を防げ (7/7)

北海道新聞)ヒアリの侵入 水際対策を徹底したい (7/6)
福島民友)ヒアリ繁殖の恐れ/監視と駆除で拡散を許すな (7/6)
信濃毎日新聞)ヒアリ 知見集めて水際阻止を (7/6)




以下引用



愛媛新聞)2017年7月10日(月)
社説:ヒアリ対策 早期発見と徹底駆除で定着防げ


 強毒を持つ南米原産のヒアリが兵庫県尼崎市で国内で初めて見つかった。以来1カ月半で、神戸や東京など4港でも相次いで確認された。人に危害を与えるだけでなく、在来種のアリと競合するなど生態系への影響、家畜被害の危険性も大きい。国内に定着させないため、港湾など水際での早期発見と駆除を徹底しなければならない。
 ヒアリは外来生物法に基づく特定外来生物に指定され警戒対象になっていたが、中国などからのコンテナ貨物に紛れ込んで上陸したとみられる。いったん定着すると根絶は事実上不可能だ。国や自治体は侵入初期の今が、定着を避ける最初で最後のチャンスだと肝に銘じて、対応しなければならない。大阪港などでは1日に千個以上の産卵能力のある女王アリも見つかっており、対策は一刻の猶予も許されない。
 国土交通省は全国933港の港湾管理者に駆除対策を要請した。愛媛県や関係市はきょう、中国と定期コンテナ航路のある松山、三島川之江など4港で侵入確認調査をする。今回だけでなく、永続的な調査が必要なことは言うまでもない。人や物資が世界規模で移動する中、侵入は完全には防げないとの前提で調査、駆除することが必要だ。他の港湾でも、中国発の貨物を中心に入港を把握し、適切な対応を取ることが求められる。
 ヒアリは米国やマレーシア、台湾など10カ国以上に拡大。海外では初期対応の違いで明暗を分けている。2001年ごろに巣が見つかったオーストラリアは定着を防げず、現在まで15年間で270億円の対策費投入を強いられている。一方、ニュージーランドは巣周辺の監視を2年間続け、1億2千万円で駆逐に成功した。日本も先行国と協力し、国全体で初期対応を進めることが重要だ。
 人的被害を防ぐために、一般の人はヒアリらしきアリを見つけても安易に近づかず、発見情報を自治体などに伝えるよう求めたい。毒針で刺されると痛みやかゆみを生じ、重度の場合はアレルギー反応により死に至ることもある。医療の受け入れ態勢整備も急がれる。
 ヒアリに似た外来種の侵入事例として、オーストラリア原産で毒を持つセアカゴケグモがある。大阪で国内初確認した1995年から2015年までに、愛媛を含む41都道府県に広がった。定着後の駆除の困難さを示しており、ヒアリで同じ失敗を繰り返してはならない。
 外来生物の侵入は、ヒアリのように意図しない場合だけでなく、飼育していたカミツキガメやアライグマなどを野外に放す意図的なケースもある。被害予防の三原則「入れない」「捨てない」「拡(ひろ)げない」が徹底されているとは言い難い。ヒアリ問題を契機に、外来生物対策の認識を新たにし、三原則をきちんと守っていく必要がある。行政も国民も、過度に恐れず冷静に対応したい。
ページのトップへ戻る



