2017-07-18(Tue)

東海道新幹線の停電 架線切断 不完全接触で高熱原因 

JR東海 エアセクション部分の断線 全国の新幹線で初 
再発防止策 架線が2本ある区間約200カ所に標識


東海道新幹線架線切断不完全接触による高熱と放電が原因…運休、遅延多数発生 
----大阪府高槻市の東海道新幹線で6月、架線が切れて停電が起き、運休や遅延が生じたトラブルで、JR東海は13日、架線のつなぎ目部分にあたる「エアセクション」と呼ばれる部分に列車が停止したことにより架線高熱を帯び、放電が起きたことが断線の原因だったと発表した。エアセクション部分の断線は、全国の新幹線で初めてだという。
(産経ニュース 2017.7.13 09:57)

新幹線停電 架線切断不完全接触高熱原因 JR東海
----大阪府高槻市の東海道新幹線で先月起きた停電事故について、JR東海は13日、架線が切れたのは、大雨の影響で京都-新大阪間に走行車両が集中して大量の電流が流れ、パンタグラフとの接触が不完全になる架線重複区間で高熱が発生したことが原因と発表した。重複区間での停止を避ける対策を講じたという。
(毎日新聞2017年7月13日 12時52分)

JR東海HP ニュースリリース 2017.07.13 
東海道新幹線 京都駅~新大阪駅間におけるトロリ線断線の原因について [813.0KB]
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034435.pdf






以下引用

産経ニュース 2017.7.13 09:57
東海道新幹線架線切断不完全接触による高熱と放電が原因…運休、遅延多数発生 
断線したトロリー線(JR東海提供)
 大阪府高槻市の東海道新幹線で6月、架線が切れて停電が起き、運休や遅延が生じたトラブルで、JR東海は13日、架線のつなぎ目部分にあたる「エアセクション」と呼ばれる部分に列車が停止したことにより架線高熱を帯び、放電が起きたことが断線の原因だったと発表した。エアセクション部分の断線は、全国の新幹線で初めてだという。
 断線したのは、京都-新大阪間の下り線。東海道新幹線のエアセクションは、熱を帯びる不完全接触を起こす可能性がある範囲が在来線の約50メートルと比べると約2メートルと極めて短い上に、1列車あたりの電流も小さいことから、特に停車を制限していなかったという。
 ただ、トラブルのあった際には、大雨の影響で列車のパンタグラフが約2メートルの部分にかかるように停車。さらに11分間も止まった上に、近くに12本もの大量の列車が同様に停車していて流れる電流が大きかったことが重なり、異常な高熱を帯び、列車に電力を供給する「トロリー線」が軟化して細くなって断線した。
 JR東海から依頼された鉄道総合技術研究所(鉄道総研)の調査では、少なくとも600度以上の高温になっていたとみられる。
 列車の運転士はエアセクションに停車している認識がなく、列車指令によって移動させるなどの指示も出さなかった。JR東海関西支社の浜崎恭行運輸営業部長は「複数の要因が重なって起きた。予見することはできなかった」としている。
 同社では、今後、エアセクション区間が分かる標識を東海道新幹線内192カ所に8月上旬までに設置。また、やむを得ず停車した際は、在来線と同様に、パンタグラフを降下して移動する措置を講じるように運転士らに指示するという。
 この停電では、約5時間後に復旧したが、約8万9千人に影響した。浜崎部長は「今後は再発防止に努める」としている。
 エアセクションをめぐっては、平成27年8月にJR東日本の京浜東北線で電車が停車したことによる架線切断トラブルが発生。同年11月にも、JR西日本のJR東海道線元町-神戸間でも同様に切断が起きている。
 ■エアセクション 電車の架線のつなぎ目にあたる境界部分。境界部分では空中で切れ目が作られ、分離されている。架線に高低差ができるこの区間では、架線とパンタグラフの間に隙間が生まれ、発車した際に大量の電流が流れるとショートする可能性がある。



日本経済新聞 2017/7/13 13:35
架線不完全接触高熱で放電 東海道新幹線停電
 大阪府高槻市で6月21日に東海道新幹線の架線が切れて停電し、多数の運休や遅延が生じたトラブルで、JR東海は13日、列車のパンタグラフと架線の不完全接触で架線が高熱を帯び、放電したことが原因と明らかにした。
 JR東海によると、6月21日午後7時35分ごろ、のぞみ241号が新大阪駅の到着時間の調整のため高槻市内の下り線で停車。現場は2本の「トロリー線」が引かれた特殊な区間で、パンタグラフと完全に接触していなかった1本の架線に電流が流れ続けたため高熱が発生し、放電に至ったという。
 同社は再発防止策として、架線が2本ある区間約200カ所に標識を設置し、区間内で停車する際にはパンタグラフを下ろすなどの対応を運転士に指示する。
 このトラブルでは6時間以上の遅延や12本の部分運休が発生。新大阪駅などで休憩用に開放された列車内で約1500人が翌朝まで過ごすなど、延べ約8万9000人に影響が出た。


毎日新聞2017年7月13日 12時52分
新幹線停電:架線切断不完全接触で高熱原因 JR東海
 大阪府高槻市の東海道新幹線で先月起きた停電事故について、JR東海は13日、架線が切れたのは、大雨の影響で京都-新大阪間に走行車両が集中して大量の電流が流れ、パンタグラフとの接触が不完全になる架線重複区間で高熱が発生したことが原因と発表した。重複区間での停止を避ける対策を講じたという。
 JR東海によると、6月21日の停電時は、静岡県内の大雨の影響で全線を通じダイヤが乱れていた。午後7時37分から約11分間、高槻市内で架線「トロリ線」が約2メートルだけ重複する区間「同相エアセクション」に、下りの「のぞみ241号」が停車した。パンタグラフとの不完全接触で電気抵抗が大きくなり、トロリ線に通常より多い電流が流れて600度以上の高熱となって軟化。細くなっていき、最終的に放電によって切れた。
 同社は「今回は条件が重なって断線が起きた」と説明している。8月上旬までに、東京-新大阪間の重複区間全192カ所に「停止回避区間」を示す標識を設け、やむを得ず停車した場合はパンタグラフを下ろすという。
 停電事故により、東海道・山陽新幹線で上下29本が運休、東京から博多までほぼ全線にわたり新幹線が一時各駅で足止め状態となり、翌日未明まで混乱した。東京、名古屋、新大阪の各駅では計約1500人が新幹線内で始発時間まで過ごした。【根本毅】

神戸新聞NEXT  2017/7/13 12:34
新幹線停電トラブル 不完全接触が原因で架線断線
 大阪府高槻市の山陽・東海道新幹線京都-新神戸間で6月、架線が切れて運行が約5時間ストップしたトラブルで、JR東海は13日、2本の架線(トロリー線)が並行する区間(エアセクション)で列車が停車した際、パンタグラフと不完全に接触していた架線で熱や放電が発生し、架線が切れたと発表した。同社は同区間を避けて停車するよう運転士に指示する標識の設置など、8月上旬までに対策を終えるという。
 同社によると、停電は午後7時48分▽同53分▽午後8時8分の計3回あり、1回目に切れた架線が車体上部に接触して発生したと説明。架線が切れたのは、パンタグラフと接触不良だった架線に電流が流れ続け、600度以上の熱や放電が生じたためという。
 同社は、当時は大雨でダイヤが乱れ、2本の架線が並行する区間に列車が約11分間停車したこと、近隣の上下線に計12編成の列車が在線していたことなどが同時に起きたことで発生した「ごくまれな現象」とした。
 トラブルの影響で、JR東海は12本が部分運休し63本が遅延、JR西日本は17本が運休し81本が遅延、延べ約8万9千人に影響が出た。(小西隆久)

*********************

日本経済新聞 2017/6/28 23:11
新幹線架線「熱で破断」 JR東海社長、運転見合わせで
 東海道新幹線の架線が切れ、運転見合わせが京都―博多間に広がった21日のトラブルで、JR東海の柘植康英社長は28日の記者会見で「切断は熱による破断が原因と推定される」と説明した。熱が生じた原因やメカニズムなど詳細は調査中で、判明し次第、公表するとしている。
 柘植社長は「列車の遅れやダイヤの乱れが目立っており、ご迷惑やご心配をおかけしている」と謝罪。安全最優先を社員に徹底するとした。
 架線の断線は大阪府高槻市で発生。東海道・山陽新幹線の京都―博多間で多数の運休や遅延が生じ、延べ約8万9千人に影響した。

-----------------------
読売新聞 2017年06月24日 11時43分
東海道新幹線で一時送電停止、上下27本に影響
 24日午前7時10分頃、神奈川県南足柄市のJR東海の変電所で、送電に関する異常を検知する機器が作動した。
 同社は同25分頃から約15分間にわたり、東海道新幹線の新横浜―静岡間で架線への送電を停止し、同区間での運転を見合わせた。このため、東京発新大阪行き「のぞみ201号」など上下27本が最大で33分遅れ、約2万6000人に影響が出た。同社が原因を調べている。


NHK 6月24日 16時28分
東海道新幹線の変電所で装置にトラブル 一時運転見合わせ
JR東海の神奈川県内の変電所の装置にトラブルがあり、東海道新幹線が新横浜と静岡駅の間の上下線で一時、運転を見合わせ、27本に遅れが出ました。JR東海では今月21日にも大阪府内で新幹線の架線が切れるトラブルがあり、ダイヤが大幅に乱れました。
JR東海によりますと、24日午前7時すぎ、神奈川県南足柄市の変電所で新幹線への送電用に周波数を変換する装置が停止するトラブルがありました。
 この影響で東海道新幹線は新横浜駅から静岡駅の間で送電が止まり、午前7時半ごろから、この区間の上下線で運転を見合わせました。JR東海では別の変電所から送電を行う対応を取り、14分後に運転を再開したということですが、上下線の27本の列車に最大33分の遅れが発生し、およそ2万6000人に影響が出ました。JR東海では装置が停止した詳しい原因を調べています。
 東海道新幹線では今月21日にも大阪府内で架線が切れて停電が起き、山陽新幹線とともに5時間にわたって運転が止まるなど、ダイヤが大幅に乱れるトラブルが起きています。

------------------------------

NHK 6月23日 15時20分
JR東海 新幹線の架線切れを株主総会で陳謝
JR東海の株主総会が名古屋市で開かれ、21日、大阪府内で東海道・山陽新幹線の架線が切れて停電が起き、5時間にわたって西日本の広い区間で運転できなくなったことについて会社側が改めて陳謝しました。
JR東海の株主総会は午前10時から名古屋市内のホテルで開かれ、株主700人余りが参加しました。
 東海道・山陽新幹線は21日夜、大阪・高槻市内で架線が切れて停電が起き、下り線が京都と新大阪の間、上り線が博多と京都の間の西日本の広い範囲で5時間にわたって運転できなくなりました。
23日の株主総会ではこれについて株主から質問が出され、長田豊副社長が「多くのお客様にご迷惑をおかけした」と改めて陳謝しました。そのうえで長田副社長は架線が切れた原因について、今後しっかりと究明し再発の防止に向け対策に取り組んでいく考えを示しました。
 株主総会に出席した60代の男性は「今回の新幹線のトラブルはしかたのない面もあるが、日本の大動脈なのでしっかりと対策を講じてもらいたい」と話していました。


朝日新聞 2017/6/23(金) 12:13配信
東海道新幹線の架線断線を陳謝 JR東海株主総会
 JR東海の株主総会が23日、名古屋市のホテルであった。東海道新幹線の京都―新大阪間で21日夜に起きた架線断線事故について、同社の長田豊副社長が「お客様にご迷惑をおかけした」と陳謝した。
 株主からの「あの事故は何だったのか」との質問に答えた。長田副社長は「原因は調査中だが、しっかりと究明し、再発防止策を講じる」と述べた。


Sankei-Biz 2017.6.24 05:00
JR東海 新幹線トラブルを総会で陳謝
 JR東海は23日、名古屋市で定時株主総会を開いた。21日に停電で東海道・山陽新幹線の京都-博多間に運転見合わせが広がったトラブルについて、長田豊副社長が「多くのお客さまにご迷惑を掛けた」と陳謝した。
 長田氏は「原因は調査中」とした上で「しっかりと究明し、再発防止策を講じる」との考えを示した。
 総会では、2027年に東京・品川-名古屋を先行開業するリニア中央新幹線の建設に関する質問が株主から出た。
 リニアは、品川と名古屋の新駅の工事に着手したほか、山梨、長野、静岡の3県を貫く南アルプストンネルの掘削が山梨と長野で始まっている。南アルプストンネルの工事は最難関とされるが、JR東海の幹部は「十分に研究しており、問題なくできると確信している」と説明した。
 大阪までの全線開業は45年の予定だったが、財政投融資を活用して最大8年間の前倒しを目指している。


時事通信 (2017/06/22-21:28)
新幹線、車体上部に穴=架線断線トラブルで-JR東海
 大阪府高槻市で東海道・山陽新幹線の架線が切れ、5時間にわたって運転がストップしたトラブルで、JR東海は22日、架線が断線した場所を通過した新幹線の車体上部に見つかった穴の写真を公開した。
 停電は21日午後7時55分ごろ発生。JR東海が停電した時間帯の前後に、下りの架線(トロリー線)が断線した高槻市の現場を通過した列車を調べたところ、東京発新大阪行きの「のぞみ241号」と「のぞみ391号」のパンタグラフ周辺の車体に計9カ所、穴が開いていた。大きさは直径1センチから3センチほどだった。
 断線した架線が車体上部に接触し、強い電流が流れて穴が開いたとみられる。JR東海は断線した詳しい状況と原因を調べている。架線は直径約1・5センチの金属製で、今月8日の摩耗検査で異常は見つからなかった。架線には摩耗状態を把握するための「検知線」がある。


時事通信 (2017/06/22-13:22)
新幹線、停電で5時間ストップ=架線切れ、未明に運転再開-始発正常・東海道、山陽
 東海道・山陽新幹線は21日夜に大阪・高槻で架線が切れて停電が発生し、京都-新大阪間で運行できなくなった。この影響で、博多-京都間も運転を見合わせるなど、最長で5時間ストップした。いずれも22日午前0時55分ごろ、運転を順次再開し、同日は始発から通常通り運行した。
 JR東海は22日、大阪市内で記者会見し、「パンタグラフと接する架線(トロリー線)が切れ、列車と接触してショートし停電した」と説明した。2編成の列車のパンタグラフ周辺に、ショートによって発生した直径1~3センチ程度の穴が数カ所ずつ見つかったという。
 架線が切れた原因は不明で、今後調査する。人為的とは考えにくいという。架線は2011年6月に設置。通常の交換時期の10年には達しておらず、今月8日の摩耗検査で異常は見つからなかった。


朝日新聞デジタル2017年6月22日11時46分
動かぬ新幹線、5時間「缶詰め」 乗客ぐったり、怒号も
 21日夜に起きた東海道・山陽新幹線での停電の影響は翌22日未明まで続き、足止めされた乗客らは各地で疲れた表情を見せた。
 新大阪駅には22日午前1時15分ごろ、立ち往生していた下り列車の乗客が到着し始めた。売店は飲み物やパンを買う人であふれ、タクシー乗り場では200メートルほどの行列が出来た。
 「早く家に帰りたいですね」。午前1時半ごろ、改札から出てきた大阪府八尾市の自営業、北田悟さん(48)はそうこぼした。
 前日の21日午後5時ごろ新横浜駅から乗ったが、京都駅を過ぎるとゆっくり停止した。30分ほどで動き出したが、約5分後に急ブレーキ。窓の外に稲妻のような青白い火花が飛んで「バチッ」という音がし、車内が暗くなった。
 車内灯は約1時間でついたが、そのまま5時間以上「缶詰め」に。「みんなで短時間ずつコンセントを使い、スマートフォンの充電をした」。北田さんはパソコンで仕事をしたという。
 小倉駅から上り列車に乗車した北九州市の会社員、宮崎啓雄(あきお)さん(57)は22日午前1時ごろ、新神戸駅に着いた。途中たびたび停車したり、岡山駅と姫路駅で別の新幹線に乗り換えさせられたり。「兵庫県西宮市の寮に向かうが、タクシーしかない」とぐったりした様子だった。
 東京駅に用意された「列車ホテル」の車内は多くがスーツ姿の男性。ホームでは売店が臨時オープンした。大阪からの出張帰りという東京都の映像作家、柴田剛さん(42)が買ったのはハイボール缶。「明日は仕事が昼からなんで。あ、いや、もう今日か」。新大阪でも東京でも、駅員に怒鳴る人を見た。「何が起こっているのかよくわからなかったけど、みんな、ストレスを感じているんだと思った」
 新幹線は22日の始発からほぼ平常通りの運行に。東京都の会社員男性(28)は午前5時45分ごろ、疲れた表情で新大阪駅で切符を購入。21日に日帰り出張の予定で来たが、ニュースで停電を知り、帰宅を諦めた。
 駅近くの友人宅に泊まったが、「会社を休めないので始発で出社します」。目をこすりながら駅に入っていった。
     ◇
 東海道新幹線で21日に起きた架線切断事故は、新幹線にとって「生命線」である電気が長時間供給できなくなる異例の事態となった。JR東海は22日、原因調査を始めた。
 同社によると、断線したのはパンタグラフと接するトロリー線と呼ばれる架線。摩耗が切断前にわかるように2本の検知線が中を通っているが、2本とも切れていた。トロリー線は頻繁に点検しており、断線は珍しいという。
 また、断線現場で立ち往生した列車の車体には切れた線が触れたとみられる傷があった。その先行の列車にも同様の傷があったほか、パンタグラフには焦げたような痕もあったという。
 東海道新幹線では2010年1月に横浜市で、整備ミスでパンタグラフが脱落し、トロリー線を支える補助吊架(ちょうか)線と呼ばれる架線を切断。約15万人に影響する停電が起きている。


朝日新聞デジタル2017年6月22日01時30分
新幹線停電、深夜に復旧 原因は異例の架線切れ
 21日午後7時55分ごろ、大阪府高槻市の東海道新幹線の下り線で架線が切れ、東海道・山陽新幹線の京都―新神戸間の上下線が停電し、運転を見合わせた。22日午前1時前に復旧したが、この影響で長時間にわたって東海道・山陽新幹線はほぼ全線で運転を見合わせたり、大幅に遅れたりした。
 新幹線の架線が切れるのは異例。JR東海・西日本によると、停電発生時に京都―新神戸で少なくとも上下10本が駅間などで立ち往生した。断線のあった京都―新大阪の下り線では6本が立ち往生し、JR東海は、新大阪発の上りの「救援列車」を走らせ、立ち往生した一部の列車に横付けし、乗客に乗り換えてもらって京都駅まで運ぶ作業を進めた。京都駅では「列車ホテル」が用意された。
 JR東海によると、断線したのは複数の架線のうち車両の集電装置「パンタグラフ」と接するトロリー線。トロリー線が断線すると、列車は現場を走行できなくなる。ただ、ほかの架線からは電気が流せるため、列車内の明かりはつき、空調やトイレも使えたという。

//////////////////////////////////////////
関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 東海道 新幹線 停電 架線 切断 不完全接触 高熱 原因

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン