2017-08-10(Thu)

首都高工事で地盤沈下 住宅にひび 横浜北線

住宅街で最大13・7センチ地盤沈下 「馬場出入り口」 地下トンネルと地上の一般道をつなぐ 

住宅街、最大13センチ沈下 百数十メートル四方、影響 横浜の首都高工事
----首都高速道路横浜北線の「馬場出入り口」(横浜市鶴見区)を造るための地下工事の影響で、現場から数百メートル離れた同市神奈川区内で地盤沈下が起き、住宅ひび割れなどの被害が出たことがわかった。首都高速道路株式会社(東京)が住民への補償を進めている。
(朝日新聞 2017年8月3日16時30分)

首都高工事地盤沈下 住宅ひびなど被害 横浜
ANN (201717/08/04)
https://youtu.be/HHmweVGwkdQ

2017/08/04 に公開
高速道路工事の影響で、地盤沈下ひび割れが発生しています。 首都高速道路株式会社などによりますと、横浜市鶴見区の首都高速道路横浜北線の地下工事の影響で、横浜市神奈川区内の一部の地域で地盤沈下などが起きているということです。




以下引用

首都高工事地盤沈下 住宅ひびなど苦情数十件
NHKニュース 2017年8月4日17時05分
https://youtu.be/M3ep3JNRB9s


NHK 8月4日 17時05分
首都高工事地盤沈下 住宅ひびなど苦情数十件
 横浜市で行われている首都高速道路の地下工事に伴って周辺の地域で地盤沈下が起き、住宅の壁にひびが入るなどの被害の情報が数十件寄せられていることがわかりました。首都高速道路は補修を始めるとともに住民への補償を進めることにしています。
 この工事は、ことし3月に開通した首都高横羽線と第三京浜を結ぶ「首都高速道路横浜北線」の地下トンネルと地上の一般道をつなぐためのもので、6年前から横浜市鶴見区で進められています。
 首都高速道路によりますと、おととし1月に付近の住民から「自宅と道路の間に隙間ができた」と苦情が寄せられ、調査を行ったところ工事現場に隣接する神奈川区の住宅街を中心に最大で14センチほどの地盤沈下が見つかりました。
 また周辺を走るJR横浜線の擁壁にもおよそ10メートルにわたって亀裂が入っていたことから、JRが防御壁を設けるなどの対応をとったということです。
 さらに「自宅の壁にひびが入った」など、付近の住民から寄せられた苦情は数十件に上っていることがわかりました。
 首都高速道路は地下工事の影響と見て一部の住宅の補修を始めているほか、今月下旬には住民への説明会を開いて補償を進めることにしています。


神奈川新聞 2017年08月04日 07:01
住宅街で最大13・7センチ地盤沈下 首都高横浜北線の工事が影響
 首都高横浜北線の「馬場出入り口」(横浜市鶴見区)を造るための地下工事の影響で、周辺の住宅街で地盤沈下が起きていることが3日までに分かった。首都高速道路(東京都千代田区)が住民への補償を進めている。
 同社は被害区域や戸数などを明らかにしていないが、最大13・7センチ沈んだとしている。地表面や現場付近を通るJR横浜線の擁壁にもひび割れが見つかった。原因については、「工事に伴い地下水位が低下した」と説明。過去に池があったため、地盤が軟弱だったと推測されるという。
 2015年1月に住民から苦情が寄せられ調査を開始。昨年7月に対策を講じたが、今年1月に再び沈下。現在は収まっているという。沈下場所は工事現場から離れた地点で、工事前の地盤調査の対象外だったとしている。
 すでに個別で対応にあたっているほか、今月下旬にも住民説明会を開く。同社広報課は「早めの住宅被害の把握に努め、補修費用を負担する」と話す。
 市は横浜北線の工事事業費の8・75%を出資金として負担することになっている。補償費用については不透明だが、担当者は「被害規模は把握できていない。首都高からの報告を待ちたい」としている。
 横浜北線は首都高横羽線と第3京浜道路を結ぶ全長約8・2キロで、今年3月に開通。馬場出入り口の完成予定は19年度で、変更はないという。


朝日新聞 2017年8月3日16時30分
住宅街、最大13センチ沈下 百数十メートル四方、影響 横浜の首都高工事
首都高工事で地盤沈下、住宅にひび 横浜・神奈川区内
 首都高速道路・横浜北線の「馬場出入り口」(横浜市鶴見区)を造るための地下工事の影響で、現場から数百メートル離れた同市神奈川区内で地盤沈下が起き、住宅にひび割れなどの被害が出たことがわかった。首都高速道路株式会社(東京)が住民への補償を進めている。
 同社によると、地盤沈下が確認されたのは、地下トンネルと地上をつなぐ「馬場出入り口」の工事現場周辺。2015年1月に住民から「建物と道路の間に隙間ができた」と苦情が寄せられ、調査したところ、住宅の塀や基礎部分にひび割れなどが見つかった。現場付近を通るJR横浜線の擁壁にも亀裂が入ったという。
 同社は被害区域や戸数などを明かしていないが、朝日新聞が入手した住民向け資料によると、今年4月時点で工事現場から400メートルほど南の神奈川区の住宅街では最大13・7センチ沈んでいた。一帯では百数十メートル四方ほどのエリアで沈下したことなどが記されていた。
 原因について同社は、工事に伴い地下水位が低下したと説明。昨年7月に出水量を抑える対策を取ったという。今年1月に再び沈下が起きたが、現在は収まっているという。過去に池が広がっていた一帯で、地盤が軟弱なことが沈下後の調査で判明。工事前の地盤調査の対象外だったという。
 同社は取材に、「引き続き慎重に工事を進めるとともに、住宅被害の把握に努め、補修費用を負担する」としている。
横浜北線は首都高生麦ジャンクション(横浜市鶴見区)―第三京浜横浜港北ジャンクション(同市都筑区)間の8・2キロで、約7割が地下トンネル
 (古田寛也)

*******************

首都高 きたせん
http://www.shutoko.jp/ss/kitasen/
きたせんが「キタ!」>お知らせ一覧>「馬場地区工事」のお知らせ 創刊号
お知らせ一覧
「馬場地区工事」のお知らせ
「横浜環状北線・馬場地区工事」のお知らせ(創刊号)を発行しました
2016.03.25
http://www.shutoko.jp/ss/kitasen/yokokan/news/baba13.html
 平素より、地域の皆様方におかれましては、横浜環状北線事業についてご協力を頂き、ありがとうございます。馬場地区工事につきましては、埋蔵文化財調査が終盤にさしかかり、いよいよ本格的な工事を始めてまいります。この「横浜環状北線・馬場地区工事のお知らせ」は工事の状況を分かり易く皆様へお知らせするため、今後概ね3ヶ月に1回発行する予定です。今回は横浜環状北線及び馬場地区工事の概要と、11月までの予定をお知らせいたします。
 ■横浜環状北線の概要
 ■馬場出入口・換気所及び大田神奈川線全体工事概要
 ■今後の主な工事予定
 ■主な作業内容
 ■施工状況
1.横浜環状北線の概要
 横浜環状北線(以下「北線」)は、横浜市の交通ネットワークの骨格を形成する「横浜環状道路」の北側区間、第三京浜道路「港北インターチェンジ」から首都高速横羽線「生麦ジャンクション」をつなぐ延長約8.2kmの自動車専用道路です。北線は、家屋の移転を少なくし、周辺環境を保全するため、全体の約7割をトンネル構造としました。また、周辺地域の利便性を考慮し、北線と接続する関連街路も同時に整備します。
(図略)
2.馬場出入口・換気所及び大田神奈川線全体工事概要
 北線の馬場入口を開削及びシールド工法にて構築し、近接する馬場換気所工事の地下部を開削工法にて構築します。また、現道の拡幅など都市計画道路大田神奈川線の整備を行います。
※馬場出入口は、横浜市と首都高速の共同事業として整備を進めています。
(図略)
3.今後の主な工事予定
(図略)
4.主な作業内容
(図略)
①馬場換気所部
 換気所部を掘削するため土留め壁の施工を行っています。
②馬場出入口トンネル発進立抗部
 戦時中の焼夷弾がこれまで多数発見されており、今後の工事を安全に進めるため、先行して金属探査を行っています。その後、工事範囲内の基盤高さを変えるため、基盤整備工事を行います。
③馬場わたうち谷埋蔵文化調査
 平成23年7月から文化財調査を行っており、縄文時代、古墳時代などの遺構や遺物が見つかりました。調査はこの8月に無事終了し、9月から基盤整備工事を開始します。
④本線シールドトンネル工事
 平成22年12月に新横浜を出発した2台のシールドマシンが地中でトンネルを構築しています。また、馬場出入口トンネルと本線を接続するため、本線シールドトンネルを一部拡幅する工事を地中で行います。
5.施工状況(8月現在)

※印刷用(PDF版1048KB)
http://www.shutoko.jp/ss/kitasen/yokokan/news/pdf/h24_baba01.pdf

大林組
トップページ/プロジェクトを知る/横浜環状北線シールドトンネル工事
https://www.obayashi.co.jp/recruit/shinsotsu/project/yokohama.html


///////////////////////////////////////////////
関連記事

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 首都高 工事 地盤沈下 住宅 ひび 横浜北線 高速道路 トンネル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ajimu-ra

Author:ajimu-ra

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓↓クリックお願いします↓↓

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
blogram投票ボタン