産経新聞 2017.7.9 05:01
【主張】ヒアリ侵入 体はミニでも脅威は大だ
 強い毒を持ち、刺されると人命に関わることもある

南米原産のヒアリが日本に上陸した。
 5月下旬の兵庫県尼崎市での発見に始まり、神戸港、名古屋港、大阪南港と続き、東京港でも見つかった。中国からのコンテナ貨物に紛れ込んでいたとみられる。
 ヒアリは10年以上前から中国に定着しており、同国からのコンテナを受け入れている港湾では検疫体制の強化が必要だ。
 ヒアリが国内の貨物輸送ルートに便乗すれば、港湾周辺から離れた土地にも急速に分布を拡大してしまう。対策が後手に回ると撲滅に要するコストは膨れあがる。
 水際での防除をいかに徹底させられるか。強毒アリ対策の成否はこの一点にかかっている。
 日本には約270種もの在来種が生息しているので、外観からヒアリを識別するのは難しい。
 だが、ヒアリの巣は特徴的だ。土を盛り上げ、直径25~60センチ、高さ15~50センチのドーム状の大きなアリ塚を作る。日本のアリでは高さ10センチがやっとなので区別がつく。こんな巣を見つけたら、急いで全国に7つある地方環境事務所などに連絡してほしい。
 アリは小さな生物だが、軽く見てはいけない。在来のアリや他の生物が対抗手段を持たない外来種のアリは要警戒だ。
 日本列島は既に、アルゼンチンアリという難敵に侵略されつつある。約25年前に広島県で確認されて以来、10を超える都府県で報告されている。環境省によると撲滅に成功したのは、東京都大田区の1地区に限られる。
 アルゼンチンアリは、強固な血縁関係で団結し、巣に複数の女王アリが存在するなどして繁殖力が異常に強い。他種のアリの巣を圧倒的多数の集団で襲い、地域の在来アリを一掃してしまう。生態系を狂わせ、建物に大量侵入して人の暮らしも脅かす。
 アルゼンチンアリに続いて、ヒアリが日本に定着すると社会への影響は倍加しよう。
 対策に必要なアリの専門家は国内に多くない。昆虫学だけでなくフィールドサイエンスの研究者はITなどに代表されるビッグサイエンスの研究者に比べ、予算面でも厳しい環境に置かれている。
 国の科学研究予算の配分には、総合的な目配りが大切だ。今回のヒアリ騒動を、そうしたバランスを再考する機会にもしたい。
ページのトップへ戻る



日本経済新聞 2017/7/8付
社説:増える外来種に警戒が必要だ


 強い毒をもつ南米原産のヒアリが相次ぎ見つかっている。大阪港などで女王アリも確認され、国内で繁殖している可能性がある。駆除を急ぐのはもちろん、見慣れないアリがいた場合には自治体や環境省への連絡を徹底したい。
 ヒアリは中国からの貨物船のコンテナなどに付いて、日本に入ったとみられる。刺されると激しい痛みがあり、アレルギー反応で呼吸困難や意識障害を起こして命に危険が及ぶ場合もある。
 過去に見落としていた可能性もあり、環境省や国土交通省が全国の港で調査を続けている。6日には東京港にもヒアリがいたことが確認されるなど発見場所は増えており、警戒が必要だ。
 飛行機や船による人や物の往来がこれだけ活発な時代だ。荷物などに紛れ込んで国内に入る外来種は後を絶たない。大阪港の調査では、米国などが原産で、ヒアリほどではないが毒をもつアカカミアリも見つかった。
 過去には有毒なオーストラリア原産のセアカゴケグモや中国・東南アジアから来た攻撃性の高いツマアカスズメバチ、南米原産のアルゼンチンアリなども見つかっている。いずれも国内で生息域を広げているもようだ。
 被害を防ぐには危険な生き物を見分け、怪しいと思ったら近づかないなどの自衛策も欠かせない。ヒアリは専門家でも判別が難しいが、高さ数十センチメートルに達する大きなアリ塚は目印になる。日本の在来種で、平地にこれほどの塚をつくるアリはないという。
 外来種に限らず、危険な生き物は身の回りにたくさんいる。危害を及ぼす可能性があるものをすべて排除することはできない。
 薬剤をそこかしこに大量にまく光景も目にするが、過剰な使用は害虫の天敵を殺すなど好ましくない効果をもたらす懸念もある。
 子どもの頃から自然を知り、どんな危険が潜んでいるかを学ぶ機会を増やすことも大切だ。生き物への興味が深まれば、専門家の育成にもつながるだろう。
ページのトップへ戻る



山陽新聞 (2017年07月07日 08時00分 更新)
社説:ヒアリの侵入 駆除に力注ぎ定着を防げ


 強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が国内で初めて確認され、主要港に広がりを見せている。大阪や神戸の港では、爆発的な繁殖力を有する女王アリが見つかり、脅威が高まっている。定着させないために徹底した監視と駆除を求めたい。
 ヒアリは赤茶色で、体長は2・5~6ミリ程度。毒性が強く、刺されるとやけどのような激痛を感じるため「火蟻(ひあり)」の名がついた。アレルギー反応で呼吸困難などになり、死に至ることもある。米国では年間約100人が犠牲になっているというから、十分な注意が必要だ。在来種を打ち負かして生態系に影響を及ぼすことも懸念されよう。
 ヒアリが国内で初めて見つかったのは、5月下旬に中国・広州市から神戸港を経て兵庫県尼崎市に運ばれたコンテナだった。採取したアリを専門機関で詳しく調べた結果、6月になってヒアリと確認された。その後、神戸、名古屋、大阪などの港でも相次いで発見された。
 国土交通省は、定期航路でコンテナ貨物が中国から直接運び込まれる岡山県・水島港や、広島県・福山港を含む全国63港について、殺虫剤入りの餌を置くなどの対策を重点的に実施するよう地元自治体などに要請した。これ以外の870港でも、国内の他の港を経由して中国からコンテナを受け入れている場合は対策を取るよう求めた。
 とりわけ不安なのが、女王アリの発見である。1日に千個以上の卵を産む能力があるとされる。いったん巣を作ると急激に繁殖する恐れがあり、駆除することが困難になってくるから厄介だ。
 何よりも、水際での早期発見・早期駆除によって侵入を防ぐことが重要である。オーストラリアではヒアリの定着を防げず、その後15年間で対策費270億円の投入を余儀なくされた。一方、早い時期に対処したニュージーランドは、1億2千万円をつぎ込み駆逐に成功したという。
 物流に紛れて入ってくるため完全な阻止は難しいとも言われるが、予算や人員を手当てし、関係者が連携を強めて“関門”の機能を徹底強化する必要がある。
 今回が国内初の確認とされるが、これまでにも気付かれないままヒアリが日本に入っている可能性がないとは言い切れないだろう。身近にもヒアリがいるかもしれないという認識を持って、自己防衛していかなければならない。
 ヒアリかどうか疑わしい時には、決して素手で触ったりせず、速やかに自治体などに通報する。もしヒアリに刺されたら、20~30分ほど安静にし、容体が急激に変化した場合はすぐ医療機関に行くことが有効だという。
 1995年に確認された毒グモの「セアカゴケグモ」は繁殖を許し、全国に広がってしまった。行政や関係者はじめ一人一人が関心を高め、二の舞いを避けたい。
ページのトップへ戻る



北海道新聞 2017/07/06 08:50
社説:ヒアリの侵入 水際対策を徹底したい


 猛毒を持ち、特定外来生物に指定されている南米原産の「ヒアリ」が、国内で初めて確認された。
 中国から貨物とともに運ばれたとみられ、環境省は繁殖の可能性も視野に、専門家による調査を拡大した。国土交通省は、コンテナ貨物の定期航路で中国と結ばれた全国63港に重点駆除を求めた。
 ヒアリは、兵庫県尼崎市を皮切りに相次いで確認され、大阪港などでは女王アリの死骸も見つかった。もはや、特異な事例とは言えない。
 水際対策を徹底し、定着させてはならない。
 ヒアリに刺されると激しく痛み、かゆみにも悩まされる。体質によっては強いアレルギー反応を起こし、死に至る危険もある。
 攻撃的な上に、繁殖力、適応力が高い。しかも、人間の生活圏近くにアリ塚を築く厄介な生物だ。
 人や物の交流の活発化に伴い、南米から北米、オーストラリア、東南アジアへと拡散した。2000年代に入って台湾や中国へも生息域を広げている。
 先に定着した米国や環太平洋諸国では、在来アリを駆逐して生態系を破壊した。農作物を荒らして家畜を襲い、経済的被害は米国だけで年間5千億円以上ともいう。
 水際作戦に失敗すれば、大きな代償を余儀なくされる。
 このため、環境省は特定外来生物に指定し、港湾内の目視調査などを続けてきたが、不十分だったと言わざるを得ない。
 警戒すべきは女王アリの存在だ。ヒアリは繁殖の際、女王アリが飛行して新たな場所に巣を作る。内陸部に侵入していないか、周辺の調査も必要だろう。
 先に日本に侵入したアルゼンチンアリの場合、生息域の拡大を止めるまでに至っていないのが実情だ。こうした事例も教訓に、対策を再検討するべきだ。
 寒冷地の北海道では、ヒアリの定着は困難とみる専門家もいるが、本州から移入されたカブトムシの例もある。油断は禁物だ。
 道内は苫小牧、室蘭、小樽、釧路、石狩湾新、函館の6港に中国航路があり、苫小牧、室蘭の2港が国際拠点港湾になっている。
 環境省は空路や旅客についてもヒアリ侵入のリスクがあると指摘する。港湾や空港の国際化を進める北海道にとっても、決して人ごとではない。
 関係各機関は協力して、港湾・空港・鉄道など水際で丁寧な監視を続けるとともに、市民への啓発にも取り組んでもらいたい。
ページのトップへ戻る



福島民友 2017年07月06日 08時39分
【社説】ヒアリ繁殖の恐れ/監視と駆除で拡散を許すな


 拡散と定着を防ぐために初期対応を徹底しなければならない。
 強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」の女王アリが国内で初確認された。これを受けて国土交通省は、中国からのコンテナ貨物の定期航路をもつ全国63港に駆除対策の重点実施などを要請した。県内では小名浜港が該当し、県が対策に着手した。
 ヒアリは、5月下旬に兵庫県尼崎市で初めて確認されて以降、神戸、名古屋、大阪南の各港で相次いで見つかった。女王アリが確認されたのは大阪南港で、駆除した個体の中から見つかった。
 女王アリは1日に2千~3千個の卵を産む能力がある。環境省は巣を作り、繁殖していた恐れもあるとみて調べている。水際での監視強化と早期駆除に全力を挙げ、拡散を抑止しなければならない。
 ヒアリは赤茶色で、体長は2.5~6ミリ。攻撃性が高く、刺されるとやけどのような激痛が走る。アレルギー反応で呼吸困難になり死亡することもある。刺された時はしばらく安静にし、容体が急激に変化するような場合はすぐに診察を受ける必要がある。
 生息地は南米から、米国、中国、豪州など10カ国以上に広がっている。国際自然保護連合(IUCN)は「世界の侵略的外来種ワースト100」に挙げ、環境省は特定外来生物に指定している。
 神戸、名古屋両港で見つかったヒアリは、中国・南沙港から届いたコンテナに付着していた。大阪南港の発見場所では通常、南沙港のコンテナは扱っていないが、中国の他の港のコンテナを保管している。このため国交省は南沙港に限らず中国からの定期航路がある港での監視強化に乗り出した。
 小名浜港には、韓国の海運会社が毎週月、水曜日に韓国―日本―中国間でコンテナ船を運航している。中国の寄港地は上海と浙江省寧波の2カ所。小名浜からは主にゴム製品や合成樹脂を輸出、木製品や建設資材を輸入している。
 ヒアリは、コンテナヤードだけでなくコンテナの内部や外壁でも見つかっている。運送会社や荷主企業には、コンテナから輸出入品を積み下ろす際にも入念にチェックするよう求めたい。
 外来種はいったん侵入を許せば根絶は困難だ。1995年に初確認された毒グモ「セアカゴケグモ」は、これまでに本県を含め40を超す都道府県で確認されている。
 行政による監視強化はもちろん、一人一人が目を配り、不審な生物を見つけたら、手を触れず、殺虫剤などで駆除するとともに、担当機関に通報することが大切だ。
ページのトップへ戻る



信濃毎日新聞 (2017年7月6日)
社説:ヒアリ 知見集めて水際阻止


 南米原産のヒアリが相次いで見つかった。
 5月下旬に兵庫県尼崎市のコンテナで見つかったのを皮切りに、神戸港、名古屋港、大阪南港と続いた。女王アリも発見されている。
 ヒアリに罪はないものの、繁殖を許せば人体や農産物の被害、生態系への影響が懸念される。
 国土交通省は全国の港湾施設に対策を要請している。国内にはアリを研究する専門家も多い。知見を集めて水際での阻止を徹底すると同時に、万一に備え、防除態勢を整えてほしい。
 ヒアリは赤茶色で体長2・5〜6ミリ。お尻の毒針で刺されると、強い痛みやじんましんなどの症状が現れ、重いと呼吸困難や意識障害を引き起こすという。
 80年ほど前に南米から米国に侵入したとみられ、交易を通じてオセアニアや台湾、中国と生息圏を広げた。昆虫や植物を餌とし、大きな動物も襲うため、他国では農作物や家畜に被害が出ている。
 環境省は、ヒアリを「特定外来生物」に指定して警戒してきた。今回、中国から運ばれたコンテナに紛れて上陸している。
 女王アリ1匹で1日千個以上の卵を産むというのだから驚異的だ。定着してしまうと駆除は困難と専門家は指摘する。
 開けた草地にアリ塚を築く特徴もある。ただ、一般の人には在来種との区別は難しく、熱湯や液剤をまいても効果は限られる。環境省は、見かけたら近くの役所に連絡するよう呼びかけている。
 国は2005年に外来生物法を施行して防除を図っているが、外来種の脅威は増すばかりだ。
 外来魚が各地の湖沼でワカサギやコイ、シジミを駆逐。屋台でも売られたミドリガメは野生化して固有種ニホンイシガメの生息地を奪っている。水草が水面を覆って在来植物の光合成を妨げ、牧草は河原を草原に変えて他の生物の生息条件を失わせている。
 貿易、観光、レジャー、飼育栽培…。原因は人間の活動にある。
 せめて、取引を禁じた生物を売買しない、飼っている動植物を捨てない、を心掛けたい。固有種保護のため、立ち入り前に荷物や靴の洗浄を求め、駐車場を遠くに設ける公園や離島もある。こうしたルールもきちんと守ろう。
 中央大教授で保全生態学が専門の鷲谷いづみさんは「日本の生物多様性を外来生物から辛うじて守っているのは、各地の市民団体の献身的な実践だ」と言う。身近な自然環境を守るNPO活動に協力することも考えたい。
ページのトップへ戻る

****************************


朝日新聞社 2017/7/7(金) 21:12配信
ヒアリ、東京港で新たに100匹以上確認 環境省発表
 環境省は7日、東京港・大井埠頭(ふとう、東京都品川区)でヒアリ1匹が見つかったコンテナから、新たに100匹以上を確認したと発表した。すべて働きアリで、女王アリや卵、さなぎなどはなかったという。
 最初の1匹は3日に発見され、6日にヒアリと確認された。念のために7日にコンテナ内を調べたところ、ベニヤ板の床の上に100匹以上いて、ヒアリと確かめた。すべて殺虫剤で駆除した。このコンテナから荷出しがされた千葉県君津市で、ヒアリの侵入の有無を県や市と調べる。

朝日新聞 2017年7月7日05時00分
ヒアリ、東京にも 大井埠頭
大井埠頭で発見されたヒアリ=環境省提供
 東京都と環境省は6日、品川区八潮2丁目の東京港・大井埠頭(ふとう)で、貨物船から陸揚げされたコンテナ内で強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表した。国内ではこれまでに大阪府や兵庫県、愛知県で見つかっている。
 都などによると、見つかったヒアリは1匹で、体長約4ミリ。女王アリではなく、働きアリという。人への健康被害は出ていない。
 ヒアリが見つかったコンテナには元々、工業製品が入っていた。中国広東省の港で船に載せられ、香港で東京行きの貨物船に積み替えられて、6月27日に東京・大井埠頭に到着した。
 陸揚げして千葉県君津市で荷物が取り出された後、大井埠頭に戻され、今月3日、コンテナ業者が内部を点検作業中にアリ1匹を見つけた。その場で殺処分し、専門機関の調査で6日にヒアリだと確認された。業者の調査では、この1匹以外は見つからなかったという。
 環境省などは7日以降、周辺で緊急調査やヒアリを殺す薬の散布を実施する。都内の別の埠頭でも緊急調査する予定という。


HuffPost Japan 2017年07月06日 18時40分
ヒアリ、東京で発見 ついに関東上陸 大井埠頭のコンテナから
東京都環境局は7月6日、強い毒を持つ外来生物「ヒアリ」が東京湾の大井埠頭のコンテナ内で発見されたと発表した。関東地方でヒアリが発見されるのは初めて。
産経ニュースによると、6月27日に大井埠頭で陸揚げされた中国・三山港からのコンテナ内部からヒアリ1匹が確認された。コンテナは30日に千葉県内の荷主に搬出され、大井埠頭に返却されたコンテナの確認作業中に発見されたという。
国内での発見は、兵庫県尼崎市、神戸市、愛知県弥富市、大阪市に続き5件目。大阪市では、国内初の女王アリも見つかっていた。
環境省は「ヒアリの簡易的な見分け方」とする文書を公表して、警戒を呼びかけた。東京都環境局は「もし発見した場合には、素手で捕まえたり触らないように注意し、お住いの区市町村や東京都環境局(03-5388-3548)までご連絡ください」と訴えている。

■ヒアリとは? 北米では死亡者も
ヒアリは南米原産の赤褐色のアリで、日本での定着は確認されていなかった。6月9日に兵庫県尼崎市で見つかったのを皮切りに、神戸港、名古屋港で働きアリが確認されていた。
毎日新聞によると、ヒアリは地面に高さ15~50センチほどの巣(アリ塚)を作り、雑食性で何度も刺す強い攻撃性を備えている。刺されると、有毒物質のアルカロイドの作用で激しい痛みやかゆみ、発熱などを引き起こす。
人によってはアレルギー性のショック症状「アナフィラキシーショック」で呼吸困難や意識不明に陥ることもある。ハチに刺されてアレルギー症状を起こしたことがある人は要注意だ。
ACAAI(アメリカ アレルギー・ぜん息・免疫学会)によると、アナフィラキシーショックは小児の0.4%〜0.8%および成人の3%で起こると推定されている。アメリカ合衆国ではハチやヒアリなどの昆虫によるアナフィラキシーの結果で、毎年では少なくとも90〜100人が死亡しているという。
この死亡者のうちヒアリが、どれくらいの割合を占めるのかは不明。1976年のアメリカの科学雑誌に載ったヒアリについての論文には、「アメリカ合衆国で年間に40人以上が亡くなっていると推定される」と書かれている。

■国内でのヒアリの確認状況(7月3日まで)

環境省の発表と、Google Mapを元に筆者が作成
(1)6月9日 兵庫県尼崎市
5月20日、中国・広州市の港から神戸港(ポートアイランド)に運ばれたコンテナが、同港に陸揚げされ25日まで保管された。翌26日、尼崎市でコンテナ内の積み荷を取り出す際、内部でヒアリの集団が見つかったという。コンテナは神戸市内に移され、消毒。6月9日にヒアリと確認された。
(2)6月18日 兵庫県神戸市
ヒアリが確認されていたコンテナが保管されていたポートアイランドのコンテナヤードを調べたところ、舗装面の亀裂などで約100匹のヒアリを見つかった。緊急防除を実施済みだという。
(3)6月30日 愛知県弥富市
愛知県弥富市にある名古屋港の鍋田ふ頭のコンテナ置き場で、外来種と見られるアリ7匹が見つかった。その場で殺虫剤で処分するとともに、港の管理会社が29日に環境省にこのうち2匹の鑑定を依頼。30日に環境省は、いずれもヒアリと確認したと発表した。
(4)7月3日 大阪府大阪市
大阪南港で、ヒアリとみられる死骸約50体を回収。周辺の緊急調査を実施している。


/////////////////////////////////////


関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : ヒアリ 対策 知見 水際 阻止

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン